凪待ち(2019)

誰が殺したのか。香取慎吾主演のクライムドラマ

映画『凪待ち』のフル動画を無料視聴するやり方を初見な人にも懇切丁寧に、広告の表示なしで優しくご案内中です。
今すぐ『凪待ち』を見るなら動画リンクをチェック。

白石和彌監督が、香取慎吾を主演に迎えて、人生につまずき落ちぶれた男の喪失と再生を描くヒューマンサスペンス。製作総指揮は木下直哉、プロデューサーは椎井友紀子と赤城聡。意味もないような無為な毎日を送っていた木野本郁男は、自分を滅ぼすだけのギャンブルから足を洗い、新生活を開始した。恋人・亜弓と彼女の娘・美波とともに亜弓の故郷である石巻に移り住むことにして、そこでこれまでの自分を恥じ、やり直そうとする。亜弓の父・勝美は末期がんに冒されながらも漁師を続けており、いつ死んでしまうかもしれない状況の中でも生にしがみつき、近所に住む小野寺が世話を焼いていた。無邪気で人懐っこい小野寺に誘われてそのままの流れで飲みに出かけた郁男は、泥酔している中学教師・村上と出会う。それは新しい人生に一点の不吉な泥をたらす。彼は亜弓の元夫で、美波の父親だった。ある日、美波は亜弓と衝突して家を飛び出す。どこに行ったのかもわからずに、帰宅する気配もない。亜弓は夜になっても帰って来ない美波を心配してどうしたらとパニックに陥り、そのまま失態を責められて激しく罵られた郁男は彼女を車から降ろして、ひとりで捜すよう感情的に突き放す。その場の勢いでやってしまったことだった。しかし、その夜遅く、亜弓は遺体となって発見され、事態は重い空気に包まれる…。

原題:凪待ち(「なぎまち」) / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年6月28日 / 124分 / 制作: / 配給:キノフィルムズ 

映画『凪待ち』予告編

(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『凪待ち』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ビギナーにこそ使ってほしい
どうしても人生というのは悩みが尽きないもの。葛藤も苦悩もありますがそういうときは映画でそんな苦しさを重ねてみるのもいいかもしれません。そんなドラマチックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを贅沢に使うのもいいでしょう。あの監督の作品を他にも見たいという気持ちになったことはありませんか。ネット配信ならば検索が簡単。すぐに視聴できます。レンタル店でDVDを借りるために右往左往する必要性は皆無です。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「私はお金の余裕が…」と思っているなら心配は捨ててください。無料トライアルで特定期間はタダになります。いくら資産があっても映画に全投資できるようなハイパーリッチは少ないです。みんなは財布とにらみ合い、生活を考えながらも楽しみを映画に見いだそうとしてます。VODは助けになります。「無料というのはあまりにも都合が良くて怖い」そんな不安はデリートしましょう。これはつまり初心者に限定した、一度触ってみればすぐに魅力がわかりますよという入門サポートなので大丈夫。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「凪待ち」の再生はダメです。厄介事は各所に潜在しています。例えば、そのようなウェブページは広告で儲けているために、異常に頻繁かつ妨害的な広告の表示で、ユーザーを誘導しようとします。また、有害な不利益を招くリダイレクトを連発させる場合もあります。危ないだけのリスキーなウェブサイトを継続使用でもすれば、あなたの立場がどんどん危うくなるだけで、有害です。

どれを選べばいい?
新規話題作はその熱気が冷め始めた頃、スルッとネット動画配信を開始していることも多く、VODは注視すべきです。でも、ここで油断はしてはいけません。「登録してみたものの、見たい映画がないのだけど!」というトラブルは困りもの。それはなんとしても防ぎたいです。「凪待ち」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。各自で用意されている作品ページではその映画の配信VODをアイコンで通知中。複雑な表示でも何でもなく、パッと見ただけで取り扱い状況が把握できます。アイコン画像が非表示のときは、未配信かもしれません。全然関係のない余計なサイトばかりたらい回しにされてイライラした経験もあるでしょう。フルムビバースは雑な低品質リーチサイトとは異なります。まずは少しだけ配信作品の現状が知りたいなという人もいるはずですが、それであれば公式サイト内のタイトル検索でわかります。

登録情報は最小限
初めてVODに登録する際に入力する情報は、名前、メールアドレス、アカウントパスワード、生年月日、電話番号などだけです。仮に電話番号入力があっても実際に電話がかかってくる事態は起きません。メールスパムのようなしつこい煩わしさもゼロです。クレジットカードの支払い情報登録に躊躇することもあるでしょうが、これはイタズラでもなりすましでもないことを証明する役割もあります。初回お試しなら請求無しで無料のままなので、気楽に手を出してみましょう。あとは「凪待ち」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

