よこがお(2019)

ある女の、ささやかな復讐の顛末

映画『よこがお』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 雑多なリンクの煩わしさを排除。
今すぐ『よこがお』を見るなら動画リンクをチェック。

深田晃司監督が、筒井真理子を再び主演に迎え、不条理な現実に巻き込まれたひとりの善良な女性の絶望と希望を描いたサスペンス。エグゼクティブプロデューサーは井上伸一郎、プロデューサーはKaz、二宮直彦、二木大介、椋樹弘尚。周囲からの信頼も厚い訪問看護師の市子は、1年ほど前から看護に通っている大石家の長女・基子に、介護福祉士になるための必要となる勉強を見てやっていた。それは何気ない行為に思える、普通のこと。仕事についていないニートだった基子は気の許せる唯一無二の存在として市子を密かに慕っていたが、それはその気持ちの枠を通り越えていき、基子から市子への思いは憧れ以上の感情へと変化していった。どこまでも膨らんでいく、感情の発露。ある日、基子の妹・サキが失踪する。理由は分からないが、忽然と消えた。1週間後にサキは無事に保護されるが、誘拐犯として逮捕されたのは想像していたものとは異なる意外な人物で、謎が深まる。この誘拐事件への関与を疑われたことを契機に市子の日常は一変。何が信じるべきなのかもあやふやなまま、これまで築きあげてきた生活が崩壊した市子は、自力ではどうにもできない理不尽な状況へと追い込まれていく。

原題:よこがお / 製作:日本・フランス(2019年) / 日本公開:2019年7月26日 / 111分 / 制作: / 配給:KADOKAWA 

『よこがお』予告編/ある女のささやかな復讐。

(C)2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『よこがお』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

映画を身近に感じるならコレ!
普段ではわからないか考えたこともないような人間の心の裏側に潜む思惑を一気に暴く映画はそれだけでもかなりの恐ろしさです。そんなスリルのあるドラマチックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用するとかなり身近に楽しめます。映画館が遠いのであまり通えない人もいます。そういうときこそ、ネット配信は大きな味方になってくれます。スマホでもいいので、好きな時に気軽に鑑賞すれば映画体験を増やすことが可能です。

「無料」は全て初心者のため!
初利用の人のための親切コースも整備されています。あなたが望むなら無料お試しトライアルを真っすぐ歩めます。「空腹ならぬ金欠状態で映画を食べ歩きたくても手が出せない…」そんなジレンマはこれで解消しましょう。初回に限ってのトライアル・チケットはあなたの数少ないチャンス・ターンです。「お試し動画みたいなものが無料というオチでは?」などという疑惑も正しい情報で上書き保存してください。当然のように序盤からラストまで完全フル動画で公式のままに配信するので何も気にしなくてOK。

危険は避けましょう
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「よこがお」の再生はダメです。不正サイトはフィルタリングで防ぐのが理想ですが、残念ながら次から次へと新しいサイトが登場しているためにキリがありません。また、実在する正規サイトを装って名称、住所、画像等を無断使用しているケースも。素人判断は厳しいです。赤信号みんなで渡れば…ただの大量犠牲者が出るだけなのです。わかっていても飛び込むのならばそれは自殺行為です。

どれを選ぶか迷っている?
ホットな出来立てホヤホヤのニュームービーでもVODならばいち早く提供されるので待ち構える価値ありです。あなたはどれだけ多くの企業がVODに参入しているか知っていますか? 片手で数えることはできません。今なお展開は増加しており、その全体図を把握するのは専門家でも至難の技。「よこがお」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。配信中のVODがもしあったらアイコンでわかりやすくお知らせ中。つまり簡単な確認ができるので何度もサイトをたらい回しする心配もなく、これだと思うものに直行できます。これで時間の無駄は消えてなくなります。レコメンド内容が全く同じコピペで量産するような雑な紹介はせず、個々の作品に合わせて調整を加えながら、動画配信の有無を検証しています。配信リストは流動性が高く、毎日の変化が起こるので、申し訳ありませんがこのページが必ず最新であるとは保証できません。ぜひ公式で最終チェックをお願いします。

