HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ

あの夏はハリケーンのように破壊的だった

映画『HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ』のフル動画を無料視聴する方法を、好きな視聴体験を妨げることなく、わかりやすくレコメンド。
今すぐ『HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ』を見るなら動画リンクをチェック。

イライジャ・バイナムの初監督作品で、ティモシー・シャラメが主演を務めた危険なスリルと隣り合わせの青春サスペンス映画。製作総指揮はピーター・ファレリー、ネイサン・ケリー、ジャスミン・ダギギアン、ケイシー・ワイルダー・モット。1991年、最愛の父を亡くした大きな精神的ショックから立ち直ることができないダニエル・ミドルトンは、部屋で時間を潰していた。その姿を見かねた母は、夏を叔母の家で過ごすため、美しい海辺の小さな町ケープコッドにやって来させる。その環境はとても賑やかでエネルギーに満ち溢れていた。周囲の人たちとなじむことができないダニエルは、ある運命的な出会いをする。説明しづらい複雑な家庭の事情を抱え、地元ではワルで有名なハンター・ストロベリーとつるむようになる。彼はかなりの噂もある、有名人だった。町で1番の美女と称される妹のマッケイラを守ることにはなぜか妙に命をかけていたハンターからの「妹には近寄るな」との言葉に怯えながらも、ダニエルはそのマッケイラと偶然にも知り合い、そのまま知られないように秘密のデートを重ねていく。二人の気持ちは高ぶっていく。マッケイラと過ごすひとときはダニエルが自分を解放できるかけがえのない時間に見えたが、その一方でダニエルは危ない暗闇を進んでいることに気づいていなかった。

原題:Hot Summer Nights(「ホットサマーナイツ」) / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開:2019年8月16日 / 107分 / 制作:Imperative Entertainment / 配給:ハピネット 

8月16日(金)公開『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』本予告

(C)2017 IMPERATIVE DISTRIBUTION, LLC. All rights reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

映画を観まくってみる?
青春時代を思いださせる映画は個人差はあれど魅力的なパワーを持っていることが多いです。そんなドラマチックでセンチメンタルな映画をフル動画でお得に見るなら、人気も増えている動画配信サービスを活用しましょう。新作を見る際に「この俳優の関連作はどうなのだろう」と気になることもあります。著名人や今もっとも話題性の高い俳優ならばなおさらです。そんなあなたにもぴったりなネット配信は動画が見やすいです。

「無料」を見逃すな!
「支払いを猶予することはできませんよね?」それは不可能ですが、お金を支払うことのない期間を手に入れることができます。「私の家計では映画動画に浪費している暇はないのです。悲しいことに…」そんな寂しい事情でも初回試しがズバリと温めてくれます。嬉しすぎるラッキーウォッチの機会が待っています。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、特別な措置は何もなく、そのまま料金の請求は一切ありません。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ」の鑑賞はダメです。危険性判定のためにそうしたサイトの一部を選出してセキュリティ対策システムでスキャンしてみると「不正プログラムの検出」が容易にできます。つまり、それくらいナチュラルに恐ろしい罠が潜んでいるということであり、足を踏み入れたら最後、怪我では済みません。被害額に換算すればあまりにも損失が大きいので、法令的にも問題ないサービスを使うべきなのは至極当然。

いちはやくウォッチ!
ムラムラと沸いてくる観たいという欲望を我慢するのは体によくありません。ストレスにするくらいならさっさと観ましょう。ただし、世の中は障害物を設置してくるもので、これを取り除かないといけません。具体的には配信VODの特定というハードルをぴょんとジャンプしないとダメです。「HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページは不健全で法令違反しているリーチサイトではありません。コンプライアンスに基づき、正しいリーチ・ルートを提供するものです。各作品ごとに提案するVODは当然ピンポイントで変わってきます。「とにかくこのVODだけ使っていればいいんだ!」とうるさく押し付けることはしません。ユーザーの気持ちを第一にフラットに情報整理しています。人生は思わぬところに幸運のクッキーが隠れているものです。VODとの出会いはあなたに刺激と興奮をもたらしてくれるのは保証できます。

