アマンダと僕(2018)

ふたりなら、きっと乗り越えられる

映画『アマンダと僕』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 面倒な労力に繋がるリンクは皆無です。
今すぐ『アマンダと僕』を見るなら動画リンクをチェック。

突然の悲劇で肉親を失った青年と少女の絆を描いたフランス製ヒューマンドラマ。製作総指揮はエーブ・フランソワ=マシュエル、製作はピエール・ガイヤール。パリに暮らす24歳の青年ダヴィッドは、恋人レナと穏やかで幸せな日々を送っていたが、その平穏はある出来事で揺れ動いていく。ある日、突然の悲劇で姉のサンドリーヌが帰らぬ人になってしまう。喪失感に見舞われて、気持ちの整理がつかないままに、今ある問題を解決しなくてはいけない。まずはなによりもサンドリーヌには7歳の娘アマンダがおり、残されたアマンダの面倒をどうするかという問題が発生し、しょうがないのでダヴィッドが見ることになる。仲良しだった姉を亡くした悲しみに加え、7歳の少女の親代わりという経験したことのない重荷を背負ったダヴィッド。重圧だけが膨れていくが、向き合う以外の選択肢もない。一方の幼いアマンダも、自分のみに何が起こったのかも理解ままならぬ感じを抱えて、まだ母親の死を受け入れることができずにいた。それぞれに深い悲しみを抱える2人だったが、ともに現実社会の中で暮らしていくうちに、心を慰め合い、次第に新しい絆が生まれていく。

原題:Amanda / 製作:フランス(2018年) / 日本公開:2019年6月22日 / 107分 / 制作:Nord-Ouest Films / 配給:ビターズ・エンド 

『アマンダと僕』予告編

(C)2018 NORD-OUEST FILMS – ARTE FRANCE CINEMA


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『アマンダと僕』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ユーザーにも高支持!
社会で生きているとときには思わぬトラブルや惨劇があなたを襲うこともあります。そんなときは映画を観ることで心を落ち着かせることもできます。ドラマチックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを上手く利用するのがベターです。アンケート調査によればユーザーの普及率がDVDを超えたというレポートもあり、一気に身近さを増している勢いがあります。まだ使っていなくても安心です。自由気ままに任意のタイミングで始められます。

「無料」ですよ!タダ!
「登録しても利用料が…」と考える人もいるはず。リーズナブルな視聴が実現できるので全然気にしなくてOK。いくら資産があっても映画に全投資できるようなハイパーリッチは少ないです。みんなは財布とにらみ合い、生活を考えながらも楽しみを映画に見いだそうとしてます。VODは助けになります。「お試し動画みたいなものが無料というオチでは?」などという疑惑も正しい情報で上書き保存してください。当然のように序盤からラストまで完全フル動画で公式のままに配信するので何も気にしなくてOK。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「アマンダと僕」の鑑賞はダメです。不正サイトはフィルタリングで防ぐのが理想ですが、残念ながら次から次へと新しいサイトが登場しているためにキリがありません。また、実在する正規サイトを装って名称、住所、画像等を無断使用しているケースも。素人判断は厳しいです。ブラウザの危険防止システムやセキュリティソフトのセーフティ機能だけでは防ぎきれないリスクもあるので注意です。

いちはやくウォッチ!
ムラムラと沸いてくる観たいという欲望を我慢するのは体によくありません。ストレスにするくらいならさっさと観ましょう。あなたはどれだけ多くの企業がVODに参入しているか知っていますか? 片手で数えることはできません。今なお展開は増加しており、その全体図を把握するのは専門家でも至難の技。「アマンダと僕」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらの作品情報ページに掲載中の配信アイコンはいつの時期の状態を示すのかというと、上部に記載している記事更新日時点のものです。さすがにリアルタイムでシンクロはできないのでご了承ください。クリックしたらブログランキングサイトで全然お目当てのコンテンツが見つからない!…そういう経験はありませんか? フルムビバースにはそんなリンクは皆無です。「やっぱり映画はスクリーンがベストだね!」という人は、鑑賞料金の割引につながったり、チケット入手を支援するVODを最優先にすると良いです。

試写も良いけど…
最新映画をいち早くお得に観たい人は試写会を利用するのも手です。映画好きならぜひともチェックしておきたい大衆向けの試写会は、一足先に最新作を目にできる絶好の機会です。申し込みするだけなら基本は無料なので、あとはあなたの運を試すだけ。もし当選した場合はルールを守りましょう。勝手にその当選権を他人に譲らないこと。必ず時間厳守で会場に来ること。ネタバレなどの規制があるなら遵守すること。素晴らしい体験をしたら、あとはもうその魅力を周囲に語りまくりましょう。

