ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス

世界で最も有名な図書館の裏側へようこそ

映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』のフル動画を無料視聴するやり方を初見な人にも懇切丁寧に、広告の表示なしで優しくご案内中です。
今すぐ『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』を見るなら動画リンクをチェック。

世界中の図書館員の憧れの的である世界屈指の知の殿堂、ニューヨーク公共図書館の舞台裏を、フレデリック・ワイズマン監督が捉えたドキュメンタリー。製作総指揮はカレン・コニーチェク。19世紀初頭の荘厳なボザール様式の建築物である本館と92の分館に6000万点のコレクションを誇るニューヨーク公共図書館。それは一般的なよくあるものとは異なり、歴史もあるだけでなく、地域住民や研究者たちへの手厚い徹底的なサービスでも知られている。2016年にアカデミー名誉賞を受賞したドキュメンタリーの巨匠ワイズマンが監督・録音・編集・製作を手がけ、その場所の隅々までを粒さに網羅し、整理していくと見えてきたのは、そこにある役割の価値。資料や活動に誇りと愛情をもって働く司書やボランティアの姿をはじめ、観光客が決して立ち入れない舞台裏の様子を記録し、貴重な映像をたっぷりと届ける。そこから映し出されるのは、同館が世界で最も有名である理由。何気ない言葉である「公共」とは何か、そしてアメリカ社会を支える大衆のための民主主義とは何かを独自のアプローチで浮かび上がらせていく。

原題:Ex Libris: The New York Public Library / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開:2019年5月18日 / 205分 / 制作: / 配給:ミモザフィルムズ、ムヴィオラ 

映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』予告編

(C)2017 EX LIBRIS Films LLC – All Rights Reserved


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
社会に存在する知られざる建築物やそこで暮らす人々にスポットをあてたドキュメンタリーを観るのは知識を深める効果があります。そんなアカデミックな意味もあるドキュメント作品をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを上手く利用しましょう。どうしてもネット配信は大作にばかり注目はいきがちですが、しっかりマイナー作品も扱っています。普段これらはレンタル店でDVDを借りるほどの好奇心はないでしょうが、気軽に見る機会です。

「無料」は全て初心者のため!
しかも、小躍りしたくなるほどの幸せが。なんと無料体験お試しコースというメリットも存在しているのです。なるべく財布に優しいサービスを利用するの方が良いのは自明です。おカネが節約できれば、より多くの映画を観ることもできて、ユーザー側もクリエイター側も嬉しいですし、みんな幸せで両者両得。「動画を見れてもフルムービーとはならない条件つきなの?」そんな疑り深い意見を解きほぐしましょう。まずちゃんとフルです。そして字幕や吹き替えも揃っています。再生も高画質かつ安定しており、不便はないです。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」の鑑賞はダメです。便利なサイトも無数にあるネットの世界には、残念ながらその真逆で人に害を与える危険サイトも存在します。そのデンジャラスなサイトを判定するのに欠かせないセキュリティ対策サービスやブラウザ機能もありますが、万能ではないので検出できないことも。あとで取り返しのつかない事態に四苦八苦するくらいなら、初めから一切関わらない方が断然良いでしょう。

配信しているのはコレ!
旧作ばかりの古臭い顔ぶれではないです。比較的新顔な新作や準新作もありますし、劇場公開されなかった作品も陳列中です。しかし、困ることに配信作品は毎日変化しているので把握が難しいです。その変化は明確にスケジュールが公表はされていないので予測も不可能です。「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そういう悩みに対してはこのページを活用してください。個別のサイトで全部チェックするのは大変です。これならば配信アイコンを確認するのみなので、作業を短縮できます。ブログ順位ランキングサービスへのリンクを張っているクリック誘導サイトは信用しないようにしましょう。ろくなページではないです。こちらではダミーリンクは1つもないです。なお、留意すべき点があるとすれば、配信は常に同じではないです。つまり、特定作品がずっと見られるわけではないです。

