ディリリとパリの時間旅行

美しいパリを舞台にした魅惑のアニメーション

映画『ディリリとパリの時間旅行』のフル動画を無料視聴する方法を、視聴妨害する広告を排除したうえで、スッキリとレコメンド。
今すぐ『ディリリとパリの時間旅行』を見るなら動画リンクをチェック。

フランスアニメーション界の巨匠ミッシェル・オスロ監督が、19世紀末から20世紀初頭のベル・エポック期の美しいパリの街を舞台に描いた長編アニメーション。その綺麗な街の裏には、誰もが目を逸らしてきた闇がひっそりと蠢いている。ニューカレドニアからやって来たディリリは、パリで出会った最初の友人オレルとともに、相次いで起こっている少女たちの誘拐事件の謎に挑む。その事件は手掛かりをつかむのも大変なもので、広い街を疾走することになっても、そう簡単には解決には至らない。キュリー夫人やパスツール、ピカソ、モネら時代を彩った天才たちに協力してもらいながら、象徴的なシンボルであるエッフェル塔やオペラ座、バンドーム広場などパリの街中を駆け巡って、正体の掴めない事件解決をなんとか目指す2人だったが…。

原題:Dilili a Paris / 製作:フランス・ドイツ・ベルギー(2018年) / 日本公開:2019年8月24日 / 94分 / 制作: / 配給:チャイルド・フィルム 

ディリリとパリの時間旅行

(C)2018 NORD-OUEST FILMS – STUDIO O – ARTE FRANCE CINEMA – MARS FILMS – WILD BUNCH – MAC GUFF LIGNE – ARTEMIS PRODUCTIONS – SENATOR FILM PRODUKTION


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『ディリリとパリの時間旅行』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

子どもでも大人でも使えます!
幻想的なマジカルワールドに彩られた世界観もいいですが、そこに現実性が合わさったローファンタジーでもいいですし、普通のリアルでもアニメーションになれば印象も変わります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを多用していくと便利です。マイナー作品でもアウトにはならず、大作と並んで利用できるので、大きなチャンスになります。楽しい体験を味わえる時間はそこです。

「無料」より安いものなし!
実際のユーザーから聞かれる最も好意的な意見は「無料体験が本当に動画も見れるし、便利だった」というものです。「空腹ならぬ金欠状態で映画を食べ歩きたくても手が出せない…」そんなジレンマはこれで解消しましょう。初回に限ってのトライアル・チケットはあなたの数少ないチャンス・ターンです。「最初の10分だけが無料という残念なやつでは?」そんなもったいぶるようなことはしません。配信されているのは冒頭数分でも予告動画でもない、正真正銘の映画本編であり、フル動画なので大丈夫です。「ディリリとパリの時間旅行」も配信されればすぐです。

手を出すべきではないです!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ディリリとパリの時間旅行」の鑑賞はダメです。危険をもたらす手口は巧妙。メールアドレスを入手し、ランサムウェアで乗っ取り要求したり、リモートデスクトッププロトコルで機器自体を支配下に置いたり、ソフトウェアの脆弱性を巧みに突いたり、ただの動画視聴が引き金になることもあり得ます。被害額に換算すればあまりにも損失が大きいので、法令的にも問題ないサービスを使うべきなのは至極当然。

いちはやくウォッチ!
このページを見ている時点で「見たい」というボルテージは高いと思いますが、コンテンツを眺めればその感情は倍増します。一方で良いことばかりでもなく、VODに躊躇する人の主因は「わかりにくさ」。サービス展開企業は複数存在し、今なお天井知らずで増えていくので、どれが自分に合っているのか判断に困ります。「ディリリとパリの時間旅行」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その謎はあっさりと解消してクリーンになります。この今あなたの見ているページには対象作品を配信中のVODがアイコン・インディケーターで掲載中。その中からお好きなものを自由意思で適宜選択できます。確認済みの対応VODは、携帯キャリアのものから、TV局のもの、日本のもの、海外のもの。どこよりも数が広範であることをお約束します。未使用未開拓のVODがポンと目前に提示されているなら素早くタッチしておくと無料動画に直行できます。それは初めての新人だけの特権です。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「ディリリとパリの時間旅行」でもあります。DVDと同等にテレビ鑑賞もできますが、その際はネット環境は必須。ご家庭のテレビがネット接続済みか、そしてコンテンツ対応済みか、要確認です。PCならばブラウザで気軽に再生できるので特別な条件はなし。ChromeでもIEでもOKです。場合によってはAdobe Reader SilverlightなどのプラグインやJavaScript Cookieが有効でなければいけないこともあります。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

