ゴールデン・リバー / The Sisters Brothers

夢に目がくらんだ男たちの結末は…

映画『ゴールデン・リバー』のフル動画を無料視聴する方法を紹介。このページをモニタリングしておけばすぐさま見れます。
今すぐ『ゴールデン・リバー』を見るなら動画リンクをチェック。

フランスの名匠ジャック・オーディアール監督が初めて手がけた英語劇で、ジョン・C・ライリー、ホアキン・フェニックス、ジェイク・ギレンホール、リズ・アーメッドという豪華キャストを迎えて描いた西部劇サスペンス。製作にはパスカル・コーシュトゥー、グレゴワール・ソルワ、ミヒェル・メルクト、マイケル・デ・ルカなどが名を連ねる。ゴールドラッシュに沸く1851年。人々は暴力的で理不尽な社会を嫌がり、夢を手に入れることを夢想していた。最強と呼ばれる殺し屋兄弟の兄イーライと弟チャーリーは、政府からの内密の依頼を受けて、黄金を探す化学式を発見したという化学者を追うことになる。それは本当なのかもわからないが、今できるのはターゲットを始末することだけ。政府との連絡係を務める男とともに化学者を追う兄弟だったが、しだいにその旅の途中で気持ちに変化が訪れる。ともに黄金に魅せられた男たちは、このまま一緒に行動すれば利益を手に入れて人生を変えられると判断し、成り行きから手を組むことにする。しかし、本来は組むはずのなかった4人が行動をともにしたことから、筋書きは変わってしまい、予想外の状況に陥る。それぞれの思惑が交錯し、疑惑や友情などさまざまな感情が入り乱れていった先、欲しいものは手中にできるのか。

原題:The Sisters Brothers(「ザ・シスターズ・ブラザーズ」) / 製作:アメリカ・フランス・ルーマニア・スペイン(2018年) / 日本公開:2019年7月5日 / 120分 / 制作:Why Not Productions / 配給:ギャガ 

【公式】映画『ゴールデン・リバー』7.5(金)公開/本予告

(C)2018 Annapurna Productions, LLC. and Why Not Productions. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『ゴールデン・リバー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

初心者でも大丈夫です!
さまざまな思惑や葛藤が入り乱れるユニークなクライムドラマはそれだけで目が離せない面白さがあります。そんなドラマチックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを自由に利用できないか、検討してみるといいです。マイナー作品は劇場公開を見逃してしまうこともありますが、ネット配信での取り扱いに注目しておけば、すぐさま鑑賞可能。どうしてもテレビがいいというのなら、それでも鑑賞できるので、安心して使い始められます。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「私はお金の余裕が…」と思っているなら心配は捨ててください。無料トライアルで特定期間はタダになります。これは初めての利用者にとっての優遇プレゼントであり、一定期間に限って通常の利用料が発生しないものです。そのため動画鑑賞などの使用も自由自在にできます。「無料というのはあまりにも都合が良くて怖い」そんな不安はデリートしましょう。これはつまり初心者に限定した、一度触ってみればすぐに魅力がわかりますよという入門サポートなので大丈夫。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ゴールデン・リバー」の鑑賞はダメです。便利なサイトも無数にあるネットの世界には、残念ながらその真逆で人に害を与える危険サイトも存在します。そのデンジャラスなサイトを判定するのに欠かせないセキュリティ対策サービスやブラウザ機能もありますが、万能ではないので検出できないことも。危ないだけのリスキーなウェブサイトを継続使用でもすれば、あなたの立場がどんどん危うくなるだけで、有害です。

迷っていても安心です
現在は新作もそこまで待たせることなくネット配信されるのがスタンダード。無料動画も試しやすいです。しかし、困ることに配信作品は毎日変化しているので把握が難しいです。その変化は明確にスケジュールが公表はされていないので予測も不可能です。「ゴールデン・リバー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。難関というほどではないにせよ、苦労のドツボに陥らないためにも、このページに掲載している動画リンクを参照してください。雑多なリンク集ではなく、詳細はアイコンで情報をピックアップ中です。同類サイトは山ほどありますが、フルムビバースでは情報更新の勢いがあり、こまめに対応しているので密度が違います。最もグッドタイミングなのはレコメンド中のサービスの中に自分が触ったことのないものがある状況。そうであれば無料視聴もあと一歩です。

