イソップの思うツボ

「カメラを止めるな!」のクリエイター陣が再集結

映画『イソップの思うツボ』のフル動画を無料視聴する方法を、邪魔な広告の表示を一切なしで、簡易的に紹介支援しています。
今すぐ『イソップの思うツボ』を見るなら動画リンクをチェック。

「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督を中心とした製作スタッフが再結集し、再び予測不能な物語を紡ぎだしたオリジナル作品。上田監督と「カメ止め」助監督の中泉裕矢、スチール担当の浅沼直也が3人で共同監督・脚本を務めた。プロデューサーは井西政彦・久保田傑、アソシエイトプロデューサーは廣瀬敏。社会からの孤立を感じつつもカメだけが友達の内気な女子大生・亀田美羽、世間でも注目される大人気タレント家族の娘である恋愛体質の兎草早織、父と2人で復讐代行業を営む変わりすぎている戌井小柚。全く状況も境遇も性格も異なる三者三様。ウサギとカメ、イヌの名前を持つ3人は、そのネーミングの運命力もあってか、有名童話さながらの奇想天外な騙し合いを繰り広げるが、それぞれの思惑がぶつかった先には理想的な着地はなく、そこには予測のできない結末が待っていた…。

原題:イソップの思うツボ / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年8月16日 / 87分 / 制作: / 配給:アスミック・エース 

映画『イソップの思うツボ』本予告 8/16(金)公開

(C)埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『イソップの思うツボ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画を見るならこれしかない!
ユニークな映画で一発やられてしまった人は多いとは思いますが、そんな体験は味わってしまえば最高です。病みつきになってもっと欲しくなります。そこでエキセントリックな映画でもフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを使用するのが最善手段。なにせ関連作をカバーできるなどの総合的なエンタメ体験の充実さはすでに他の追従を許しません。レンタル店でDVDを借りるよりも簡単なので、試すだけなら今から可能。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「今は節約を心掛けているので…」と本心にストップをかけるなら、無料動画トライアルの存在を知ってからにしてください。普通のシチュエーションでは登録したその日にお金の請求が開始され、あなたのクレジットカード等を通して引き落とされます。でもお試し中はそれが無くなるので文字どおり猶予があります。「きっと初期登録のハードルが高いのでは?」と厳しさを不安視する声もあるかもしれませんが、心配無用。アカウント作成は1分で終わるほどのシンプルさであり、何かに躓く暇もないほどで、一瞬で全工程を完了できます。

危険は避けるべきです
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「イソップの思うツボ」の再生はダメです。慢心は命取り。それは大袈裟でもなく、人命とはいかなくても、人生には癒えない傷跡を残すことになることも。個人情報流出は今ではさまざまなプライバシーと結びつき、連鎖反応的に他の犯罪を誘発していき、取り返しのつかないことになります。被害額に換算すればあまりにも損失が大きいので、法令的にも問題ないサービスを使うべきなのは至極当然。

いちはやくウォッチ!
このページを見ている時点で「見たい」というボルテージは高いと思いますが、コンテンツを眺めればその感情は倍増します。苦しいほどではないにせよ、少し厄介さに固まってしまうのが、VODの圧倒的量。各社展開数も多く、加えて内部の作品数も多い。これでは何から見るべきかもわからないです。「イソップの思うツボ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。配信VODを確認できるこのページの情報は記事更新日のものであり、作品によっては配信ログを掲載しているので、過去の情報も参考にできます。ここまでのボリューム幅のあるデータは他にはありません。類似した映画関連ウェブサイトは諸々ありますが、フルムビバースは更新頻度と対応情報の充実さで一歩前を進んでいます。「自分は作品の配信を確認したいだけだから、登録は急ぎたくないのだよな…」そういうことでもOKで、サービス内での検索は未登録でも可能なものも。

試写も良いけど…
最新映画をいち早くお得に観たい人は試写会を利用するのも手です。ご存知のとおり、比較的扱いの大きい作品では試写が開催されており、事前に申し込んでおけば抽選でウォッチする機会を手に入れることができます。運しだいですが、申し込みはタダなので試すのは難しくありません。なかには、ネット上で視聴可能なオンライン試写や、SNSなどで感想を書くことを前提としたレビュー試写もあります。なかなか遠方に行くほど時間がない人や、映画の感想を書いて宣伝したいという人は狙い目です。

