コレット / Colette(2018)

キーラ・ナイトレイが抑圧に苦しむ小説家を熱演

映画『コレット Colette』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 無意味なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『コレット Colette』を見るなら動画リンクをチェック。

1890年代のベル・エポック真っただ中のパリを舞台に、フランスの文学界でいまなお高い人気を誇る女性作家シドニー=ガブリエル・コレットの波乱と情熱に満ちた人生を描いたドラマ。製作総指揮はスベトラーナ・メトキナ、ノーマン・メリー、メアリー・バーク。フランスの片田舎で生まれ育ったコレットは、そこから人生を飛躍させていく。14歳年上の人気作家ウィリーと結婚し、それまでとは別世界のようなパリへと移り住むと、環境は様変わり。芸術家たちが集うサロンでフリーダムな華やかな生活を送る中、コレットの類まれなる文才に気づいたウィリーは、自身のゴーストライターとして彼女に優れた小説を書かせる。それはコレットの功績にはならないこと。そうして彼女が執筆した「クロディーヌ」シリーズは読者を魅了してベストセラーとなるが、コレットは自分が作者であることを世間に認められないというもどかしい葛藤に苦しめられることになる。

原題:Colette / 製作:イギリス・アメリカ(2018年) / 日本公開:2019年5月17日 / 111分 / 制作:Number 9 Films / 配給:東北新社、STAR CHANNEL MOVIES 

映画『コレット』予告編

(C)2017 Colette Film Holdings Ltd / The British Film Institute. All rights reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『コレット Colette』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

シェアがアップ中
実際に社会や歴史の中で自分の能力を生かして生きていた人物をストレートに描く作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックでリアリティのある映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを活用するのも名案です。映画館で見逃してしまうことは誰でもあります。忙しいこともありますし、さすがに全部の映画は見れません。そこでネット配信です。スマホでも鑑賞可能なので、見逃している人にも大きなチャンスになります。

「無料」を嫌う人はいない!
しかも、VODに関しては若輩者なあなたでも初回無料トライアルがあるので挫けることは全くなしです。サービスは各社展開されていますが、ほとんどで無料お試しが提供されています。これはなるべく多くの人に試してもらって魅力に気づいてもらおうという優遇&宣伝策で、一般的です。「無料で見られるのは旧作に限定されるの?」との懸念は確かにありそうです。でも実際は登録時のポイントでの準新作もバッチリ視聴可能なので、配信されたばかりの話題作もカバーできます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「コレット Colette」の鑑賞はダメです。便利なサイトも無数にあるネットの世界には、残念ながらその真逆で人に害を与える危険サイトも存在します。そのデンジャラスなサイトを判定するのに欠かせないセキュリティ対策サービスやブラウザ機能もありますが、万能ではないので検出できないことも。あとで取り返しのつかない事態に四苦八苦するくらいなら、初めから一切関わらない方が断然良いでしょう。

迷ったときは?
劇場公開したばかりの新作は即座に配信はなくとも、そこまで大きく待たせる時代でもないので、スタンバイしておきましょう。ところが、喜んでばかりもいられない。というのもとんでもない数のVODの中から、視聴したい作品を取り扱うものを判断しないといけない面倒な作業の存在が…。「コレット Colette」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「配信しているVODを教えてくれ~」と思っているならばここでアイコンでアピールしています。表示されているアイコンが無い場合はまだ未配信という事態にとどまっている可能性があるので慌てず待ちましょう。他サイトでは特定のサービスを勧めるだけで、配信状況をリアルタイムで更新しません。でもフルムビバースはそこも対応。まずは少しだけ配信作品の現状が知りたいなという人もいるはずですが、それであれば公式サイト内のタイトル検索でわかります。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「コレット Colette」でもあります。パソコンやスマホだけでしか視聴できないと思っている人もいますが、家にあるテレビでも鑑賞可能です。ただし、条件が発生します。どんなテレビでも良いわけではなく、対応可能な機種でないといけません。詳しくは各テレビメーカーの公式サイトの取扱説明書などを確認すると良いです。最新のテレビならば最初からVOD関連の機能が追加されているので迷うこともないはずです。大画面で鑑賞すれば圧倒的な映像体験を堪能できます。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。無料と謳いながら解約が難しいとなんだかハメられたような気分になるものです。でも不安は捨ててください。解約作業はすぐに終わります。サービスごとに存在する退会ページにアクセスし、アカウント情報を入力し、「契約を解除する」という流れに進むだけ。いくつかの退会理由を問うアンケートなどがありますが、各人で自由に答えてください。これで完了します。万が一「やっぱりまだ使いたい」と思ってもすぐに利用再開もできるので安心です。

