火口のふたり(2019)

身体を重ね合うのが男と女のコミュニケーション

映画『火口のふたり』のフル動画を無料視聴する方法を、無意味な広告に邪魔されることなく、シンプルに紹介中。
今すぐ『火口のふたり』を見るなら動画リンクをチェック。

直木賞作家・白石一文が男と女の極限の愛を描いた小説「火口のふたり」を、柄本佑と瀧内公美の共演で実写映画化。エグゼクティブプロデューサーは岡本東郎と森重晃、プロデューサーは田辺隆史と行実良。東日本大震災から7年目の夏。ここには生活を捨てて生きるしかない人間がいる。離婚、退職、再就職後も会社が倒産し、人生の糧になるはずの全てを失った永原賢治は、旧知の女性・佐藤直子の結婚式に出席するため、秋田に帰郷する。それは何気ない行事参加のはずだったが、人生は揺さぶられることになる。久々の再会を果たした賢治と直子は、「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」という直子の言葉をきっかけに、まるで自分の心をむき出しにするように、かつての感覚を思いだして身体を重ね合う。欲望は誰にでもあるが、この二人は特別な相性があるのか、それは倍増するようだった。1度だけと約束したはずの2人だったが、それは止められない。身体に刻まれた記憶と理性の狭間で翻弄され、コントロール不能となって抑えきれない衝動の深みにはまっていくが、その先は見えていなかった。

原題:火口のふたり / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年8月23日 / 115分 / 制作: / 配給:ファントム・フィルム 

8.23(金)公開『火口のふたり』本予告

(C)2019「火口のふたり」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『火口のふたり』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

しっかり使い分けもできます!
アダルトな描写の多い作品というのは普通はテレビ放送されにくいので、観るチャンスも自然と少なくなります。しかし、ネット配信はその可能性を広げてくれる嬉しい味方です。動画配信サービスを使用することで、そんなエロティックな映画をフル動画でお得に見ることができます。どうしてもワクワクしてくる映画をひとりのプライベートで観たいなら、スマホやパソコンを使えばバッチリ解決。邪魔はもう入ることはないです。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「今は節約を心掛けているので…」と本心にストップをかけるなら、無料動画トライアルの存在を知ってからにしてください。1円でも費用は減らしておきたいというのは何もバカにされるようなことではなく、普通の節約精神です。無料でお試しできるならそこに乗っかるのも真っ当に定番ですし、選ばない方がどうかしているでしょう。「十数年前の観飽きた作品ばかりだと魅力はないな…」とテンション低めならば、一気に期待を爆上げしましょう。配信開始した新作もいち早く取り揃え、即視聴できるサービスが期待を高めてくれます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「火口のふたり」の再生はダメです。不正アプリが審査をすり抜けて公式アプリストアに紛れ込む例もあり、サイト利用を通して自然にインストールを促される場合も。あれこれと手口を変え、姿を変えて侵入を試み続ける「良くない存在」にとって、違法動画視聴者は絶好の騙しやすい相手です。被害額に換算すればあまりにも損失が大きいので、法令的にも問題ないサービスを使うべきなのは至極当然。

いちはやくウォッチ!
今はそんなに観る気持ちがない人も騙されたと思ってサイトをキョロキョロ眺めてください。一気に鑑賞意欲が吹き上がってきます。動画鑑賞への展望を削ぐのはVOD配信の急激な変化についていけるかということです。レンタルショップ以上に商品陳列がめまぐるしく変わるのは予想外に厄介だったりします。「火口のふたり」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。お困りの方に声をかけているのがこの作品動画ページ。ナビゲーションに特化した、配信VODの一覧化が掲載中なので、無数のサイトをいつまでも確認してめぐり歩く必要性を緩和して負担軽減します。いろいろなリンクをタップしまくっても全く動画系のコンテンツに繋がらず、振り回される!…そんな不愉快な経験をした人も、これで反撃できます。ここは確実な動画紹介に特化。一生に一度というのはオーバーかもしれないですが、無料体験というのは初回のメモリアルな時期だけのスペシャルチケットなのでゲットするしかないです。

家族にバレない?
VODは単独で使うのではなく、複数(とくに家族)で共有して利用することもできます。しかし、作品の好みは人それぞれ。場合によってはアダルトや暴力な映画を観たいときもあります。けれどもそれは子どもの前では視聴できませんし、サムネイルさえも見せたくありません。そんな事例にも対応可能となっているVODはユーザーごとに使い分けできます。表示作品を適度にフィルタリングしたり、個々で別の場所で鑑賞したり、思うがままにセパレートできるので、ファミリー全員が新規に登録することはありません。

