人生の動かし方 / The Upside

「最強のふたり」がリメイク! 支え合うのは変わらない!

映画『人生の動かし方』のフル動画を無料視聴する方法を、画面を妨げる広告表示がゼロ状態でわかりやすくレコメンド中です。
今すぐ『人生の動かし方』を見るなら動画リンクをチェック。

2011年に公開されて日本でもヒットしたフランス映画『最強のふたり』をハリウッドリメイクしたコミカルなヒューマンドラマ。資産家のフィリップ・ラカッセは贅沢な家で暮らしていたが、四肢の麻痺を抱えるようになって人生は一変。介護者なしでは生活できない深刻な状態で生きる希望を見いだせなかった。フィリップは気難しい性格であったため、せっかく雇われた介護者は早々に辞職してしまい、誰も適任は見つからない。それでも面接を続け、新しい介護者を探していたフィリップの目の前に、デル・スコットという粗雑な若者がやってきて、すっかりその勢いにあっけにとられる。フィリップの周囲の人々はデルに前科があることを指摘し、ふさわしくないのではと難色を示したが、フィリップだけは考えが違い、彼を介護者として採用、ともに暮らすことになる。それはトラブルの連続で、デルの想像を超える辛さがいっぱいあり、24時間苦労だらけ。それでも関係性を深めていき、デルはフィリップと一緒にドライブに行くなど二人で笑顔になる日々も増えていく。

原題:The Upside(「ジ・アップサイド」) / 製作:アメリカ(2019年) / 日本公開:2019年4月(ネット配信) / 126分 / 制作:Escape Artists / 配給:Amazon 

The Upside | Official Trailer [HD] | Own It Now On Digital HD, Blu-Ray & DVD

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『人生の動かし方』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
忙しいストレス社会でイライラしている人は映画を見ることでその気持ちをリフレッシュできます。そんなエンジョイできる映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを上手く活用しましょう。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりも簡単で、どんどん視聴をしまくりたい人にも便利。場合によってはかなり配信が限定されていることもあるので、事前に入念にチェックをしておくのが外れません。それが思いっきり楽しむ最善の方法です。

「無料」を嫌う人はいない!
誰にでもあるファーストデビュー。そんな瞬間を祝福するように無料トライアルは体験を順調に促進させてくれます。動画配信サービスは作品数に対する値段の安さが魅力で、かなりコストを抑えられるものですが、それでもなるべく負担は少なくしたいものです。この無料は喉から手が出るほど魅惑的でしょう。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありませんので、変に時間を気にすることに集中力を使うことはないです。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。最悪の状況は経験した人間にだけわかります。個人情報の拡散は津波のように止められません。名前、メールアドレス、クレジットカード番号、カメラで撮られた顔の画像など、拡散した情報を削除することは事実上不可能なので、気を引き締めましょう。迷う暇があったら正規サービス。そうでなくとも選択肢はひとつ。損をする決断はしないようにしましょう。

迷ったときは?
そういえばあの話題作はどうなったのかなどと思っているうちにDVDよりも早くネット配信されている場合もあります。一方で、VODを取っ付きにくくしている難点として、複数社がサービスを展開していてどれが良いのかさっぱり見当もつかない状況になって結局お手上げになることも。「人生の動かし方」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこで「もっと簡単に今の配信中のVODがわかる一覧ページを用意できないか」と考えて作られたのが、この今あなたが見ているコレです。アイコンを視認するだけなのでラクチン。取り扱っているVODの数は非常に多く、あの大手携帯会社のモノから、話題性の高いグローバルなモノまで、オール対応済み。既存の無料ホームシアター的な体験をさらなるグレードアップさせる、オンライン無料動画のオフィシャル体験ができる機会です。

