プロメア(2019)

日本アニメは止まらない!

映画『プロメア』のフル動画を無料視聴するやり方を初見な人にも懇切丁寧に、広告の表示なしで優しくご案内中です。
今すぐ『プロメア』を見るなら動画リンクをチェック。

「天元突破グレンラガン」「キルラキル」を生み出した今石洋之監督と脚本家の中島かずきが再びタッグを組んで送り出す、完全オリジナルの劇場用アニメーション。美術監督は久保友孝、撮影監督は池田新助、音響監督はえびなやすのり。突然変異で誕生した炎を操る人種「バーニッシュ」の出現をきっかけに、世界は見る見るうちに炎に包まれ、真っ赤に染まった未曾有の大惨事である「世界大炎上」が起こり、平穏だった世界の半分が焼失した。もはや止めるものはいない。それから30年後、一部の攻撃的なバーニッシュが「マッドバーニッシュ」を名乗り、再び世界を危機に陥れ、さらなる恐怖に世界は慄く。これにひたすら耐えるだけで終わるわけはない。対バーニッシュ用の高機動救命消防隊「バーニングレスキュー」の新人隊員ガロは命を懸ける。ガロと、マッドバーニッシュのリーダー、リオという、それぞれ信念を持った熱い2人の男が火花を散らしてぶつかり合うことになる。

原題:プロメア / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年5月24日 / 111分 / 制作:TRIGGER / 配給:東宝映像事業部 

映画『プロメア』本予告 制作:TRIGGER  5月24日〈金〉全国公開

(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『プロメア』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
現実ではありえない映像のセンスでとてつもない体験を約束してくれるアニメーションの魔法はそれだけで見る価値があります。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、誰でも使いやすい動画配信サービスを駆使しましょう。劇場は利用しづらい人もいます。ネット配信はそのマイナスポイントをカバーし、スマホからテレビまでユーザーの好きな視聴スタイルで鑑賞できます。動画再生環境さえあれば何も心配はいらないので試しましょう。

「無料」ですよ!タダ!
「登録しても月額料金とかあるでしょう?」それも一定期間なら考えなくていいです。無料お試しが手招きしてます。できればコストは削減したいと思うのは、別にお金に厳しい人でなくてもみんなが思うこと。どうせならその前にいろいろな機能を試せるほうが良いに決まっています。「お試し動画みたいなものが無料というオチでは?」などという疑惑も正しい情報で上書き保存してください。当然のように序盤からラストまで完全フル動画で公式のままに配信するので何も気にしなくてOK。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「プロメア」の再生はダメです。最悪の被害は経験しないとわからないかもしれませんが、とりあえずできる限りの注意喚起をしておきます。最初のダメージは不正広告です。続いて個人情報を盗まれます。さらにあなたの利用端末の故障にも繋がり、トリプルパンチの激しい殴打です。カメラをハッキングされて自分が動画を見ている姿の動画を逆に撮影されてしまえば一生の恥になるのは想像できるでしょう。

配信しているのはコレ!
「あ~、映画館であの作品を見逃がしちゃったからな~」そう思っている時の助け舟。新作だっていつかはちゃんと配信されます。しかし、困ることに配信作品は毎日変化しているので把握が難しいです。その変化は明確にスケジュールが公表はされていないので予測も不可能です。「プロメア」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。各自で用意されている作品ページではその映画の配信VODをアイコンで通知中。複雑な表示でも何でもなく、パッと見ただけで取り扱い状況が把握できます。アイコン画像が非表示のときは、未配信かもしれません。他サイトとは雑多なリンクの寄せ集めのことが多いですが、フルムビバースでは厳選しており、安全性は最優先で考慮しています。最もグッドタイミングなのはレコメンド中のサービスの中に自分が触ったことのないものがある状況。そうであれば無料視聴もあと一歩です。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「プロメア」でもあります。パソコンやスマホだけでしか視聴できないと思っている人もいますが、家にあるテレビでも鑑賞可能です。ただし、条件が発生します。どんなテレビでも良いわけではなく、対応可能な機種でないといけません。詳しくは各テレビメーカーの公式サイトの取扱説明書などを確認すると良いです。最新のテレビならば最初からVOD関連の機能が追加されているので迷うこともないはずです。大画面で鑑賞すれば圧倒的な映像体験を堪能できます。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、フェアなレコメンドを最重視。他にありがちな一部のみのサービスを紹介するという露骨な誘導はせずに、あくまで日本で展開しているサービスの中から視聴可能なものをフラットに上下関係優劣をつけずに表示しており、最終的な判断はユーザーにお任せしています。自分に合うものを納得いくまでじっくり選びぬくことが大事です。単純に「プロメア」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

