新聞記者(2019)

これはフィクションか。賛否両論渦巻く問題作

映画『新聞記者』のフル動画を無料視聴する方法を紹介。このページをモニタリングしておけば配信に気づけます。
今すぐ『新聞記者』を見るなら動画リンクをチェック。

東京新聞記者・望月衣塑子の同名ベストセラーを原案に、韓国の演技派女優シム・ウンギョンと松坂桃李がダブル主演を務め、若き新聞記者とエリート官僚の対峙と葛藤を描き出す社会派サスペンス。エグゼクティブプロデューサーは河村光庸と岡本東郎、プロデューサーは高石明彦。東都新聞の記者・吉岡エリカのもとに、医療系大学新設計画に関する普通であれば知るはずもないような極秘情報が匿名FAXで届く。そこに書かれていたのは、内閣が関与している証拠だった。この情報は記者たちを驚かせるが、誰がリークしたのかは不明。日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、強い思いを秘めて日本の新聞社で働く彼女は、さっそくこの怪しいマークのある資料の出どころを探し、真相を突き止めるべく調査に乗り出す。一方、内閣情報調査室の官僚・杉原は、現政権に不都合な情報をあらゆる手段でコントロールしながら有利にするように操る任務に葛藤して、役割を見失い始めていた。そんなある日、ついにさらなる大事件が起こり、二人は思わぬ形でクロスする。杉原は尊敬するかつての上司・神崎と久々に再会するが、神崎はその数日後に投身自殺をしてしまい、どうしてあんなに精神の強い人が死を選んだのか悩む。真実に迫ろうともがく吉岡と、政権の暗部に気づき選択を迫られる杉原。そんな2人の人生が重なった時、埋もれていたある事実が明らかになり、選択を迫られる。

原題:新聞記者 / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年6月28日 / 113分 / 制作: / 配給:スターサンズ、イオンエンターテイメント 

『新聞記者』予告篇

(C)2019「新聞記者」フィルムパートナーズ


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『新聞記者』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

視聴するならこれしかない!
社会に潜む闇や陰謀を解き明かし、その不正にさえも切り込んでいく社会派サスペンスはそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを適切に使用していきましょう。ネット配信はどうしてもユーザーは選びがちなところもありますが、実際は若者から高齢者まで幅広い世代に推薦できます。利便性が高く、スマホからパソコン、テレビまで使いやすいのがその理由。試せばわかります。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「私はお金の余裕が…」と思っているなら心配は捨ててください。無料トライアルで特定期間はタダになります。できればコストは削減したいと思うのは、別にお金に厳しい人でなくてもみんなが思うこと。どうせならその前にいろいろな機能を試せるほうが良いに決まっています。「動画を見れてもフルムービーとはならない条件つきなの?」そんな疑り深い意見を解きほぐしましょう。まずちゃんとフルです。そして字幕や吹き替えも揃っています。再生も高画質かつ安定しており、不便はないです。

危険は回避しよう
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「新聞記者」の再生はダメです。「こんな初歩的な不正サイトのトラップにかかるやつはいない。もしくはバカだ」そう思っていると、案外とあなたもすでに首根っこを掴まれているかもしれません。なにせ向こうも意地ですからあの手この手で利益をあげるために密かな暗躍を裏で実行しています。低画質動画なんて使ってもそれで映画を観たことにはならないくらい印象が激減してしまうので、絶対にやめるべきです。

どれを選べばいい?
ホットな出来立てホヤホヤのニュームービーでもVODならばいち早く提供されるので待ち構える価値ありです。一方で、VODを取っ付きにくくしている難点として、複数社がサービスを展開していてどれが良いのかさっぱり見当もつかない状況になって結局お手上げになることも。「新聞記者」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。今、見ているページにアイコン画像が表示されていませんか? これは配信している可能性が高いことを示しています。そうしたアイコン・リストが1個もないのならば、情報待ちか、まだ未配信と考えるべきかもしれません。他サイトとは雑多なリンクの寄せ集めのことが多いですが、フルムビバースでは厳選しており、安全性は最優先で考慮しています。なお、留意すべき点があるとすれば、配信は常に同じではないです。つまり、特定作品がずっと見られるわけではないです。

フェアにオススメします
VODをクロスチェック可能なフルムビバースでは、十数の企業が展開する各サービスを原則的に優劣をつけずにフェアに取り扱っています。類似サイトで見られる1つ2つをピックアップして推奨することはしません。なぜなら不公平ですし、何よりもどれがマッチするかはあなたしだい。勝手にそれを断定はできません。実際に使いまわすことで初めて真価がわかるかもしれません。単純に「新聞記者」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

