ラ・ヨローナ 泣く女

決して水に近づいてはいけない

映画『ラ・ヨローナ 泣く女』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 無関係なリンク、しつこい広告はありません。
今すぐ『ラ・ヨローナ 泣く女』を見るなら動画リンクをチェック。

中南米に古くから伝わる怪談「ラ・ヨローナ」を題材に、ジェームズ・ワン製作で描くホラー。製作総指揮にはリチャード・ブレナー、デイブ・ノイスタッター、ウォルター・ハマダなどが名を連ねる。愛する夫に浮気をされ、嫉妬に狂って理性を失った結果、その怒りのあまり夫が世界で一番愛する我が子を溺死させてしまった女、ヨローナ。やってしまった後に残ったのは最悪の感情。その汚れた自らの罪を後悔し、嘆き苦しんだ彼女は自ら川に身を投げた。しかし、それで終わりではなかった。呪いとなってこの世をさまようヨローナは、子どもたちをさらっていく存在へと変わり果てる。1970年代のロサンゼルス。ソーシャルワーカーのアンナは子どもたちが危険にさらされているという、ある母親からの助けを無視してしまうが、それは泣き声を聞いた子どもが必ず連れ去られてしまう恐ろしいヨローナの呪いだった。それは確実に無垢な命を脅かす存在。そして、ヨローナが次のターゲットとして狙いを定めたのは、何を隠そうアンナの2人の子どもたちだった。

原題:The Curse of La Llorona(「ザ・カーズ・オブ・ラヨローナ」) / 製作:アメリカ(2019年) / 日本公開:2019年5月10日 / 93分 / 制作:New Line Cinema / 配給:ワーナー・ブラザース 

映画『ラ・ヨローナ ~泣く女~』本予告【HD】2019年5月10日(金)公開

(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『ラ・ヨローナ 泣く女』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなにも広がっている!
日常は刺激がなくてつまらないと思っているならそれはもう忘れましょう。映画があれば大丈夫。そんなセンセーショナルで恐怖の作品をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを上手く利用するのが最適。シリーズ系で作品の多いものでも簡単に振り返ることができます。あの映画を見つけるのが大変な場合でもレンタル店でDVDを借りる手間もなく、家にいながらネット配信で鑑賞可能。すぐに観たい人ほどオススメしやすいのが魅力です。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「私はお金の余裕が…」と思っているなら心配は捨ててください。無料トライアルで特定期間はタダになります。できればコストは削減したいと思うのは、別にお金に厳しい人でなくてもみんなが思うこと。どうせならその前にいろいろな機能を試せるほうが良いに決まっています。「さすがにレンタル開始したばかりの新作は未配信では?」意外にもそんなことはないのです。貰えるポイントであの話題作もバッチリ視聴可能だったりします。とにかくその目で確かめてみてください。

使えばアウト!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ラ・ヨローナ 泣く女」の視聴はダメです。あなたの知らない恐怖がジワジワと近づいています。そのような怪しいサイトに足を踏み入れた瞬間、個人情報は秘密裏に記録され、何に悪用されるかもわかりません。間違ってもその危険サイトでユーザー登録などはしないてください。リスキーなサイトは手を出せば奈落の底のように引きずり込まれて身を焼かれます。これは大袈裟ではなく明確な事実です。

どれを選べばいい?
直近で公開された映画でもいつかはインターネット上での配信が始まり、それと共にVODでの解禁も近いです。ところが、喜んでばかりもいられない。というのもとんでもない数のVODの中から、視聴したい作品を取り扱うものを判断しないといけない面倒な作業の存在が…。「ラ・ヨローナ 泣く女」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。いつまでも気にしていては埒が明かないので、このページを使って問題解決をサポートしましょう。VODはアイコン画像でハッキリ誰が見てもわかるように示しているので、次々と確認が進みます。他サイトでは特定のサービスを勧めるだけで、配信状況をリアルタイムで更新しません。でもフルムビバースはそこも対応。最もグッドタイミングなのはレコメンド中のサービスの中に自分が触ったことのないものがある状況。そうであれば無料視聴もあと一歩です。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、フェアなレコメンドを最重視。他にありがちな一部のみのサービスを紹介するという露骨な誘導はせずに、あくまで日本で展開しているサービスの中から視聴可能なものをフラットに上下関係優劣をつけずに表示しており、最終的な判断はユーザーにお任せしています。自分に合うものを納得いくまでじっくり選びぬくことが大事です。単純に「ラ・ヨローナ 泣く女」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

