感染家族(韓国映画)

家族の仕事はゾンビで金儲け?

映画『感染家族』のフル動画を無料視聴する方法を、家族にも勧められるクリーンなスタイルで紹介中。
今すぐ『感染家族』を見るなら動画リンクをチェック。

崖っぷちに立たされた一家がゾンビを使って金儲けを始めたことから、田舎町でパンデミックが巻き起こるさまを描いたユニークな新感覚のサバイバルパニック。この家族愛は腐ることなく新しいままでいられるのか。田舎の寂れたガソリンスタンドで定職もなく、貧しさを噛みしめながらもそれが当然のようにその日暮らしを送っているパク一家。田舎である以上ここで大きなビジネスチャンスなんてものは見込めない。そんな彼らの前にある日、ゾンビが現れる。あり得ない存在であるゾンビに恐怖するのが普通だがこの家族は違った。そして、そのゾンビに噛まれた父親マンドクが若返ったのを見た一家は、これぞ千載一遇の機会になるのではないかと思いつき、そのゾンビを利用して新しい金儲けに乗り出す。どんな手段よりも確実な若返りを求めてやってくる人々は日に日に増え、この間とは大違いのたんまりな稼いだお金でガソリンスタンドを再建することにも成功した一家だったが、それは幸せでは終わらなかった。ゾンビに噛まれて若返りを果たした人々に思わぬ副作用が表れはじめ、事態は不穏な空気に…。

原題:The Odd Family: Zombie on Sale(「かんせんかぞく」) / 製作:韓国(2019年) / 日本公開:2019年8月16日 / 112分 / 制作: / 配給:ファインフィルムズ 

映画『感染家族 』8/16(金)公開

(C)2019 Megabox JoongAng Plus M & Cinezoo, Oscar 10studio, all right


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『感染家族』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

新しい話題で家族と一緒に楽しもう!
いつものように学校に行って仕事して、そんな日々は映画で新しい刺激に塗り替えてしまいましょう。夢はかなわないけど、映画で夢見ることはできます。そんなセンセーショナルで独創的な映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを大きな味方につけましょう。ゾンビ映画だけを見たいというマニアな需要にもしっかり回答できます。ネット配信は検索性に優れているので同じジャンルを一度に作品表示もできます。

「無料」を嫌う人はいない!
誰にでもあるファーストデビュー。そんな瞬間を祝福するように無料トライアルは体験を順調に促進させてくれます。いくら資産があっても映画に全投資できるようなハイパーリッチは少ないです。みんなは財布とにらみ合い、生活を考えながらも楽しみを映画に見いだそうとしてます。VODは助けになります。「無料期間なんて1日程度であっさりと終わるんでしょ?」そんなことはありません。たいていは映画を多数鑑賞し続けても余りある時間が確保されており、しばらくはゆっくりと落ち着いて楽しめます。「感染家族」だって配信されれば観れます。

ダメなトラップに注意!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「感染家族」の鑑賞はダメです。不正サイトはフィルタリングで防ぐのが理想ですが、残念ながら次から次へと新しいサイトが登場しているためにキリがありません。また、実在する正規サイトを装って名称、住所、画像等を無断使用しているケースも。素人判断は厳しいです。何を迷っているのでしょうか。自ら泥沼にハマって命を落とす動物はいません。身の安全こそが最優先事項でしょう。

どっちだと迷ったときは?
新作映画も最速だと劇場公開から3か月程度でネット配信開始していることもあり、半年もたてばかなり配信確率は高めです。無料動画に飛びつきたいところですが、まずは焦らず配信の有無を確認しないといけません。でないと、登録しても配信がなければ無料でも意味のない状況になります。「感染家族」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。薄ぼんやりと考えていても一向にらちが明かないので、このページでサクッと解決しましょう。配信中の可能性高めなVODをアイコンでリスト化。情報はこちらで公式から目視確認したものを材料にしています。更新頻度の高さが売りのフルムビバースは記事公開時点の情報も時間がたてば変化していくので、フレキシブルに対応しています。まだまだVOD体験が白紙ならば今こそ最初の足跡を残すべきです。初めての人ほどに有利な一面が積み重なるので、スーパーダッシュを決められます。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「感染家族」を見たい気持ちをまずは抑え、登録作業の中で支払い手段を入力しないといけません。クレジットカード決済に不安がある人でも安心。パスワード使い回しをしなければ、乗っ取り被害に遭う確率は最小限にできます。お手持ちのクレカはだいたいが対応しているので、確実に使えるものをセレクトしましょう。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

