orange オレンジ(実写映画)

土屋太鳳と山崎賢人が共演。あなたに見せたい未来がある

映画『orange オレンジ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 無意味なリンク、邪魔な広告はありません。
今すぐ『orange オレンジ』を見るなら動画リンクをチェック。

「月刊アクション」連載の高野苺による人気コミック「orange」を実写映画化し、未来の自分から届いた手紙をもとに未来を変えるため奮闘する主人公の姿を描くファンタジックな青春群像劇。エグゼクティブプロデューサーは山内章弘、プロデューサーは神戸明。それは不思議で謎だらけの出来事だった。高校2年生の春、高宮菜穂のもとに10年後の自分から一通の手紙が届く。恐る恐る信じられない手紙を読んでいくと、そこには転校生の翔を好きになること、そして翔が1年後には死んでしまうということが書かれていた。それはあまりにも残酷な内容だった。最初は誰かの悪い冗談によるいたずらだと安易に思った菜穂も、手紙に書かれていることが本当に次々に起こると、さすがにウソであると断言もできなくなる。次第に手紙を信じるようになり、26歳の自分と同じ後悔を繰り返さないため、そして大切な翔を救うため、この手紙を利用して運命を変えようと自分から動き始める。

原題:orange オレンジ / 製作:日本(2015年) / 日本公開:2015年12月12日 / 139分 / 制作: / 配給:東宝 

土屋太鳳×山崎賢人!映画『orange-オレンジ-』予告編

(C)2015「orange」製作委員会 (C)高野苺/双葉社


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『orange オレンジ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
様々な葛藤や苦悩を抱えながら自分に与えられた使命を生きようとする清々しい映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを上手く利用するのがオススメ。この俳優の作品は見逃せないと思ったら、他の映画を検索することも簡単です。アンケート調査によれば6人に1人が利用しているというデータもあり、今ではかなりユーザー数を増やしており、初心者でも注目です。

「無料」で感謝!
これがつい利用したくなるニクイ利点もあって、無料サービスお試しのビギナーコースが整備されているのでこころおきなく前進できます。映画全部をディスクで購入できるほどリッチな人はそういません。それができるのはよほど財布に余裕ある人だけ。これなら初回に限定されますが倹約的にデジタル鑑賞を試せます。「サービスを離脱する解約手順に条件は?」という疑問はあるかもしれませんが、特には無いです。退会の作業は瞬間的に終わるほどの手短さなので、自分が止めたいときにすぐに止めることが確実に可能です。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。再生を開始してもすぐにストップし、広告が表示されたりします。それを消そうとクリックをすると、全く関係ないページに飛び、それもまた消去しても何度もしつこく表示されます。このような嫌がらせ的なサイトは誰でも不快です。人は過ちに気づいたときにはもう手遅れになっていることがいつものオチなので、そうならないためにも心掛けましょう。

あなたの選択は自由!
今はDVDやブルーレイなどのディスクよりもデジタル・レンタルやセル販売の方がいち早く見られたりします。しかし、配信の状況はまるで天気のように常に変化。昨日の姿と今日の姿、そして明日の姿は全然違います。それを追いかけるだけでも一苦労で疲れます。「orange オレンジ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこで「もっと簡単に今の配信中のVODがわかる一覧ページを用意できないか」と考えて作られたのが、この今あなたが見ているコレです。アイコンを視認するだけなのでラクチン。本サイトは「ユニバース」がモチーフになっているサイト名ということもあって、各映画情報が複合的に寄り集まっている、ファン・ライクな場所です。家にいながら安心して無料ホームシアター的な体験ができる、これ以上の嬉しさはありません。映画三昧な贅沢空間を構築しましょう。

家族にバレない?
家族でVODを共有することもできるので、個別に面倒くさく登録することは必要ありません。誰か一人でも使っていれば、そのまま一緒に使うことが可能。案外と家族の誰かがもう使い始めているかもしれないので、まずは聞いてみましょう。それならば自分は料金を払わずに無料で済むかもしれません。その際、気がかりなのは上手くシェアできるのかという点。どうしても視聴履歴を他人に見られるのは嫌だということも。でもファミリーアカウント機能はそのあたりの配慮もあるのでリラックスしましょう。

