スノー・ロワイヤル / Cold Pursuit

模範市民もキレる

映画『スノー・ロワイヤル』のフル動画を無料視聴するやり方を初見な人にも懇切丁寧に、広告の表示なしで優しくご案内中です。
今すぐ『スノー・ロワイヤル』を見るなら動画リンクをチェック。

息子を殺され復讐を誓う父親が犯罪組織の抗争に巻き込まれていく姿を描いたノルウェー映画『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』を、リーアム・ニーソン主演でリメイク。製作総指揮にはポール・シュワルツマン、マイケル・ドライヤー、ロン・ハルパーン、ディディエ・ルプファーなどが名を連ねる。雪深い静かな田舎町キーホーはとくに目立つものもなく、観光だけが頼りの場所。この町で除雪作業員をしているネルズ・コックスマンは模範市民賞を受賞するほど誰からみても真面目で、欠点もなく、正しい行いをしながら地味に仕事を精を出して日々を送っていた。しかし、ネルズの大切な息子が麻薬の過剰摂取で死体となって見つかる。これは殺されたんだと睨んだネルズは行動に出る。まずは地元の麻薬王バイキングの組織に息子が殺されたことに気づき、相手を拷問。それで終わりではなく、素手や銃、さらには除雪車で、組織の人間をやりたい放題に1人また1人と殺して、関係者に復讐しようとする。しかし、ネルズの復讐劇を敵対する麻薬組織によるものと勘違いしたバイキングは、そのまま間違った相手である敵対組織を襲撃。当然、やられたらやり返すので相手もその報復に乗り出し、感情的に始めてしまったネルズの復讐劇は2つのマフィア、さらに警察をも巻き込んだドロドロの果てしない戦いへと突入し、予測不可能になっていく。

原題:Cold Pursuit(「スノーロワイアル」) / 製作:アメリカ・イギリス(2019年) / 日本公開:2019年6月7日 / 119分 / 制作:StudioCanal / 配給:KADOKAWA 

リーアム、全員除雪!!映画『スノー・ロワイヤル』予告編

(C)2019 STUDIOCANAL SAS ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『スノー・ロワイヤル』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

この視聴方法が一番です
ファン人気の高い俳優の出演作はそれだけでも注目されやすく、好奇心をくすぐられるものです。そんなワクワクしてくるエンターテインメント映画をフル動画でお得に見るなら、どうしても今では外せないのが動画配信サービスです。あの有名人の他の出演作はあるのかという疑問もいち早く回答。それだけでなく、その出演作を一気に表示して連続鑑賞することもできます。これでもうレンタル店でDVDを借りるために通いまくる日々とはおさらばです。

「無料」を嫌う人はいない!
しかも、VODに関しては若輩者なあなたでも初回無料トライアルがあるので挫けることは全くなしです。無料という恩恵も受けるのは初心者へのご褒美みたいなもので、もらって損はありません。ありがたく「サンキュー」と言わせてもらいましょう。その後に作品動画を見続ければ良いのです。「最初の10分だけが無料という残念なやつでは?」そんなもったいぶるようなことはしません。配信されているのは冒頭数分でも予告動画でもない、正真正銘の映画本編であり、フル動画なので大丈夫です。

危険性があるので注意!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「スノー・ロワイヤル」の視聴はダメです。便利なサイトも無数にあるネットの世界には、残念ながらその真逆で人に害を与える危険サイトも存在します。そのデンジャラスなサイトを判定するのに欠かせないセキュリティ対策サービスやブラウザ機能もありますが、万能ではないので検出できないことも。「セキュリティソフトがあるし、防御は完璧!」そんなものは案外と役に立たないもので、能動的なサイトアクセスには特に脆弱です。

選択に迷っていませんか
直近で公開された映画でもいつかはインターネット上での配信が始まり、それと共にVODでの解禁も近いです。あなたはどれだけ多くの企業がVODに参入しているか知っていますか? 片手で数えることはできません。今なお展開は増加しており、その全体図を把握するのは専門家でも至難の技。「スノー・ロワイヤル」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。悩んでいる時はこのページ内の中央部にある動画リンクをチェックしてください。余計なランキングサイトなどの無関係ページへのリンクが紛れ込んでいることはありませんのでご安心を。他サイトとは雑多なリンクの寄せ集めのことが多いですが、フルムビバースでは厳選しており、安全性は最優先で考慮しています。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にタイトル名で検索しておけば確実に間違えません。

