パピヨン(2017)

あの感動と興奮がリメイクで蘇る

映画『パピヨン』のフル動画を無料視聴するやり方を初見な人にも懇切丁寧に、広告の表示なしで優しくご案内中です。
今すぐ『パピヨン』を見るなら動画リンクをチェック。

作家アンリ・シャリエールが無実の罪で投獄された実体験をもとに執筆した小説を原作にした、脱獄映画の金字塔とも言われる1973年製作の「パピヨン」を、チャーリー・ハナムとラミ・マレックの共演でリメイク。製作総指揮はヤン・フィッシャー=ロマノフスキー、ジョシュア・D・マウラー、ケビン・バン・トンプソン、テレンス・チャン。胸元に蝶の刺青をしていることから「パピヨン」と呼ばれる金庫破りの男は、いつものように社会の片隅で穢れ仕事をしていると、あるトラブルに巻き込まれる。愛する女性と一緒に過ごしている最中、身に覚えのない殺人の罪で終身刑を言い渡され、たどり着いたのは絶望だった。遠く離れた南米ギアナの絶海の孤島にある刑務所に投獄され、そこには無法地帯で、看守自体がまるで犯罪者のように倫理を無視してくる。人を平気で殺すような過酷な強制労働と、横暴な看守たちからゴミのように扱われる日々が連日続き、これでは死ぬだけだと自覚したため、行動に出る。脱獄を決意したパピヨンだが、それは並大抵のことではない。仲間の力が必要になる。紙幣を偽造した罪で逮捕された男ドガに目をつけ、ドガを守ることと引き換えに逃亡費用を稼ごうとするという地味な日々が続くが、そこでも上手くいかないことばかり。やがて2人は運命共同体のように奇妙な絆で結ばれていくが…。

原題:Papillon / アメリカ・セルビア・モンテネグロ・マルタ(2017年) / 日本公開:2019年6月21日 / 133分 / 制作: / 配給:トランスフォーマー 

脱獄映画の金字塔復活!『パピヨン』6月21日(金)全国ロードショー!

(C)2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)

▼『パピヨン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画が見たいならこれが最速!
いろいろな苦難に陥りながらも葛藤を重ねて生存していく主人公の苦しさを体感できる映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを効果的に満喫すると苦労は減ります。ネット配信はDVDでレンタルするよりもはるかに簡単。アンケート調査によればその普及率はすでにディスク以上で、若者以外にも幅広い世代に広がっています。ブレーレイと同じクオリティで映画を自由に満喫できます。

「無料」で感謝!
しかも、無料というこれ以上ない嬉しさをもたらす救済策もあります。それがお試し期間というものです。「今月はちょっとお金がピンチなんだよね…。でも見たい映画があって…」そういうタイミングで真価を発揮する初回トライアル。これはまたとないラッキーチャンスなのです。「新作を見たいのだけど、それはさすがに無理かな…」いいえ、諦めるのは早いです。ポイントでの購入タイプのサービスは準新作もすぐに見れますし、最近は劇場公開からネット配信の間隔も短くなってきました。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「パピヨン」の鑑賞はダメです。フィルタリングでもシャットアウトできない数多のブラックサイトは大小はあれど悪影響がいたるところに潜んでいます。広告クリックを誘発させるために、動画再生画面に邪魔な画像を表示させ、閉じようとさせて別ページへ強制移動させるのは常套手段の罠です。危ないだけのリスキーなウェブサイトを継続使用でもすれば、あなたの立場がどんどん危うくなるだけで、有害です。

配信しているのはコレ!
「あ~、映画館であの作品を見逃がしちゃったからな~」そう思っている時の助け舟。新作だっていつかはちゃんと配信されます。あなたはどれだけ多くの企業がVODに参入しているか知っていますか? 片手で数えることはできません。今なお展開は増加しており、その全体図を把握するのは専門家でも至難の技。「パピヨン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。悩んでいる時はこのページ内の中央部にある動画リンクをチェックしてください。余計なランキングサイトなどの無関係ページへのリンクが紛れ込んでいることはありませんのでご安心を。全然関係のない余計なサイトばかりたらい回しにされてイライラした経験もあるでしょう。フルムビバースは雑な低品質リーチサイトとは異なります。最もグッドタイミングなのはレコメンド中のサービスの中に自分が触ったことのないものがある状況。そうであれば無料視聴もあと一歩です。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間は魅惑的な響きですが、調子に乗っているとそのせっかくのタイムスケジュールを台無しにすることもあります。例えば、登録日からひと月という設定もあれば、登録月の月末までで終わるものも。後者のパターンでは、例を挙げると「26日」に登録して月末が「31日」だとしたら5~6日しか試せないことになって「ラミ・マレック」を雑に流してしまいかねないのです。要するに何か無駄にしたくないのならばあなたは考えるべきです。どの動画を見たいのかを。まずは見てみたい作品を上位10作くらい挙げてみましょう。

