ヒトラー暗殺、13分の誤算

平凡な家具職人が命を狙ったのはヒトラーだった

映画『ヒトラー暗殺、13分の誤算』のフル動画を無料視聴するやり方を初見な人にも懇切丁寧に、広告の表示なしで優しくご案内中です。
今すぐ『ヒトラー暗殺、13分の誤算』を見るなら動画リンクをチェック。

オリバー・ヒルシュビーゲル監督が、ドイツ国家が長年にわたって封印してきたヒトラー暗殺未遂の真相に迫ったドラマ。製作はボリス・アウサラー、オリバー・シュンドラー、フレート・ブライナースドーファー。1939年11月8日、ミュンヘンのビアホールで演説を行なったヒトラーは、国の指揮をとる悠々としたいつものの演説を予定より早く切り上げて、その場から去り、会場を後にした。その判断は結果的に自分の命をつなげることになる。それからわずか13分後、ホールに仕掛けられていた時限爆弾が爆発し、あたりは騒然とする。あと一歩で国の中枢が吹き飛ぶところだった。大胆かつ緻密な計画や爆弾の精密さから、秘密警察はこれは素人ではないとし、イギリス諜報員の関与を疑うが、犯人は見つからない。やがて取り締まりを続けていく中で、田舎の家具職人ゲオルク・エルザーの単独犯行であったことが判明する。一体なぜそんなことができたのか。それを知ったヒトラーは、事件を起こすまでのエルザーの人生を隅から隅まで徹底的に調査するように厳しく命令を下す。

原題:Elser(13 Minutes) / ドイツ(2015年) / 日本公開:2015年10月16日 / 114分 / 制作:Lucky Bird Pictures / 配給:ギャガ 

なぜヒトラー暗殺を計画したのか?映画『ヒトラー暗殺、13分の誤算』予告編

(C)2015 LUCKY BIRD PICTURES GMBH,DELPHIMEDIEN GMBH,PHILIPP FILMPRODUCTION GMBH & CO.KG (C)Bernd Schuller


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)

▼『ヒトラー暗殺、13分の誤算』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
人類に汚れた歴史をハッキリを見せつけるのが戦争映画の真髄であり、大きな価値のある意味の深い作品ばかりです。そんな歴史的に重要性の高い映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを使って自由気ままに鑑賞していきましょう。DVDを借りるのは面倒くさいと思っている人にも朗報です。ネット配信はそのような手間暇はありません。家を出ることなく、その場で視聴ができます。返しに行くこともないのであっさり次の作品に移れます。

「無料」ですよ!タダ!
「登録しても月額料金とかあるでしょう?」それも一定期間なら考えなくていいです。無料お試しが手招きしてます。動画配信サービスは作品数に対する値段の安さが魅力で、かなりコストを抑えられるものですが、それでもなるべく負担は少なくしたいものです。この無料は喉から手が出るほど魅惑的でしょう。「そうやすやすと動画をフルで見れないだろう…」などと疑念を抱く人も安心です。公式サービスなので映画を中途半端に提供するなどはありえません。再生視聴に迷うことはないのでお試しをすぐさまできます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ヒトラー暗殺、13分の誤算」の鑑賞はダメです。「なんでこんな良いタイミングで再生が停止するんだ」と怒り心頭になった経験もあるかもしれません。英語だらけで判読できないサイトに右往左往して思わぬ詐欺に引っかかることもあり得ます。そうなると動画視聴どころではないです。赤信号みんなで渡れば…ただの大量犠牲者が出るだけなのです。わかっていても飛び込むのならばそれは自殺行為です。

あなたの選択は自由!
作品がネットサービス上での配信が始まると、VODでも取り扱いが連動して始まるものです(まれに先行する場合も)。しかし、困ることに配信作品は毎日変化しているので把握が難しいです。その変化は明確にスケジュールが公表はされていないので予測も不可能です。「ヒトラー暗殺、13分の誤算」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そういう悩みに対してはこのページを活用してください。個別のサイトで全部チェックするのは大変です。これならば配信アイコンを確認するのみなので、作業を短縮できます。全然関係のない余計なサイトばかりたらい回しにされてイライラした経験もあるでしょう。フルムビバースは雑な低品質リーチサイトとは異なります。無料ホームシアター級の豊かな動画視聴を安全快適に満喫できます。いつまでもチャンスがあるとは限りません。忘れないように。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間は魅惑的な響きですが、調子に乗っているとそのせっかくのタイムスケジュールを台無しにすることもあります。例えば、登録日からひと月という設定もあれば、登録月の月末までで終わるものも。後者のパターンでは、例を挙げると「26日」に登録して月末が「31日」だとしたら5~6日しか試せないことになって「クリスティアン・フリーデル」の影を見る隙もないのでは意味なし。期間終了後に自動的に契約更新になるか、手動で契約実行処置をするか、どちらかはサービスごとに異なってくるので、送られてくる通知メールに注意です。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの特化型機能として、作品ごとに配信可能性の高いVODを一覧表示できます。類似のサイトは数多とありますが、どれも情報鮮度や種類が欠けていることが多いです。こちらは全体的な充実度はハイボリューム。特定のサービスをピックアップして今日の気分に合わせて映画を探すのも図書館感覚でワクワクするものです。魅力が短い映像に詰まったトレイラーを見たり、感想コメントを読むのも良し。「オリバー・ヒルシュビーゲル」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