俳優好きにも必須
俳優の姿にキャーキャーと黄色い悲鳴を上げるのも映像コンテンツの醍醐味であり、ついつい夢中になってしまうこと。あんなドキドキのセリフ、刺激的な仕草、目線の動き、大胆な熱演、メロメロな愛嬌…全てがご褒美になる嬉しい大サービスです。VODは俳優出演作の抽出ができるので、イチオシをプッシュするのもラクです。「キーラ・ナイトレイ」のまるで魂が乗り移ったかのような凄みに震えることも。私たちの知っている姿とはまた違う一面を観られたりして、興奮します。一方で思いとは裏腹におカネの負担は大きい…。でもVODで補えます。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「コレット Colette」の鑑賞体験をソーシャルメディアとして絶大なコミュニティの大きさを誇るブログやTwitterなどで拡散すれば、上手くいくと何千という他者に知ってもらえ、そこから新しいフレンドリーなつながりができるかもしれません。できれば映画好きの人を積極的にフォローしておくことで、結構容易に仲間を増やすことができます。前向きな積極性が一番に大事です。

『コレット Colette』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『コレット Colette』をさらに知る

★スタッフ
監督:ウォッシュ・ウエストモアランド(関連作品:『アリスのままで』)
脚本:リチャード・グラツァー、ウォッシュ・ウエストモアランド、レベッカ・レンキェビチ
撮影:ジャイルズ・ナットジェンズ
音楽:トーマス・アデス

★キャスト(キャラクター)
キーラ・ナイトレイ(コレット)、ドミニク・ウェスト(ウィリー)、デニース・ゴフ(ミッシー)、フィオナ・ショウ(シド)、エレノア・トムリンソン(ジョージー・ラオール=デュバル)、ロバート・パフ(ジュール)、レイ・パンサキ(バベール)

★『コレット Colette』の評価

IMDbRTMETA
6.887%??
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『コレット Colette』の感想

●無料ホームシアター 
男尊女卑の中でコレットは苦しみながらも自由に解放されて己のパワーを世界にぶつける。この突破力がものすごい強さであり、憧れもする。自由に表現し、止まることなく前進&クラッシュ。そこにウィリーという、たぶん100人中100人の女性が真っ先に嫌うだろう男性の象徴がいて、彼の強烈な存在なくして才能を秘めたコレットが開花することもなかったのも皮肉。障壁があることで人は燃え上がり、前に突き進み、そして新世界に出ていくのだろうか。
●FILMAGA 
単なるビューティな主人公を描くものではない。実話を基にする素晴らしい伝記映画で、社会への現代的なメッセージ性も内包している。パリとイギリスの素敵なコラボレーション、創作への思いと駆け引き、レズビアンのシーンやら性的描写は少なくはないが、これがその時代を生きる人々の本当の姿のように見えて、その一瞬にまだ見惚れてしまう。コレットは世界中で人に愛された。その事実だけで私はこの作品の価値を物語っているように思う。
●FANDANGONOW 
一人の女性が夫や周りの男からの束縛から解き放たれる。それだけでなく、自分の意思で筆をとるまでの女性解放プロセスの過渡期を美しい演技と彼女の処女作に準えて描く。それはまさしくフェミニスト作品であり、前に生きようとする生き様でもある。最初は退屈と思ったがそんなことはない。女性ならば共感する。自分の道を阻む男社会と向き合うことなど避けられない。媚びるくらいな立ち向かう。自分らしさを隠す必要性は何もないのである。