アルキメデスの大戦

数学で戦争を止めようとした男の物語

映画『アルキメデスの大戦』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! リンクに振り回されません。
今すぐ『アルキメデスの大戦』を見るなら動画リンクをチェック。

戦艦大和の建造をめぐるさまざまな謀略を描いた三田紀房によるマンガを、菅田将暉主演、山崎貴監督のメガホンで実写映画化。エグゼクティブプロデューサーは阿部秀司と山内章弘、プロデューサーは佐藤善宏と守屋圭一郎。日本と欧米の対立が激化する昭和8年、戦況を変えるための起死回生の戦略が求められていた。日本帝国海軍上層部は巨大戦艦・大和の建造計画に大きな期待を寄せていた。それが実現すれば必ず勝てるという自信があった。しかし、海軍少将・山本五十六はその重大な計画に待ったをかけた。山本は代替案を提案するも、その冷静な意見を聞き入れることもなく、上層部は世界に誇示する大きさを誇る大和の建造を頑なに支持していた。もはや戦争に勝つ目的のためなら、これしかないと言わんばかりの勢い。山本は大和の建造にかかる莫大な費用を算出し、大和建造計画の裏に隠された不正を暴くべく、大きな助けとなる人物、天才数学者・櫂直を海軍に招き入れる。彼はとにかく変わった存在だったが、数学的能力、そして持ち前の度胸を活かし、問題の大和の試算を行っていく。そんな櫂の前になんとしても予定通りに大和が欲しい帝国海軍の大きな壁が立ちはだかる。

原題:アルキメデスの大戦 / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年7月26日 / 130分 / 制作: / 配給:東宝 

映画『アルキメデスの大戦』予告【7月26日(金)公開】

(C)2019「アルキメデスの大戦」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『アルキメデスの大戦』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

流行から定着へ!
歴史にぎっしり刻まれた戦争の悲惨な過去を思い出させる重たい映画はそれだけの社会的価値があります。そんなダイナミックな映画をフル動画でお得に見るなら、今まさに流行っている動画配信サービスを利用するのが最善の手です。なにせ映像のクオリティがすでにDVDに劣ることもないです。大画面できるならテレビがあるので、何も問題なし。新作でも配信開始時に視聴すれば、見逃した人、また見たい人、誰でも堪能できて幸せな気分になれるでしょう。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「今は節約を心掛けているので…」と本心にストップをかけるなら、無料動画トライアルの存在を知ってからにしてください。映画は全てをDVDで揃えています…なんてハイパーリッチは人間はまずいないでしょう。図書館みたいになりますから。これがあれば初使用者に限って節約ポリシーでネット鑑賞が試用できます。「そうやすやすと動画をフルで見れないだろう…」などと疑念を抱く人も安心です。公式サービスなので映画を中途半端に提供するなどはありえません。再生視聴に迷うことはないのでお試しをすぐさまできます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「アルキメデスの大戦」の再生はダメです。不正サイトはフィルタリングで防ぐのが理想ですが、残念ながら次から次へと新しいサイトが登場しているためにキリがありません。また、実在する正規サイトを装って名称、住所、画像等を無断使用しているケースも。素人判断は厳しいです。本来は言うまでもないですが、合法性うんぬんかんぬん以上にリスク回避の点でも重要だということです。

どれが最適なのか?
満を持して公開されて映画館を賑わせたあの熱狂作も、いつの日かはネット配信でお目にかかれ、VODの出番です。でも、ひとつだけアラートがあります。「登録を勇んでやってみたはいいけど、作品の配信に自分の見たいものがない」という問題。これは厳重に注意必須です。「アルキメデスの大戦」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらの今あなたが注視しているページには配信中の各VODがリストアップしています。その掲載情報は記事更新時点のものなので必ずしも今の状況を示しているわけではありません。しかし参考にはなるでしょう。フルムビバースの「フル」はただ動画が完結しているという意味だけではありません。安全性も含めてのフルパッケージでの紹介に専念しています。無料ホームシアター級のエンターテインメント体験を家にいながら、もしくはスマホの中で、ネット上でエキサイトできるチャンスです。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「アルキメデスの大戦」の動画再生シークエンスが頻繁に停止しまくる、字幕や音声が大幅にずれる、シーンがカクついて部分飛びする…こんなときはサイトが重いせいもありますが、通信状態を確認すべきかもしれないのです。無線LANは便利ですがその範囲は障害物に弱く、2階建てなどの建築物は行き渡らないでしょう。そうなると増設・中継・設定変更という試行錯誤を繰り返すと改善する場合もあります。

原作もついでに見よう
映画の中にはコミックやノベルが原作の作品が数多くあり、観終わった後、もしくは観る前に、原作を拝見しておきたいこともあります。でも本屋に行くのは面倒ですし、Amazonで注文するのも鬱陶しいです。そこでVODは動画&原作をセットで楽しめるという、コンテンツのフルマーケットになっているものがあります。電子媒体のおかげで実現したこの夢の空間で、オールタイムに作品を味わい尽くし、お腹いっぱいになれます。まさに全部を食べてしまうという欲張りなエンタメスタイル。最高なのは言うまでもなし!

