トイ・ストーリー4(4作目)

ラストは全ての観客の心を揺さぶる

映画『トイ・ストーリー4』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! リンクの大量さに混乱することはなしです。
今すぐ『トイ・ストーリー4』を見るなら動画リンクをチェック。

おもちゃの世界を舞台に描くピクサー・アニメーションの大ヒットシリーズ「トイ・ストーリー」の第4作。製作総指揮はアンドリュー・スタントン、リー・アンクリッチ、ピート・ドクター。ウッディたちの新しい持ち主となった女の子ボニーは、新しい環境に不安でいっぱいだったが、幼稚園の工作で作ったフォーキーを家に持ち帰る。ボニーの今一番のお気に入りであるフォーキーを仲間たちに快く紹介するウッディだったが、フォークやモールでできたフォーキーは自分を「ゴミ」だと認識し、ゴミ箱に捨てられようとボニーのもとを逃げ出してしまう。なんとか必死に逃走するフォーキーを食い止めることに腐心するウッディが疲れ果てるが、今の自分にできることはこれだけなので諦めない。ある日、外出中に消えたフォーキーを連れ戻しに行ったウッディは、その帰り道に通りがかったアンティークショップで、かつての仲間であるボー・ピープのランプを発見する。その近くの移動遊園地では、オモチャの意外な姿があった。一方、なかなか戻ってこないウッディとフォーキーを心配したバズたちも2人の捜索に乗り出すが、さまざまな運命が交錯して、大きな決断をする状況に直面する…。

原題:Toy Story 4(「トイストーリー4」) / 製作:アメリカ(2019年) / 日本公開:2019年7月12日 / 100分 / 制作:Pixar Animation Studios / 配給:ディズニー / 前作:『トイ・ストーリー3

「トイ・ストーリー4」日本版予告

(C)2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『トイ・ストーリー4』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及率は絶好調!
世界中の子どもから大人にまで愛されているアットホームで心にグサッと刺さるアニメーション映画はそれだけの見ごたえがあります。そんなファンタジックな映画をフル動画でお得に見るなら、便利な動画配信サービスを上手く利用するのがベストです。とくにシリーズ系は追いかけるのがレンタル店では大変なことがあります。ネット配信ならその問題は解決。過去作を一瞬で振りかえられるので、時間のない人にもぴったりでトライする価値があります。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「お金がかかる…」と躊躇することはしなくてもいいです。無料トライアルで一定期間はタダになるので財布に優しいです。「今月はちょっとお金がピンチなんだよね…。でも見たい映画があって…」そういうタイミングで真価を発揮する初回トライアル。これはまたとないラッキーチャンスなのです。「無料なのは一部であって全部観れないとか?」なんていう半信半疑はノープロブレム。ちゃんとフル動画で、大事なエンディングまでしっかり目に焼き付けられる正真正銘のフルバージョンを配信しています。

手を出すとアウト!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「トイ・ストーリー4」の視聴はダメです。不正サイトはフィルタリングで防ぐのが理想ですが、残念ながら次から次へと新しいサイトが登場しているためにキリがありません。また、実在する正規サイトを装って名称、住所、画像等を無断使用しているケースも。素人判断は厳しいです。ブラウザの危険防止機能やセキュリティ対策の通常手段だけでは防ぎきれない怖いリスクもあるので注意です。

ウォッチするならすぐそこ!
このページを見ている時点で「見たい」というボルテージは高いと思いますが、コンテンツを眺めればその感情は倍増します。一方で、VODへの抵抗感を増長させている難点として、複数社がサービスを展開していてどれが良いのかさっぱり見当もつかない状況になって結局お手上げになることも。「トイ・ストーリー4」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページでは作品ごとに個別に配信中のVODを整理しています。情報は基本的に記事更新日(ページ上部に記載)の状況をベースにしていますので、登録前の事前参考材料に使えるはずです。いろいろなリンクをタップしまくっても全く動画系のコンテンツに繋がらず、振り回される!…そんな不愉快な経験をした人も、これで反撃できます。ここは確実な動画紹介に特化。ネットだけでなく劇場の大きなシアターでも映画を鑑賞するならば、シネコンの利用がお得になるサービスをセレクトするのが最善の近道です。

字幕・吹替、選択は自由
外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。熱演を披露する役者の演技をダイレクトに満喫するなら迷うことなく字幕でしょうし、そうじゃなく字幕は画面が汚れる感じで嫌だという人ならきっと吹替一択になるはず。一長一短のメリット&デメリットを抱えており、完全な好きな方を選ぶべき話です。VODはダブルタイプ選択可能な作品も収録済みなので、見比べるor聴き比べるのも新しい「トイ・ストーリー4」の面白さの発見につながるかもしれません。

