ドラゴンクエスト ユア・ストーリー

この物語をどう受け止めるかはあなたしだい

映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』のフル動画を無料視聴する方法を、しつこく迷惑な広告は抜きで紹介中。
今すぐ『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』を見るなら動画リンクをチェック。

1986年の第1作発売以来、シリーズを重ねて国民的RPGとして人気を誇る「ドラゴンクエスト」の5作目で、92年に発売された「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」を原案に3DCGアニメ映画化。エグゼクティブプロデューサーは阿部秀司、臼井央、伊藤響。少年リュカはゲマ率いる魔物たちに連れ去られた母マーサを取り戻すため、父パパスと様々な困難が待ち受ける旅を続けていた。いつしか平穏な日々が戻ると信じて。しかし、道中での魔物たちとの激闘により、必死にこの旅を共にして支えとなっていたパパスはリュカの目の前で非業の死を遂げてしまう。それはリュカの心を大きく傷つけ、冒険への気持ちを消失させてしまった。それから10年後、故郷に戻ったリュカは「天空のつるぎと勇者を探し出せば、母を救うことができる」と書かれた父の日記を発見。かつての後悔と向き合いながらパパスの遺志を受け継ぎ、勇気と覚悟を胸に未知なる冒険へと旅立つ。

原題:ドラゴンクエスト ユア・ストーリー / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年8月2日 / 103分 / 制作: / 配給:東宝 

「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」予告②

(C)2019「DRAGONQUEST YOUR STORY」製作委員会 (C)1992 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

最高のサービスはこれ!
みんなが愛してやまない人気の強いコンテンツを映画化した作品はそれだけの魅力が世界観やキャラクターに詰まっている証拠ですし、見ごたえもじゅうぶんすぎるほど。そんなパワフルで思わずアツくなってしまう映画をフル動画でお得に見るなら、さまざまな手段はあれど、やはり動画配信サービスは大きな方法の道です。劇場級のクオリティとまではいかなくても、画質はすでに格段に上。圧倒的な映像美を堪能できます。

「無料」ですよ!タダ!
「利用は料金が発生するし…」と考えても冷静に思案してみてください。これ以上のお得さは無いです。なぜなら無料お試しがあるのです。「空腹ならぬ金欠状態で映画を食べ歩きたくても手が出せない…」そんなジレンマはこれで解消しましょう。初回に限ってのトライアル・チケットはあなたの数少ないチャンス・ターンです。「無料で見られるのは旧作に限定されるの?」との懸念は確かにありそうです。でも実際は登録時のポイントでの準新作もバッチリ視聴可能なので、配信されたばかりの話題作もカバーできます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」の再生はダメです。リターンさえあれば利用したくなるかもしれませんが、利益どころか骨の髄まで害を与える、マイナス100%の有害性です。あまりそれで損害を受けたという体験談を聞かないかもしれませんが、それは人には言えないためであり、実際は発生しています。被害額に換算すればあまりにも損失が大きいので、法令的にも問題ないサービスを使うべきなのは至極当然。

ベストチョイスはどれか?
満を持して公開されて映画館を賑わせたあの熱狂作も、いつの日かはネット配信でお目にかかれ、VODの出番です。一方のデメリットほどではないにせよ、無料動画と浮かれることはできないのが、配信サービスの特定をしないとそもそも動画にはたどり着けないという問題であり、これは不可避です。「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページでは作品ごとに個別に配信中のVODを整理しています。情報は基本的に記事更新日の状況が反映され、最新情報に近い更新頻度になるように心がけています。1日1回の更新とはいきませんが、他サイトよりははるかに頻繁な情報アップデートで、動画へのアクセスを促進しています。「やっぱり映画はスクリーンがベストだね!」という人は、鑑賞料金の割引につながったり、チケット入手を支援するVODを最優先にすると良いです。

家族にバレない?
VODはどの媒体でも使えるので誰でも見れてしまうのはメリットですが、その代わり「これ、見られたくないな…」という映画に関してどうするかという問題が発生します。アダルト系や残酷系というコンテンツもあり、それを回避できる安全策がしっかり用意されているのが嬉しいところ。キッズバージョンに切り替えればそうした映画はフィルタリングできます。また家族別でアカウントを切り替えることで他人に私的な視聴履歴を見られないようにもできます。これでプライベートを確保して、みんなでワイワイと満喫可能。

