キングダム(実写映画)

これが日本映画の本気

映画『キングダム』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 邪魔になる雑多なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『キングダム』を見るなら動画リンクをチェック。

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久のベストセラー漫画を山崎賢人主演で壮大に実写映画化。エグゼクティブプロデューサーは木下暢起と伊藤響。紀元前245年、春秋戦国時代の中華西方の秦の国。戦災孤児の少年・信と漂は天下の大将軍になることを目標に掲げ、一歩一歩その目的の達成に近づくために、日々の剣術の鍛錬に無心で励んでいた。それは来るべき戦いへの序章にすぎなかった。王都の大臣・昌文に召し上げられた漂が王宮へ入り、信と漂は運命に導かれるようにそれぞれ別の道を歩むこととなる。

原題:キングダム / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年4月19日 / 134分 / 制作: / 配給:東宝、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 

映画『キングダム』本編映像解禁!
大沢たかお、王騎は恐怖と対峙しながら演じた 映画『キングダム』インタビュー

(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る

▼『キングダム』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
圧倒的な映像センスでフィクションの世界をパーフェクトに映像化したエンターテイメント大作はそれだけで見ごたえがあります。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを上手く活用しましょう。ネット配信は劇場公開作のサポートにもなります。関連した作品を探すのもいいですし、シアターで使える割引クーポンと交換できるものもあるので、とりあえず登録しておいてポイントを貯めておくだけでも嬉しいです。

「無料」は全て初心者のため!
しかも、小躍りしたくなるほどの幸せが。なんと無料体験お試しコースというメリットも存在しているのです。動画配信サービスは作品数に対する値段の安さが魅力で、かなりコストを抑えられるものですが、それでもなるべく負担は少なくしたいものです。この無料は喉から手が出るほど魅惑的でしょう。「どうしても登録しないとダメですか?」そういう声もありますが、初めての人は登録作業が求められますが、難しくはなく、1分もしないで完了します。あとは自分との相性を確認するのみ。

危険があります
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「キングダム」の再生はダメです。厄介事は各所に潜在しています。例えば、そのようなウェブページは広告で儲けているために、異常に頻繁かつ妨害的な広告の表示で、ユーザーを誘導しようとします。また、有害な不利益を招くリダイレクトを連発させる場合もあります。本来は言うまでもないですが、合法性うんぬんかんぬん以上にリスク回避の点でも重要だということです。

どれを選べばいい?
新規話題作はその熱気が冷め始めた頃、スルッとネット動画配信を開始していることも多く、VODは注視すべきです。あとは登録して視聴するのみと言いたいところでも、悩みの種になるのが配信作品の流動的な把握しづらさ。1年ごとではなく毎週レベルでの変化なので非常に複雑膨大です。「キングダム」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そういう悩みに対してはこのページを活用してください。個別のサイトで全部チェックするのは大変です。これならば配信アイコンを確認するのみなので、作業を短縮できます。情報更新がほどよく適度に行われ、レコメンドされるサービスも配信状況に合わせて変化していくのでフレキシブル。未体験のVODに巡り合えたなら、その出会いは運が良かったと思いましょう。無料体験ができる最良のタイミングですから。

試写も良いけど…
最新映画をいち早くお得に観たい人は試写会を利用するのも手です。ご存知のとおり、比較的扱いの大きい作品では試写が開催されており、事前に申し込んでおけば抽選でウォッチする機会を手に入れることができます。運しだいですが、申し込みはタダなので試すのは難しくありません。なかには、ネット上で視聴可能なオンライン試写や、SNSなどで感想を書くことを前提としたレビュー試写もあります。なかなか遠方に行くほど時間がない人や、映画の感想でアピール宣伝したいという人は狙い目です。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「キングダム」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。ネックになりがちなのは無線LANで、どうしてもパソコンとルーターの間に壁や天井など障害物があるとすぐに電波の届きやすさに影響を発生させてしまいます。いっそのこと、中継機の活用の補助手段を検討するのも良いでしょう。無線チャンネルを変更して改善することもあります。

原作も見ますか?
漫画や小説を映画化した作品動画を見た後に「原作も見てみたいな~」と思ったことはありませんか? でもわざわざ本屋に足を運んで原作を探したり、ネットオンラインショップで漁るのも面倒だったりします。そういうシチュエーションでもVODは大きなサポートができます。動画を鑑賞したら、そのままの流れで原作も電子媒体で読むことができる機能を備えたものも登場。すべての動画と電子書籍を作品ごとに紐付けることでシームレスなエンタメ体験を実現しているので一体感ある面白さです!

