ザ・ファブル(実写映画)

超豪華キャストでおくる、エンタメ・アクション

映画『ザ・ファブル』のフル動画を無料視聴するやり方を初見な人にも懇切丁寧に、広告の表示なしで優しくご案内中です。
今すぐ『ザ・ファブル』を見るなら動画リンクをチェック。

2017年度講談社漫画賞を受賞した南勝久原作の人気コミックを岡田准一主演で実写映画化。エグゼクティブプロデューサーは高橋敏弘と伊藤響、プロデューサーは宇高武志と佐藤満。超人的な戦闘能力を持つ伝説の殺し屋ファブルは、その凄まじい強さであらゆる仕事で重宝される存在。しかし、思わぬことを言い渡され、かつてない危機に陥る。育ての親であるボスから、1年間殺し屋を休業して普通の人間として何事もなく静かに生活するよう命じられる。もちろん戦闘などしてはいけない。もし誰かを殺したらボスによって処分されてしまうという厳しい条件の中、「佐藤アキラ」という偽名と、相棒ヨウコと兄妹という設定を与えられ、完全に凡人と同じく大阪で暮らしはじめたファブルは、生まれて初めての何も殺しとは微塵も関係がない日常生活に悪戦苦闘。どうやっても常識が欠如しているので、全てがズレている。周囲にも当然怪しまれる。そんな中、偶然知り合った女性ミサキがある事件に巻き込まれたことから、殺しを封印されたファブルは再び裏社会に乗り込んでいく。

原題:ザ・ファブル / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年6月21日 / 123分 / 制作: / 配給:松竹 

岡田准一主演『ザ・ファブル』主題歌予告(90秒)

(C)2019「ザ・ファブル」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『ザ・ファブル』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ユーザーの普及率は上昇中!
みんなから人気を集めるゴージャスな俳優陣が揃っている作品は誰でも魅力を見つけやすいのでとりあえず鑑賞するのも楽しい映画です。そんなドラマチックな映画をフル動画でお得に見るなら動画配信サービスをここぞというときに使いましょう。この俳優の映画を他にも観たいなと思う時があるはずです。そのタイミングで関連作をチョイスしていくことはネット配信なら検索も自由自在。スマホ、パソコン、タブレット、テレビと媒体もフリーダムです。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「私はお金の余裕が…」と思っているなら心配は捨ててください。無料トライアルで特定期間はタダになります。いくら資産があっても映画に全投資できるようなハイパーリッチは少ないです。みんなは財布とにらみ合い、生活を考えながらも楽しみを映画に見いだそうとしてます。VODは助けになります。「待って、無料は一部の古いやつだけとか?」それの答えは各社ごとに異なりますが、中にはポイント利用で準新作の映画も見れるものもあり、決して旧作だけに偏っているわけではないと言い切れます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「ザ・ファブル」の再生はダメです。最近ではサイト利用ユーザーに気づかない範囲で不正な動作を実行させ、パソコンやスマホに負荷を与えてダメージを蓄積させるものもあります。大音量大画面で広告を表示させるなど、すでに映画鑑賞どころではない状態になることも。あとで取り返しのつかない事態に四苦八苦するくらいなら、初めから一切関わらない方が断然良いでしょう。

どれを選べばいい?
ホットな出来立てホヤホヤのニュームービーでもVODならばいち早く提供されるので待ち構える価値ありです。一方で良いことばかりでもなく、VODに躊躇する人の主因は「わかりにくさ」。サービス展開企業は複数存在し、今なお天井知らずで増えていくので、どれが自分に合っているのか判断に困ります。「ザ・ファブル」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。配信VODを確認できるこのページの情報は記事更新日のものであり、作品によっては配信ログを掲載しているので、過去の情報も参考にできます。ここまでのボリューム幅のあるデータは他にはありません。レコメンド内容が全く同じコピペで量産するような雑な紹介はせず、個々の作品に合わせて調整を加えながら、動画配信の有無を検証しています。無料ホームシアター級の豊かな動画視聴を安全快適に満喫できます。いつまでもチャンスがあるとは限りません。忘れないように。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「ザ・ファブル」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。ネックになりがちなのは無線LANで、どうしてもパソコンとルーターの間に壁や天井など障害物があるとすぐに電波の届きやすさに影響を発生させてしまいます。いっそのこと、中継機の活用の補助手段を検討するのも良いでしょう。無線チャンネルを変更して改善することもあります。

