バースデー・ワンダーランド

大人を泣かせた感動アニメ映画の名匠が贈る

映画『バースデー・ワンダーランド』のフル動画を無料視聴するやり方を初見な人にも懇切丁寧に、広告の表示なしで優しくご案内中です。
今すぐ『バースデー・ワンダーランド』を見るなら動画リンクをチェック。

原恵一監督が、柏葉幸子の名作児童文学「地下室からのふしぎな旅」をイマジネーション豊かに映像化したアニメーション映画。エグゼクティブプロデューサーは種田義彦、プロデューサーは竹枝義典、本多史典、長南佳志。誕生日の前日、自分に自信がない小学生の少女アカネはもやもやした気分を抱えて時間をつぶしていた。その前に、謎めいた大錬金術師ヒポクラテスとその弟子ピポが現れ、唐突な非日常が心を揺れ動かす。自分たちの世界を救ってほしいと必死で訴える2人に無理やり連れて行かれたのは、経験には全くない見たこともない景色。骨董屋の地下室の扉から繋がるワンダーランドだった。不思議な動物や人が住むそのカラフルな世界は、それだけでも美しいが、実は色が消えてしまう危機に陥っていた。流れのままにワンダーランドを守る救世主にされてしまったアカネは人生史上最大クラスの大冒険を繰り広げ、やがて人生を変える決断を迫られる。

原題:バースデー・ワンダーランド(「バースデーワンダーランド」) / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年4月26日 / 115分 / 制作:SIGNAL.MD / 配給:ワーナー・ブラザース 

映画『バースデー・ワンダーランド』90秒予告【HD】2019年4月26日(金)公開

(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『バースデー・ワンダーランド』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
独創的な世界観をイマジネーション全開で鮮やかに描けるのはアニメーションならではの魅力です。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを上手く使用していきましょう。どうしてもDVDは使えないという人もいますが、再生機器はない人でもネット配信はなんの心配もいりません。アンケート調査によればその普及率は6人に1人ともいわれ、どんどんさらに増加中。今後も見逃せないので要注目です。

「無料」はやっぱり魅力的!
しかも、無料という破格のお試しトライアルがビギナーには特別に用意されており、嬉しさ100%です。この耳よりな情報は噛み砕いて言えば「本来は有料のサービスを一定期間は無料にします」というタダより嬉しいものはないメリットだらけのものです。「どうせ初心者には登録すらも大変なのでは?」と厳しい目線を送るかもしれませんが、問題はないです。入力自体は小学生でも可能なものばかり(もちろん子どもは大人に判断を仰ぎましょう)。

こっちは危険もあります
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「バースデー・ワンダーランド」の再生はダメです。そうしたサイトにアクセスして動画再生しようとすると「Adobe Flash」が無効orブロックされているので設定でONにしてくださいと注意文が表示されることがあります。それに安易に従うのは大変危険です。Flash自体に致命的な脆弱性があるので攻撃されてしまいます。なので、やはり公式に勝るものはないです。クリーンな健全性120%の映画体験に身も心も捧げましょう。

どれを選べばいい?
新規話題作はその熱気が冷め始めた頃、スルッとネット動画配信を開始していることも多く、VODは注視すべきです。注目してください。いきなり何か。それは動画洪水警報です。なにせ動画量は尋常ではなく、普通に漁っていると日が暮れてしまいます。そこで何かしらの支援があると便利なのですが。「バースデー・ワンダーランド」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。難関というほどではないにせよ、苦労のドツボに陥らないためにも、このページに掲載している動画リンクを参照してください。雑多なリンク集ではなく、詳細はアイコンで情報をピックアップ中です。他サイトとは雑多なリンクの寄せ集めのことが多いですが、フルムビバースでは厳選しており、安全性は最優先で考慮しています。誰にでも初めてはあるものです。それでもそこから新しい趣味が切り開けたりします。これは良い機会だと考えましょう。

試写も良いけど…
最新映画を誰よりもファーストキャッチしたいなら試写会に赴いてみるのも有効な手段。もちろん何の脈絡もなく気軽に行っていいものではなく、申し込みが必要で抽選で選ばれなくてはいけないものです。それでも基本は無料ですし、ダメもとでも試すだけなら容易なので、とりあえず申し込んでみるだけでもOK。もし運に恵まれてチャンスをゲットできたら運命に感謝。意気揚々とレッツゴーです。オンラインレビュー試写会もあったりするので、配給会社のウェブサイトを確認すると良いです。

