主戦場(ドキュメンタリー)

慰安婦問題を語るならまずはこれを観るべき

映画『主戦場』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 役に立たないリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『主戦場』を見るなら動画リンクをチェック。

日系アメリカ人映像作家ミキ・デザキが慰安婦問題をめぐる論争をさまざまな角度から検証し分析したドキュメンタリー。慰安婦問題はリアルでもネットでも火種となっている難しい争点。この問題について、デザキの胸をよぎるさまざまな疑問は答えを見いだせずにいた。慰安婦たちは性奴隷だったのか、その数はどれくらいいたのか、その程度はどのようなものだったのか、本当に強制連行はあったのか、元慰安婦たちの証言はなぜブレるのか、日本政府の謝罪と法的責任とは何があるのか、そしてなぜここまでこの問題は揉めるのか。この舌戦ばかりで整理されない問題を検証すべく、日本、アメリカ、韓国、肯定派と否定派それぞれの立場で論争の中心にいる人びとに直接取材を敢行。さらに膨大な量のニュース映像や記事の検証を交え、生の言葉と情報で慰安婦問題を検証していくと、見えてこなかった実態が浮き上がってくる。

原題:Shusenjo: The Main Battleground of the Comfort Women Issue / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開:2019年4月20日 / 122分 / 制作: / 配給:東風 

映画『主戦場』劇場予告編

(C)NO MAN PRODUCTIONS LLC


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『主戦場』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
社会で起こっている様々な問題をクローズアップしていき知られざる問題性を明らかにするドキュメンタリーはそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルなドキュメント作品をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを上手く利用していきましょう。マイナーな作品も揃っているネット配信は普段はレンタル店でDVDを借りるよりも簡単であっさり見られるのでそこまでのモチベーションも必要なく、その日の気分で見られます。

「無料」だから手が出せる
「登録しても月額料金とかあるでしょう?」それも一定期間なら考えなくていいです。無料お試しが手招きしてます。いきなりお金を払うのは抵抗感があるという人にほど朗報で、お試しが無料でできるので「これは自分にマッチしないな!」という確認もできて、ガッカリな登録損を防ぐことができます。「どうせ初心者には登録すらも大変なのでは?」と厳しい目線を送るかもしれませんが、問題はないです。入力自体は小学生でも可能なものばかり(もちろん子どもは大人に判断を仰ぎましょう)。

危険なサイトに注意
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトはあなたに害を与えることもあります。それで「主戦場」の鑑賞はダメです。最悪の被害は経験しないとわからないかもしれませんが、とりあえずできる限りの注意喚起をしておきます。最初のダメージは不正広告です。続いて個人情報を盗まれます。さらにあなたの利用端末の故障にも繋がり、トリプルパンチの激しい殴打です。「セキュリティソフトがあるし、防御は完璧!」そんなものは案外と役に立たないもので、能動的なサイトアクセスには特に脆弱です。

迷ったときは?
新作映画も最速だと劇場公開から3か月程度でネット配信開始していることもあり、半年もたてばかなり配信確率は高めです。ところが、喜んでばかりもいられない。というのもとんでもない数のVODの中から、視聴したい作品を取り扱うものを判断しないといけない面倒な作業の存在が…。「主戦場」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。今あなたが見ている作品単位のページでは配信視聴の蓋然性の高いVODをアイコンできっちりと表示中。ロゴアイコンが一切ない場合は、配信の実態がないと考えられるので、もうしばらく時間をあけてアクセスしてください。全然関係のない余計なサイトばかりたらい回しにされてイライラした経験もあるでしょう。フルムビバースは雑な低品質リーチサイトとは異なります。なお、留意すべき点があるとすれば、配信は常に同じではないです。つまり、特定作品がずっと見られるわけではないです。

登録は最小限で完了
初めてのVOD登録はわからないことも多いですが、入力する情報に不安があるかもしれません。基本はシンプル。ユーザーネーム(もしくは名前)、メールアドレス、固有のパスワード、生年月日、電話番号などの最小限構成です。あとは支払い方法となるクレジットカードの入力ですが、これは必須であり、しっかり忘れずに。本人情報と紐づけされ、初回利用者かどうかの判断になるので、どのクレカを入力したかはメモしておきましょう。初期登録は1分もかかりません。あとは「主戦場」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