登録情報は最小限
初めてVODに登録する際に入力する情報は、名前、メールアドレス、アカウントパスワード、生年月日、電話番号などだけです。仮に電話番号入力があっても実際に電話がかかってくる事態は起きません。メールスパムのようなしつこい煩わしさもゼロです。クレジットカードの支払い情報登録に躊躇することもあるでしょうが、これはイタズラでもなりすましでもないことを証明する役割もあります。初回お試しなら請求無しで無料のままなので、気楽に手を出してみましょう。あとは「ザ・ファブル」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

原作もついでに見よう
日本でも海外でも小説や漫画の映画化は完全にスタンダードとなり、あらゆる有名作から名作まであちこちで映像化が進んでいます。となると原作を見てみたくなるのも頷けます。VODの中にはオールマーケットなコンテンツサービスを自称し、電子媒体で原作も同一機能として提供しているものもあります。これならばわざわざ購入のために本屋などに行かなくても済むのです。もちろん「私は応援の気持ちも込めてちゃんとカタチとして買っておきたい!」という意見も尊重しますので、上手く使い分けてください。

俳優好きにも必須
映画を鑑賞する人の大半が目にする、むしろ一番のお目当てにしているのは俳優の存在。ポピュラーな話題のスターもいれば、最近登場したニューホープもいれば、アーティストとして知名度も集める人もいます。VODは俳優名で検索することができ、一瞬で出演作リストから観たい映画をチョイスすることも可能です。「岡田准一」のまるで魂が乗り移ったかのような凄みに震えることも。私たちの知っている姿とはまた違う一面を観られたりして、興奮します。一方で思いとは裏腹におカネの負担は大きい…。でもVODで補えます。

『ザ・ファブル』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ザ・ファブル』をさらに知る

★スタッフ
監督:江口カン(関連作品:『映画めんたいぴりり』)
脚本:渡辺雄介
撮影:田中一成
音楽:グランドファンク

★キャスト(キャラクター)
岡田准一(ファブル/佐藤アキラ)、木村文乃(佐藤ヨウコ)、山本美月(清水ミサキ)、福士蒼汰(フード)、柳楽優弥(小島)、向井理(砂川)、木村了(コード)、井之脇海(黒塩/クロ)、藤森慎吾(河合ユウキ)、宮川大輔(ジャッカル富岡)、佐藤二朗(田高田)、光石研(浜田)、安田顕(海老原)、佐藤浩市(ボス)、南出凌嘉(幼少期のファブル)、六角精児(バー「バッファロー」マスター)、粟島瑞丸(松沢)、モロ師岡(鉄板焼き屋「ちっち」店長)、好井まさお(貝沼)、倉本美津留(古着屋店主)、藤原光博(工場長)

★インタビュー
・岡田准一「岡田はアクションができるというイメージは浸透していると思うのですが、最近は時代物が多かったので、心の中で現代物をやりたくてウズウズしていたところはあるかもしれません」

★『ザ・ファブル』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.5???3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ザ・ファブル』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
新感覚な作品ではないでしょうか。アホアクションでありながら、シリアスアクションもあって、両得。真面目と笑いの境界線が絶妙に微妙でさじ加減がいいところ。ケラケラ笑いきれない感じが面白いので、観客の自由に楽しみポイントを見つけていけるのではないか。普通の生活を知らないファブルのチグハグなギャップコメディと、普通に戻るための過酷なミッションというノーマルな観客にとっては意味不明でしかない四苦八苦。頑張った俳優に感謝。
●109シネマズ 
岡田くんの壁登りを堪能する作品と言っても言い過ぎではないだろう。さすがに売りにしているだけあってアクションのキレは間違いないですからそこだけで満喫してもいい。むしろメインはそこか。芝居の方は柳楽優弥と安田顕にお任せと言う事になっており、そのへんはばっちりカバーしている。基本的に日本の俳優は凄いのでだいたいの長所で上手く補正できる。これぞ邦画のベストを頑張った結果。監督ではなくキャストの努力で必死に底上げしたか。
●BILIBILI 
原作漫画を読んでいる前提で観れば、いろいろと厳しい視線になってくるのだけど、主人公が普通の生活を始めてから最初に巻き込まれる事件の解決までを2時間に収めた内容の手際は上手くできているし、そこかしこに工夫もあって見ごたえもいい。「なんでおれもやねーん」などギャグセンスは独特なので合う人を選ぶ。ハラハラドキドキさせるためにやってる過度な演出の連発には人を試すための試練なんじゃないかと思うほどのオンパレード。