高画質で見られる?
細部まで作りこまれた映画なのですから、最高水準の高画質で鑑賞したいものです。VODの画質は貧相で荒いと思っているそんな先入観はだいぶ薄まってきましたが、あらためて高品質であることは保証します。今ではスマホですら4Kレベルの解像度再生ができたりする時代。パソコンでもディスプレイの性能の良いものも比較的高価でもありません。VODはそれらスペックのある視聴機器との相性が抜群。画質は選択できることも多く、あなたのネット環境に合わせてチューニングしながら「トイ・ストーリー4」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
できれば最高水準の再生環境で映画を観たいですよね? だとしたら何がベストか。超高価格のハイスペックパソコン? 特大サイズのテレビ? いいえ、理想は視野いっぱいのホームシアターです。今や少し値段もお手頃になってきたこの家庭シアターの存在は映画好きでなくとも欲しくなるプライベート空間です。「トイ・ストーリー4」も最高級に。どうやってそんな贅沢ルームを構築するのか、それが肝心。それなりの備品が要ります。映像を映すスクリーンとプロジェクター。それに音響にこだわるならオーディオシステムも必要になるでしょう。お値段を投資してもほしいか要相談です。

高評価作品は観る価値あり
がむしゃらに映画を見まくるというのも今の時代ならばそこまで金もかけずに実現できるのですが、時は金なりですので、労力を節約したいときもあります。かといって1度に3作品同時鑑賞なんて荒業は精神的にも体力的にも推奨しません。そこで世間的に評価の高い映画から手を出すのがまずはとっかかりになります。受賞作はそれだけの有意な価値がある証拠ですし、アート的な観点で素晴らしい体験を与えてくれるものです。「トイ・ストーリー4」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『トイ・ストーリー4』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『トイ・ストーリー4』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジョシュ・クーリー
脚本:ステファニー・フォルソム、アンドリュー・スタントン
音楽:ランディ・ニューマン

★キャスト(キャラクター)
トム・ハンクス(ウッディ)、ティム・アレン(バズ・ライトイヤー)、アニー・ポッツ(ボー・ピープ)、トニー・ヘイル(フォーキー)、クリスティーナ・ヘンドリックス(ギャビー・ギャビー)、キーガン=マイケル・キー(ダッキー)、ジョーダン・ピール(バニー)、キアヌ・リーブス(デューク・カブーン)、アリー・マキ(ギグル・マクディンプルズ)、ジョーン・キューザック(ジェシー)、ウォーレス・ショーン(レックス)、ジョン・ラッツェンバーガー(ハム)、ジム・バーニー(スリンキー・ドッグ)、ドン・リックルズ(ミスター・ポテトヘッド)、エステル・ハリス(ミセス・ポテトヘッド)

★『トイ・ストーリー4』の評価

IMDbRTMETA
8.398%??
映画comY!FM
3.5???4.0
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『トイ・ストーリー4』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
どうやって「3」のラストから続きを考えるのだろうかと思っていたら、まさかこうくるとは。確かにこれは必要なストーリーだったと思う。一部の観客にとって蛇足だと思うかもしれない。でもこれは観客を満足させるための映画ではないのだ。ウッディというひとりのオモチャの人生に寄り添った作品である。ウッディはいつまでも誰かの自己満足のためのオモチャではない。彼もまた次のステージへ飛び立つ時が来た。私たちはさようならを言うべきなのだ。
●イオンシネマ 
日本の観客の中には本作に否定的で、それこそ拒絶に近い反応を示す人もいるらしい。その理由は自分の中ではずっとウッディを所有できると思っていたからなのではないか。永遠のオモチャとして。しかし、それは勘違いだ。ウッディは誰かのモノじゃない。言葉を話し、動き、自分で生き方を決める。4作目で、ついにこのカウボーイは新しい世界へ旅立った。カムバックはしてこないだろう。でもいい。きっと新天地で新たなストーリーを紡ぐのだから。
●TOHOシネマズ 
スクリーンの動画がまるで滲んでいるように見えた。それは涙のせい。ああ、ここで終わってしまうのか。そんな思いが去来する。感動なんて言葉を使いたくない。これは卒業式の日みたいだった。避けられない別れに座っているしかない。でもこれを作ろうと思った製作陣にありがとうは言いたい。このシリーズがずっと大切にしていることはオモチャの決断。どんな選択肢でもそれを尊重する。今回も同じだ。本当のトイストーリーとはよく言ったものだ。

ピクサー制作アニメ映画 を総復習!

  • 第1作『トイ・ストーリー』(1995年)
  • 第2作『バグズ・ライフ』(1998年)
  • 第3作『トイ・ストーリー2』(1999年)
  • 第4作『モンスターズ・インク』(2001年)
  • 第5作『ファインディング・ニモ』(2003年)
  • 第6作『Mr.インクレディブル』(2004年)
  • 第7作『カーズ』(2006年)
  • 第8作『レミーのおいしいレストラン』(2007年)
  • 第9作『ウォーリー』(2008年)
  • 第10作『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年)
  • 第11作『トイ・ストーリー3』(2010年)
  • 第12作『カーズ2』(2011年)
  • 第13作『メリダとおそろしの森』(2012年)
  • 第14作『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013年)
  • 第15作『インサイド・ヘッド』(2015年)
  • 第16作『アーロと少年』(2015年)
  • 第17作『ファインディング・ドリー』(2016年)
  • 第18作『カーズ クロスロード』(2017年)
  • 第19作『リメンバー・ミー』(2017年)
  • 第20作『インクレディブル・ファミリー』(2018年)

サイトについて

アニメ(海外)ファミリー
フルで無料動画:フルムビバース