高画質で見られる?
どうせなら可能なかぎり高画質で「キングダム」の動画を視聴したいものです。VODは登場初期の頃は画質は褒められるものではありませんでした。しかし、現在は最高レベルでの解像度に対応しているものも標準化しつつあります。つまり、DVDやブルーレイと大差ありません。むしろそれらの数万円~数十万円する再生機器を必要としないぶん、VODの方が容易くお得に高画質動画を視聴することができます。画質は選択可能なので、マシンパワーに会わせてパーソナルな環境にマッチする画質で綺麗な「キングダム」の動画を楽しみましょう。

『キングダム』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月14日時点での『キングダム』の動画配信
  • 「TSUTAYA」「auビデオパス」です。

▼『キングダム』をさらに知る

★スタッフ
監督:佐藤信介(関連作品:『BLEACH ブリーチ』)
脚本:黒岩勉、佐藤信介、原泰久
撮影:島秀樹
音楽:やまだ豊

★キャスト(キャラクター)
山崎賢人(信)、吉沢亮(えい政/漂)、長澤まさみ(楊端和)、橋本環奈(河了貂)、本郷奏多(成きょう)、満島真之介(壁)、高嶋政宏(昌文君)、阿部進之介(バジオウ)、一ノ瀬ワタル(タジフ)、六平直政(里典)、深水元基(朱凶)、橋本じゅん(ムタ)、坂口拓(左慈)、阿見201(ランカイ)、宇梶剛士(魏興)、加藤雅也(肆氏)、石橋蓮司(竭氏)、要潤(騰)、大沢たかお(王騎)

★インタビュー
・山崎賢人「映画化という話の前から、原作は本当に大好きな作品で、僕自身、いろいろな部分でパワーをもらっていたんです。だから実写化の話があったときから、ものすごい熱量で向き合っていました」
・大沢たかお「体重は10kgほど増量しました。ただ、どうしても表現が難しい部分もあったんです。王騎のイメージは2mだったんですが身長は伸ばせないですから。あのシーンではカメラマンさんが撮影の仕方を工夫してくれて、2mに見えるようにしてくれたんです」

★『キングダム』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
4.1???3.9
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『キングダム』の感想

●無料ホームシアター 
凄い物量でまずその凄まじさに圧倒された。最近のライトなアクション映画とはわけが違う。だいたい数百倍のスケールがある。キャスト陣もゴージャスすぎて目が眩しい。内容の量は多いぶん、かなり中身はざっくりと雰囲気を観ていくしかないが、原作の量との兼ね合いもあって、これが無難な着地点かもしれない。少なくともこのクオリティで邦画を見れることは滅多にないので、まずはともかく見ておくべき。あとはそれから考えればいいのです。
●シネマトゥデイ 
絶対にこれだけは言っておきたい。絵がイチイチ尋常じゃなく美しくてそれだけで映画館で見る価値あると明確に断言できる。失敗もあるかとドキドキしながら見に行きましたが、なんだこれは、心配無用じゃないですか。これだけのものに不満を言ったらバチがあたるものです。キングダムも実写化成功と言っていいと思いました。リスペクトもあるし、完璧ではないというけど、でも合格は余裕でしょう。全ての実写化がこれくらいだったらいいのに。
●MOVIX 
演者のコスプレ感がない。これで安心。酷いものは酷いですから。長澤まさみは当て描きか?と思うほどのイメージ通りで、上手いんだなとびっくり。クライマックスのバトル入れ替え。原先生曰く「最後に夢について語り合う内容にした」とのこと。なるほど。原作でも人気キャラの王騎をアツいほど演じた大沢たかお。もう少し見てみたいと思わせてくれただけでもそのありがたいほどのなりきりがわかるでしょう。とりあえず言えるのは観ろって話。