動画はフルの方がいい
映画はそれなりの上映時間があり、1~2時間、長いものだと3時間を超えることもあります。しかし、長すぎるゆえにテレビ放送などでは編集されて部分的にカットされたバージョンになっていることも。これではフル動画は見れません。そこでVODの出番です。ネット配信には時間の制約はないので、初めから終わりまで作品の完全版を堪能し、隅々までしゃぶりつくせます。動画がフルなのは保証できます。「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」の視聴で「楽しかったな~」と自己満足に浸るのも良いです。でもどうせならその満足感を他人にも分けてみませんか。おカネを稼ぐことはできませんし、無料視聴のお裾分けということでもないですが、鑑賞仲間を増やすのはやりがいがあります。SNSでの拡散を活用すると、あまり注目されていなかった映画に光があたるかもしれません。Twitterでも何でもOKです。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」を連続視聴するなんて愚かですか? いいえ、それは賢いコアな楽しみ方です。人によっては応援するようにせっせと映画館に顔を出す人もいますが、何もそこまでせずとも、ネット動画ならば容易く実現可能。それに何の意味があるかと言えば、新発見の期待です。「へ~ここは伏線になっていたのか」「解説を読むとここの意味がわかる」そういう深いエンジョイができるのも醍醐味であり、さらに作品が好きになる大きな架け橋になるのでいかがでしょうか。

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』をさらに知る

★スタッフ
総監督:山崎貴
監督:八木竜一、花房真
脚本:山崎貴
音楽:すぎやまこういち

★キャスト(キャラクター)
佐藤健(リュカ)、有村架純(ビアンカ)、波瑠(フローラ)、坂口健太郎(ヘンリー)、山田孝之(パパス)、ケンドーコバヤシ(サンチョ)、安田顕(プサン)、古田新太(ブオーン)、松尾スズキ(ルドマン)、山寺宏一(スラりん)、井浦新(ミルドラース)、賀来千香子(マーサ)、吉田鋼太郎(ゲマ)

★インタビュー
・山崎貴総監督「ゲームの映画化でうまくいった試しがないと、映画化を断っていたが、ラストシーンのあるアイデアを思いついてしまったことで、そこで初めて映画にする意味も見えた」

★雑学(トリビア)
・公開されるや否やネット上では否定的意見が吹き荒れた。「冒険の書じゃなくて冒涜の書」「映画観る時間があるならゲームをやれ」などと、ネタ的な遊びも含んだ批判もSNSでは相次いだ。
・原作であるゲーム「ドラゴンクエストV」のノベライズ版の作者である小説家の久美沙織氏が、小説のキャラクターの名前(主人公の略称「リュカ」)が無断で使用されたなどとして、映画のクレジットに自身の名前の掲載などを求めて民事訴訟を起こした。

★『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
2.1???3.2
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の感想

●無料ホームシアター
やってしまった、このドラクエ映画化は、おそらく日本の映画史に新たな伝説を作ってしまったと思う。もちろん汚点の方ではあるが。誰もがこれはやってはダメだと思ってしまうような失敗の数々、思いつきだけのエンディング、これらを含めてどう考えても製作陣の自己満足になっているのは避けようがない。観客に媚びる必要はないが、せめて作品愛を商品にするのはやめるべきだった。どんなオチでも全く「YOUR」ではない。
●イオンシネマ 
これはあれですね、言うならば、後もう少しでエンディングって感じでテンション最高潮で入り込んでたところに、「いつまでゲームやってるんだ!」って親のうるさい怒鳴り声が聞こえてきたときの感覚に近い。見事な世界観クラッシャー。破滅の呪文にかかってしまった。終わり方の賛否両論の落差は激しいが、ドラクエの映画ではないと開き直ればいい。ただそれだといよいよ別に何のゲームでもいいのではないかという…。
●シネマサンシャイン 
衝撃のラストすぎて、この結末をどう処理すればいいのか頭がショートしている。ゲームだったら昔であればカセットをぶん投げている。プレイしたことない人が観てもこの映画を楽しむどころか話を理解することすら難しいくらいのテンポの強引さ、加えてゲームを知ってる人を怒らせるトリック。全方向に喧嘩を売るという、なかなかないことをやってみせた。生まれて初めてリセットボタンが欲しいと思ったのは私だけ?
●109シネマズ
ユアストーリーというのは伊達ではないということか。猛烈なエンディング・インパクトで観客の頭を沸騰させた本作は、さすがに強敵だった。まさに真の敵はそこにいたのかという感じだ。これは他の映画でも同様のオチがよくあるので、二番煎じ以前の話なのだが、どうしてこうなったかというよりも、それまでのわりと平凡でベターな作りだった作品を吹き飛ばすような決断をした張本人の度胸に心底震えてしまう。