試写も良いけど…
最新映画を誰よりもファーストキャッチしたいなら試写会に赴いてみるのも有効な手段。もちろん何の脈絡もなく気軽に行っていいものではなく、申し込みが必要で抽選で選ばれなくてはいけないものです。それでも基本は無料ですし、ダメもとでも試すだけなら容易なので、とりあえず申し込んでみるだけでもOK。もし運に恵まれてチャンスをゲットできたら運命に感謝。意気揚々とレッツゴーです。オンラインレビュー試写会もあったりするので、配給会社のウェブサイトを確認すると良いです。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と唐突に表示がなされて思いどおりの動作が起きない! そんなお手上げの事態が生じていませんか? それは普段から使用している広告ブロック機能が原因化している場合も。本来は便利なものですが、バージョンアップにともないブラウザとの間で支障をきたし、動画再生すらも不可能にしてしまう悪影響も散見されています。「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

無料動画サイトとの違い
従来、動画を無料で見る方法といえば、動画サイトがありました。YouTubeやニコニコ動画などがポピュラーです。しかし、課題が山ほどあり、迷惑していた人もいたはずです。いかにも興味を惹きそうなサムネイルやタイトルを使った釣り動画、中身がスカスカで何もないコンテンツ、違法アップロードの動画が放置されていることも今だに多いです。通報すれば動画の削除対応がされることもありますが、実際は全く追い付いていません。VODはそれらの心配が一切ない、「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

高評価作品は観る価値あり
手当たり次第に映画を貪るのもそれはトレジャーハントのようでテンションをあがりますが、忙しい現代人にとっては無駄なく生活したいので良作だけを鑑賞して効率性を重視したいかもしれません。普段は見たことがない傑作映画はそれだけの価値があるものです。基準となるのは著名な賞に輝いている作品、もしくは批評家や評論家に絶賛されている作品。専門家の見識や眼は侮れませんから、セレクト時の材料になります。「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』をさらに知る

★スタッフ
監督:フレデリック・ワイズマン(関連作品:『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』)
撮影:ジョン・デイビー

★キャスト
ポール・ホルデングレイバー、エルビス・コステロ、パティ・スミス、エドムンド・デ・ワール、ハリール・ジブラーン・ムハンマド、タナハシ・コーツ、ジェシカ・ストランド、リチャード・ドーキンス、ユーセフ・コマンヤーカ、イバン・レスリー、キャロリン・エンガー、マイルズ・ホッジス、キャンディス・ブロッカー・ペン

★『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』の評価

IMDbRTMETA
7.597%??
映画comY!FM
?????3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』の受賞
第74回ベネチア国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞。

★『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』の感想

●無料動画ワールドシアター 
図書館は最近、行っていない。なんでもみんな電子書籍に移行し始めている。スマホの中に図書館があるようなものであり、わざわざ足を建物に向かう必要はないのである。それでも今なお使命を感じているライブラリーの居場所は常に存在し続ける。これはただのでっかい図書館ではなく、最も価値のある行動につとめる意味のあるところ。ただ紙の本は凄いとか、意味不明な過去の精神で威張り散らすところではない。保存の任務にまい進する姿である。
●映画無料夢心地 
障害を持った人やホームレスの人との関係についてのシーンも数多く、意外な社会とのつながりもあるものだ。公共図書館として公共性の線引きに格闘している様子があったが、常にそれが問題なのかもしれない。図書館に限らず公共の場の運営に携わる人は必ず突きつけられる壁で、娯楽でも、保護施設でもない、この立ち位置は悩むのか。ここを訪れた際には観光地感が高いイメージであったが、それは完全に覆されたのだった。まさに公共であった。
●FANDANGONOW 
大切なことがある。「図書館の主役は人」という言葉を絶対に忘れてはいけないのだ。もしそれを失えば、ただの本のたまり場になってしまう。たびたび会議のシーンがあるが、常にそこにあるのは揺るがない精神。基本的に「市民が何を必要としているか?」がテーマになって進行しているが、ちゃんと使命を見失っていない。決して公共の書籍をいかに提供し、記録し、開示するのか。それを無駄にアピールする映画ではない。ドキュメントの重みがある。