試写も良いけど…
最新映画をいち早くお得に観たい人は試写会を利用するのも手です。映画好きならぜひともチェックしておきたい大衆向けの試写会は、一足先に最新作を目にできる絶好の機会です。申し込みするだけなら基本は無料なので、あとはあなたの運を試すだけ。もし当選した場合はルールを守りましょう。勝手にその当選権を他人に譲らないこと。必ず時間厳守で会場に来ること。ネタバレなどの規制があるなら遵守すること。素晴らしい体験をしたら、あとはもうその魅力を周囲に語りまくりましょう。

無料動画サイトとの違い
従来、動画を無料で見る方法といえば、動画サイトがありました。YouTubeやニコニコ動画などがポピュラーです。しかし、課題が山ほどあり、迷惑していた人もいたはずです。いかにも興味を惹きそうなサムネイルやタイトルを使った釣り動画、中身がスカスカで何もないコンテンツ、違法アップロードの動画が放置されていることも今だに多いです。通報すれば動画の削除対応がされることもありますが、実際は全く追い付いていません。VODはそれらの心配が一切ない、「ゴールデン・リバー」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「ゴールデン・リバー」は? これを誤解すると大変ですし、変なクレームにつながりかねません。簡潔に言えば、最初の月額料金か、一定期間の間だけ料金の支払いが発生しないという意味です。見放題系のサービスならわかりやすく、期間内はいくら動画を見ようとも無料。一方で、単体ごとにレンタル的に購入するものはあくまで保有している専用ポイントに左右されます。基本は初回時に一定のポイントが入手できるのでその範囲であれば実質的にはタダと同じです。

俳優好きにも必須
映画を鑑賞する人の大半が目にする、むしろ一番のお目当てにしているのは俳優の存在。ポピュラーな話題のスターもいれば、最近登場したニューホープもいれば、アーティストとして知名度も集める人もいます。VODは俳優名で検索することができ、一瞬で出演作リストから観たい映画をチョイスすることも可能です。「ホアキン・フェニックス」の本気が突き刺さる迫力には参ってしまいます。この役者のファンをひとりでも多く生み出したい…そんな応援の情熱もVODならばサポート可能。ガンガンと「これがいいよ」と推薦しまくって伝染させましょう。

『ゴールデン・リバー』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『ゴールデン・リバー』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジャック・オーディアール(関連作品:『ディーパンの闘い』)
脚本:ジャック・オーディアール、トーマス・ビデガン
撮影:ブノワ・デビエ
音楽:アレクサンドル・デスプラ

★キャスト(キャラクター)
ジョン・C・ライリー(イーライ・シスターズ)、ホアキン・フェニックス(チャーリー・シスターズ)、ジェイク・ギレンホール(ジョン・モリス)、リズ・アーメッド(ハーマン・カーミット・ウォーム)、レベッカ・ルート(メイフィールド)、アリソン・トルマン(酒場の女)、ルトガー・ハウアー(提督)、キャロル・ケイン(ミセス・シスターズ)

★『ゴールデン・リバー』の評価

IMDbRTMETA
7.087%??
映画comY!FM
3.7???3.7
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ゴールデン・リバー』の受賞
第75回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞。

★『ゴールデン・リバー』の感想

●無料ホームシアター
やらなければいいのにどうしても目の前に大金がちらつくとかなり人は大胆になり、理性を失ってしまう。それは必然なのかもしれない。そうやって繰り出される本能の過ちをコミカルな会話も交えつつ、西部劇に落とし込んでいる。クールな戦いだけを観たいなら勧めないが、リアルな人間のダメさが滲み出るくらいがちょうどいいならジャストフィットする。シスターズ兄弟の顛末は私たちが忘れているあたり前のハピネスを見せてくれるものなのかも。
●FILMAGA 
小説を先に読んでいたのですが、全然OK。結構好印象。原作よりも登場人物に深みを出しつつも、しっかりとオリジナリティに塗りつぶされることなく、淡々とした進み方や要所要所での画は原作の雰囲気通りで、おおむねどちらを望んでいても満足でした。たぶんバランスがいいのでしょう。4人が対等に主役ではないので、そこだけ注意ですが、しっかり多層的な人間ドラマが楽しめます。予測のつかないストーリーとは少し違うかもですけどね。
●ユナイテッドシネマ 
舞台背景がゴールドラッシュに沸く西部開拓時代でも、メインの話はそこではない。タイトルにある「ゴールデンリバー」はあくまできっかけに過ぎず、別に宝探し映画でもない。相変わらずミスリードで観客をひっかけてくるのだが、どうしてもそれが必要だったのだろうか。気にしないでもないが、役者の渋さがいいので、無駄に起こる必要もないのかも。ジェイクギレンホールは信用できそうにないし、ホアキンは落ちぶれている。いい味を出している。