悪いサイトを追い出すために
違法アップロード動画が何万と並ぶ海賊版サイトは、無料という釣り針であなたを釣り上げ、最後はまな板の上で殺されます。そんな話は多少オーバーですが、でも大損害を受けるのは同じです。そんな危ないサイトの蔓延を防ぎ、ネットの海から駆除するために、最良のクリーンアップ手段となるのは魅力的な代替サービスを提供すること。VODは安く、手軽で、作品数も膨大と、全てにおいて上位互換であり、不正サイトを駆逐するパワーを秘めています。普及させることは業界の利益になるので「イソップの思うツボ」合法視聴方法を拡散しましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「イソップの思うツボ」を観終わって解約するのもアリ。ずっと使い続けたいのはやまやまだけど、いつかはサービス利用をやめるときだって来るかもしれません。そもそも自分に全然合わなかったら困ります。そこで気になるのが解約の手続き。スマホなどは解約に面倒なイメージがあるせいで、VODも同じではないかと危惧する人もいますが、全くそんなことはありません。用意済みの退会ページに移動して契約解除をポチっとするだけ。それで終わり。スマホから普通にできるので、お待たせする時間もゼロで、スピード解決します。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「イソップの思うツボ」の視聴で「楽しかったな~」と自己満足に浸るのも良いです。でもどうせならその満足感を他人にも分けてみませんか。おカネを稼ぐことはできませんし、無料視聴のお裾分けということでもないですが、鑑賞仲間を増やすのはやりがいがあります。SNSでの拡散を活用すると、あまり注目されていなかった映画に光があたるかもしれません。Twitterでも何でもOKです。

『イソップの思うツボ』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『イソップの思うツボ』をさらに知る

★スタッフ
監督:浅沼直也、上田慎一郎、中泉裕矢(関連作品:『カメラを止めるな!』)
脚本:上田慎一郎
撮影:曽根剛

★キャスト(キャラクター)
石川瑠華(亀田美羽)、井桁弘恵(兎草早織)、紅甘(戌井小柚)、斉藤陽一郎(戌井連太郎)、藤田健彦(田上)、高橋雄祐(八木圭佑)、桐生コウジ(兎草信司)、川瀬陽太(近藤)、渡辺真起子(亀田美紗子)、佐伯日菜子(兎草裕子)

★インタビュー
・上田慎一郎監督「最初は1人の女性を10代、20代、30代に分けて撮って編集で繋げようかとか、ある青春グループの春夏秋冬を撮ろうかとか。でもそれだったらオムニバスっぽくなっちゃうから、1本ちゃんとしたストーリーがあるやつを撮って、それをMIXして編集しました」
・上田慎一郎監督「制作に本格的に入ったのが、“カメ止め”がうわーってなってるときだったので、プレッシャーを感じている余裕がなかった。あと、プレッシャーや責任も3人で分け合えるところがあって良かったです」

★『イソップの思うツボ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
2.9???3.1
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『イソップの思うツボ』の感想

●無料ホームシアター 
予想の範囲内ではある。映画の中身に関しては予告がピークだから、観ないのがベスト。あれでなんとなく話の想像つくのが敗因になるし、それだけでもかなりの痛手。予告は前半部分だけでよかったし、なんでああもやっちゃうのか。「あのカメ止めの~」の謳い文句は使いたい気持ちはわかるけど、押さえておくべきだったかもしれない。でもこればかりは事実なので、隠せないことではあるのですが。宣伝って難しいなぁ。
●TOHOシネマズ  
批判するのは誰にでもできるのだけど、映画を作るのはほんの一握りの天才か超努力家しかできないことであり、そのリスペクトは忘れずに、いろいろと言っていけば良いと思う。というか、あまりにも前作が話題になりすぎた。それは監督のせいじゃないし、そういう意味では不運だったのかもしれない。もっと楽しい方向を期待しているならかなりの方向性ミスになるので、マッチさせるのは困難でもあります。ツボ違いです。
●109シネマズ 
前作があれほど爆発的に広がって意識するなと言う方が無理かも知れないが、でもそれは避けようがない。ミラクルなイベントを起こすことに腐心するあまり、その結果論で辻褄合わせに必死で、伏線の張り方・回収の仕方がかなり強引な押しつけを通してしまい無理があるのは、素直に脚本の粗なのかも。でも見て損はないし、駄作でもない。試行錯誤が見えるし、シナリオ制作に興味があるなら必見ではないかなとも思います。