貞子(2019)

来る、きっと来る…また来ました

映画『貞子』のフル動画を無料視聴するやり方を初見な人にも懇切丁寧に、広告の表示なしで優しくご案内中です。
今すぐ『貞子』を見るなら動画リンクをチェック。

Jホラーブームの火付け役となった世界的ヒット作「リング」シリーズに登場するホラーアイコン・貞子が巻き起こす恐怖を、シリーズ第1作などを手がけた中田秀夫監督のメガホンで2019年に再び描いたホラー。恐怖はいつの時代もやってくる。心理カウンセラーの茉優は、警察に保護された1人の少女を担当することになるが、その子は重度の心理的閉鎖状態にあり、時間がかかりそうだった。全ての記憶を失い自分の名前すら言えない空白を抱えた少女と向き合う茉優だったが、次第に彼女の周囲で不可解な出来事が起こり始める。一体何が起きているのか、原因はさっぱりだった。一方、WEBマーケティング会社に勤める祐介の薦めで流行のYouTuberとなった茉優の弟・和真は移ろいの早い流行に乗り遅れないように再生回数を稼ぐため、注目を集めることをしようとする。そこで考えたのが心霊スポットめぐり。5人の死者を出したいわくつきの団地の火事跡に忍び込んで、インパクト大の心霊動画を撮ろうとするが…。

原題:貞子 / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年5月24日 / 99分 / 制作: / 配給:KADOKAWA 

映画『貞子』本予告/呪いは、投稿動画から

(C)2019「貞子」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『貞子 2019』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
退屈な日常に飽き飽きしている人はいませんか。それだったら怖い気持ちになれる刺激的な映像でお楽しみ時間を満喫しましょう。そんなセンセーショナルな恐怖映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスをネット上でじっくり鑑賞するのもいいです。さすがに劇場でこういう映画を観るのは人目を気にするので嫌だという人もいます。でもネットなら安心。スマホ、パソコン、テレビ、自由な視聴スタイルで鑑賞できるので無問題でOKです。

「無料」で感謝!
しかも、無料というこれ以上ない嬉しさをもたらす救済策もあります。それがお試し期間というものです。映画全部をディスクで購入できるほどリッチな人はそういません。それができるのはよほど財布に余裕ある人だけ。これなら初回に限定されますが倹約的にデジタル鑑賞を試せます。「最初の動画だけ見させておいて途中でプツンと切れたりしないの?」…確かにそれは最悪ですが、さすがにそんな詐欺はないです。フル動画を全開で楽しめるので配信は疑いなく再生してみてください。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「貞子2019」の再生はダメです。あなたの知らない恐怖がジワジワと近づいています。そのような怪しいサイトに足を踏み入れた瞬間、個人情報は秘密裏に記録され、何に悪用されるかもわかりません。間違ってもその危険サイトでユーザー登録などはしないてください。リスキーなサイトは手を出せば奈落の底のように引きずり込まれて身を焼かれます。これは大袈裟ではなく明確な事実です。

どれを選べばいい?
劇場公開映画は同時ネット配信ということは滅多にないですが、時間がたてばVODのリストにも加わります。あとは登録して視聴するのみと言いたいところでも、悩みの種になるのが配信作品の流動的な把握しづらさ。1年ごとではなく毎週レベルでの変化なので非常に複雑膨大です。「貞子2019」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。今あなたが見ている作品単位のページでは配信視聴の蓋然性の高いVODをアイコンできっちりと表示中。ロゴアイコンが一切ない場合は、配信の実態がないと考えられるので、もうしばらく時間をあけてアクセスしてください。同類サイトは山ほどありますが、フルムビバースでは情報更新の勢いがあり、こまめに対応しているので密度が違います。最もグッドタイミングなのはレコメンド中のサービスの中に自分が触ったことのないものがある状況。そうであれば無料視聴もあと一歩です。