試写も良いけど…
初お披露目の新作映画を鑑賞できるのはやはり試写会の専売特許です。なかなか縁のない人もいるかもしれませんが、案外と申し込むだけなのでハードルは低め。日付と時間と場所を合わせるのがネックですが、それさえクリアできるならこれ以上のベストウォッチはありません。ごく一部の配給作品ではネット視聴できるオンライン試写も実施しているので、レビュー意欲のある方はトライすると良いかもしれません。その際は動画再生可能かどうかのチェックを忘れずに。無論、試写自体は無料ですので、お金は気にせずに。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースは企業の枠を超えた総合集約的なデータベースなので、細かい情報がズラリと揃っています。主要制作スタッフやキャストの情報がわかるのは当然として、インタビュー抜粋やトリビア、ラジオなどの批評、感想など映画をさらに知り尽くすためのアシスタント・インフォメーションがいっぱい。予告動画を視聴して内容を探ってみるのも良し。レビューサイトの評価判断で参考にしてみるのも良し。「深田晃司」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「よこがお」は? サブスクリプションというのは所定の金額を支払うと一括でサービスを満喫できるというもので、レンタル店とは全く違います。見放題と一般に呼ばれるタイプであれば、話は簡単で、配信している全作品をお試し期間中は無料で見れます。コンテンツをポイントで交換するようにして視聴するタイプはやや特殊で、登録時に貰えるポイントの範囲内であれば、その制限の中では作品を無料感覚で好きに視聴できます。この違いはしっかり誤解しないように。

海賊版サイトは無料ではありません
無料を謳い文句に誘ってくる違法動画サイトはその実態はただの個人情報不正利用が狙いです。被害例を聞いたことがない人も、それは単に警察に報告しづらいだけです(通報すれば自分も逮捕されるため)。ダークウェブのような隠匿性もなく堂々と展開している海賊版動画は世の中に結構あります。「よこがお」が視聴できると仮に書いてある風に見えても、全然違う動画を再生してくるものさえあります。そんなことで無駄な時間を過ごしたくはないでしょう。余計な被害にイライラしてSNSでゴネるしかない状況になる前に素直に公式を選ぶべきです。

『よこがお』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『よこがお』をさらに知る

★スタッフ
監督:深田晃司(関連作品:『海を駆ける』)
脚本:深田晃司
撮影:根岸憲一
音楽:小野川浩幸

★キャスト(キャラクター)
筒井真理子(白川市子/リサ)、市川実日子(大石基子)、池松壮亮(米田和道)、須藤蓮(鈴木辰男)、小川未祐(大石サキ)、吹越満(戸塚健二)、大方斐紗子(大石塔子)、川隅奈保子(大石洋子)

★インタビュー
・筒井真理子「脚本を読んだ時、市子も、基子もおもしろいなって思いました。演じるにあたっては、無意識にやってしまう方法もあるし、意図があるようにするのもあるし。今回は、意図がないほうで無意識にやってしまう感じで作って欲しいということだったので、それが市川実日子ちゃんにとっても合っていて、共演してとてもやりやすかったです」

★『よこがお』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
A

★『よこがお』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
「淵に立つ」のショッキングさとは別の不気味な、喉に引っかかる違和感がずっと残る。この後に何を食べても良い気持ちがしない。そんな狂った異物を飲んでしまった怖さだ。人間はなぜか疑う。それは感情が見えないものであり、顔にすら出ることも確かではない。嘘をつくこともできる。横顔に浮かぶのは何もない。しいていえば何かを見ているかもしれない顔だ。あとは推察するしかない。そんな映画の読み応えのある渋い作品ではないか。
●MOVIX 
時間軸が過去と現在で話が展開する。過去と現在のつながりが分からないようにモザイクがかかるみたいで、非常に不穏が続く。徐々に明かされる映画の構造について、ちょっと作為が強すぎるというのはあるが、そこもまたトリックのように聞いてくる。サイトのあらすじなどは読まない方がいいだろう。かなり踏みこんでしまっている。もしくはそれ自体は別にどうでもいいと監督は考えているのか。きっと公式提供資料なのだろうし…。謎である。
●ユナイテッドシネマ 
深田監督の人間の嫌なところを炙り出す才能はなんでこうも恐ろしいのか。本当にその人が信頼できる人かどうかなんて、それまでの付き合いで何となく分かるような気もするが、それ自体が自惚れなのか。人は理解できると思い込んだ瞬間に死んだも同然なのか。サスペンスでも、ミステリーでもなく、ホラーの世界だ。絵空事ではなく、十分起こり得る話の様に思えたからこそ、鑑賞後のなんともいえない空気に心が委縮していくようで衝撃だった。