芳華 Youth(2017)

時代に翻弄された若者たちの美しくも切ない青春

映画『芳華 Youth』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 無数のランダムリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『芳華 Youth』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:芳華(ほうか)Youth / 中国(2017年) / 日本公開:2019年4月12日 / 135分 / 制作: / 配給:アットエンタテインメント 

「芳華-Youth-」劇場版予告

(C)2017 Zhejiang Dongyang Mayla Media Co., Ltd Huayi Brothers Pictures Limited IQiyi Motion Pictures(Beijing) Co., Ltd Beijing Sparkle Roll Media Corporation Beijing Jingxi Culture&Tourism Co., Ltd

動画
▼『芳華 Youth』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る

VOD2 Huluで動画を見る

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『芳華 Youth』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
感情がドラマチックに活写されて観客の心を一気に奪っていくエモーションな映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなビューティフルな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを上手く用いていきましょう。ネット配信は認知度も増えてきましたが、種類の多さから手を出しづらいこともあります。そんなときに映画を安易に視聴する手段として初心者でも簡単にスタートできるネット配信はとても便利になっています。

「無料」は全て初心者のため!
動画が見れるだけで満足してはいけません。なにせトライアルを無料で体験できる利点が初心者限定でセットアップされています。動画配信サービスは作品数に対する値段の安さが魅力で、かなりコストを抑えられるものですが、それでもなるべく負担は少なくしたいものです。この無料は喉から手が出るほど魅惑的でしょう。「無料というのはあまりにも都合が良くて怖い」そんな不安はデリートしましょう。これはつまり初心者に限定した、一度触ってみればすぐに魅力がわかりますよという入門サポートなので大丈夫。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。最悪の状況は経験した人間にだけわかります。個人情報の拡散は津波のように止められません。名前、メールアドレス、クレジットカード番号、カメラで撮られた顔の画像など、拡散した情報を削除することは事実上不可能なので、気を引き締めましょう。リスクの具体例を挙げだすとキリがないのですが、とにかく言えるのは繰り返しになりますが、利用停止すべきということ。

迷ったときは?
劇場公開したばかりの新作は即座に配信はなくとも、そこまで大きく待たせる時代でもないので、スタンバイしておきましょう。しかし、配信の状況はまるで天気のように常に変化。昨日の姿と今日の姿、そして明日の姿は全然違います。それを追いかけるだけでも一苦労で疲れます。「芳華 Youth」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。不明点があればそのヒントを提案するのがこのページの役目です。配信しているか無作為に調べるよりも、こちらのアイコン表示を参考に目星をつけておくことで、お得な時間短縮になります。取り扱っているVODの数は非常に多く、あの大手携帯会社のモノから、話題性の高いグローバルなモノまで、オール対応済み。映画館に勝るものはないというこだわりはわかりますが、VODはそのサポートも可能。鑑賞料金が割引にならないか、調べる価値はあるでしょう。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「芳華 Youth」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。無線LANを利用している人は視聴端末をルーターに近づけるか、弱くなっている無線LANの電波を強化するようなシステム(中継機の活用がベスト)を用意するのが良いです。別の特定の無線チャンネルの通信が不安定になっている可能性もありうるので、無線チャンネルを変更するのも効果的な手です。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。海外の調査機関による研究によれば、フィルタリングやブロッキング、サイトの取り締まりなどの従来的な規制に頼った対策よりも、より魅力的でユーザーを夢中にさせる安価なサービスを手広く普及させることの方が、実質的には有効であるというレポートも発表されています。まさにVODはそのパイオニアであり、不正なサイト利用者にこそ広めていくことが業界を救う大切な役割を果たすので「芳華 Youth」合法視聴方法を拡散しましょう。