あなたはどっち派?
海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。ご存知のようにDVDやBlu-ray Discならば、最初の設定で字幕か吹替かを選択できるのがスタンダード。VODでもしっかりその2種類を用意しているものもあります(作品で異なるので要チェック)。英語字幕アリのものだと、そのままリスニングの練習に使えるという教材感覚で利用も可です。「人生の動かし方」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「人生の動かし方」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。無線LANを利用している人は視聴端末をルーターに近づけるか、無線LANの電波を強化するようなシステム(中継機の活用がベスト)を用意するのが良いです。別の特定の無線チャンネルの通信が不安定になっている可能性もありうるので、無線チャンネルを変更するのも、一般的に推奨されている模範的な効果の期待が可能な手です。

邪魔な広告はさようなら!
小規模サイトや個人サイトレベルのものの中には、急に広告が全体に表示されたり、勝手に別ページにリダイレクトされたり、怪しい挙動をするものが多々あり、それらはたいていは不正ウェブサイトへの誘導です。不愉快極まりない経験であり、可能であれば避けたいところ。本サイトではオールクリーンを最優先に、「人生の動かし方」視聴を妨げません。パブリッシャーやサイトへの規制は広がっていても結局は広告を適宜審査しながら「これはダメだろう」というユーザー配慮が欠かせないものです。このページでは利用者第一で不快な広告をクリーンアップしています。

高画質で見られる?
どうせなら可能なかぎり高画質で動画を視聴したいものです。VODは登場初期の頃は画質は褒められるものではありませんでした。しかし、現在は最高レベルでの解像度に対応しているものも標準化しつつあります。つまり、DVDやブルーレイと大差ありません。むしろそれらの数万円~数十万円する再生機器を必要としないぶん、VODの方が容易くお得に高画質動画を視聴することができます。画質は選択可能なので、マシンパワーに会わせてパーソナルな環境にマッチする画質で、どんな媒体でもクオリティフルパワーで綺麗な動画を楽しみましょう。

『人生の動かし方』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『人生の動かし方』をさらに知る

★スタッフ
監督:ニール・バーガー(関連作品:『ダイバージェント 』)
脚本:ジョン・ハートメア
撮影:スチュアート・ドライバーグ
音楽:ロブ・シモンセン

★キャスト(キャラクター)
ブライアン・クランストン(フィリップ・ラカッセ)、ケヴィン・ハート(デル・スコット)、ニコール・キッドマン(イボンヌ)、ジュヌヴィエーヴ・エンジェルソン、アヤ・ナオミ・キング、ジュリアナ・マルグリーズ、テイト・ドノヴァン、ゴルシフテ・ファラハニ

★『人生の動かし方』の評価

IMDbRTMETA
6.540%??
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『人生の動かし方』の感想

●無料ホームシアター 
役者のケミストリーって大事だよねという決まりをしっかり確認できる一作でした。こういう成功ストーリーみたいな映画はなんとなく眺めて見てて幸せになれるという魔法があります。無条件に楽しいだけの映画というのもいいですし、基本は社会的な問題がベースにあってもそれでも気にしないのもいい。気になるのはタイトルくらいかな。素直に「アップサイド」ではダメだったのか。もしくはもっと素晴らしいセンスを誰か思いつかなかったのか。
●FILMAGA 
アメリカ版の最強のふたりでフランス版とは異なる視点もあってさらにおかわりできるのです。話はシンプル。ヘルパーで働くことになったけど、なんかかなり深刻そうな不自由さ。起き上がるのも、食事も、ひとりではできないから、助けるけども、大変すぎる。困ったなとか言ってもしょうがない。やったるぜ。そんな映画。この軽さが良い部分でした。ステレオタイプや偏見をとっぱらえば、本質的な人間関係がスクスクと育っていくのです。
●TOHOシネマズ 
一番笑ったのはカテーテルのシーン。これはわかる。確かにああなる。でも慣れです。そんなものです。アメリカらしくオリジナルよりもストレートに刺さるジョークなどで笑える部分が多くて、愉快な気分になれますし、良い息抜きに。舞台とキャストを変えただけの、ほぼそのまんまのリメイクなので、新しい展開は起こりません。パラグライダーもあるし、熱湯かけもあり。ブライアン・クランストンの雰囲気はフランソワ・クリュゼに近いね。