字幕・吹替、選択は自由
外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。吹き替えは声優を担当した人たちの工夫や独特のアレンジも加わって別の魅力が醸し出されているものも多いです。一方の字幕では文字数の制約上、セリフはかなり省略されてしまうという問題はありますが、俳優の素の演技も楽しめる面白さがあります。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい「スノー・ロワイヤル」の面白さの発見につながるかもしれません。

邪魔な広告は無し!
リーチサイトの中には危ないサイトへ誘導するものがあります。そこは危険だらけ。「Download」や「Watch」などわざとクリックを誘う紛らわしい表示を混ぜ合わせた、非常に悪意のあるコンテンツが満載で、気をつけていても罠に嵌ることがあります。対して、フルムビバースではクリーンな構成を心掛け、「スノー・ロワイヤル」視聴を妨げません。業界団体が定めた決まりに準拠していないユーザーのウェブサーフィングを妨げる不快で悪質な広告は一切利用していません。そのため他サイトと比べて広告の煩雑な表示はないので画面が見やすいです。

高画質で見られる?
ハイ・グラフィックスの動画というのは映画であれば絶対に欲しいものです。ジャギーやノイズで汚くなった動画ではCGやダイナミックな風景などが台無しになり、映画の体感が半減どころか、10%も満喫できません。現在のビデオオンデマンドはDVDを超えてブルーレイに匹敵するくらいの高画質になっており、映像美を大事にする作品でも安心。それがディスク購入で数千円かかるところを格安ですぐに手に入るわけですから、これ以上の高望みはバチがあたるというものです。ビューティフルな「スノー・ロワイヤル」の動画を楽しみましょう。

俳優好きにも必須
映画を観れば俳優だって目に入ってきます。時折見せるスタイリッシュなアクション、美しいプロポーション、セクシーな色気、コミカルなパフォーマンス…いろいろな姿を見物できるのもお腹いっぱいになるものです。VODでは俳優別で検索することもできるので、あの人だけの映画をズラリと並べることもできます。「スノー・ロワイヤル」のまるで魂が乗り移ったかのような凄みに震えることも。私たちの知っている姿とはまた違う一面を観られたりして、興奮します。一方で思いとは裏腹におカネの負担は大きい…。でもVODで補えます。

『スノー・ロワイヤル』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『スノー・ロワイヤル』をさらに知る

★スタッフ
監督:ハンス・ペテル・モランド(関連作品:『特捜部Q Pからのメッセージ』)
脚本:フランク・ボールドウィン
撮影:フィリップ・オガールド
音楽:ジョージ・フェントン

★キャスト(キャラクター)
リーアム・ニーソン(ネルズ・コックスマン)、ローラ・ダーン(グレイス・コックスマン)、トム・ベイトマン(バイキング)、エミー・ロッサム(キム・ダッシュ)、ジュリア・ジョーンズ(アヤ)、トム・ジャクソン(ホワイトブル)、ウィリアム・フォーサイス、ドメニク・ランバルドッツィ、ジョン・ドーマン

★『スノー・ロワイヤル』の評価

IMDbRTMETA
6.269%??
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『スノー・ロワイヤル』の感想

●無料ホームシアター 
こいつを怒らせてはいけないと何度言えばわかるのか。わからないから繰り返す。しかも今回はあいつは除雪車に乗っている。すでに最強の人間が最強の乗り物に乗っているのだ。しかし、どうだろう。今作は変なテンポで殺しが進む。あれれ、これはコメディだったのか。まるで復讐とは程遠いやれやれな空気。ダメな奴らばかり。自滅するだけな気がするが、でもぶつかり合う。プライドがこじらせた結果、もう止められない決闘に加速。困った男たちだ。
●シネマトゥデイ 
怖いどころか、逆に笑える要素満載で、まさに「タランティーノ的」で「ファーゴ風味」な映画でしたから、幅広く推薦したいです。リーアムは、いつもどおり渋くて無骨で、淡々と殺害を実行。単なる除雪作業員なので仕事のスキルを活かしていくのも地味ながらに伝統的なリアリティがあってサイコーです。周りの登場人物たちの濃いキャラも、アホっぽい思考といい、救いがないような微妙にズレまくっていく物語もコント的で楽しいので、スッキリ。
●TOHOシネマズ 
リーアムが真面目にやればやるほど、そのギャップでじわじわと可笑しさが増していきます。今回は決して殺しのスペシャリストではない、そこがポイント。それにしても雪は殺しの舞台にはぴったりです。綺麗な風景を活かした映像もあるからだ画面に映える。美しいなと思っていると、人が死ぬ。しかも、ああやって死ぬのかよと思わずツッコミを入れたくなる死に様もあります。もうすでにポスターがシュールじゃないですか。これは外れ無しですよ。