ディア・ハンター(1978)

アカデミー賞を総なめにした歴史的傑作

映画『ディア・ハンター』のフル動画を無料視聴するやり方を初見な人にも懇切丁寧に、広告の表示なしで優しくご案内中です。
今すぐ『ディア・ハンター』を見るなら動画リンクをチェック。

ベトナム戦争で心身に深い傷を負った男たちの苦悩と友情、そして戦争の狂気を描き、世界で絶賛された戦争ドラマ。日本では1979年に劇場初公開され、2018年に製作40周年を記念して4Kデジタル修復版が公開された。製作はバリー・スパイキングス、マイケル・ディーリー、マイケル・チミノ、ジョン・ペバロール。1960年代末、ペンシルバニアの製鋼所で働くマイケル、ニック、スティーブンたち。趣味として心の支えになっているのは休日になると揃って楽しむ鹿狩りで、獲物を狩る快感がたまらない。しかし、そんな彼らにも戦争という逆らえない存在がやってくる。やがてマイケルたちは徴兵され、終わりの消えない激戦が続くベトナムへ。そこは普通のいつもの狩場ではない。自分たちが狩られる側になる、死が見つめる恐怖の戦場だった。彼らは戦場で再会するが、捕虜となり、残酷な拷問ゲームを強要され、命の限りに生きようとする精神を試される。このままでは死は免れない。マイケルの機転で脱出に成功するが、その後ニックは行方不明になり、消えてしまう。過酷すぎる運命に翻弄されながらも、自分にとって大切な仲間を守るためにマイケルは彼を捜すが…。

原題:The Deer Hunter(「ザ・ディアハンター」) / 製作:アメリカ(1978年) / 日本公開:1979年3月17日 / 184分 / 制作:EMI / 配給: 

『ディア・ハンター4Kデジタル修復版』予告

(C)1978 STUDIOCANAL FILMS LTD. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る

▼『ディア・ハンター』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
人類の歴史上もっとも暗く残忍で多くの血が流れた戦争の実態を克明な映像表現で生々しく描きだした映画はそれだけの価値もあり、直視する意味もあります。そんなセンセーショナルな映画をフル動画でお得に見るなら、多くのネット配信を展開する動画配信サービスを駆使しましょう。古めの作品はレンタル店でDVDを借りる場合だとなかなか見つけづらいこともあります。ネット上なら劣化もないデジタルの最高画質で安定して鑑賞ができます。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「私はお金の余裕が…」と思っているなら心配は捨ててください。無料トライアルで特定期間はタダになります。できればコストは削減したいと思うのは、別にお金に厳しい人でなくてもみんなが思うこと。どうせならその前にいろいろな機能を試せるほうが良いに決まっています。「退会は無料期間中にできるのか?」という疑問は真っ先に思うでしょうが、それはOKで、もちろんタダの状況で利用を止めることができます。辞めたからといって料金請求は発生しません。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ディア・ハンター」の視聴はダメです。便利なサイトも無数にあるネットの世界には、残念ながらその真逆で人に害を与える危険サイトも存在します。そのデンジャラスなサイトを判定するのに欠かせないセキュリティ対策サービスやブラウザ機能もありますが、万能ではないので検出できないことも。あなたに最適のスペシャルな選択肢は、100%安心のオフィシャル太鼓判の動画配信サービスをセレクトすること。

これに決めた!
「こんな魅力的な動画の山を眺めればジッとなんてしていられない!」それだけの魔力があります。でも、ここで油断はしてはいけません。「登録してみたものの、見たい映画がないのだけど!」というトラブルは困りもの。それはなんとしても防ぎたいです。「ディア・ハンター」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらのページはよくありがちな雑な動画リンク集ではありません。ユーザー側をたらい回しにすることなく、見られる確率の高いサービスを推奨していますので、アイコンに注目です。クリックしたらブログランキングサイトで全然お目当てのコンテンツが見つからない!…そういう経験はありませんか? フルムビバースにはそんなリンクは皆無です。なお、留意すべき点があるとすれば、配信は常に同じではないです。つまり、特定作品がずっと見られるわけではないです。