無料動画サイトとの違い
YouTubeやニコニコ動画の普及によって「動画は無料で見るものである」という価値観がかなり根底に浸透してしまいました。それには功罪もあって、そうした大手の動画サイトが必ずしも良質とは限らないために、ユーザーに悪い影響を与えることもあります。ユーザーを騙すようなフェイク動画もありますし、デマのみならずヘイトをまき散らす有害動画も。そんな無価値な動画だらけではその日の気分も下がり続ける一方でマイナスです。VODはそれらの心配が一切ない、「アマンダと僕」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

高評価作品は観る価値あり
映画探しはそれだけでアドベンチャーであり、宝くじのようにアタリ・ハズレで一喜一憂するのも一興。しかし、そんな時間に費やすことはできないなら、高評価作品だけに絞って鑑賞するのも名案です。例えば、賞の受賞作。批評家称賛のものであれば、万人受けを必ずしも保障はできませんが、とっておきの作品群が揃っているのは確実。優れた見識を持つ専門家の意見は素直に聞いておいて損はないので、モノは試しです。「アマンダと僕」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

海賊版サイトは無料ではありません
巷で感染症のように社会を蝕んでいる違法なアップロード動画が並ぶ海賊版ウェブサイトは無料というワードで誘い込んできますが、それは被害しか手に入りません。アクセス者のプライバシーに関連する情報を収集し、どこか別のブラックマーケットに流布するような怖いところもあります。「アマンダと僕」が無料視聴可能という雰囲気を英語サイトのわけがわからないテキストを適当に翻訳して理解したつもりでもそれは危険。きっと利用規約の長文英語までは読んでいないでしょう。そこに有料などの罠があったらもうおしまいです。不注意1秒で損害永遠です。

『アマンダと僕』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『アマンダと僕』をさらに知る

★スタッフ
監督:ミカエル・アース(関連作品:『サマーフィーリング』)
脚本:ミカエル・アース、モード・アメリーヌ
撮影:セバスティアン・ビュシュマン
音楽:アントン・サンコー

★キャスト(キャラクター)
バンサン・ラコスト(ダヴィッド)、イゾール・ミュルトリエ(アマンダ)、ステイシー・マーティン(レナ)、オフェリア・コルブ(サンドリーヌ)、マリアンヌ・バスレール(モード)、ジョナタン・コエン(アクセル)、グレタ・スカッキ(アリソン)

★『アマンダと僕』の評価

IMDbRTMETA
7.1100%??
映画comY!FM
3.8???3.9
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『アマンダと僕』の受賞
第31回東京国際映画祭で東京グランプリと最優秀脚本賞を受賞。

★『アマンダと僕』の感想

●無料ホームシアター 
なんて心地いい映画なんだろう。つらいことがあったとき、人は気休めだとしても寄り添うことしかできない。それで何か良いことがあると保証されるわけではないが、そうでもしないとやっていけない。自分がそんな心の穴を埋める存在になれるかはわからない。でも生きるしかない。やるしかない。アマンダと僕は、観客も一緒にこの人生の階段を登ることになる。アマンダと私でもあるのだ。ラストのささやかなポジティブさはここまで来て良かったと思わせる。
●109シネマズ 
どのような人生を送ったらいいかわからないまま、避けようがない悲劇に遭遇してしまう。悲しむ間もなく、新たな悩みに覆われて、潰されそうになっていく。前には道があるのかもあやふやで、足を踏み出せない。感情をあまり表に出さない青年が、次から次へとやってくる運命に、どうすることもできない気持ちをブラブラとさせて振り回される。ただ、母を亡くした娘アマンダもまた、7歳にして、この過酷さ。私は全然幸せだったと感じることしかできない。
●シネマサンシャイン 
静かな作品で地味ではある。それぞれが悲しみや未来への不安、憤りだったり色んな感情抱えながらも、お互いに向き合い、前に歩こうとする、誰でもありうるようなライフスタイルの1ページである。日本とフランスでは異なる文化も多々あるけれども、家族の素晴らしさに差はない。そこにあるのは言語を超えた、愛の素朴な姿。みんなが知っている、いや享受しなくてはいけない、愛のありふれた日常。これはずっと守られていくべきものだと胸に秘めて。