終戦のエンペラー

戦争責任とは? 戦いの果てに分かり合えるのか

映画『終戦のエンペラー』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 無意味な外部リンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『終戦のエンペラー』を見るなら動画リンクをチェック。

ピーター・ウェーバー監督が、太平洋戦争直後の日本とアメリカの史実をもとに描く歴史サスペンス。製作は奈良橋陽子、ゲイリー・フォスター、野村祐人、ラス・クラスノフ。1945年8月、日本が連合国に降伏し、第2次世界大戦が終結して、長きにわたる犠牲の戦火は終わりを迎えた。ダグラス・マッカーサー元帥率いるGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)が日本に置かれ、これまでの社会を大きく変えて米軍統治が始まる。そんな時、日本文化を研究し、日本に対して格別な思いを抱くボナー・フェラーズ准将は、莫大な死者を出した太平洋戦争の真の意味での責任者は一体誰なのかを調査するようマッカーサーから極秘に命じられ、その難題に対して悩みながらも独自に調べを開始するが…。

原題:Emperor / 製作:アメリカ(2013年) / 日本公開:2013年7月27日 / 105分 / 制作:Krasnoff Foster Productions / 配給:松竹 

『終戦のエンペラー』予告編

(C)Fellers Film LLC 2012 ALLRIGHTS RESERVED


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『終戦のエンペラー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
人間の歴史を痛烈に描いた戦争の重たい実態を映し出す映画はそれだけの価値も意味もある貴重なものです。そんなセンセーショナルな映画をフル動画でお得に見るなら、人気も増えている動画配信サービスを効果的に使いましょう。レンタル店でDVDを借りるよりも簡単で、今では従来的な手法に代わる新しいスタンダードになっています。スマホでも、パソコンでも、テレビでも、好きなように鑑賞できるのでノーストレスです。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「私はお金の余裕が…」と思っているなら心配は捨ててください。無料トライアルで特定期間はタダになります。「私の家計では映画動画に浪費している暇はないのです。悲しいことに…」そんな寂しい事情でも初回試しがズバリと温めてくれます。嬉しすぎるラッキーウォッチの機会が待っています。「退会は無料期間中にできるのか?」という疑問は真っ先に思うでしょうが、それはOKで、もちろんタダの状況で利用を止めることができます。辞めたからといって料金請求は発生しません。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「終戦のエンペラー」の視聴はダメです。最悪の状況は経験した人間にだけわかります。個人情報の拡散は津波のように止められません。名前、メールアドレス、クレジットカード番号、カメラで撮られた顔の画像など、拡散した情報を削除することは事実上不可能なので、気を引き締めましょう。どんなにセキュアなブラウザを利用していたとしても、あなたが動画を再生したアクションによって招く危機は弾けません。

あなたの選択は自由!
作品がネットサービス上での配信が始まると、VODでも取り扱いが連動して始まるものです(まれに先行する場合も)。でも、ここで油断はしてはいけません。「登録してみたものの、見たい映画がないのだけど!」というトラブルは困りもの。それはなんとしても防ぎたいです。「終戦のエンペラー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページの出番です。あなたの視聴した作品が配信されているものをリストアップ。ただの情報の羅列だけではなく、アイコンでの視覚的な紹介もプラスしています。全然関係のない余計なサイトばかりたらい回しにされてイライラした経験もあるでしょう。フルムビバースは雑な低品質リーチサイトとは異なります。最もグッドタイミングなのはレコメンド中のサービスの中に自分が触ったことのないものがある状況。そうであれば無料視聴もあと一歩です。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「終戦のエンペラー」でもあります。パソコンやスマホだけでしか視聴できないと思っている人もいますが、家にあるテレビでも鑑賞可能です。ただし、条件が発生します。どんなテレビでも良いわけではなく、対応可能な機種でないといけません。詳しくは各テレビメーカーの公式サイトの取扱説明書などを確認すると良いです。最新のテレビならば最初からVOD関連の機能が追加されているので迷うこともないはずです。大画面で鑑賞すれば圧倒的な映像体験を堪能できます。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、フェアなレコメンドを最重視。他にありがちな一部のみのサービスを紹介するという露骨な誘導はせずに、あくまで日本で展開しているサービスの中から視聴可能なものをフラットに上下関係優劣をつけずに表示しており、最終的な判断はユーザーにお任せしています。自分に合うものを納得いくまでじっくり選びぬくことが大事です。単純に「終戦のエンペラー」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