動画はフルの方がいい
あまり意識していない人もいますが、民放の番組で映画が放映されているときはたいてい複数のシーンがカットされています。中には30分以上の大幅カットも珍しくないです。これでは映画の本来の面白さが大きく消失してしまい、その作品を100%見たとは言えません。でも、VODならそこも抜かりありません。決められた尺がないので最初から最後のエンドクレジットまで映画全編を隅々まで堪能できます。「芳華 Youth」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアなどのオールド媒体と比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「芳華 Youth」は? 定額動画配信(SVOD)の場合は、初回登録から一定の期間、全ての配信動画が無料になっています。どれだけ見ようとも問題ないです。シンプルなタイプと言えます。ペイ・パー・ビュー(EST)の場合は、作品コンテンツごとに購入するかどうかを問われるので見放題系とは異なります。これは初回時に貰える一定のポイントを利用することで実質的な無料感覚で楽しめます。当然、ポイントを使いきったら有料購入しないとダメです。

『芳華 Youth』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月13日時点での『芳華 Youth』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『芳華 Youth』をさらに知る

1970年代の中国を舞台に、激動の時代の波に翻弄されながらも懸命に夢に生きる若者たちの切なくも美しい青春の日々をつづったラブストーリー。1976年、若者らしく渇望の中でも前向きで、夢と希望に溢れる17歳のシャオピンは、歌や踊りで兵士たちを慰労して精神的にも鼓舞する歌劇団・文工団に入団する。それは社会の影で苦難に沈む人たちと向き合う仕事。農村出身で周囲となじめない彼女にとって唯一の支えは、誠実そうな模範兵のリウ・フォンだった。しかし、容赦なく環境は時代で揺れ動き、2人を襲う。時代が大きく変化する中で起きたある事件をきっかけに、まだ若き2人の運命は自分の意志で判断するにはあまりにも非情な岐路を迎える。

★『芳華 Youth』のスタッフ
監督:フォン・シャオガン(関連作品:『唐山大地震』)
脚本:ゲリン・ヤン
撮影:パン・ルオ
音楽:チャオ・リン

★『芳華 Youth』のキャスト(キャラクター)
ホアン・シュアン(リウ・フォン)、ミャオ・ミャオ(ホー・シャオピン)、チョン・チューシー(シャオ・スイツ)、ヤン・ツァイユー(リン・ディンディン)、リ・シャオフェン(ハオ・シューウェン)、ワン・ティエン(チェンチェン・ツァン)、ヤン・スー(文工団分隊長)、チャオ・リーシン(文工団の政治委員)

★『芳華 Youth』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.8???4.0
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『芳華 Youth』の感想

●『芳華 Youth』無料ホームシアター 
眩しい青春ドラマにじっくり浸かっていきたいのですが、いかんせん中国史という知識が不足している自分が悔しい。こんなことならもっと学校で勉強しておくべきだった。なぜいつも後悔は遅れてやってくるのか。本当にもったいない。きっとその部分に精通している人はこの映画を5倍にも10倍にも楽しめているのでしょう。ほどよい見方もできるが、さらに踏み込んで歴史を舌で味わって上級者の振る舞いもできる。実に複層的な映画である。
●『芳華 Youth』シネマトゥデイ 
難しいテーマに悩みながらも鮮やかに描く。二元的にくくれない青春の厳しい辛酸、戦争が無慈悲にも奪っていった若者の可能性や命、深く残した傷、再会して交わす友情と言えなかった口に残る言葉の残像。病棟の兵士たちの火傷や欠損した肉体などもとにかくリアルで前半の青春パートとぐっさり対比になっているので強烈だった。時代には光と影があるなら、これは素直に綺麗すぎずに描いている。こんな青春映画は日本は作れないだろうな。
●『芳華 Youth』DAILYMOTION 
まずは時代が重要。文化大革命の終盤から対ベトナム反撃戦争、更に改革開放へと中国近代史で最も人々の気持ちも生活も揺れ動いた激動の数十年に映画の舞台は設定されている。美男美女が多いことも見どころだがそれぞれの役者の顔たちや雰囲気が合っているので、決してただのイケメンや美人で押し通すあざとい作品ではない。同時代を生きぬき彼ら同様に不遇の扱いを受けたすべての人間への鎮魂の映像でもあり、これは想いが重いのである。