広告ブロックに気をつけて
広告は邪魔だからブロックツールで表示を防止すればいいんだ!と考えて、実際に導入している人もいるかもしれません。ただし、意外な落とし穴があります。そういうツールを有効化した状態では、上手く正常に機能しないサイトもあるのです。それどころか「ポップアップ・ブロック」に関するバグでリンクが全然クリックできなくなる事例も。これはブラウザのアップデート時に起こりがちで、そういう場合の解決策はツール利用の中断のみです。「ディリリとパリの時間旅行」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

無料動画サイトとの違い
昔からの動画コンテンツを無料で楽しむ方法といえば、YouTubeなどの動画共有サイトです。今でも主流ではありますが、そのタイプの大型サイトは致命的な弱点も気になるものでした。それは低品質な動画が無数に存在し、ポリシーに基づいて管理されているとはいえ、違法性のあるものも放置されています。取り締まりが追い付いていないので、完全な改善の見込みは不透明。そんな雑多なサイトと根本的に管理体制が異なるVODは、オール・ハイクオリティなので不安定さは全くない、「ディリリとパリの時間旅行」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

高画質で見られる?
ノイズだらけ、はたまた遅延ばかり、さらには低画質な動画なんてものはたとえ無料でも嫌なものです。VODはネット配信なのでその画質品質を心配するかもしれませんが、実際はDVDを上回るクオリティがあるので大丈夫です。中には4Kしているものもあり、すでにブレーレイにすら匹敵する領域です。バカ高い機器に金を払うこともなく、自由に高品質動画を大量に堪能できるのですから夢のようです。「私はそれよりも通信量が気になる…」それもOKで、ちゃんと選択できるので自分に合った「ディリリとパリの時間旅行」の動画を楽しみましょう。

『ディリリとパリの時間旅行』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『ディリリとパリの時間旅行』をさらに知る

★スタッフ
監督:ミッシェル・オスロ(関連作品:『夜のとばりの物語 醒めない夢』)
脚本:ミッシェル・オスロ
音楽:ガブリエル・ヤーレ

★キャスト(キャラクター)
プリュネル・シャルル=アンブロン(ディリリ)、エンゾ・ラツィト(オレル)、ナタリー・デセイ(エマ・カルヴェ)

★インタビュー
・ミッシェル・オスロ監督「女性と少女を擁護するという目的の映画ですから、主人公を少女に設定しました。ベルエポックリサーチするなかで、唯一の欠点は、記録にほぼ白人しかいないことだったのです。私の作品群では、白人しか出てこない作品はありません。今回も、中国人、アフリカ人、チュニジア人などの登場人物がいます。また、当時実在したカナック原住民村というものも描きました」

★『ディリリとパリの時間旅行』の評価

IMDbRTMETA
6.8100%??
映画comY!FM
3.6???3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ディリリとパリの時間旅行』の感想

●無料ホームシアター 
「キリクと魔女」「アズールとアスマール」などで知られる名匠の生み出す世界に偽りはなかった。いや、傑作を保証されていたというべきか。素敵なパリを満喫する観光映画としても最高クラスなのだが、そこには虚実をあえておぼろげにした、アニメーションというマジックが確かにあった。実在の有名歌手エマ・カルヴェ役のナタリーさんのソプラノの響きも素晴らしく、音楽性との対応も完璧で、これは控えめに言って最高。
●MOVIX 
パリで横行している男性支配団による少女誘拐事件をディリリと頼もしい仲間たちが解決していく話であり、子ども向けにも見えるが、そこには世の中への批評性があって、いかにこの世界は少女という概念を搾取しているかを如実に表している。それは日本のアニメ界も反省すべきことではないか。コンテンツとして少女を浪費してばかりの日本は、実在の少女を、もっといえば女性を大事にしている国といえるのだろうか、と。
●CRUNCHYROLL 
移民問題、差別問題、男権主義問題、児童虐待問題など絵のタッチのわりにはヘビーな要素が多い。衝撃的なオープニングとディリリの出自から、本作が俎上に上げているのは、性に関わるイシューでありつつも、普遍的な差別という社会の闇に包まれたヘドロのようなものだ。それを取り除くために変に美化せず、ひたすらリアルとアレンジの間を縫うように進んでいくこのストーリーはおとぎ話だとも笑ってはいられない。