動画はフルの方がいい
あまり意識していない人もいますが、話題作が放映されるとSNSでも大盛り上がりをする民放TVでの映画ですが、実は結構シーンがカットされてしまっており、本来のフルの内容を満喫はできていません。番組時間帯の都合なのですが、本音はフルバージョンを楽しみたいものです。そこでVODならば自由気ままにフル動画を鑑賞可能。仲間と一緒にフル体験で映画をじっくりシェアもできます。「プロメア」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。無料と謳いながら解約が難しいとなんだかハメられたような気分になるものです。でも不安は捨ててください。解約作業はすぐに終わります。サービスごとに存在する退会ページにアクセスし、アカウント情報を入力し、「契約を解除する」という流れに進むだけ。いくつかの退会理由を問うアンケートなどがありますが、各人で自由に答えてください。これで完了します。万が一「やっぱりまだ使いたい」と思ってもすぐに利用再開もできるので安心です。

『プロメア』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『プロメア』をさらに知る

★スタッフ
監督:今石洋之(関連作品:『劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇』)
脚本:中島かずき
キャラクターデザイン:コヤマシゲト
音楽:澤野弘之

★キャスト(キャラクター)
松山ケンイチ(ガロ・ティモス)、早乙女太一(リオ・フォーティア)、堺雅人(クレイ・フォーサイト)、ケンドーコバヤシ(ビニー)、古田新太(デウス・プロメス博士)、佐倉綾音(アイナ・アルデビット)、吉野裕行(レミー・プグーナ)、稲田徹(バリス・トラス)、新谷真弓(ルチア・フェックス)、小山力也(イグニス・エクス)、小清水亜美(エリス・アルデビット)、楠大典(ヴァルカン・ヘイストス)、檜山修之(ゲーラ)、小西克幸(メイス)、柚木涼香(ビアル・コロッサス)

★インタビュー 
・中島かずき「ハリウッドのアクション映画にも負けていないものが、日本でもアニメだったらこういうふうに作れるんだというものを提示できたんじゃないでしょうか」

★『プロメア』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
4.2???4.0
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『プロメア』の感想

●無料ホームシアター 
これぞカオスなテンションで一気にぶん殴るような映画だ。まるで脳震盪を起こしたようだ。メカデザインやドリルなどセルフパロディのオンパレードで、凄い情報量。監督が同じということもあり、グレンラガンとキルラキルの要素が強めなので想像はしやすいか。最後までヴィラン共々救済しようとする主人公は、初志貫徹で真っすぐなので、今までの今石×中島作品ではなかった要素で思いっきりマンネリというわけでもないので安心してほしい。
●シネマトゥデイ 
開始15分でフルテンション。基本勢いで突っ走るタイプの作風で、重要なことになんとも短い。ったの2時間ほどしかないので展開詰め込みまくり。本当にあと5~6時間はいるだろう。triggerのアニメを見たことがない人や慣れていない人は、困惑するばかりなので、ついていくのが大変かもしれないから注意だ。これは明らかにリテラシーを必要とする。ほんわかしたアニメしか見ていないなら大変である。これぞアニメ界のラーメン二郎なのだから。
●CRUNCHYROLL 
爆発しているな、これは。キャスティングも松山ケンイチや堺雅人を起用するのですが芸能人でも全然OK。やっぱり合っている人は合っている。ほぼ全編クライマックスと言ってもいいくらい、休む時間は1秒もない。のべつ幕なし繰り広げられる怒涛の展開の応酬は、まるでジェットコースターの故障であり、まさにトリガー作品の真骨頂が全部ここに集約されている。願わくばこの作品が伝説になっていくといいがでも一般に受け入れられないことに美がある。