アナと世界の終わり / Anna and the Apocalypse

青春ゾンビミュージカルに熱狂!

映画『アナと世界の終わり』のフル動画を無料視聴するやり方を初見な人にも懇切丁寧に、広告の表示なしで優しくご案内中です。
今すぐ『アナと世界の終わり』を見るなら動画リンクをチェック。

ゾンビが蔓延した町で戦う高校生たちの葛藤と成長をミュージカル形式で描き、世界各地のファンタスティック映画祭で話題を呼んだ青春ゾンビミュージカル。製作総指揮はトッド・ブラウン、ジェームズ・ノーリー、マーク・トーマス、トレイシー・ブリム。イギリスの田舎町リトル・ヘブン。特別なものは何もないがここが故郷の人はたくさんいる。幼い頃に母を亡くした高校生のアナは、現在は父トニーと2人で暮らして、平凡に時間をつぶしていた。夢も希望もないこの町に意味を見いだせずうんざりしている彼女は、ある秘密がある。父に内緒でオーストラリア旅行を夢見てバイトに励む日々を送り、日々、その夢想にふける。幼なじみのジョンは、そんな彼女の夢を応援しながら密かに思いを寄せているが、言葉にはしない。しかしクリスマスイブに旅行の計画がバレてしまい、アナと父は大ゲンカになり、亀裂が入る。翌日、いつも通り学校へ向かっていたアナとジョンの前に突如として血まみれの男が現れ、何もわからぬままジョンに襲いかかる。それは明らかに変な存在。アナは咄嗟にシーソーを使って男を撃退するが、なんと男の正体はあの生ける屍のゾンビだった。これは普通ではない一大事。今な場所なのにそんなことが起こるのか。クラスメイトたちと合流したアナとジョンは、学校に取り残された学生たちを危険なゾンビから救出しに向かうが…。

原題:Anna and the Apocalypse(「アナ・アンド・ザ・アポカリプス」) / 製作:アメリカ・イギリス(2017年) / 日本公開:2019年5月31日 / 98分 / 制作:Blazing Griffin / 配給:ポニーキャニオン 

映画『アナと世界の終わり』予告編

(C)2017 ANNA AND THE APOCALYPSE LTD.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『アナと世界の終わり』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
生きていれば嫌なこともあるし、目を背けたくなることもある。そういうときは映画で気分をリフレッシュしましょう。そんな気持ちのいい開放感のあるフリーダムな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスは最高のフレンドです。どうしても劇場で観れない、DVDでも観れないという人もいます。そんなときは持っているスマホやパソコンはどうですか。通勤通学途中の空き時間に映画を鑑賞すれば、無駄のないタイムスケジュールを乱しません。

「無料」ですよ!タダ!
「登録しても月額料金とかあるでしょう?」それも一定期間なら考えなくていいです。無料お試しが手招きしてます。できればコストは削減したいと思うのは、別にお金に厳しい人でなくてもみんなが思うこと。どうせならその前にいろいろな機能を試せるほうが良いに決まっています。「サービスを離脱する解約手順に条件は?」という疑問はあるかもしれませんが、特には無いです。退会の作業は瞬間的に終わるほどの手短さなので、自分が止めたいときにすぐに止めることが確実に可能です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「アナと世界の終わり」の鑑賞はダメです。最近ではサイト利用ユーザーに気づかない範囲で不正な動作を実行させ、パソコンやスマホに負荷を与えてダメージを蓄積させるものもあります。大音量大画面で広告を表示させるなど、すでに映画鑑賞どころではない状態になることも。今は何ともなくともいつ何時、底の見えない足場で地雷を踏んでしまうかはわかりません。足が吹き飛べば動画の気分も爆散します。

いちはやくウォッチ!
今はそんなに観る気持ちがない人も騙されたと思ってサイトをキョロキョロ眺めてください。一気に鑑賞意欲が吹き上がってきます。でも、ここで油断はしてはいけません。「登録してみたものの、見たい映画がないのだけど!」というトラブルは困りもの。それはなんとしても防ぎたいです。「アナと世界の終わり」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そういう悩みに対してはこのページを活用してください。個別のサイトで全部チェックするのは大変です。これならば配信アイコンを確認するのみなので、作業を短縮できます。全然関係のない余計なサイトばかりたらい回しにされてイライラした経験もあるでしょう。フルムビバースは雑な低品質リーチサイトとは異なります。まずは少しだけ配信作品の現状が知りたいなという人もいるはずですが、それであれば公式サイト内のタイトル検索でわかります。

