メランコリック(2018)

この銭湯は深夜に人を殺していた

映画『メランコリック』のフル動画を無料視聴する方法を、邪魔な広告に妨害されることなくシンプルにお届け。
今すぐ『メランコリック』を見るなら動画リンクをチェック。

深夜に殺人が行われる銭湯を舞台に、ひょんなことから人生が大きく動き出してしまう人々の個性豊かな人間模様を、予想外のサプライズ満載の変幻自在なストーリー展開でユーモアたっぷりに描いたサスペンス・コメディ。プロデューサーは皆川暢二。名門大学を卒業後、とくにどこかにとどまることはなく、自由気ままにアルバイトを転々とし、うだつの上がらない生活を送っていた和彦。それは彼なりの生き方だったが、このままではいいのかもわからない。ある日、偶然訪れた銭湯で高校時代の同級生・百合と再会した彼は、そこで一緒に働かせてもらうことに。銭湯という場所は知っているので、その仕事も想像はついていた。しかし、それは大きくあり得ない方向で裏切られることになる。やがて和彦は、その銭湯が閉店後の深夜に浴場を「人を殺す場所」として貸し出していることを知る。命を殺めるという異常な光景に衝撃が走るが、さらに同僚の松本が殺し屋であることが明らかになり、普通の人生は乱されて、自分でもどうしようもない特殊な環境にハマっていく。このままで自分の人生は良いのだろうか…。

原題:メランコリック / 製作:日本(2018年) / 日本公開:2019年8月3日 / 114分 / 制作: / 配給:アップリンク、神宮前プロデュース、One Goose 

映画『メランコリック』予告編

(C)One Goose


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『メランコリック』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及率はうなぎのぼり!
温泉に浸かって体を癒すのもよいですが、映画だってリラックス効果はあります。日常を忘れてあり得ない刺激を満喫するも良しです。そんなエキセントリックな映画をフル動画でお得に見るなら、みんなも利用している動画配信サービスを最大限に活用しましょう。大作ばかりは配信されているイメージですが、かなりマイナー作品も揃っています。意外に痒い所に手が届くラインナップです。思わぬお宝に出会えるかもしれません。

「無料」だからパラダイス!
「お金がキツイ…」とオロオロしているならば、不安解決。無料のサービストライアルは財布の味方で、安寧が手に入ります。何事も利用しないとその真価もわからないもので、他人のオススメも自分には当てはまらないこともあります。そこでお試しが役に立つのです。使ってみれば「なるほど」と合点がいく部分も多いはず。「新作を見たいのだけど、それはさすがに無理かな…」いいえ、諦めるのは早いです。ポイントでの購入タイプのサービスは準新作もすぐに見れますし、最近は劇場公開からネット配信の間隔も短くなってきました。「メランコリック」の配信だっていつかは必ず…。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「メランコリック」の再生はダメです。不正サイトはフィルタリングで防ぐのが理想ですが、残念ながら次から次へと新しいサイトが登場しているためにキリがありません。また、実在する正規サイトを装って名称、住所、画像等を無断使用しているケースも。素人判断は厳しいです。被害額に換算すればあまりにも損失が大きいので、法令的にも問題ないサービスを使うべきなのは至極当然。

迷ったらこうしよう
そういえばあの話題作はどうなったのかなどと思っているうちにDVDよりも早くネット配信されている場合もあります。でも、うっかりミスを避けないとダメです。「登録の勢いのままに勇んで始めてみたけど視聴したい映画がない」という虚しい残念事態は回避しないと、何の意味もありません。「メランコリック」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「この作品を配信しているVODはこちらです」というアナウンス(厳密には補助情報)としてお役に立てることができるのがこのページであり、自力でなんとかするよりも作業工程を短縮できてスムーズに進みます。凡庸なサイトならば特定のサービスを提示してそれでおしまいという感じですが、こちらでは几帳面に必要な更新を怠っていません。VODヴァージンはこれで卒業しましょう。提案されているアイコンの中に未体験のサービスを発見できれば儲けもの。映画といつでも一緒の人生が始まります。

登録は最小限のステップで
登録の際の個人情報入力に不安を持っている方向けのアナウンスとしては、無関係な事項に流用されることはないです。迷惑メールが増えたりすることも、電話がくることも当然なし。原則的にサービス内でのユーザー情報としてのみ利用されます。もちろん後で変更できるので、メールアドレスのチェンジや支払い先の再入力も可能。アカウントを削除すればこれらの情報は消えます。情報入力が済めば、その流れで動画視聴に移行できるので、審査もなく無料体験へとたどり着けます。あとは「メランコリック」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

