二ノ国(アニメ映画)

その選択にあなたはどう思うか

映画『二ノ国』のフル動画を無料視聴する方法を、余分な広告で邪魔することなく、シンプルにレコメンド中。
今すぐ『二ノ国』を見るなら動画リンクをチェック。

レベルファイブの人気RPG「二ノ国」シリーズを長編アニメーション映画化し、現実世界の自分と命がつながっている、もうひとりの自分がいる魔法の世界「二ノ国」を舞台に繰り広げられる少年たちの冒険を描くファンタジーアドベンチャー。エグゼクティブプロデューサーは小岩井宏悦、プロデューサーは小板橋司。諸事情によって車椅子生活を送る高校生ユウは、多少の不自由さを感じながらも学校でトップクラスの成績を誇る秀才であった。バスケ部の人気者ハルと、ハルの彼女コトナとは幼なじみで、友人関係にもそこまでの寂しさは無い。ある日、その日常が大きく覆されてしまう。事件に巻き込まれたコトナを助けようとしたユウとハルは、自分たちの知りもしなかった世界の秘密に踏み入れた。現実世界と並行する魔法の世界「二ノ国」に引き込まれ、そこでもうひとりのコトナであるアーシャ姫と出会う。新しい世界では無限の可能性が広がっていた。ユウはアーシャに心を解放していき、強くひかれていくが、コトナを救うためにはアーシャの命を奪わなければならないということを知り、その残酷さにショックを受けながらも2人は究極の選択を迫られる。

原題:二ノ国 / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年8月23日 / 106分 / 制作:オー・エル・エム / 配給:ワーナー・ブラザース 

映画『二ノ国』本予告【HD】2019年8月23日(金)公開

(C)2019 映画「二ノ国」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『二ノ国』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

見られなかったあの話題作も!
みんなから大きく支持されているコンテンツというのはどんなメディアであれ、それだけの魅力が秘められている証拠です。そんな映画においても同じで、媒体が変われど注目度は増すばかりです。その関心度の高いファンタジックな映画をフル動画でお得に見るなら、人気の動画配信サービスを使用して、サポートするといいです。ネット配信なので関連性の高い作品を同時に検索して視聴しておくのにも便利で隅に置けません。

「無料」より安いものなし!
お目当てのムービーのビデオ探しをする前に、喜びをプラスしてくれるビギナーお試しを入手しない手はないでしょう。「私の家計では映画動画に浪費している暇はないのです。悲しいことに…」そんな寂しい事情でも初回試しがズバリと温めてくれます。嬉しすぎるラッキーウォッチの機会が待っています。「無料といっても期間が短時間なら意味はない」と心をソワソワしなくても大丈夫。動画を見るうえでも必要である時間以上に、それこそ何作も見られるほどの日にちの余裕があるので吟味可能です。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「二ノ国」の再生はダメです。不正サイトはフィルタリングで防ぐのが理想ですが、残念ながら次から次へと新しいサイトが登場しているためにキリがありません。また、実在する正規サイトを装って名称、住所、画像等を無断使用しているケースも。素人判断は厳しいです。大多数の不正利用者は完全に油断しており「自分には関係ない」「騙されるわけない」と考えますが後悔先に立たずです。

迷ったときは?
劇場公開したばかりの新作は即座に配信はなくとも、そこまで大きく待たせる時代でもないので、スタンバイしておきましょう。一方でこんな体験談も。「昨日は配信されてたのに、今日また見たらどこにも動画がない!」こういうことが起こってしまうのがVODの取り扱い注意な弱点でもあり、注視が必要です。「二ノ国」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらのページは各VODの配信状況をできる範囲ではありますが、インフォメーションとして反映させるように掲示しており、更新も行っているので、ヒントにしながら確認作業を円滑に進行させることができます。いかにもクリックすれば動画がすぐに見れるかのように誘って偽り、取るに足らないランキングページへと誘導する無価値な内容はここにはないと保証します。再三の注意は繰り返しますが、配信内容は1日単位で変化中。今の情報が明日にも一致するとは限らないので、あくまで補助活用にとどめてください。

家族にバレない?
家族がいっぱいいる人。VODも分かち合いませんか?「嫌だな、だってお父さんとは趣味が違うもん」「母にこの視聴履歴は見られたくない」「小さい子どもにコレは少し早すぎる」そんなあれこれの家族らしい悩みにも細かく対応中。まずはアカウントを分けることができます。成人向け動画もこれで限定させることが可能で、キッズ専用もあったりします。また同時再生も用意済みで、こっちはスマホ、あっちはテレビで、別の部屋で鑑賞利用していても家族間ならOK。ピースフルにお気に入り映画を観て語り合いましょう。

