ダンスウィズミー(2019)

ミュージカル嫌いのはずが、体が勝手に動き出す!

映画『ダンスウィズミー』のフル動画を無料視聴する方法を、変なランキングページに誘導されることなく、オフィシャルに紹介中です。
今すぐ『ダンスウィズミー』を見るなら動画リンクをチェック。

矢口史靖が監督・脚本を手がけたユーモアたっぷりの独創的なミュージカルコメディ。エグゼクティブプロデューサーは桝井省志、プロデューサーは関口大輔・土本貴生。あなたはミュージカルをどう思っていますか。一流商社で働くエリートな上流に生きる勝ち組OLで、幼いころの苦い思い出からミュージカルを毛嫌いする鈴木静香は、このミュージカルという存在に対してはついつい文句も出てしまう。ある日、姪っ子と訪れた遊園地で怪しげな催眠術師のショーを見学し、そこで「曲が流れると歌って踊らずにいられない」という自分にとっては最悪な“ミュージカルスターの催眠術”にかかってしまう。それが人生を激変させる。その催眠術は効果絶大だった。その日から、静香は街中に流れるちょっとしたメロディや携帯の着信音など、あらゆる音楽に無条件で反応するようになり、どうしようもなくなる。術を解いてもらおうと再び催眠術師のもとを訪れた静香だったが、そこは既にもぬけの殻で、解除できない。困り果てた彼女は、催眠術師の助手をしていた千絵とともに、肝心の催眠術師の行方を必死に捜すが…。

原題:ダンスウィズミー(「ダンス・ウィズ・ミー」) / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年8月16日 / 103分 / 制作: / 配給:ワーナー・ブラザース 

映画『ダンスウィズミー』本予告【HD】2019年8月16日(金)公開

(C)2019「ダンスウィズミー」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『ダンスウィズミー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

映画があなたの人生を彩る!
つまらない日常に物足りなさを感じている人は行き場に困ったら、映画を利用するのが最善の手段です。お手軽なコストで一気にエンタメ世界で頭を刺激してくれます。そんなエンターテインメント性抜群の映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを使用するのが良いです。作品を見ていると他にも同じジャンルの作品を見てみたい気持ちが昂ることもあります。そんなときこそネット配信で動画を漁っていきましょう。

「無料」ですよ!タダ!
「利用は料金が発生するし…」と考えても冷静に思案してみてください。これ以上のお得さは無いです。なぜなら無料お試しがあるのです。「空腹ならぬ金欠状態で映画を食べ歩きたくても手が出せない…」そんなジレンマはこれで解消しましょう。初回に限ってのトライアル・チケットはあなたの数少ないチャンス・ターンです。「お試し動画みたいなものが無料というオチでは?」などという疑惑も正しい情報で上書き保存してください。当然のように序盤からラストまで完全フル動画で公式のままに配信するので何も気にしなくてOK。

危険は避けるべきです
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「ダンスウィズミー」の再生はダメです。逮捕されないから大丈夫だろうと高を括る考えではありませんか。その予想は甘いです。なぜなら不正サイトには利用者の個人データ(特定可能なIP)がバッチリ記録されており、それを辿れば警察でもプロバイダと協力して容易に違法視聴者を断定、監視対象可能です。被害額に換算すればあまりにも損失が大きいので、法令的にも問題ないサービスを使うべきなのは至極当然。

どれを選べばいい?
ホットな出来立てホヤホヤのニュームービーでもVODならばいち早く提供されるので待ち構える価値ありです。でもVODの配信作品は数千から数万と莫大。この中の顔ぶれは日々変化し、観たい作品の状況を追跡するのは、蠢くアリの群れの1匹を注目し続けるくらいに疲れてきます。「ダンスウィズミー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。各自で用意されている作品ページではその映画の配信VODをアイコンで通知中。複雑な表示でも何でもなく、パッと見ただけで取り扱い状況が把握できます。アイコン画像が非表示のときは、未配信かもしれません。適宜更新を取り柄とするフルムビバースは情報がアップデートされていくので、配信の変化に追いつきやすく、見逃しを抑えられます。無料体験はその性質上、一生で何度も繰り返し味わえるものではないので、これを契機にして自分の映画愛を燃え上がらせる燃料にしてみましょう。

無料動画サイトとの違い
昔からの動画コンテンツを無料で楽しむ方法といえば、YouTubeなどの動画共有サイトです。今でも主流ではありますが、そのタイプの大型サイトは致命的な弱点も気になるものでした。それは低品質な動画が無数に存在し、ポリシーに基づいて管理されているとはいえ、違法性のあるものも放置されています。取り締まりが追い付いていないので、完全な改善の見込みは不透明。そんな雑多なサイトと根本的に管理体制が異なるVODは、オール・ハイクオリティなので不安定さは全くない、「ダンスウィズミー」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