古い作品ならもしかして…
言うまでもなく公正な動画サービスを使うべきですが、中にはそれ以外で合法性をともなって動画を無料で視聴可能な事例があります。これは制限されるもので、その対象は昔の作品のいくつかです。具体的にはその映画がパブリックドメインという扱いになっている必要があります。これは法的な知的財産権が存在せず、今は誰の管理下にもない作品であり、ゆえに著作権切れとして扱われます。なので格安DVDが販売されていたりしますが、ネット上でも法律を守るかたちでそのままアップされているものがあるのです。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「ディア・ハンター」でもあります。パソコンやスマホだけでしか視聴できないと思っている人もいますが、家にあるテレビでも鑑賞可能です。ただし、条件が発生します。どんなテレビでも良いわけではなく、対応可能な機種でないといけません。詳しくは各テレビメーカーの公式サイトの取扱説明書などを確認すると良いです。最新のテレビならば最初からVOD関連の機能が追加されているので迷うこともないはずです。大画面で鑑賞すれば圧倒的な映像体験を堪能できます。

表現規制を避けるなら
映画の一番インパクトのあるシーンで規制が入ると嫌なものです。モザイクなどの処理はレーティング上でやむを得ないというのは理解できますが、どうせなら素直に全部を鑑賞したいもの。それが物語上の重要なシーンだとしたら困るし、実際に意味が伝わらなくなるパターンもあり得ます。VODならばTV業界とも映画業界とも異なる規制基準で動いていることもあって、その心配が少ないです。表現規制にはうんざりだという人ほど、思う存分にクリエイターの表現したかったものを満喫できます。

高評価作品は観る価値あり
がむしゃらに映画を見まくるというのも今の時代ならばそこまで金もかけずに実現できるのですが、時は金なりですので、労力を節約したいときもあります。かといって1度に3作品同時鑑賞なんて荒業は精神的にも体力的にも推奨しません。そこで世間的に評価の高い映画から手を出すのがまずはとっかかりになります。受賞作はそれだけの有意な価値がある証拠ですし、アート的な観点で素晴らしい体験を与えてくれるものです。「ディア・ハンター」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『ディア・ハンター』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ディア・ハンター』をさらに知る

★スタッフ
監督:マイケル・チミノ
脚本:デリック・ウォッシュバーン
撮影:ビルモス・ジグモンド
音楽:スタンリー・マイヤーズ

★キャスト(キャラクター)
ロバート・デ・ニーロ(マイケル)、ジョン・カザール(スタンリー)、ジョン・サベージ(スティーヴン)、メリル・ストリープ(リンダ)、クリストファー・ウォーケン(ニック)

★『ディア・ハンター』の評価

IMDbRTMETA
8.194%??
映画comY!FM
3.9???4.0
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『ディア・ハンター』の感想

●無料ホームシアター
戦争の悲惨さ、周囲の人間に与える悲しみや、やるせなさなどを描いている戦争映画は山ほどありますが、今作はさすがの超高評価なだけあって、そのクオリティはウルトラ級。前半の歓喜と後半の悲哀、前後のコントラストを強くする事で、より一層戦争の恐怖や闇の側面がクローズアップ。中でも、ロシアンルーレットの迫真の演技とそれに伴う緊張感が、作品への没入感を尋常ではない領域へ深化させていき、一瞬の引き金をひく緊張感のようでした。
●FILMAGA 
人を変えてしまうものはたくさんあるが、その筆頭は戦争だ。戦争から帰還した3人は程度の差はあれど全くの別人になっていた。ただ1つ全く変わらないものは彼らの故郷の大自然。まるでその変わらなさが残酷な視線を向けているようだった。帰還してからも変わらずに鹿を狩りに行こうとするマイク。しかし、以前撃てたはずの弾が撃てなくなって、慟哭するしかない。戦争の恐ろしさは、命を奪うことだけではない。それを教え込む弾丸が本作だ。
●FANDANGONOW 
徹底的に青春を失った若者達の物語。反戦映画やら勧善懲悪やらそんな生ぬるい教材的な映画ではない。「アメリカンスナイパー」のようにPTSDを扱った兵士の苦悩を描く映画の代表作ですが、同時にアメリカンニューシネマの名作でもあるこの映画は、作られた時代は違えど、重みは変わらないことを感じさせる。ロシアンルーレットという強烈なインパクトをそなえたマクガフィンが強烈。ディアハンターではなくなった男は一体なんなのだろうか。