邪魔な広告は無し!
いい加減に視聴中に広告が不格好に邪魔してくるのはうんざりではありませんか。そんなものに付き合っていたら最悪です。そもそもそういう広告はたいてい違法性の高いものであり、加担しようものならばあなたにもリスキーです。アクセス記録は残っているので足がつきます。綺麗な身でいたいならフルムビバースの安全空間にようこそ。「二ノ国」視聴を妨げません。基準としてはGoogleなども採用している広告判定のルールを活用し、ユーザーのインターネット利用を妨害するアドシステムは排除し、正規に認められたものだけを限定的に制限しながら使用しています。

動画はフルの方がいい
映画はそれなりの上映時間があり、1~2時間、長いものだと3時間を超えることもあります。しかし、長すぎるゆえにテレビ放送などでは編集されて部分的にカットされたバージョンになっていることも。これではフル動画は見れません。そこでVODの出番です。ネット配信には時間の制約はないので、初めから終わりまで作品の完全版を堪能し、隅々までしゃぶりつくせます。動画がフルなのは保証できます。「二ノ国」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「二ノ国」もリピート視聴でウォッチしたいと思いませんか? 映画なんて1回見ればじゅうぶんという人は聞き流して結構ですけど、演技やセリフの印象が1度目とはガラッと変わりますし、シーンの味わいも別格です。伏線にだって気づくでしょう。でも映画館で複数回同じ作品を観るのはさすがにちょっとマニアすぎると思っている人も大勢のはず。確かにそのとおりで、ハードルは高め。だったら最高クラスに気軽なVODを駆使すればイージーに連続鑑賞も実現できます。

『二ノ国』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『二ノ国』をさらに知る

★スタッフ
監督:百瀬義行(関連作品:『ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間』)
脚本:日野晃博
キャラクターデザイン:西谷泰史
音楽:久石譲

★キャスト(キャラクター)
山崎賢人(ユウ)、新田真剣佑(ハル)、永野芽郁(コトナ/アーシャ)、宮野真守(ヨキ)、坂本真綾(サキ/ヴェルサ)、梶裕貴(ダンパ)、津田健次郎(ガバラス)、山寺宏一(バルトン)、伊武雅刀(フランダー王)、ムロツヨシ(お爺さん)

★インタビュー
・日野晃博「最初のストーリーは、殺された王様がいて、王様を殺した犯人を捜すミステリーから始まって、だんだん国家的な陰謀が明らかになっていくという、王宮ミステリーから始まる壮大な王国サスペンスみたいなものを書いていた」

★雑学(トリビア)
・公開が始まるとSNSを中心に酷評が相次いだ。「脚本が酷い」「障害者差別を感じる」「この夏一番の惨状」「懲役2時間」など痛烈な批判コメントが散見され、かろうじてある褒めの意見は「音楽がいい」「絵が動く」だった。同じくゲームの映画化で同じ夏に公開されて低評価を受けた『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』と並べて比較する意見も見られた。

★『二ノ国』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
2.5???2.8
フルムビバース独自ランク
D(珍作・迷作)

★『二ノ国』の感想

●無料ホームシアター 
物語の舞台は「二ノ国II」の数百年後らしいが、そんなことはどうでもいい。むしろこの場合は時代設定など細かい部分よりももっと根幹でいろいろな議論が巻き起こるのであって…。まずは声優のチョイスです。プロで固めることはしないのは昨今の邦画のクセにしても、なぜこうも外してしまったのか。肝心の主人公側が微妙だったのは残念ですし、ヒロインにいたっては流石に擁護できる点が無いぐらい酷いのではないか。
●109シネマズ 
ほのぼのとしたタッチのアニメでストーリーも展開も、これを普通にYouTubeで公開しているオマケの動画にしておけば良かったのに。障がい者の表現がうんたらとか登場人物の思考がうんたらとか言っている人は、きっと理性を捨てきれていない。この映画は人として持つべきものを放棄した先にある面白さなのだ。知ってほしいのならば、何よりもその平常心とか羞恥心を捨てよう。取捨選択がキーワードなのだから当然だ。
●CRUNCHYROLL  
とにかく観てて苦痛しかなかったけどこれはきっと私の体が何かの健康上の悪化を起こしたせいであって映画は関係ないのだと思います。ヒロイン役の声はおそらく機械のトラブルで、収録が上手くいかず、ボイス合成装置で人為的に生み出したのでしょう。二ノ国は想像以上に美しい世界で久石譲の音楽を聴くための背景として映像が流れているだけなので、劇場に来た方はぜひ目を瞑って心を落ち着かせて映画をリッスンしてね。