無料動画サイトとの違い
従来、動画を無料で見る方法といえば、動画サイトがありました。YouTubeやニコニコ動画などがポピュラーです。しかし、課題が山ほどあり、迷惑していた人もいたはずです。いかにも興味を惹きそうなサムネイルやタイトルを使った釣り動画、中身がスカスカで何もないコンテンツ、違法アップロードの動画が放置されていることも今だに多いです。通報すれば動画の削除対応がされることもありますが、実際は全く追い付いていません。VODはそれらの心配が一切ない、「ヒトラー暗殺、13分の誤算」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

表現規制を避けるなら
映画の一番インパクトのあるシーンで規制が入ると嫌なものです。モザイクなどの処理はレーティング上でやむを得ないというのは理解できますが、どうせなら素直に全部を鑑賞したいもの。それが物語上の重要なシーンだとしたら困るし、実際に意味が伝わらなくなるパターンもあり得ます。VODならばTV業界とも映画業界とも異なる規制基準で動いていることもあって、その心配が少ないです。表現規制にはうんざりだという人ほど、思う存分にクリエイターの表現したかったものを満喫できます。

『ヒトラー暗殺、13分の誤算』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ヒトラー暗殺、13分の誤算』をさらに知る

★スタッフ
監督:オリバー・ヒルシュビーゲル(関連作品:『ダイアナ』)
脚本:レオニー=クレア・ブライナースドーファー
撮影:ユーディット・カウフマン
音楽:デビッド・ホームズ

★キャスト(キャラクター)
クリスティアン・フリーデル(ゲオルク・エルザー)、カタリーナ・シュトラー(エルザ)、ブルクハルト・クラウスナー(アルトゥール・ネーベ)、ヨハン・フォン・ビューロー(ハインリヒ・ミュラー)、ダービット・ツィンマーシート

★『ヒトラー暗殺、13分の誤算』の評価

IMDbRTMETA
7.075%??
映画comY!FM
3.3???3.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ヒトラー暗殺、13分の誤算』の感想

●映画無料夢心地 
一人の市民が計画したヒトラー暗殺を、普通の日常と織り交ぜながら描いた作品。プロの暗殺チームでさえ殺害に躊躇する人物を一般人が狙うというのが凄い。世界を変えようとしたといえば、それは勇敢なエピソードとしてきれいごとになるが、しょせんは人殺し。招くものは暗い未来。何が彼をここまで突き動かしたのか。その結果に待ち受けるものは何か。今の私たちもしっかり見ておくべき歴史だと思う。彼の行動をどう受け止めるかはあなたしだい。
●FILMAGA 
ほとんどが事実を元にした質の高い作品で、とにかく素晴らしかった。ワルキューレ作戦やレジスタンス活動とは違い、ドイツの一般市民である人物がヒトラー暗殺を企てたという事実を恥ずかしながら自分は知らなかった。この映画では、彼自身は人々を率いて世界を救うようなヒーローでは決してなく、正義感が人より少し強いごく普通の民間人としてノーマルに描かれている。そんなドイツ人の男がヒトラーを許せないと感じる様がしっかり伝わってきた。
●ユナイテッドシネマ 
タイトルの13分にはそこまで言及しなかったのですが、でもとても見ごたえのある歴史ドラマでした。同胞であっても自分の信念を曲げずに、命を賭けて間違ったことを食い止めようとしたある家具職人。彼の勇気ある行動により、ヒトラーのいない世界に変えることができたかもしれないと思うと、運命とは残酷な気がした。何故その想いに至ったのか、彼の生い立ちを振り返りながら少しずつパズルのピースがはまっていく過程の描き方が丁寧で好印象。