高画質で見られる?
ノイズだらけ、はたまた遅延ばかり、さらには低画質な動画なんてものはたとえ無料でも嫌なものです。VODはネット配信なのでその画質品質を心配するかもしれませんが、実際はDVDを上回るクオリティがあるので大丈夫です。中には4Kしているものもあり、すでにブレーレイにすら匹敵する領域です。バカ高い機器に金を払うこともなく、自由に高品質動画を大量に堪能できるのですから夢のようです。「私はそれよりも通信量が気になる…」それもOKで、ちゃんと選択できるので自分に合った「ラ・ヨローナ 泣く女」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターは目標に
どんなに高性能なパソコンも、高価格のハイエンドスマートフォンでも絶対に到達できない高級体験。それがホームシアターです。構築するのは無料ではないですけど、実現すれば他の視聴手段なんて急に味気なくなります。劇場に通うこともなく、無料で自宅映画館を手に入れた気分を味わえます。「ラ・ヨローナ 泣く女」も最高級に。今すぐにでもと浮足立つのは理解できますが、はやる気持ちをおさえてじっくり思考しましょう。熟慮は大事。なにせ結構な準備も必要ですし、失敗もしたくありません。詳しい人や専門店に行って設備機器を目視してみるのもグッドジョブです。

SNSで興奮を伝えよう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「ラ・ヨローナ 泣く女」の鑑賞体験をソーシャルメディアとして絶大なコミュニティの大きさを誇るブログやTwitterなどで拡散すれば、上手くいくと何千という他者に知ってもらえ、そこから新しいフレンドリーなつながりができるかもしれません。できれば映画好きの人を積極的にフォローしておくことで、結構容易に仲間を増やすことができます。前向きな積極性が一番に大事です。

『ラ・ヨローナ 泣く女』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月14日時点での『ラ・ヨローナ 泣く女』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「auビデオパス」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ラ・ヨローナ 泣く女』をさらに知る

★スタッフ
監督:マイケル・チャベス
脚本:ミッキ・ドートリー、トビアス・イアコニス
撮影:マイケル・バージェス
音楽:ジョセフ・ビシャラ

★キャスト(キャラクター)
リンダ・カーデリニ(アンナ)、マデリーン・マックグロウ(エイプリル)、ローマン・クリストウ(クリス)、レイモンド・クルツ、パトリシア・ベラスケス

★『ラ・ヨローナ 泣く女』の評価

IMDbRTMETA
5.829%??
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ラ・ヨローナ 泣く女』の感想

●無料ホームシアター 
死霊館ユニバースらしいけど、詳しくはどういうことなのかは、映画を見てのお楽しみだよ!という宣伝。そう煽っておいてなんだが、あまり気にしなくても大丈夫ですけどね。ほどよく怖い体験をしたいなら迷う理由もないですし、この気軽さはジャンルの魅力。それにしても水辺はやっぱり幽霊の定番というのはどこの国も同じだったのか。邦題の「泣く女」は逆にB級っぽさが増すのでいらなかったと思いますが、どうなのでしょうか。
●FILMAGA 
いきなり現れて大きい音を立てて容赦なく映画の音質を武器に脅かすタイプのホラーで、驚いてしまうんだけどワンパターンで新鮮味は低いが、それだけシンプルな楽しみ方はできる。物語に頭を悩む必要もない、この単純さは案外大事だといえる。ヨローナのキャラクター含めてもう少し捻った演出か欲しかったあたりの不満については、これはさらに改良の余地あるので、次の課題にしてどんどん頑張ってほしい。いつかは世界心霊制覇できる。
●TOHOシネマズ 
ヒロインでいいんですか。ヨローナは死霊館のシスターと全く同じ顔で衣装がウエディングドレス風の違いだけであり、一瞬使い回しなのかと思ったけど、そんなことはなかった。アトラクションムービーとしては、上手く出来ているし、あれですよ、上からくるぞ、気をつけろ!ってやつです。こういうのはみんなで観ないとね。シリーズを通して見飽きた演出が増えてきたのでまだまだ改善しながら、どう展開していくのかを楽しみにしていきたい。