天気の子(2019)

僕と彼女だけが知っている、世界の秘密の物語

映画『天気の子』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 邪魔な広告は除外しているので安心。
今すぐ『天気の子』を見るなら動画リンクをチェック。

ヒットメーカーとなった新海誠監督が、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄されながらも自らの生き方を選択しようとする少年少女の姿を描いたファンタジックな長編アニメーション。エグゼクティブプロデューサーは古澤佳寛、プロデューサーは岡村和佳菜と伊藤絹恵。あまり居心地がよくなかった離島から家出し、東京にやって来た高校生の帆高。新天地での生活に目途などはなかったが、自力で生きる気持ちではいた。ところは、やはり高校生には何もできず、雇ってくれる人もいないために、生活はすぐに困窮し、ひもじい状況に。未来が見えなくなり、孤独な日々の果てにようやく手に入れたのは、怪しげなオカルト雑誌のライターの仕事だった。そんな彼の今後を示唆するかのごとく、連日、止む気配もない雨が全てを濡らしつくすように降り続ける。ある日、帆高は都会の片隅で陽菜という少女に出会う。彼女はいかにも怖そうな人に追われていたが、どうやら彼女もまた生活に困っていたようだった。ある事情から小学生の弟と2人きりで暮らす彼女には、「祈る」ことで雨の空でも晴れにできる不思議な能力があり、その力を使って面白いことができるのではと思いつく…。

原題:天気の子(Weathering With You) / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年7月19日 / 114分 / 制作:コミックス・ウェーブ・フィルム / 配給:東宝

映画『天気の子』予報②

(C)2019「天気の子」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『天気の子』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

すぐに鑑賞に近づけます!
日本中を熱狂させた話題の映画は観ないとそれだけで話についていけない状態になるので困りものですが、それは見れば解決します。シンプルなアンサーです。ということでさっそく鑑賞しましょう。その際に役に立つのが動画配信サービスです。劇場で映画を見るためのサポートにもなります。まずは関連作を抑えるのに有効です。そして映画館で使える割引クーポンをポイントで交換できるサービスもあるので、登録時に交換して、無料鑑賞も夢ではありません。

「無料」を求める人へ
「登録しても料金がかかるのでは…」と考える人もいるはず。でも安心してリーズナブルな体験ができる無料お試しを使うことで料金の心配はいりません。「今月はちょっとお金がピンチなんだよね…。でも見たい映画があって…」そういうタイミングで真価を発揮する初回トライアル。これはまたとないラッキーチャンスなのです。「無料なのは特定の作品に限るよね?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならじゅうぶんな量のポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も自由気ままに鑑賞可能だからです。

これはやめましょう!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「天気の子」の再生はダメです。不正サイトはフィルタリングで防ぐのが理想ですが、残念ながら次から次へと新しいサイトが登場しているためにキリがありません。また、実在する正規サイトを装って名称、住所、画像等を無断使用しているケースも。素人判断は厳しいです。低品質なサイトでは、せっかくの良質な作品もそのクオリティががっくりと半減して、残念でしかないので絶対にやめましょう。

いちはやくウォッチ!
このページを見ている時点で「見たい」というボルテージは高いと思いますが、コンテンツを眺めればその感情は倍増します。一方のデメリットほどではないにせよ、無料動画と浮かれることはできないのが、配信サービスの特定をしないとそもそも動画にはたどり着けないという問題であり、これは不可避です。「天気の子」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらの作品情報ページに掲載中の配信アイコンはいつの時期の状態を示すのかというと、上部に記載している記事更新日時点のものです。さすがにリアルタイムでシンクロはできないのでご了承ください。スマホで気軽にタップしたら広告の無関係サイトに飛ばされる!…そんな迷惑なウェブサイトが世の中に蔓延っている現状では警戒も無理ないですが、こちらの領内では安心保障中。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が割引で安くなったり、気軽さを後押ししてくれるものを優先して選ぶといいです。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「天気の子」の動画が頻繁にストップする、再生が安定せずに始まりすらしない…そういう状態ならばネット環境を改善すると良いかもしれません。とくに無線LAN(WiFi)を利用している端末ならば、通信電波が弱いゆえにどうしても理想的な速度が出ないことが多々あります。まずはルーターに近づいて良くなるか確認です。他の電波を出す機器と競合していないかも調べると良いでしょう。

なるべく高画質で見たい?
細部まで作りこまれた映画なのですから、最高水準の高画質で鑑賞したいものです。VODの画質は貧相で荒いと思っているそんな先入観はだいぶ薄まってきましたが、あらためて高品質であることは保証します。今ではスマホですら4Kレベルの解像度再生ができたりする時代。パソコンでもディスプレイの性能の良いものも比較的高価でもありません。VODはそれらスペックのある視聴機器との相性が抜群。画質は選択できることも多く、あなたのネット環境に合わせてチューニングしながら「天気の子」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターは意外に簡単
好きな機器で見られるのが売りのVODの動画たち。その中でも最高クラスにゴージャスな経験ができるホームシアターは一種の理想形。家にこの環境を整備できれば、すでにパソコンやテレビなどは格下の存在に。劇場の入り口が家にあるというどこでもドア状態で、私だけ無料の椅子に座って視聴できます。「天気の子」も最高級に。どうやってそんな贅沢ルームを構築するのか、それが肝心。それなりの備品が要ります。映像を映すスクリーンとプロジェクター。それに音響にこだわるならオーディオシステムも必要になるでしょう。お値段を投資してもほしいか要相談です。