家族とも分け合える
家族でVODを共有することもできるので、個別に面倒くさく登録することは必要ありません。誰か一人でも使っていれば、そのまま一緒に使うことが可能。案外と家族の誰かがもう使い始めているかもしれないので、まずは聞いてみましょう。それならば自分は料金を払わずに無料で済むかもしれません。その際、気がかりなのは上手くシェアできるのかという点。どうしても視聴履歴を他人に見られるのは嫌だということも。でもファミリーアカウント機能はそのあたりの配慮もあるのでリラックスしましょう。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツを世の中から一掃する方法はありませんが、存在感を低減させて、目立たないようにさせることで黙殺することができます。その対抗策として脚光を浴びる役割を果たせるのもVODです。どんなユーザーでも倫理観や合法性で説教臭く押し付けられるよりもナチュラルに正しいサービスに惹かれる方が火花が散ることがありません。VODは先陣を切ってその役目を担うことが可能なので、子どもから大人まで流布させることが、頑張っている業界の応援にもなるので「バースデー・ワンダーランド」合法視聴手法を拡散しましょう。

ホームシアターのススメ
好きな機器で見られるのが売りのVODの動画たち。その中でも最高クラスにゴージャスな経験ができるホームシアターは一種の理想形。家にこの環境を整備できれば、すでにパソコンやテレビなどは格下の存在に。劇場の入り口が家にあるというどこでもドア状態で、私だけ無料の椅子に座って視聴できます。「バースデー・ワンダーランド」も最高級に。かといってそのホームシアターワールドを瞬間的に構築できるわけではありません。それなりの予算を投入しないといけないので覚悟はいります。しかし、それだけの達成感と充実感を得られ、それは何物にも代えがたい経験になります。

『バースデー・ワンダーランド』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『バースデー・ワンダーランド』をさらに知る

★スタッフ
監督:原恵一(関連作品:『百日紅 Miss HOKUSAI』)
脚本:丸尾みほ
キャラクター/ビジュアル:イリヤ・クブシノブ
音楽:富貴晴美

★キャスト(キャラクター)
松岡茉優(アカネ)、杏(チィ)、麻生久美子(ミドリ)、東山奈央(ピポ)、藤原啓治(ザン・グ)、矢島晶子(ドロポ)、市村正親(ヒポクラテス)

★インタビュー
・松岡茉優「私自身、色がついていない線だけの絵コンテ状態でも、収録中に気持ちが溢れ出てしまい、泣きながら収録しました」

★『バースデー・ワンダーランド』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
2.9???3.0
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『バースデー・ワンダーランド』の感想

●無料ホームシアター 
受け取り方は人それぞれでかなり変わってくると思います。クライマックスの主題歌に沿った儀式は、アニメならではの相乗以上の凄さとエモーションいっぱいの美しさに震えるくらいの良さはありました。原作ありなので、その要素に引っ張られるのでどうしても絵は監督らしさを抑えたものになるし、今回はデザインがキャラについては別の人。こうなるのもしょうがない。逆に絵を崩壊させてでも動かしまくるようなテクニックは見たかった気も。
●FILMAGA 
ワンダーランドという時点で定番の匂い。オズの魔法使いとか、不思議の国のアリスとか、そういう迷い込みました系統の話で、全体的にこれはどこかで見たなという既視感が強く、突飛なことも飲み込みやすいので、そのデメリットは問題ない。あとは感性かな。色をめぐるファンタジーでモノクロの現実世界とカラーの異世界を行き来する感じといい、映画の大きいスクリーンで見ないとカラーの楽しさを目で味わえないのでそこは注意がいるでしょう。
●CRUNCHYROLL 
脚本や演出に四苦八苦して何とか形にした感が垣間見れてしまうが、そこを踏まえても独創性溢れる世界になりそうな部分をコントロールしている感じはする。小学生が異世界に飛び込んで成長して戻ってくるというこのフォーマットにフィットしたストーリーで、千と千尋を想像せずにはいられませんが、そこはそれ。こちらはかなりのなんというか薄味のスナックみたいな。大作ではないです。原作が児童文学だから大人側の視点では見るべきではない。