シャザム! / Shazam!(2019)

見た目はオトナだけど、中身はコドモです

映画『シャザム!』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! アンテナ系のリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『シャザム!』を見るなら動画リンクをチェック。

見た目は大人だが中身は子どもという異色のヒーローの活躍を、独特のユーモアを交えて描くDCコミックスの異色のヒーロー映画。製作総指揮にはクリストファー・ゴドシック、ジェフリー・チャーノフ、ドウェイン・ジョンソンなどが名を連ねる。ある日、謎の魔術師からスーパーパワーを与えられた少年ビリーは、「S=ソロモンの知力」「H=ヘラクラスの強さ」「A=アトラスのスタミナ」「Z=ゼウスのパワー」「A=アキレスの勇気」「M=マーキューリーの飛行力」という6つの力をあわせもつ最強クラスのヒーロー「シャザム(SHAZAM)」に変身できるようになる。筋骨隆々のボディで手から稲妻を発することができ、その力は桁外れだった。外見は中年のシャザムに変身したビリーは、悪友のフレディと一緒にスーパーマン顔負けの力をあちこちで試して動画を撮り、稲妻パワーをスマホの充電に使ってみたり、テキトーに人助けしたりと、悪ノリ全開で遊んでいた。しかし、そんなビリーの前に、魔法の力を狙う科学者Dr.シヴァナが現れ、恐ろしい力でフレディが誘拐されて危機が訪れる。選択を迫られたビリーは、家族との問題にも向き合い、ヒーローらしく戦いに挑む…。

原題:Shazam! / 製作:アメリカ(2019年) / 日本公開:2019年4月19日 / 132分 / 制作:New Line Cinema / 配給:ワーナー・ブラザース 

映画『シャザム!』60秒CM(ストーリー編)【HD】2019年4月19日(金)公開

(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『シャザム!』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
世界中で大きなヒットを記録して映画館を賑あわせたアクションエンターテイメントはそれだけの魅力が世界観にも詰まっている証拠です。そんなエネルギッシュな人気作をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを上手く利用するのがオススメ。シリーズ系の作品はどうしてもDVDでレンタルしていくのは大変です。一作ごとに探す必要もありますし、何よりも面倒です。でもネット配信ならばそれが一瞬で解決。これ以上の便利さはありません。

「無料」を見逃すな!
「有料なのでは?」と懐事情を考えて諦めモードになっているあなたへ。大丈夫。無料お試しへGOです。「私の家計では映画動画に浪費している暇はないのです。悲しいことに…」そんな寂しい事情でも初回試しがズバリと温めてくれます。嬉しすぎるラッキーウォッチの機会が待っています。「どうせ初心者には登録すらも大変なのでは?」と厳しい目線を送るかもしれませんが、問題はないです。入力自体は小学生でも可能なものばかり(もちろん子どもは大人に判断を仰ぎましょう)。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。フィルタリングでもシャットアウトできない数多のブラックサイトは大小はあれど悪影響がいたるところに潜んでいます。広告クリックを誘発させるために、動画再生画面に邪魔な画像を表示させ、閉じようとさせて別ページへ強制移動させるのは常套手段の罠です。なので、やはり公式に勝るものはないです。クリーンな健全性120%の映画体験に身も心も捧げましょう。

どれを選べばいい?
満を持して公開されて映画館を賑わせたあの熱狂作も、いつの日かはネット配信でお目にかかれ、VODの出番です。しかし、困ることに配信作品は毎日変化しているので把握が難しいです。その変化は明確にスケジュールが公表はされていないので予測も不可能です。「シャザム!」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。配信中のVODがもしあったらアイコンでわかりやすくお知らせ中。つまり簡単な確認ができるので何度もサイトをたらい回しする心配もなく、これだと思うものに直行できます。これで時間の無駄は消えてなくなります。他サイトでは特定のサービスを勧めるだけで、配信状況をリアルタイムで更新しません。でもフルムビバースはそこも対応。ネットだけでなく劇場の大きなシアターでも映画を鑑賞するならば、シネコンの利用がお得になるサービスをセレクトするのが最善の近道です。