フェアにオススメします
VODをクロスチェック可能なフルムビバースでは、十数の企業が展開する各サービスを原則的に優劣をつけずにフェアに取り扱っています。類似サイトで見られる1つ2つをピックアップして推奨することはしません。なぜなら不公平ですし、何よりもどれがマッチするかはあなたしだい。勝手にそれを断定はできません。実際に使いまわすことで初めて真価がわかるかもしれません。単純に「パピヨン」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

高画質で見られる?
良質な映像で作品を見たくない人間はいないと思います。劇場ではそのクオリティは当然だと思われがちですが、意外にシアター環境に左右されてしまうので個人ではどうしようもないことも。これでは何か残念です。VODはハイクオリティ&安定再生という二柱があるので頼れます。あまり多くのデータ通信を要する動画はキツイと思うのなら、事前にスマホにダウンロードしておけば解決。通信制限は消費しません。パソコンでもスペックの問題で軽くしたいなら解像度を下げられるものがいいでしょう。「パピヨン」の動画を楽しみましょう。

俳優好きにも必須
映画を鑑賞する人の大半が目にする、むしろ一番のお目当てにしているのは俳優の存在。ポピュラーな話題のスターもいれば、最近登場したニューホープもいれば、アーティストとして知名度も集める人もいます。VODは俳優名で検索することができ、一瞬で出演作リストから観たい映画をチョイスすることも可能です。「チャーリー・ハナム」の演戯に酔いしれたい? それはオススメしたいところですし、きっと当人も役者冥利に尽きるでしょう。そのためにはある程度のマネーパワーがいるとしてもVODでコストダウンさせることは可能です。

『パピヨン 2017』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月21日時点での『パピヨン』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「Amazonビデオ」です。

▼『パピヨン』をさらに知る

★スタッフ
監督:マイケル・ノアー(関連作品:『氷の季節』)
脚本:アーロン・グジコウスキ
撮影:ハーゲン・ボグダンスキー
音楽:デビッド・バックリー

★キャスト(キャラクター)
チャーリー・ハナム(パピヨン)、ラミ・マレック(ルイ・ドガ)、イブ・ヒューソン(ネネット)、ローラン・モラー(セリエ)、トミー・フラナガン(刺青の男)、ヨリック・バン・バーヘニンゲン(刑務所長)

★『パピヨン』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.0???3.8
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『パピヨン』の感想

●無料ホームシアター 
まさかのリメイクはまさかのキャストで始まった。これは私の考える妄想の中のメンバー組み合わせを実現してくれたような贅沢さ。ここまでしてくれたら頭から感謝の汁がこぼれ出るというものである。2次同人みたいな感じで楽しんでおけばいいのではないか。確かに同じ部分はすごく多い。共通しているので展開もわかる。まさか脱獄できませんでしたというオチになるわけもない。それでもサプライズを期待するものじゃないことくらいはわかるでしょう。
●ユナイテッドシネマ 
胸が張り裂けそうになるくらい苦しかったというのが初見の本音。直後にあっけなく自由を奪われて、何もできないまま死んでいくことに対して、それは本気でゾッとするほどの恐怖を覚えた。だって私はあるがままに当たり前に普通に生きているのだから。基本は死ぬ心配なんてしていない。パピヨンの世界はその逆なのだ。まるでデスゲームのようにあらゆる方法で死なせようとしてくる。死ぬのは簡単、死なないのは難しい。やっぱり生というのは奇跡の連続。
●109シネマズ 
信用して裏切られ、信用して裏切られるの繰り返し。その無限の苦しみにもそれでも脱獄しようとする主人公の気力が強すぎるほどのタフネスで、これは本当に人間なのかと思ってしまう。チャーリー・ハナムもラミ・マレックも演技が素晴らしいだけでなく、よくぞ生きたと拍手したくなるほどのリアリティ重視だった。「ボヘミアンラプソディ」でのラミマレックのフィーバーから次というかたちで、パピヨンのリメイク映画が日本では2019年公開。運命か。