パスワードは入念に考えて
まるでバイキングのように食べ放題感覚で満喫できるVODですが、その動画ディナーを楽しむ前に必須なのがパスワード設定です。もしかしたらかなり雑な感覚で決めている人はいませんか。それは今すぐにやめましょう。いとも簡単に悪意を持った他人に乗っ取られます。とくにパスワードを流用してしまうと、芋づる式に別のサービス不正攻撃を引き金に酷い目に遭うことになります。使い回しをせず、個別に固有の設定にしておけば盤石です。安全な「新聞記者」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

動画はフルの方がいい
あまり意識していない人もいますが、話題作が放映されるとSNSでも大盛り上がりをする民放TVでの映画ですが、実は結構シーンがカットされてしまっており、本来のフルの内容を満喫はできていません。番組時間帯の都合なのですが、本音はフルバージョンを楽しみたいものです。そこでVODならば自由気ままにフル動画を鑑賞可能。仲間と一緒にフル体験で映画をじっくりシェアもできます。「新聞記者」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

高評価作品は観る価値あり
映画探しはそれだけでアドベンチャーであり、宝くじのようにアタリ・ハズレで一喜一憂するのも一興。しかし、そんな時間に費やすことはできないなら、高評価作品だけに絞って鑑賞するのも名案です。例えば、賞の受賞作。批評家称賛のものであれば、万人受けを必ずしも保障はできませんが、とっておきの作品群が揃っているのは確実。優れた見識を持つ専門家の意見は素直に聞いておいて損はないので、モノは試しです。「新聞記者」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『新聞記者』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『新聞記者』をさらに知る

★スタッフ
監督:藤井道人(関連作品:『デイアンドナイト』)
脚本:詩森ろば、高石明彦、藤井道人
撮影:今村圭佑
音楽:岩代太郎

★キャスト(キャラクター)
シム・ウンギョン(吉岡エリカ)、松坂桃李(杉原拓海)、本田翼(杉原奈津美)、岡山天音(倉持大輔)、郭智博(関戸保)、長田成哉(河合真人)、宮野陽名(神崎千佳)、高橋努(都築亮一)、西田尚美(神崎伸子)、高橋和也(神崎俊尚)、北村有起哉(陣野和正)、田中哲司(多田智也)、望月衣塑子、前川喜平、マーティン・ファクラー

★インタビュー
・松坂桃李「杉原の所属する内閣情報調査室の仕事は非常にベールに包まれていて、詳細はあまり明らかにはなっていないんです。台本に書かれている杉原の言葉や行動を頼りに、監督と相談しつつ、一つ一つの感情を大事にしながら演じていきました」
・シム・ウンギョン「日本語のセリフ、それも普段の生活では日本の方も使わない言葉も多かったので。発音やイントネーションを一生懸命に頑張って練習しました」

★『新聞記者』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
4.0???3.9
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『新聞記者』の感想

●無料ホームシアター 
衝撃的な映画は数あれど、こういう日本人にのみヒットするショッキングなストレートパンチは他にないだろう。私たちの心にガンガンぶつかってくる。きっとこの攻撃を受けた一部の人は拒否反応を示すかもしれない。こんなのは嘘だ、偽りだ、捏造だ、と。そういう人を見かけたら、それは権力者側の存在だと思えばいい。政府の人間ではなくとも、いつのまにか政府寄りな思考にのり、何らかの悪に加担しているのだ。それは歴史が証明してくれる。
●イオンシネマ 
この映画を観たことはおそらく10年後、20年後、30年後に自慢できると思う。もっといえば簡単な内容ではないかもしれないが、そこには見つめるべき真理がある。これはフィクションで片づけられないから怖い。あの大学新設をめぐる事件、レイプ事件、自殺事件、あらゆる問題の真相を語ろうとしない政権。黙っていれば、あとはネットがテキトーに都合のいい有利な話をあることないことでっちあげてくれる。そんな狂った日本の足跡がこの映画だ。
●BILIBILI 
待ってはくれない。いつかは死んでしまう。でも自分から人が死ぬというのは、それは何かのプレッシャーがあった証拠。そんなことがましてや政治や官僚の世界で起こったら何があったのかと思うのは普通。この映画は決して政府批判の単純な作品ではない。ましてやマスコミを称賛するものでもない。むしろ大手のマスメディアを痛烈に風刺している。政府の言いなりになったメディアはマスゴミと蔑視されるのもしょうがない。でも本当に非難すべきは?