フェアにオススメします
VOD横断チェックができるフルムビバースでは、各作品の配信サービスをパッと確認するのに有効な参考資料になりますが、フェアな扱いを重視しているのがポリシーです。どれかを仲間外れにして扱わないということもなく、特別な推奨枠もありません。そもそもどれが適切なのかは、ユーザーによって異なるのが当たり前です。こちらが勝手に決めつけることではありません。単純に「orange オレンジ」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

原作もついでに見よう
映画の中にはコミックやノベルが原作の作品が数多くあり、観終わった後、もしくは観る前に、原作を拝見しておきたいこともあります。でも本屋に行くのは面倒ですし、Amazonで注文するのも鬱陶しいです。そこでVODは動画&原作をセットで楽しめるという、コンテンツのフルマーケットになっているものがあります。電子媒体のおかげで実現したこの夢の空間で、オールタイムに作品を味わい尽くし、お腹いっぱいになれます。まさに全部を食べてしまうという欲張りなエンタメスタイル。最高なのは言うまでもなし!

悪いサイトを追い出すために
海賊盤コンテンツ問題(ブートレグ)は深刻です。法律上の権利を無視して諸権利を有しない者により、ネット上で権利者に無断で流通される非合法動画も山ほど存在します。その対策としてブロッキングやフィルタリングの注目は高いですが、実はもっとも有効なのは正規の安価サービスを普及させること。実際にその有効性を報告する海外事例は多く、VODがその重要な旗頭になっています。拡大してはいけないサイトを破壊するためにも、健全な業界を育成していくためにも、「orange オレンジ」合法視聴方法を拡散しましょう。

『orange オレンジ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『orange オレンジ』をさらに知る

★スタッフ
監督:橋本光二郎
撮影:鍋島淳裕
音楽:大友良英

★キャスト(キャラクター)
土屋太鳳(高宮菜穂)、山崎賢人(成瀬翔)、竜星涼(須和弘人)、山崎紘菜(茅野貴子)、桜田通(萩田朔)、清水くるみ(村坂あずさ)、鶴見辰吾(中野幸路)、真野恵里菜(上田莉緒)、森口瑤子(成瀬美由紀)、草村礼子(成瀬初乃)

★『orange オレンジ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.5???3.3
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『orange オレンジ』の感想

●無料ホームシアター 
学生時代を色づける「友情」と「恋愛」をたっぷり駆使した特殊な設定下で起こる不思議なストーリー。こんなことがあったらどうしようというひとつの妄想をそのまま映像化してしまった作品であり、少し恥ずかしくもあるが、でも嬉しいものです。全体的なキラキラ感はすさまじく、すでにこの時点で普通ではないのだが、ここからさらに異変が起こっていくのでどんどん空想じみていく。その過度な空気もまた味わいなのではないかなと思う。
●FILMAGA 
山崎賢人伝説の始まり。ここから怒涛の少女漫画王子役をやっていくが、駆け出しの方の演技だからか、あまりしつこくない。イメージを崩さない水晶みたいに透明感ある二人を揃えたことで、王道でありながらも、しっかりとした安定感がほどよいバランス。当時の映画館はかなり盛況だったし、この集客力は凄いなと思う。冒頭5分くらいの手紙のシーンで泣くのはさすがに早すぎるのだけど、でもその気持ちがよくわかる感情的な一作です。
●MOVIX 
原作と比べてはいけないと思いつつ展開が早過ぎて本当はもっとじっくり語られるんだよと原作未読の人には声を大にして言いたい。映画だとかなりスピードがあるのであまりゆっくり感情に人物と合わせていく同調ができないのはネック。でも映画ならではの面白さもあるし、なによりキャラクターの愛情が演技で目に流れてくるのもいい。土屋太鳳ちゃんは菜穂のイメージと全然違うのですが、そこもこれはこれでひとつのワールドだと考えてみる。
●BILIBILI
過去に宛てた未来の自分からの手紙。そんなまさかという導入でもありながら、ぐんぐん引き込まれる。初めは信じられないけど、それは一種の平常的な青春への恐怖の象徴なのかもしれない。まるで予測された通りに展開されてゆく日々に、純粋な恋心と分かり切った結末を変える奮闘と、その努力は若者がみんなやっていることなのだ。私には頭がぐちゃぐちゃになるほど引き込まれる作品で、誰しもが普通で終わりたくないと思っていたことを感じる。