無料動画サイトとの違い
従来、動画を無料で見る方法といえば、動画サイトがありました。定番どころだと子どもでも知っているあのサイトやこのサイトをすぐに思い浮かべることができるでしょう。ただ、これらの動画サイトは非常に身近なわりには頭の痛い問題を多数抱えています。例えば、無限大の量産されている動画の質の低さは言わずもがな、コンテンツの中にはダミーのような騙し動画もいまだにあります。さらには違法性の高いものと、欠点が山積です。VODはそれらの心配が一切ない、「終戦のエンペラー」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。一度登録したらそう簡単に解約できないような仕組みになっている…そんな悪質詐欺みたいな恐怖は味わいたくありません。でもさすがにそこまでの酷いものはないです。もしあるのだとしたらとっくのとうに行政上の注意や警告を企業が受けています。安心してください。専用ページで「契約を解除する」を選択するだけで完了。時間にすれば1分もかからないでしょう。ページ画面の仕様は変更になりうるので公式サイトの「よくある質問」等を要確認です。

『終戦のエンペラー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『終戦のエンペラー』をさらに知る

★スタッフ
監督:ピーター・ウェーバー(関連作品:『ハンニバル・ライジング』)
脚本:デビッド・クラス、ベラ・ブラシ
撮影:スチュアート・ドライバーグ
音楽:アレックス・ヘッフェス

★キャスト(キャラクター)
マシュー・フォックス(ボナー・フェラーズ)、トミー・リー・ジョーンズ(ダグラス・マッカーサー)、初音映莉子(アヤ)、西田敏行(鹿島)、片岡孝太郎(昭和天皇)、羽田昌義(高橋)、伊武雅刀(木戸幸一)、夏八木勲(関屋貞三郎)、中村雅俊(近藤文麿)、火野正平(東條英機)、桃井かおり(鹿島の妻)コリン・モイ(リクター少将)

★『終戦のエンペラー』の評価

IMDbRTMETA
6.533%??
映画comY!FM
3.3???3.4
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『終戦のエンペラー』の感想

●無料ホームシアター 
ハリウッドでこの題材の映画を製作したことがひとつの事実としての意味が大きい。映画だからどこまで信憑性があるか分からないけど、こういう映画を観てそれが刺激になり、歴史の勉強だったり、文化の違いだったりを知るきっかけになってもいいと思うし、これはそうした未来の懸け橋になるべき作品とも言えるかもしれない。それにしてもなぜここまでの作品を日本は作れないのか。これでは戦争の見つめ方はまだまだ不十分だと言わざるを得ない。
●FILMAGA 
個人的にこの作品を鑑賞する前に「日本のいちばん長い日」を観るといいとオススメする。米国側も日本側も人間臭くて明らかに本で知る歴史より遥かにビジュアルでの臨場感がある。フィクションも多いだろうけど、そこは難しくなく、あえてわかりやすさを重視したかたちだろうか。どんな気持ちでマッカーサーと面会したのかとか、揺るぎない天皇としての尊厳とか、繊細で真摯な映画だというのがこの作品の評価に適した言葉だろうか。
●シネマサンシャイン 
あの戦争の認識については、アメリカ、日本の双方からしっかりバランスをとってフェアに描かれており、優劣を感じさせることのないつくりになっているので、見ていてそこまで違和感はありません。日本人の受け取り方でここまでスムーズにさせるのはアメリカ映画ではあまりないのでは? 日本を守るため、米兵を守るため、両国の人々が必死に努力した結果が今の日本なのだと改めて感じ、この平和を維持することの重さを感じ取る作品だった。