邪魔な広告は無し!
リーチサイトの中には危ないサイトへ誘導するものがあります。そこは危険だらけ。「Download」や「Watch」などわざとクリックを誘う紛らわしい表示を混ぜ合わせた、非常に悪意のあるコンテンツが満載で、気をつけていても罠に嵌ることがあります。対して、フルムビバースではクリーンな構成を心掛け、「凪待ち」視聴を妨げません。公に発表されている業界団体が定めた決まりに準拠しないウェブサーフィングを妨害するユーザーフレンドリーではない広告は一切利用を停止しています。そのため圧倒的に広告量も少なめです。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。素人考えだとフィルタリングでじゅうぶんな効果がありそうですが、これはただのブラックリストなのでどんどん新設される危険サイトの増殖に追い付けません。ブロッキングもドメインを変えられると意味がないです。そこで正規サービスを推薦して定着させるのが重要。VODはまさに適役。不正なサイト利用者にこそ広めていくことが業界を救う大切な役割を果たすので「凪待ち」合法視聴方法を拡散しましょう。

俳優好きにも必須
映画を鑑賞する人の大半が目にする、むしろ一番のお目当てにしているのは俳優の存在。ポピュラーな話題のスターもいれば、最近登場したニューホープもいれば、アーティストとして知名度も集める人もいます。VODは俳優名で検索することができ、一瞬で出演作リストから観たい映画をチョイスすることも可能です。「香取慎吾」の演技を見たいでしょう? ファンであれば出演作品を全部おさえてみたいと思うのは自然な気持ちです。しかしそれを実現するには莫大な労力とおカネがかかる。だったらVODでまとめ見です。

『凪待ち』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『凪待ち』をさらに知る

★スタッフ
監督:白石和彌(関連作品:『麻雀放浪記2020』)
脚本:加藤正人
撮影:福本淳
音楽:安川午朗

★キャスト(キャラクター)
香取慎吾(木野本郁男)、恒松祐里(昆野美波)、西田尚美(昆野亜弓)、吉澤健(昆野勝美)、音尾琢真(村上竜次)、リリー・フランキー(小野寺修司)、三浦誠己、寺十吾、佐久本宝、田中隆三、黒田大輔、鹿野浩明、奥野瑛太、麿赤兒、不破万作、宮崎吐夢、沖原一生、江井エステファニー、ウダタカキ、野中隆光、岡本智礼、本木幸世

★インタビュー 
・香取慎吾「ポスターが公開されたとき、ファンの方々のツイッターとかでも「見たことがない顔です」みたいな感想が多かったです。でも普段、家にいて鏡を覗いたときの顔なんですけれどね(笑)」

★『凪待ち』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
4.2???4.0
フルムビバース独自ランク
A

★『凪待ち』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター
色々語りたくなる映画であり、とりあえず観るべきだと太鼓判を押せる。これを観ずには2019年は語れないだろう。それにしてもなんでこんなヘビー級の作品をさしてどうでもいい時期に公開するんだよ、日本の映画業界は。確かにバケーション向きの作品ではないけど、もっと観てほしいな。人の繋がり、愛、理性、家族。ある意味「震災後」を語る領域にまで踏み込んでいるし、そういう分野を得意とする監督の持ち味はここでもクリティカルヒットしている。
●ユナイテッドシネマ 
いつか凪は訪れるのだろうか。そんな待ちの人生は無情にも期待どおりにならない。ギャンブル依存症が治るわけも、家族が理不尽に殺された怒りや悲しみが癒えるわけもないという人生の残酷さ。あなたの思っているほど、人は簡単に再生はできないというジレンマ。どん底のクズ男はひたすらに底辺を舐めている。自分がそこにいるのは他人のせいだと言わんばかりに。凪を生きるには、まずは自分が変わらないといけない。凪待ちはそこから始まる。
●シネマサンシャイン 
奴はなぜ亜弓を殺したのか、そんなわかりやすい回答はない。アンサーを求めるには、読み解く必要がある。何一つ説明せずともあの瞬間の台詞と表情だけですべてを物語ってしまうという驚異の演技の見せ方によって、選ばれし者にだけその標は残される。香取慎吾史上最高にダークでバイオレンスでサイテー野郎。でもこういう奴は日本にいる。「孤狼の血」と同じ白石和彌監督ですが、それと比べると直接的な暴力性は控えめになっているのは特徴。