高画質で見られる?
動画の画質が低いとブロックノイズ的にモザイクがかって見えて、ハッキリ明言するなら酷いものです。動画共有サイトではもともと画質が安定していないので、通信環境によっては荒っぽい映像を見るしかありませんでした。しかし、今のVODはブルーレイにも負けません。テレビ鑑賞にも耐えうるウルトラなクオリティでビジュアル細部を舐めまわすように眼に焼き付けることができてしまいます。しかも、画質のチョイスができたりもして、重すぎて再生がストップする事態を防止でき、美しい「ダンスウィズミー」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
好きな機器で見られるのが売りのVODの動画たち。その中でも最高クラスにゴージャスな経験ができるホームシアターは一種の理想形。家にこの環境を整備できれば、すでにパソコンやテレビなどは格下の存在に。劇場の入り口が家にあるというどこでもドア状態で、私だけ無料の椅子に座って視聴できます。「ダンスウィズミー」も最高級に。どうやってそんな贅沢ルームを構築するのか、それが肝心。それなりの備品が要ります。映像を映すスクリーンとプロジェクター。それに音響にこだわるならオーディオシステムも必要になるでしょう。お値段を投資してもほしいか要相談です。

俳優好きにも必須
俳優を見るのは好きですか? 映画鑑賞が趣味なら当然俳優だって見るはずです。まさか役者がでるたびに目をつぶっている人はいないでしょう。そんな動画鑑賞の素晴らしいサポートになってくれるVODは俳優別に作品を検索できるという大きなメリットがあります。これならば「あの人の顔をずっと見ていたい!」という要望にもお応え。「ダンスウィズミー」の「三吉彩花」の演戯に酔いしれたい? それはオススメしたいところですし、きっと当人も役者冥利に尽きるでしょう。そのためにはある程度のマネーパワーがいるとしてもVODでコストダウンさせることは可能です。

『ダンスウィズミー』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『ダンスウィズミー』をさらに知る

★スタッフ
監督:矢口史靖(関連作品:『サバイバルファミリー』)
脚本:矢口史靖
撮影:谷口和寛
音楽:Gentle Forest Jazz Band、野村卓史

★キャスト(キャラクター)
三吉彩花(鈴木静香)、やしろ優(斎藤千絵)、chay(山本洋子)、三浦貴大(村上涼介)、ムロツヨシ(渡辺義雄)、宝田明(マーチン上田)

★インタビュー
・矢口史靖監督「懐かしの名曲を使おうというコンセプトは全くなくて、気が付いたらこの選曲になっていました。目的は、ちゃんと映画のシーンに合った歌を探すことでした。シナリオが完成し、ここで歌うというポイントも決まっていたのですが、何を歌うのかは後から全部考えたんです」
・矢口史靖監督「ハリウッドのミュージカル映画をずっと観てきたので、たくさんのミュージカル映画から影響を受けました。でも、作ってみたいという気持ちを超えて、ハリウッドのミュージカル映画に勝ちたい!と思っていました(笑)」

★『ダンスウィズミー』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.3???3.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ダンスウィズミー』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
いつものセンスが今回も炸裂していました。「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」「ハッピーフライト」とコミカルにストレートな作品を得意とする監督の持ち味はこの題材でも変わらずでしたね。音楽が聴こえると勝手に身体が踊りだすミュージカル体質になってしまったアイディアだけは最高に面白いので、このネタだけパクられて他の海外に完璧なパフォーマンステクニックで映画化されたら存在は霞むだろうな。
●イオンシネマ 
昔の矢口作品が戻ってきたと思える懐かしさ。音楽面のレベルに関しては目を瞑ろう。キャラクターも20代のはずなのに、曲選が古いのは何か意図があるのだろうか。やっぱり日本では最近の曲は大人の事情で使えないのか。そういう時代ギャップを盛り込めばいいのに。ミュージカル要素を完全にネタにしてしまってるせいか、どれくらいの共感性があるかは人に左右されます。同じ思考ならばかなり恥ずかしいかもしれません。
●シネマサンシャイン 
劇中歌「狙いうち」「夢の中へ」「年下の男の子」は知らない人でもとくにスルーできると思うので大丈夫。後半のロードムービーの展開も秀逸で、主役の魅力もある。あとはイマイチのテンポ不足が起因してしまい、どこか観客をノリノリにはさせてくれない。相棒となるやしろ優の三枚目キャラとしての動きは意外な魅力なので、これだけでも観てほしい。ダンスすることに関する最終的な解決はありきたりといえばあれです。