邪魔な広告は無し!
広告が動画再生途中に急に前触れもなく表示されて鑑賞が不可になる、リンクや検索窓に触れると無関係なページが開く…。こういった現象の起こるサイトは悪質性の高い有害サイトです。フルムビバースはそのようなことは皆無だと100%保証できます。全てにおいてセーフティな動画環境を確保することに全力を注いでおり、「火口のふたり」視聴を妨げません。パブリッシャーやサイトへの規制は広がっていても結局は広告を適宜審査しながら「これはダメだろう」というユーザー配慮が欠かせないものです。このページでは利用者第一で不快な広告をクリーンアップしています。

表現規制を避けるなら
映画は映画倫理機構という組織の元でレイティングシステムが運用されています。区枠は「G」「PG12」「R15+」「R18+」となっており、とくにR18になってしまえば広告やCMでの宣伝が著しく規制され、劇場公開も激減します。またモザイク処理などで映像本来の意図が伝わらないことも。しかし、VODにはそのような余計なお世話となりかねない審査に邪魔されません。クリエイターにとってもやりたいことができる喜びがありますし、視聴者にとっても刺激的な動画を鑑賞できる嬉しい貴重な場になります。「火口のふたり」も規制なしでどうぞ。

海賊版サイトは無料ではありません
海賊版サイトというのはその名のとおり、傲慢にこちらの財産を根こそぎ奪っていきます。無料や動画という看板を背負いながら、優しそうに近づき、接近したところで一気に大砲で攻撃してくるという畜生です。大切なプライバシーを厳重に保護したいと思っているなら、この船は極悪の巣窟なのです。「火口のふたり」が視聴できると仮に書いてある風に見えても、全然違う動画を再生してくるものさえあります。そんなことで無駄な時間を過ごしたくはないでしょう。余計な被害にイライラしてSNSでゴネるしかない状況になる前に素直に公式を選ぶべきです。

『火口のふたり』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『火口のふたり』をさらに知る

★スタッフ
監督:荒井晴彦(関連作品:『この国の空』)
脚本:荒井晴彦
撮影:川上皓市
音楽:下田逸郎

★キャスト(キャラクター)
柄本佑(永原賢治)、瀧内公美(佐藤直子)

★インタビュー
・荒井晴彦監督「規制して隠すことが、差別につながっていると思う。僕がピンク映画とか、ロマンポルノやっていたこともあるけれど、それも差別されていた。人間って、昼間もあるけれど夜もある。昼だけ描く、そういうのっておかしいな、僕はダークサイドを描くことが人間を描くことだと思っています」
・柄本佑「セックスして、ご飯食べて、たくさん寝る。欲求に馬鹿正直に生きている2人の映画です。なのに、フィクション度が異常に強い作品になっている。それは今の時代に本能に忠実な人なんていないということでもあり、人間の三大欲求のままに生きることが難しいということの表れなのかな」

★『火口のふたり』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.6???3.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『火口のふたり』の感想

●無料ホームシアター 
監督・脚本はロマンポルノの巨匠だからということもあり、R18なのは避けることもできず。でも露骨なアダルトではないですね。自然な性愛という感じでしょうか。エロくみえないギリギリのラインをなぞるような、そんなもどかしさもあります。瀧内公美も惜しげもなく裸体をみせてくれるので、その思い切りもすごくよいですよね。でもなんでしょうか。静かな映画だと思ったら、結構思わぬ展開を用意してきたものだな。
●ユナイテッドシネマ 
二人だけという空間の重要性です。社会なんてそこにはない。あるのは二人の愛になっている。この最小限構成が良いです。猥褻行為ではない、動物的な生活をあえて描くのは、こういう現代の無意味さを排外しながらも、生命の本質を見抜いている。誰しもが心の奥に持っている欲望みたいなものを隠すことなく、映し出すのは今の時代には特に大事かもしれない。それがたとえレーティングになろうとも気にしてはいけないのだ。
●109シネマズ 
地球最後の日を欲望に忠実に過ごすという人は結構いるんじゃないかな。でもそれってどうして最後なのか。普段通りでは良いのではないか。いや、いつもそうしていればいいのに。人間ってなんでいつも難しく生きようとするのだろうか。性的なタブーや社会的タブーもさらりと本音として語り合う二人の関係性は尊い以上の神聖な領域に到達しており、それは火口という異空間に引き込まれるアダムとイブのようでもあった。