登録情報は最小限
最初は何事も不安がつきもので、何からすればいいのやらと悶々と悩むかもしれません。手始めに登録が必須です。何でもいいので使用可能なメールアドレス(フリーメールでも携帯メールでも可)、電話番号(二段階認証でセキュリティアップ)、支払い情報(クレジットカードが基本)。これが基礎で、逆にこれ以上はありません。登録は速やかに終わり、登録内容の確認はないです。本人証明のような手続きもないので、そのままお試し無料利用に移行して動画生活が始まります。あとは「HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

広告ブロックに気をつけて
何事もなく動画が視聴できれば万々歳ですが、見たいと思ったときに予想外のトラブルにてんやわんやすることもあります。稀に起こる現象といえば、「ポップアップのブロック」が見境なく突発する事態です。これはブラウザによるエラーなのですが、根本的な原因は拡張機能などで導入されている広告ブロックツール。本来は広告を排除するものですが、サイト動作に必要なプログラムまで妨害するという致命的問題がレアケースで報告されています。「HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

動画はフルの方がいい
このサイト名が「フル」ムビバースであるとおり、こちらでは必ずフル動画を紹介しています。VODのフルは正真正銘のオール・フルです。テレビ民放放送のように時間枠におさめるためにシーンをカットしたりはしません。これぞVODの隠れたメリットでもありますが、タイムリミットがないのでフルコンテンツを提供していることがほとんどなのです。クレジット後のオマケまで余すところなく全編を鑑賞可能です。「HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

俳優好きにも必須
多彩な魅力を合わせ持つ映画エンターテインメントの立役者はまさしく俳優です。クールなあの人、キュートなあの方、エキセントリックなあの子、熱狂してドハマりになってしまうファンが生まれるのも納得の唯一無二のカリスマ性。そんなムービー・スターの出ている動画を抽出できるのも、検索機能を持つVODの強みです。「ティモシー・シャラメ」の演技を見たいでしょう? ファンであれば出演作品を全部おさえてみたいと思うのは自然な気持ちです。しかしそれを実現するには莫大な労力とおカネがかかる。だったらVODでまとめ見です。

『HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ』をさらに知る

★スタッフ
監督:イライジャ・バイナム
脚本:イライジャ・バイナム
撮影:ハビエル・フリア
音楽:ウィル・ベイツ

★キャスト(キャラクター)
ティモシー・シャラメ(ダニエル・ミドルトン)、マイカ・モンロー(マッケイラ)、アレックス・ロー(ハンター・ストロベリー)、マイア・ミッチェル、ウィリアム・フィクトナー、トーマス・ジェーン、エモリー・コーエン

★『HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ』の評価

IMDbRTMETA
6.443%??
映画comY!FM
?????3.5
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ』の感想

●無料ホームシアター 
サイケデリックに夏を満喫する方法はいくらでもある。日本だったらタピオカでも飲んでいればいい。しかしこのサマーナイツはだてにホットを名乗ってはいなかった。なにせ恋をしているし、悪いこともしているが、最後はかなりの捨てプレイなのだ。これではあの某ウェザーボーイもびっくりである。大丈夫では全然ない。それがこの青年にとっての夏なのだとしら、周辺にいた人にはご愁傷様ですとしか言えないのではないか。
●109シネマズ 
アオハル映画なんて言った奴は地獄に落ちろと呪ってあげようか。全然そんな作品ではないのです。むしろ胸糞に近いのではないかな。「レディバード」の役のように悪い男であるのは間違いないのに、今回のシャラメは悪シャラメを極めている。具体的には精神面で。ケープコッドの街並みを楽しもうなんて余裕はなく、ひたすたにそれはダメじゃないかというところまで沈んでいく主人公の姿にホットはせず、ハラハラした。
●FANDANGONOW 
世界を知らない自分は一番無知だったと知るよしもない。そんな時期が誰にでもあった。「君の名前で僕を呼んで」でブレイクする前のティモシー・シャラメが、非常におっかなびっくりで危ない橋を渡るティーンエイジャーを演じ、揺るぎないナイフ少年になっている。いや、今回はドラッグかな。宣伝にあるようなロマンス成分は薄めなので、純粋なラブストーリーを期待するとキラキラの脳みそが吹き飛ばされますので、注意。