シークレット・スーパースター

私の歌はどんな壁でも乗り越えてみせる

映画『シークレット・スーパースター』のフル動画を無料視聴する方法を、誰でもわかるようにリンクも絞って紹介しています。
今すぐ『シークレット・スーパースター』を見るなら動画リンクをチェック。

インド映画界のスターであるアーミル・カーンが製作を務め、出演も兼ねた、歌での成功を夢見る少女の姿を描いたインド映画。製作はアーミル・カーン、キラン・ラオ、アカシュ・チャウラ。インド最大の音楽賞のステージで歌うことを夢見る14歳の少女インシアだったが、それは大きな障害にぶちあたり、とても手が届かない状況にあった。暴力傾向のある厳格な父親から現実味のない夢だと大反対され、歌うことを含むあれこれを禁じられてしまう。さらには自分の結婚相手さえも勝手に決められ、もはや娘は父の道具だった。そんな父に母も逆らうことはできない。それでも歌をあきらめられないインシアは、顔を隠して歌った動画をこっそりと動画サイトにアップ。最初は見てくれる人はいるのかと思っていたが、無限に広がるネットを通じて彼女の歌声は世界的に大人気を博す。その大ブームはニュースにも取り上げられ、アカウント名「Secret Superstar」は有名人となった。やがてインシアは、落ち目の音楽プロデューサーであるシャクティ・クマールと出会うこととなるが、その夢の順調な階段はある日、崩れてしまう…。

原題:Secret Superstar(「シークレットスーパースター」) / 製作:インド(2017年) / 日本公開:2019年8月9日 / 150分 / 制作: / 配給:フィルムランド、カラーバード 

映画「シークレット・スーパースター」日本版予告編
Nachdi Phira – Full Audio | Secret Superstar | Aamir Khan | Zaira Wasim | Amit Trivedi | Kausar

(C)AAMIR KHAN PRODUCTIONS PRIVATE LIMITED 2017


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『シークレット・スーパースター』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

エンタメ性の革新!
人生に辛いことがあったとき、いろいろな解決策がありますが、映画を観ることで大きなリフレッシュになることもあります。そんなドラマチックなエモーショナルな映画をフル動画でお得に見るなら、人気も増えている動画配信サービスを積極的に活用しましょう。スマホでも観れるのでパソコン派ではない人にも安心で、テレビを使えばDVDと同じように大画面鑑賞ができます。個人のやりたいようにできるので自由気ままです。

「無料」には勝てない!
「でもカネを要求するでしょ?」と思っているならまだまだ無知です。これには無料お試しというリーズナブル価格サポートがあるのです。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「必ずそうするとは限らないけど無料中で解約はできますか?」この疑問は頻出するもので、本音はずっと使ってほしいですが、それでも止めたいのならば阻むことはできません。臨機応変、自由に可能です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「シークレット・スーパースター」の鑑賞はダメです。不正サイトはフィルタリングで防ぐのが理想ですが、残念ながら次から次へと新しいサイトが登場しているためにキリがありません。また、実在する正規サイトを装って名称、住所、画像等を無断使用しているケースも。素人判断は厳しいです。何を迷っているのでしょうか。自ら泥沼にハマって命を落とす動物はいません。身の安全こそが最優先事項でしょう。

迷ったときは?
新作映画も最速だと劇場公開から3か月程度でネット配信開始していることもあり、半年もたてばかなり配信確率は高めです。一方のデメリットほどではないにせよ、無料動画と浮かれることはできないのが、配信サービスの特定をしないとそもそも動画にはたどり着けないという問題であり、これは不可避です。「シークレット・スーパースター」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。真っ暗な洞窟を手探りで進むのは大変危険なように、VODの洞穴もなかなかのデンジャラス。そこでこのページでは先を照らす松明のように、明るい光で無料動画への足場を示して、迷わないようにさせてあげます。クリックしたらブログランキングサイトで全然お目当てのコンテンツが見つからない!…そういう経験はありませんか? フルムビバースにはそんなリンクは皆無です。早起きは三文の徳と言いますが、VODの場合が早チェックは三倍の得です。無料になる、見逃さない、関連作も観れる…メリット多数なのです。

広告ブロックに気をつけて
すぐさま動画を見たいのは当然の欲求であり、何かしらのサイトのリンクをクリックすることになるのですが、でも全然反応しない事態に遭遇したことはありませんか? 「ポップアップがブロック…?」という聞きなれないエラーメッセージに大慌て。あたふたしていると時間だけが過ぎていく。先ずこうなったときは広告ブロックツールを疑いましょう。もしくはセキュリティソフトです。一度それらを停止にしてみて同じ症状がでるかを確認するのです。「シークレット・スーパースター」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