高評価作品は観る価値あり
手当たり次第に映画を貪るのもそれはトレジャーハントのようでテンションをあがりますが、忙しい現代人にとっては無駄なく生活したいので良作だけを鑑賞して効率性を重視したいかもしれません。普段は見たことがない傑作映画はそれだけの価値があるものです。基準となるのは著名な賞に輝いている作品、もしくは批評家や評論家に絶賛されている作品。専門家の見識や眼は侮れませんから、セレクト時の材料になります。「天気の子」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『天気の子』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『天気の子』をさらに知る

★スタッフ
監督:新海誠(関連作品:『君の名は。』)
脚本:新海誠
キャラクターデザイン:田中将賀
音楽:RADWIMPS

★キャスト(キャラクター)
醍醐虎汰朗(森嶋帆高)、森七菜(天野陽菜)、本田翼(夏美)、吉柳咲良(天野凪)、平泉成(安井)、梶裕貴(高井)、倍賞千恵子(冨美)、小栗旬(須賀圭介)、立花瀧(神木隆之介)、宮水三葉(上白石萌音)、カナ(花澤香菜)、アヤネ(佐倉綾音)

★『天気の子』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.8???3.9
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『天気の子』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
新海誠ワールドは止まりそうにもないなと思った。前作の大躍進から一転、作品のトーンは自信に溢れたあまりにも前を見過ぎている展開で、少々観客すらも置いていきかねないアクセル全開のスピード感がある。これはパソコンなどの画面で動画を見るなどではわからないことかもしれない。大きなスクリーンで鑑賞すると、細部まで積み重ねた映画の描写に圧倒されつつ、言葉にできない無視できないエネルギーに体を拭きだ飛ばされた気分になることができた。
●映画無料夢心地 
多くのファンを獲得したので、今回は安定している。初日ですら映画館は何も心配がないほど盛況で、きっとこの「天気の子」で潤った映画館は数知れず、まさに恵みの雨である。観客層も前作の熱狂で一気にファンになった人が押し寄せているので、中高生の若者も多く、どれだけ素晴らしいパワーを起こしたのかを再確認出来た。映画は映画館で観るものという感覚を、この動画サイト時代に沸き起こしたこのクリエーターの偉業は計り知れないことだと思う。
●イオンシネマ 
予告動画で人を魅了するのが常套手段になっているけど、今回も良かったので、絶対にヒットすることは確定したようなものですね。内容はいつもの男女の話でありながら、ちょっとファンタジー度合いが強めになったのかな。天気をテーマにしているのは季節感もあって、それなりにSNSでも話題性が高く、しっかり狙い目が上手い。個人的には各キャラの恥ずかしいくらいの純粋さが光る内容だったので、たまにはこんなストレートな作品も良いという気分に。
●TOHOシネマズ
この作品をTV放映で無料で視聴すればいいと思っている人は、それは間違いだと断言しましょう。そんなことをしたらこの作品の面白さを10%も体験できません。やっぱり劇場のスクリーンと音響で最高体験を満喫しないとダメです。これが完全な映画館対応でしか経験できないエンターテインメントなのです。実際にパソコンなどの動画で見ると必ずしょぼく見えることは決定的ですからね。できれば大きめの映画館で毎年夏に上映してほしいものです。
●109シネマズ
天気にまつわる物語。話は難しくない。キャラも良い感じ。帆高はピュアすぎて眩しいし、陽菜はキュートで元気がもらえるし、夏美はエロ可愛いし、須賀は保護欲をかられるダメ男さがナイス。なんだろう、このフェチをツボ押しするキャラ売りは。声優陣は、森七菜のみずみずしい声が素敵で、かなりここから活躍していってほしいなと思う。女性ボーカルが加わった音楽はさらに臨場感と感情がパワーアップした。全てにおいて進化した見事な傑作ではないか。
●BILIBILI
まるで聖地巡礼は今回はすぐにできるよというくらいのホーム感。都会住みじゃないとわからないのかな。これは田舎住み勢はどう思うのだろうか。東京はそんな「こえー」のかな。田舎にも怖い場所、いっぱいあるだろうに。あとはエンディングへの結末にどこまで納得いくのか。オチはかなり世界をほったらかしにするスタイルであるために、前作の全てを丸く収める感じとは違う。そのため「えっ」と意表をつくラストになるけど、それも語ると盛り上がる。
●CRUNCHYROLL
天気の子は素晴らしい楽曲に彩られ、その歌詞も美しく、ストーリーの力強い意志がフルで自分の頭にダウンロードされるような、元気注入をされた気分になれる。その曲はリピートしたくなるので、毎回1回は再生するのも余裕だ。天気の子の一度では整理できない情報量は確かに複数鑑賞を想定しているのかもしれない。DVDやブルーレイを待つまでは何度でも頭で反芻したい。できれば雨の日に観て、現実とシンクロするような現象を体験していってほしい。
●DAILYMOTION
この映画にいくら払えるかと言えば、1万円は余裕かもしれない。少なくともうっかりポイントサービスで無料で観てしまった自分を恥じるくらいの出来だった。もちろんその後に再鑑賞して、おカネは落としたのだが。1度目は隣のおっさんがうるさかったので、もう少し良い空間で鑑賞したかったというのもあるが。フリーな空気に流されていると、物語はシリアスに転調する。そこからの神々しいほどの快晴は、まさに青春であり、感動の海だった。