アヴリルと奇妙な世界

フランス発ヌーベルSFファンタジー

映画『アヴリルと奇妙な世界』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 広告で妨害されることはありません。
今すぐ『アヴリルと奇妙な世界』を見るなら動画リンクをチェック。

行方不明の家族を捜す少女アヴリルと飼い猫ダーウィンが異次元のパリで繰り広げる奇想天外な冒険を描き、アヌシー国際アニメーション映画祭グランプリを受賞したフランス製アニメ映画。製作はマーク・ジョゼット、フランク・エキンジ、ブライス・ガルニエ、デニス・デルカンプ。1870年。若き科学者ギュスターブは、ナポレオン3世から戦争用の秘密兵器として不死身の秘薬の開発を命じられるが、完成前に爆発事故で命を落としてしまう。悲しいアクシデントとしてひとつの事件で終わるかに見えたこの一件が世界を変えてしまう。これによって多くの人生を左右する戦争は回避され、フランスの歴史は誰も予想のつかないかたちで大きく変わる。時は流れ、ナポレオン5世が支配する1941年のパリ。そこでは独自の発展をとげたテクノロジーが存在していた。70年もの間、優秀な科学者たちが次々と失踪したために技術更新をもたらす産業革命は起こらず、街は既存の蒸気機関だけが頼りとなっていた。そこではそれでもコミュニティが育ち、多様な社会が構築されていた。そんなパリで暮らす孤独な少女アヴリルと飼い猫ダーウィンは、消息を絶った科学者の両親と祖父ポップスを捜すあてもない旅に出るが…。

原題:Avril et le monde truqué(April and the Extraordinary World) / 製作:フランス・ベルギー・カナダ(2015年) / 日本公開:2019年7月21日 / 105分 / 制作: / 配給:アクセスエー 

『アヴリルと奇妙な世界』日本版予告編

(C)2015/JE SUIS BIEN CONTENT STUDIOCANAL KAIBOU Production UMT Inc. NEED Productions ARTE France Cine’ ma JOUROR Distribution RTBF TCHACK


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『アヴリルと奇妙な世界』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

使ってみればわかる!
豊かなイマジネーションを最大限に刺激するアニメーション映画はそれだけで子どもも大人も魅了される面白さがあります。そんなファンタジックな映画をフル動画でお得に見るなら、人気も高い動画配信サービスを利用すると素晴らしい経験ができるでしょう。面白い映画はいっぱいありますが、どうしても大作ばかりに目がいっていませんか。実はマイナー作品も裏で多くが揃っています。そういう作品にこそ価値ある体験ができるものもあったりします。

「無料」を見逃すな!
「映画に払うお金は…」と遠慮するなら、少し気が早いです。なぜなら無料お試しの刺激的な導入補助があります。いくら資産があっても映画に全投資できるようなハイパーリッチは少ないです。みんなは財布とにらみ合い、生活を考えながらも楽しみを映画に見いだそうとしてます。VODは助けになります。「動画を見れてもフルムービーとはならない条件つきなの?」そんな疑り深い意見を解きほぐしましょう。まずちゃんとフルです。そして字幕や吹き替えも揃っています。再生も高画質かつ安定しており、不便はないです。

ダメな理由がある
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「アヴリルと奇妙な世界」の鑑賞はダメです。不正サイトはフィルタリングで防ぐのが理想ですが、残念ながら次から次へと新しいサイトが登場しているためにキリがありません。また、実在する正規サイトを装って名称、住所、画像等を無断使用しているケースも。素人判断は厳しいです。「セキュリティソフトがあるし、防御は完璧!」そんなものは案外と役に立たないもので、能動的なサイトアクセスには特に脆弱です。

いちはやくウォッチ!
ムラムラと沸いてくる観たいという欲望を我慢するのは体によくありません。ストレスにするくらいならさっさと観ましょう。無料動画に飛びつきたいところですが、まずは焦らず配信の有無を確認しないといけません。でないと、登録しても配信がなければ無料でも意味のない状況になります。「アヴリルと奇妙な世界」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらの作品情報ページに掲載中の配信アイコンはいつの時期の状態を示すのかというと、上部に記載している記事更新日時点のものです。さすがにリアルタイムでシンクロはできないのでご了承ください。スマホで気軽にタップしたら広告の無関係サイトに飛ばされる!…そんな迷惑なウェブサイトが世の中に蔓延っている現状では警戒も無理ないですが、こちらの領内では安心保障中。配信は頻繁に変わるのでこれだけを鵜呑みにすることはできません。サイト上での目視は欠かせませんが、最初の参考材料には使えるでしょう。