高画質で見られる?
細部まで作りこまれた映画なのですから、最高水準の高画質で鑑賞したいものです。VODの画質は貧相で荒いと思っているそんな先入観はだいぶ薄まってきましたが、あらためて高品質であることは保証します。今ではスマホですら4Kレベルの解像度再生ができたりする時代。パソコンでもディスプレイの性能の良いものも比較的高価でもありません。VODはそれらスペックのある視聴機器との相性が抜群。画質は選択できることも多く、あなたのネット環境に合わせてチューニングしながら「アルキメデスの大戦」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
どんなに高性能なパソコンも、高価格のハイエンドスマートフォンでも絶対に到達できない高級体験。それがホームシアターです。構築するのは無料ではないですけど、実現すれば他の視聴手段なんて急に味気なくなります。劇場に通うこともなく、無料で自宅映画館を手に入れた気分を味わえます。「アルキメデスの大戦」も最高級に。かといってそのホームシアターワールドを瞬間的に構築できるわけではありません。それなりの予算を投入しないといけないので覚悟はいります。しかし、それだけの達成感と充実感を得られ、それは何物にも代えがたい経験になります。

『アルキメデスの大戦』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『アルキメデスの大戦』をさらに知る

★スタッフ
監督:山崎貴(関連作品:『DESTINY 鎌倉ものがたり』)
脚本:山崎貴
撮影:柴崎幸三
音楽:佐藤直紀

★キャスト(キャラクター)
菅田将暉(櫂直)、柄本佑(田中正二郎)、浜辺美波(尾崎鏡子)、笑福亭鶴瓶(大里清)、小林克也(大角岑生)、小日向文世(宇野積造)、國村隼(長野修身)、橋爪功(嶋田繁太郎)、田中泯(平山忠道)、舘ひろし(山本五十六)

★インタビュー 
・菅田将暉「高校時代は理系だったので、どちらかというと理詰めでものを考えていたような気がしますが、芝居に関しては感覚的な部分が多いかもしれません」
・山崎貴監督「映画なりに風呂敷を畳まないといけないので、大和を主題に沿って考えたときに、どんな結論に達するか?ということであのシーンを入れました」

★『アルキメデスの大戦』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.9???4.0
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『アルキメデスの大戦』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
菅田将暉はあの大御所俳優揃いの中での存在感が凄く、もうプロというか、ベテランの域に達している。明らかに場を掌握している感じがするし、本当に偉大な俳優になったなと。菅田将暉さんの演技力が非常に高く、あの数式を黒板に書くところは圧巻で、そのエネルギーにすっかりやられてしまうので、もうボリューム感がとんでもないです。アルキメデスという響きから小難しい感じもしますが、全然気にしなくていいです。戦争の重さも最初は忘れましょう。
●ユナイテッドシネマ 
迫力ある戦争シーンから始まり、冒頭のインパクト大に一気に劇場は震えました。スタートから終わりまでまったく飽きのこないストーリー展開のテンポの良さで、飽きるという概念がありません。戦争映画だからひたすらヘビーなんてこともなく、主人公の性格がただの戦闘バカではないのもいいです。「戦艦大和の欠陥を暴く」というわかりやすく一貫したテーマがあるゆえに、ガンガンと無駄な戦意高揚を主張もしないので、ノイズのない作品で見やすいです。
●109シネマズ 
プロパガンダ的な話だったら嫌だと思ったが杞憂。あの時代、もう戻れないところに日本はいたんだという事実が圧し掛かる、そこに素直な作品です。戦争を避けるために自分の能力を捧げた人がいたのだとしたら、それはきっとひとつのこうあればという希望の証になったのだろうに。これは私たちが受け継ぐべきことなのでしょうね。エンドロール終わりまで涙、涙、泣けて泣けて仕方なかったので、心にズカーンと打ちこまれた人も多いのではないかなと。