登録情報は最小限
初めてVODに登録する際に入力する情報は、名前、メールアドレス、アカウントパスワード、生年月日、電話番号などだけです。仮に電話番号入力があっても実際に電話がかかってくる事態は起きません。メールスパムのようなしつこい煩わしさもゼロです。クレジットカードの支払い情報登録に躊躇することもあるでしょうが、これはイタズラでもなりすましでもないことを証明する役割もあります。初回お試しなら請求無しで無料のままなので、気楽に手を出してみましょう。あとは「貞子2019」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と唐突に表示がなされて思いどおりの動作が起きない! そんなお手上げの事態が生じていませんか? それは普段から使用している広告ブロック機能が原因化している場合も。本来は便利なものですが、バージョンアップにともないブラウザとの間で支障をきたし、動画再生すらも不可能にしてしまう悪影響も散見されています。「貞子2019」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツを世の中から一掃する方法はありませんが、存在感を低減させて、目立たないようにさせることで黙殺することができます。その対抗策として脚光を浴びる役割を果たせるのもVODです。どんなユーザーでも倫理観や合法性で説教臭く押し付けられるよりもナチュラルに正しいサービスに惹かれる方が火花が散ることがありません。VODは先陣を切ってその役目を担うことが可能なので、子どもから大人まで流布させることが、頑張っている業界の応援にもなるので「貞子2019」合法視聴方法を拡散しましょう。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「貞子2019」の鑑賞体験をソーシャルメディアとして絶大なコミュニティの大きさを誇るブログやTwitterなどで拡散すれば、上手くいくと何千という他者に知ってもらえ、そこから新しいフレンドリーなつながりができるかもしれません。できれば映画好きの人を積極的にフォローしておくことで、結構容易に仲間を増やすことができます。前向きな積極性が一番に大事です。

『貞子 2019』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『貞子』をさらに知る

★スタッフ
監督:中田秀夫(関連作品:『殺人鬼を飼う女』)
脚本:杉原憲明
音楽:海田庄吾

★キャスト(キャラクター)
池田エライザ(秋川茉優)、塚本高史(石田祐介)、清水尋也(秋川和真)、姫嶋ひめか(少女)、桐山漣(藤井稔)、ともさかりえ(祖父江初子)、佐藤仁美(倉橋雅美)

★インタビュー 
・池田エライザ「監督は一つ一つ演出される方で、叫ぶにしても監督がまず先にお手本をやってくださるんです。ずっと部屋の隅で泣いていても誰も話しかけずに放っておいてくれて、すごくやりやすかったです」

★『貞子』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
2.2???2.6
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『貞子』の感想

●無料ホームシアター 
貞子さんはなんでもやる人。アイドル活動もするし、タレントとしてテレビにも引っ張りだこ。何をさせても文句を言わずに黙々と仕事をする。できることはなんでもやる。それがこの貞子のワークスタイル。そして、久しぶりに自分がホラー映画出身だと思いだした。2019年に映画に帰ってきたのである。それにしても懲りない。定番すぎてギャグに近いのにまたあの曲で歌で、やらかしてしまったのである。これはもう一度芸能活動してくれないとな。
●FILMAGA 
田秀夫が監督だから期待したが「貞子3D」や「貞子VS加代子」よりもグッとドラマ重視になったぶん、弾けてはいない。ノーマルになった。大げさに音楽と効果音であおり、わざとらしいシーンを連発するのは、それしか芸はないのかも。無惨に貞子に登場人物が殺されていく理由がよくわからない人はアホだ。理由なんてあるか。これはそういう義務なのです。私たちが呼吸するように貞子はIT時代にも対応して好き勝手できるのです。働き方改革です。
●DAILYMOTION 
物語のキーとなるのはYoutube。みんな知っているあの動画サイトがターゲット。きっと動画拡散は容易だろう。貞子のデビュー作となった「リング」が98年。世の中の様相も変化したのに、誰にも言われることなく、シリーズは続々と作られ、怪談は生き続けるというエンドレス。池田エライザがみれればOKというよこしまな気持ちもズバリ言い当てられ、しかしエロ方面はないので、そこはセーブしつつ、オーソドックスなホラームービーになった。
●MOVIX
この映画のプロモーションで、貞子のパロディ化がより進んで、なんかそれが悪い方向に階段を落ちるように滑っている気がしてならない。主役を演じた池田エライザさんは、なんと風疹に罹患して、舞台挨拶等のイベントを全部欠席することになってしまうという、貞子の呪いと言いたい現象も起きたし、とりあえず場を整った。声を上げるほどではない恐怖なので、きっと初心者でも大丈夫。でもマニアにはキツイかもしれないので、そこは生暖かい目で。