フェアにオススメします
VODはビデオオンデマンドですが、フルムビバースはビデオオンユニバース。各社サービスを勝手に優劣つけることなく、フェアにレコメンドするのが役目です。他サイトにありがちな、特定サービスをピックアップしてそれだけを推奨することはしません。何が合っているかは人それぞれ。営利的な狙いで決めつけはしません。どれがいいのかを判断する支援に徹しています。普通の味気ない「アヴリルと奇妙な世界」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

動画はフルの方がいい
このサイト名が「フル」ムビバースであるとおり、こちらでは必ずフル動画を紹介しています。VODのフルは正真正銘のオール・フルです。テレビ民放放送のように時間枠におさめるためにシーンをカットしたりはしません。これぞVODの隠れたメリットでもありますが、タイムリミットがないのでフルコンテンツを提供していることがほとんどなのです。クレジット後のオマケまで余すところなく全編を鑑賞可能です。「アヴリルと奇妙な世界」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

高評価作品は観る価値あり
映画探しはそれだけでアドベンチャーであり、宝くじのようにアタリ・ハズレで一喜一憂するのも一興。しかし、そんな時間に費やすことはできないなら、高評価作品だけに絞って鑑賞するのも名案です。例えば、賞の受賞作。批評家称賛のものであれば、万人受けを必ずしも保障はできませんが、とっておきの作品群が揃っているのは確実。優れた見識を持つ専門家の意見は素直に聞いておいて損はないので、モノは試しです。「アヴリルと奇妙な世界」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

海賊版サイトは無料ではありません
不法アップロード動画が出回っている海賊版動画サイトは、いろいろなタイプがあり、共通点があるとすれば海外のサーバーで機能し、外国語で成り立っています(場合によっては稚拙な日本語訳でトランスレーションされていることも)。これら動画の数々は無料に見えて1円も無料ではありません。「アヴリルと奇妙な世界」が無料視聴可能という雰囲気を英語サイトのわけがわからないテキストを適当に翻訳して理解したつもりでもそれは危険。きっと利用規約の長文英語までは読んでいないでしょう。そこに有料などの罠があったらもうおしまいです。不注意1秒で損害永遠です。

『アヴリルと奇妙な世界』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『アヴリルと奇妙な世界』をさらに知る

★スタッフ
監督:クリスチャン・デスマール、フランク・エキンジ
脚本:フランク・エキンジ、ベンジャミン・ルグラン
音楽:バランタン・アジャジ

★キャスト(キャラクター)
マリオン・コティヤール(アヴリル)、フィリップ・カトリーヌ(飼い猫ダーウィン)、ジャン・ロシュフォール(ポップス)、マルク=アンドレ・グロンダン(ジュリウス)、オリビエ・グルメ、ブーリ・ランネール、アンヌ・コエサン

★『アヴリルと奇妙な世界』の評価

IMDbRTMETA
7.396%??
映画comY!FM
3.1???3.8
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『アヴリルと奇妙な世界』の感想

●無料ホームシアター 
このワールドに魅了されればもはや何も心配はいらないだろう。あえていえばファンタジー系のゲームに出てきそうな、機械系歴史SFという感じに見える。少ない石炭を奪い合い、次は木炭を奪い合い、世界から木々が消え、戦争が絶えないという、いつかは終わってしまうのではないかと思わせる未来像も悪くない。かなり日本のアニメとはタッチが異なるから一般受けはしないのかもしれないが、それで避けるというのはあまりにも惜しいと言える。
●カリテ・ファンタスティック 
19世紀後半から名だたる科学者たちが皆失踪してしまったため、本来は起こっているはずのエネルギー革命が起こらず、ヨーロッパではナポレオン帝国が続いているという「こんな未来があるかもね」というフィーチャー・パラレルワールドの1941年。実験で生まれた知性を持った喋るネコ、ダーウィンのキャラがなかなかにユニークで、本当に面白い。宮崎駿の大ファンなのかな、このアニメの作りては。それにしてももっと見て見たい世界観である。
●CRUNCHYROLL 
異世界ファンタジーは「その世界に行ってみたい!」と思わせれば半分勝ちなので、最高にハマってしまえばもう怖いものなんてない。ヨーロッパのアニメーションらしい、ウィットに富んだユーモアが目を奪うスパイスになっているし、なんだかオシャレだ。ジブリ作品のオマージュが多かった気もしますが、それは私たちが真っ先に浮かべるのはそれというだけの話であって、そもそもヨーロッパってこうですからね。アヴリルの物語がまだ観たい気分。