邪魔な広告は無し!
いい加減に視聴中に広告が不格好に邪魔してくるのはうんざりではありませんか。そんなものに付き合っていたら最悪です。そもそもそういう広告はたいてい違法性の高いものであり、加担しようものならばあなたにもリスキーです。アクセス記録は残っているので足がつきます。綺麗な身でいたいならフルムビバースの安全空間にようこそ。「メランコリック」視聴を妨げません。基準としてはGoogleなども採用している広告判定のルールを活用し、ユーザーのインターネット利用を妨害するアドシステムは排除し、正規に認められたものだけを限定的に制限しながら使用しています。

悪いサイトを追い出すために
オフィシャルな提供ではなく、どこかの誰かが勝手にアップロードした動画は当然ながら違法です。また、DVDラベルと称して勝手に画像を配布しているサイトもありますが、それも某ニュースで話題になった海賊版サイトと同じく法律に反するものです。こうしたサイトの利用は慎むべきなのは言うまでもありませんが、口で叱るのでは効果は低いものです。そこでVODは白羽の矢が立つ存在です。間違った道に進んでいる人に「こっちの道がいいよ」と導くことができる大役を担えるので「メランコリック」合法視聴方法を拡散しましょう。

リピートしたくなる!
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「メランコリック」だって何度でも鑑賞したいのでは? 1回ではわからないネタもあります。動画を一時停止して初めて「え!」と気づく場合も。実はこんな伏線になっていたことを知る瞬間は快感です。でも劇場でリピートするのはちょっとマニアすぎてハードルは高いです。複数回見ると下手をすれば5000円とかかかってしまいます。でもVODならば何度見ても追加の発生料金は無し。そこはDVDと同じです。好きなように動画を停止してもいいし、巻き戻しても構いません。

『メランコリック』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『メランコリック』をさらに知る

★スタッフ
監督:田中征爾
脚本:田中征爾
撮影:高橋亮

★キャスト(キャラクター)
皆川暢二(鍋岡和彦)、磯崎義知(松本晃)、吉田芽吹(副島百合)、羽田真(東)、矢田政伸(田中)、浜谷康幸(小寺)、ステファニー・アリエン(アンジェラ)、大久保裕太(田村)、山下ケイジ(鍋岡修一)、
新海ひろ子(鍋岡惠子)、蒲池貴範(関根)

★インタビュー
・田中征爾監督「『ジョン・ウィック』などのアクション映画でたまに殺害現場を魔法のように掃除してくれるキャラクターが登場するんですが、あの人たちがほんとうは大変だということを描くと面白いんじゃないかと思いました」
・田中征爾監督「当初は、銭湯というのが、寿司や忍者のようにジャパニーズカルチャーとして(海外で)受ける部分があるんじゃないかと話していたんですが、蓋を開けてみると銭湯だから作品に引かれたという感想は他の国でもほとんどありませんでした」

★『メランコリック』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.3???3.8
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『メランコリック』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
人殺しのはずなのになぜか笑えてしまうから不思議である。それはどこか事務的な仕事感覚だからなのかもしれない。当人にとってはルーチンワークでも、傍から見ればヘンテコな行為だったりするというのはリアルでもよくあることですし、なにか不自然ではない。それをうまく抽出してみせたこの監督たちは本当にできる仕事をしたと思う。銭湯という一種の公共施設、しかも裸の素が見える場所というのも味が出ている部分だ。
●ユナイテッドシネマ 
「カメラを止めるな」に続けと言わんばかりにサプライズで売るインディーズ映画が目立つが、正直に言えば、作り手はそんな浅ましい宣伝ウケなど気にしておらず、率直に自分の目指す創作物に挑んだ結果だということであって、変に便乗だと思われる広報はしないでほしい。これも「カメ止め」とは全然違うスタイルに結果はなっているのだから。それにしてもこのメランコリックは本当の殺害を凌駕する作業感覚描写が上手い。
●109シネマズ 
深夜の銭湯は遺体処理場というアイディアに脱帽。確かにこの地方不景気時代。こうやって副業をしているのかもしれない。そういうフィクションを堂々とかませるのは映画らしさだが、一気にアホにせずに、ちゃんと丁寧にリアリティ重視にしているのは偉い。ノワールなのにオフビートで、気概は感じられるのに妙にけだるげに肩の力が抜けている、このアンバランスなもんもんびより。そんな殺しの日常漫画クライシスがある。