登録情報は最小限
登録の際の個人情報入力に不安を持っている方向けのアナウンスとしては、無関係な事項に流用されることはないです。迷惑メールが増えたりすることも、電話がくることも当然なし。原則的にサービス内でのユーザー情報としてのみ利用されます。もちろん後で変更できるので、メールアドレスのチェンジや支払い先の再入力も可能。アカウントを削除すればこれらの情報は消えます。情報入力が済めば、その流れで動画視聴に移行できるので、審査もなく無料体験へとたどり着けます。あとは「感染家族」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

動画はフルの方がいい
気づいていない人も珍しくないですけど、テレビの民放ロードショー番組などでは映画放映時は多くのシーンがカットされ、放送枠におさまるように編集されています。仕方がないこととはいえ、映画の持ち味は完全に見れないことは、フル動画とは言い切れず、欠落は隠せません。しかし、VODにはその点もカバー。ネット配信の柔軟性は余計な編集を必要とせず、ラストまでじっくり鑑賞をお約束できます。「感染家族」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「感染家族」の視聴が済めば、そのままツイートや投稿でどんどん自分の感想を流していきましょう。「動画のこのシーンが良かった」「私はこのサイトで動画を見たよ」という情報はさらなる映画ファンを増やす素材になります。映画関係のハッシュタグも使ってみるのも意外に効果的です。「#映画好きな人と繋がりたい」などの便利なタグがあるので遠慮なく追加していきましょう。

『感染家族』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『感染家族』をさらに知る

★スタッフ
監督:イ・ミンジェ
脚本:イ・ミンジェ
撮影:チョ・ヒョンレ
音楽:ファン・サンジュン

★キャスト(キャラクター)
キム・ナムギル(ミンゴル)、チョン・ジェヨン(ジュンゴル)、オム・ジウォン(ナムジュ)、パク・イナン(マンドク)、チョン・ガラム(チョンビ)、イ・スギュン(ヘゴル)

★『感染家族』の評価

IMDbRTMETA
6.880%??
映画comY!FM
3.5???3.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『感染家族』の感想

●無料ホームシアター 
「新感染 ファイナル・エクスプレス」のようなシリアス路線ではなくコメディ路線になっているけど、しっかりジャンルの正しい発展形を成し遂げているので、これでじゅうぶんの高得点を与えることができます。それにしてもアイディアをかたちにするって大変だろうし、よくぞここまで馬鹿っぽい設定を上手く映像にしたものです。コメディといってもおちゃらけた笑いに逃げてはいないので、白熱のサバイバルにはなります。
●MOVIX 
意外な面白さで、観て良かったと心から思える。ゾンビ映画なんだけど、散りばめられた笑えるシーンが絶妙で本当に面白いし、アットホームなドラマもある。なんだこのお得感。じっくり味わうなら映画館だし、これを動画でネットで見るのは結構軽い感じになりすぎるので良くないかも。そうだとしたらなるべく邪魔のない環境でひとりでゲラゲラニマニマ笑うといいと思います。感染はできるかぎり小規模ということです。
●109シネマズ
ゾンビ映画なのに序盤がまったりのんびりしてたり、予想外のあんな展開があったりと、緩急のつけ方が上手いのが成功の秘訣なのかな。既存のゾンビ映画からのパッチワーク部分もありつつも、しっかりただのオマージュでは終わらない。ちゃんと有名俳優を使っていたら、かなり韓国でも大ヒットしたのではないだろうか。こういうマニアックなものを、俳優の知名度に頼らないで見せる姿勢は日本もしっかり見習いたい。
●FANDANGONOW
豊山里という地方を舞台に、父マンドク、長男ジュンゴル、次男ミンゴル、末娘へゴル、長男嫁ナムジュという、クセが強いこの家族が最高に物語をかき乱す。ちゃんとそれぞれの役目があって、機能しながら、トラブルを起こし、解決し、その繰り返し。「ショーン オブ ザ デッド」的なゾンビを扱うというライトなスタイルは良い意味で気が抜ける。チョン・ジェヨンはああいう頼りない役が一番似合うという再確認もできた。