あなたはどっち派?
海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。ご存知のようにDVDやBlu-ray Discならば、最初の設定で字幕か吹替かを選択できるのがスタンダード。VODでもしっかりその2種類を用意しているものもあります(作品で異なるので要チェック)。英語字幕アリのものだと、そのままリスニングの練習に使えるという教材感覚で利用も可です。「シャザム!」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「シャザム!」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。無線LANを利用している人は視聴端末をルーターに近づけるか、無線LANの電波を強化するようなシステム(中継機の活用がベスト)を用意するのが良いです。別の特定の無線チャンネルの通信が不安定になっている可能性もありうるので、無線チャンネルを変更して改善がないかを調査するのもアリです。

高画質で見られる?
ノイズだらけ、はたまた遅延ばかり、さらには低画質な動画なんてものはたとえ無料でも嫌なものです。VODはネット配信なのでその画質品質を心配するかもしれませんが、実際はDVDを上回るクオリティがあるので大丈夫です。中には4Kしているものもあり、すでにブレーレイにすら匹敵する領域です。バカ高い機器に金を払うこともなく、自由に高品質動画を大量に堪能できるのですから夢のようです。「私はそれよりも通信量が気になる…」それもOKで、ちゃんと選択できるので自分に合った「シャザム!」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
家に映画館のスクリーンサイズを用意するのは豪邸の城に住んでいる人だけができることですが、ホームシアターなら実現は不可能ではありません。スマホやPCなんてちっぽけな存在に思えてくる最高水準の環境。劇場に無料で通えるようなものなので、毎日が上映会。世界が一瞬で変わります。「シャザム!」も最高級に。この贅沢な環境を実現するには「プロジェクター」と「オーディオセット」、それと「スクリーン」が求められます。もしVODを使い続け、さらなるハイレベルな臨場感を目指したいなら、ひとつの夢として目標にするのも良いでしょう。

『シャザム!』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月14日時点での『シャザム!』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「auビデオパス」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『シャザム!』をさらに知る

★スタッフ
監督:デビッド・F・サンドバーグ(関連作品:『アナベル 死霊人形の誕生』)
脚本:ヘンリー・ゲイデン
撮影:マキシム・アレクサンドル
音楽:ベンジャミン・ウォルフィッシュ

★キャスト(キャラクター)
ザカリー・リーバイ(シャザム)、アッシャー・エンジェル(ビリー・バットソン)、マーク・ストロング(ドクター・サディアス・シヴァナ)、ジャック・ディラン・グレイザー(フレディ・フリーマン)、グレイス・フルトン、フェイス・ハーマン、ジョバン・アルマンド、クーパー・アンドリュース、マルタ・ミランス、ジャイモン・フンスー

★雑学(トリビア) 
・日本語吹替監修&演出を福田雄一が担当し、主人公シャザムの声優を菅田将暉が務め、映画『銀魂』のチームとなった。しかし、福田雄一の発言なども合わさり、ネット上の一部では不快感を表す人もあらわれ、炎上した。

★『シャザム!』の評価

IMDbRTMETA
7.690%??
映画comY!FM
?????4.0
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『シャザム!』の感想

●無料ホームシアター 
うーん、最高! なんだろう、この解放感は。まるで自分がヒーローになって空を飛んだような感覚で、席から空中に浮いていた自分がついさっき地上に戻ってきたようだった。それくらいの快感の躍動とテンションをあげてくれた。そういうヒーローの気持ちよさは久しぶりではないかなと思う。最近はず~と暗かった。とくにDCはシリアスの筆頭でバットマンもスーパーマンも強いのかもしれないがそれよりもダークすぎた。これはそんな気分を吹き飛ばす。
●シネマトゥデイ 
宣伝のとおりギャグ多い映画なのかと思ってたけど、普通に王道的なヒーロー映画で至極真面目でかつしっかりしていてテンポも良く飽きがないから100点。コメディからホラー、アクション、ウェルメイドな物語と娯楽映画の最高のお手本になりつつ、ラストはサプライズもあって、スッキリします。仲間って大事なんだという価値観もあって、すごく少年漫画みたいです。これは子どもも喜ぶね。大人でも楽しい要素てんこもりなので必見ですよ。
●FANDANGONOW 
吹替問題で荒れたようですがそんなものは気にすることはありません。随所でホラーちっくなシーンもあり、映画が飽きない様に作られているあたりはまるでエンターテインメントの理想形。強敵も出てきますが、それ以上に主人公の成長がこれ1作に詰まっていて、不必要なことはありません。個人的には「アクアマン』よりも好きかもしれませんね。スーパーマンが弾いた銃弾をコレクトしていたりするオタクの気持ちもよ~くわかるので共感の嵐。