邪魔な広告は無し!
小規模サイトや個人サイトレベルのものの中には、急に広告が全体に表示されたり、勝手に別ページにリダイレクトされたり、怪しい挙動をするものが多々あり、それらはたいていは不正ウェブサイトへの誘導です。不愉快極まりない経験であり、可能であれば避けたいところ。本サイトではオールクリーンを最優先に、「主戦場」視聴を妨げません。公に発表されている業界団体が定めた決まりに準拠しないウェブサーフィングを妨害するユーザーフレンドリーではない広告は一切利用を停止しています。そのため圧倒的に広告量も少なめです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「主戦場」は? 定額動画配信(SVOD)の場合は、初回登録から一定の期間、全ての配信動画が無料になっています。どれだけ見ようとも問題ないです。シンプルなタイプと言えます。ペイ・パー・ビュー(EST)の場合は、作品コンテンツごとに購入するかどうかを問われるので見放題系とは異なります。これは初回時に貰える一定のポイントを利用することで実質的な無料感覚で楽しめます。当然、ポイントを使いきったら有料購入しないとダメです。

SNSでシネマを語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「主戦場」の鑑賞体験をソーシャルメディアとして絶大なコミュニティの大きさを誇るブログやTwitterなどで拡散すれば、上手くいくと何千という他者に知ってもらえ、そこから新しいフレンドリーなつながりができるかもしれません。できれば映画好きの人を積極的にフォローしておくことで、結構容易に仲間を増やすことができます。前向きな積極性が一番に大事です。

『主戦場』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『主戦場』をさらに知る

★スタッフ
監督:ミキ・デザキ
脚本:ミキ・デザキ
撮影:ミキ・デザキ
音楽:オダカ・マサタカ

★キャスト
トニー・マラーノ、藤木俊一、山本優美子、杉田水脈、藤岡信勝、ケント・ギルバート、櫻井よしこ、吉見義明、戸塚悦朗、ユン・ミヒャン、イン・ミョンオク、パク・ユハ、フランク・クィンテロ、渡辺美奈、エリック・マー、林博史、中野晃一、イ・ナヨン、フィリス・キム、キム・チャンロク、阿部浩己、俵義文、植村隆

★『主戦場』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
4.1???4.2
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『主戦場』の感想

●無料ホームシアター 
本当にこの慰安婦は激しく論争になっていく。これまでもネットの住人は好き勝手に持論を述べては吐き捨ててきた。またまとめサイトも好き勝手にそれを煽る。ネットで一部の層に信仰されているご意見番の人たちも実に安易に発言しまくっている。その結果、誰も状況がわからなくなり、それとは距離を置いていた人は、近寄りづらくなる。このドキュメントはそこに理路整然と客観性で掃除をしてくれるものだ。その後にあなたが思う結論は何だろうか。
●無料動画ワールドシアター 
否定論vs擁護論、右vs左、日本vs韓国、あっちでもこっちでもバトルしている。いろいろな対立の構図で括れるのかもしれないが、これだけ自信満々に対立する論者たちが面と向かって激論することは現実の世界ではないというのがオカシイ。みんな口だけで、相手と向き合わないのだ。支持者ではない人前になると急にトーンが変わる。インタビュー中にボロが出て来る一方の側の人たちの一瞬の表情の変化が面白い。これは戦場で自爆する兵士の話なのだ。
●BILIBILI  
知りたくないし、関わりたくない。そうはもう言えない。傍観者でいられた観客を、分かりやすい構成で容赦なくバトルグラウンドに投入してゴングを鳴らす映画です。さああなたは何をしますか、パンチ、キック? 慰安婦問題に関する論点と、肯定派・否定派両方の主張、数字の真偽までほぼ全てとも言うべき材料を綺麗に提示。これを見てしまった後でどのような立場に立つのか、自分なりの答えを決めて、否応なしに判断を迫られるのではないでしょうか。
●DAILYMOTION
立ち見でるほどの盛況。関心の強さがわかる。でもネトウヨっぽい人たちはいなかったな。やっぱりインターネットからは出てこないのかな。前半あたりまでは、右派の人たちのインタビューは顔の左側から撮り、左派の人たちは右側から撮っているという、意外な構成の上手さに惚れる。ただのテキトーな作品ではない。むしろこれを作れない日本のマスコミはなんと愚かなことか。ずっとお笑いや感動マラソンでもしているしかないのではダメだろう。