試写も良いけど…
最新映画を誰よりもファーストキャッチしたいなら試写会に赴いてみるのも有効な手段。もちろん何の脈絡もなく気軽に行っていいものではなく、申し込みが必要で抽選で選ばれなくてはいけないものです。それでも基本は無料ですし、ダメもとでも試すだけなら容易なので、とりあえず申し込んでみるだけでもOK。もし運に恵まれてチャンスをゲットできたら運命に感謝。意気揚々とレッツゴーです。オンラインレビュー試写会もあったりするので、配給会社のウェブサイトを確認すると良いです。

邪魔な広告は無し!
リーチサイトの中には危ないサイトへ誘導するものがあります。そこは危険だらけ。「Download」や「Watch」などわざとクリックを誘う紛らわしい表示を混ぜ合わせた、非常に悪意のあるコンテンツが満載で、気をつけていても罠に嵌ることがあります。対して、フルムビバースではクリーンな構成を心掛け、「アナと世界の終わり」視聴を妨げません。公に発表されている業界団体が定めた決まりに準拠しないウェブサーフィングを妨害するユーザーフレンドリーではない広告は一切利用を停止しています。そのため圧倒的に広告量も少なめです。

高画質で見られる?
動画の画質が低いとブロックノイズ的にモザイクがかって見えて、ハッキリ明言するなら酷いものです。動画共有サイトではもともと画質が安定していないので、通信環境によっては荒っぽい映像を見るしかありませんでした。しかし、今のVODはブルーレイにも負けません。テレビ鑑賞にも耐えうるウルトラなクオリティでビジュアル細部を舐めまわすように眼に焼き付けることができてしまいます。しかも、画質のチョイスができたりもして、重すぎて再生がストップする事態を防止でき、美しい「アナと世界の終わり」の動画を楽しみましょう。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「アナと世界の終わり」の鑑賞体験をソーシャルメディアとして絶大なコミュニティの大きさを誇るブログやTwitterなどで拡散すれば、上手くいくと何千という他者に知ってもらえ、そこから新しいフレンドリーなつながりができるかもしれません。できれば映画好きの人を積極的にフォローしておくことで、結構容易に仲間を増やすことができます。前向きな積極性が一番に大事です。

『アナと世界の終わり』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『アナと世界の終わり』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジョン・マクフェール
脚本:アラン・マクドナルド、ライアン・マクヘンリー
撮影:サラ・ディーン
音楽:ロディ・ハート、トミー・ライリー

★キャスト(キャラクター)
エラ・ハント(アナ)、マルコム・カミングス(ジョン)、サラ・スワイヤー(ステフ)、クリストファー・レボー(クリス)、マルリ・シウ(リサ)、ベン・ウィギンス(ニック)、マーク・ベントン(トニー)、ポール・ケイ(サヴエージ校長)

★『アナと世界の終わり』の評価

IMDbRTMETA
6.178%??
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『アナと世界の終わり』の感想

●無料ホームシアター 
人生何が起こるかわからない。明日、雨が降るかもしれない。雪かもしれない。車が飛び出してくるかも。いやゾンビだってありうる!? そんなIFが起こったらあなたは平常どおりに生きられますか。無理ですか。だったら踊って歌いましょう。たいていのことはシングでどうにかなるのです。気分もハッピー、怖さもデリート。人生はいくらでも楽しくなる。世界の終わりなんて吹き飛ばせ。誰も私たちを終わらせることはできないのですからね!
●シネマトゥデイ 
退屈で冴えない青春時代に不満と不安を抱える若者たちを突如襲うジ・エンドな世界の終わり。そこはもうアポカリプス。前半の本当に普通の学生たちの物語だけで既に満足していれば、なんのその。これからがメイン。なんと言っても曲がクール。歌もみんな素晴らしい。そしてアナたちが住む田舎町にも世界の終わりがやって来た朝、そんなことも知らずにテンション高めで踊り狂いながら元気よく登校するシーンがとてもGOOD。あの曲、毎朝聴きたい。
●VUDU 
どうしても賛否ありそうだけど、笑ってほしい。心を広くもってほしい。この映画に文句をつけるのはきっと偏屈になっている証拠だから。悪い部分ばかり見ていると、そうなってしまう。これはゾンビを見えない映画。つまり、嫌な部分はスルーするのだ。それで社会は良くなる。アナゾンビは大切なものを教えてくれる。「ハイスクールオブミュージカル」と「高慢と偏見とゾンビ」を足して割ったような作品で、すっかりメロメロになってしまった。