悪いサイトを追い出すために
違法アップロード動画が何万と並ぶ海賊版サイトは、無料という釣り針であなたを釣り上げ、最後はまな板の上で殺されます。そんな話は多少オーバーですが、でも大損害を受けるのは同じです。そんな危ないサイトの蔓延を防ぎ、ネットの海から駆除するために、最良のクリーンアップ手段となるのは魅力的な代替サービスを提供すること。VODは安く、手軽で、作品数も膨大と、全てにおいて上位互換であり、不正サイトを駆逐するパワーを秘めています。普及させることは業界の利益になるので「シークレット・スーパースター」合法視聴方法を拡散しましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「シークレット・スーパースター」は? ベーシックとなるのは初めてとなる1回目の月額料金、もしくは特定期間に限り支払いのない状態になる…つまり有料で利用する開始時期が遅くなるというものです。また、その無料中に見られる作品というのも各種事情があります。見放題なら全部OKですが、ポイント式のサービスならばその利用範囲内で無料感覚になるのでかなりニュアンスは変わってきます。この区別ができているかが混乱を生むかどうかの境なので、事前に注視しておきましょう。

何度もループで見よう!
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「シークレット・スーパースター」もリピート視聴でウォッチしたいと思いませんか? 映画なんて1回見ればじゅうぶんという人は聞き流して結構ですけど、演技やセリフの印象が1度目とはガラッと変わりますし、シーンの味わいも別格です。伏線にだって気づくでしょう。でも映画館で複数回同じ作品を観るのはさすがにちょっとマニアすぎると思っている人も大勢のはず。確かにそのとおりで、ハードルは高め。だったら最高クラスに気軽なVODを駆使すればイージーに連続鑑賞も実現できます。

『シークレット・スーパースター』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『シークレット・スーパースター』をさらに知る

★スタッフ
監督:アドベイト・チャンダン
脚本:アドベイト・チャンダン
撮影:アニル・メヘタ
音楽:アミト・トリベーディー

★キャスト(キャラクター)
ザイラー・ワシーム(インシア)、メヘル・ビジュ(母親)、アーミル・カーン(シャクティ・クマール)、ラージ・アルジュン

★『シークレット・スーパースター』の評価

IMDbRTMETA
7.990%??
映画comY!FM
3.6???4.2
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『シークレット・スーパースター』の感想

●無料ホームシアター 
「きっと、うまくいく」「PK ピーケイ」「ダンガル きっと、つよくなる」と立て続けに大ヒット作を連発している製作陣の作る新たな伝説。それはもう名作が確約された勝利の映画であり、相変わらず最高レベルでよくできた物語であった。変な捻ったオチは用意していない。あくまで王道である中で、ちゃんとストーリーテリングを考え抜いて、意味のないサプライズだけの展開などに逃げることなく、真剣にドラマに向き合う。
●MOVIX 
夢を掴むまでの貧しい少女のシンデレラストーリーかと思いきや、レスリング選手という人生を通して題材にしている「ダンガル」と同じく、「女に生まれたために生き方を極端に制限される呪い」を解くというフリーダムへの話だった。世界は自分を責め立てる。女だから当然だと言わんばかりの主張。男尊女卑を認めず、自分こそ苦労しているのだと血気盛んに罵る男たち。それでも少女は歌に想いをこめて身近な救済を叶える。
●109シネマズ 
インド映画こそ劇場で観るべき映画だと思う。ベタでありつつも、こうも感動させるのは、やはりロジック以前にキャラへの本気度が桁違いだからだと思う。スーパースターはどこにでもいるし、それこそ動画サイトにはたくさんの歌い手で溢れている。その中に真の歌を見つけることはできるだろうか。ただ有名になりたいのではなく、金が欲しいのでもなく、自由が欲しいという素直な気持ちを汲み取る大切さを学べた。
●FANDANGONOW
インドの男尊女卑的な因習や金銭的・政策的な補助のなさに救われない気持ちになりつつも、日本にもこういう家父長制の「俺が一家の大黒柱なんだ」と荒ぶるオヤジがいっぱいいるわけで、これは誰でも胸がスカッとするのではないか。インシアが一方的に庇護を受ける関係性にならず、自立を素直に描こうとする。人は支配されるのではなく、自分らしさを発揮してこそ、本当にスタートなんだと強く思いださせる童話だった。