引っ越し大名!(2019)

引っ越しは戦よりも大変!?

映画『引っ越し大名!』のフル動画を無料視聴する方法を、老若男女問わず、わかりやすいように安全に解説しています。
今すぐ『引っ越し大名!』を見るなら動画リンクをチェック。

土橋章宏の時代小説「引っ越し大名三千里」を、星野源主演、高橋一生、高畑充希の共演、犬童一心監督のメガホンで映画化。エグゼクティブプロデューサーは吉田繁暁。姫路藩書庫番の片桐春之介は人と接するのが苦手で、コミュニケーションを避けるようにいつも書庫にこもり、自分だけで楽しめる書物にあたっていた。しかし、そうは言っていられない事態が起こるとは思いもよらなかった。幕府から豊後(大分県)の日田への国替を言い渡された藩主の松平直矩は、重大な悩みを抱えていた。それは解決が難しいこと。度重なる国替からの借金と、これまでにない遠方への引越し、さらに減棒と、もはや根底を揺るがすくらいの国の存亡が危うくなるほどのピンチに動揺。このままでは死活問題。この国難を乗り切れるかは、国替えを仕切る引っ越し奉行の腕にかかっていたが、それさえも希望は見いだせず、前任者は激務が原因ですでに亡くなり、国替のノウハウも失われていた。これでは万事休す。打つ手はないのか。そんな中で、安易な発想ではあるが、書物好きなら博識だろうという理由から、春之介が引っ越し奉行に任命されてしまい、騒動となっていく。

原題:引っ越し大名! / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年8月30日 / 120分 / 制作: / 配給:松竹 

映画『引っ越し大名!』8月30日(金)荷造り開始!

(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『引っ越し大名!』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画がいっぱい、笑顔もいっぱい!
みんなで笑える作品というのはストレス解消においても絶大な効果を発揮しますし、変な旅に出て疲れることもないので、一番お得といえます。そんなエネルギッシュでフリーダムな映画をフル動画でお得に見るには、動画配信サービスを使用するのが最善。なにせパソコン、タブレット、テレビ、スマートフォンと対応機器が充実しており、たいていの家庭での鑑賞にバッチリとフィットできるので何も迷わなくていいのです。

「無料」は全て初心者のため!
初利用の人のための親切コースも整備されています。あなたが望むなら無料お試しトライアルを真っすぐ歩めます。これは登録をしたその日を起点にして、あらかじめ決められた一定期間、そのサービス内での動画視聴というメインコンテンツを含む利用が無料で遊べるというものです。無料動画的になります。「私は不慣れなので全然理解不能でお手上げにならないかな?」と不安な気持ちをモヤモヤさせる必要はありません。アカウントをスタートで作成するステップも特別な知識なくすぐさま終えられます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「引っ越し大名!」の再生はダメです。不正サイトはフィルタリングで防ぐのが理想ですが、残念ながら次から次へと新しいサイトが登場しているためにキリがありません。また、実在する正規サイトを装って名称、住所、画像等を無断使用しているケースも。素人判断は厳しいです。リスキーなサイトは手を出せば奈落の底のように引きずり込まれて身を焼かれます。これは大袈裟ではなく明確な事実です。

どれを選べばいい?
ホットな出来立てホヤホヤのニュームービーでもVODならばいち早く提供されるので待ち構える価値ありです。ところがそうは上手くいかないのが、配信の作品リストで、実は各社によってかなりバラつきがあり、しかもガンガンと日の経過によって揺れ動くので全体把握は相当に骨が折れます。「引っ越し大名!」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらの盛沢山なページに載っている配信情報は更新日の時点のものです。なのであなたの閲覧時では変わっていることがあります。更新の日付を記載済みなので1年以上前など古すぎないか注視です。変な怪しいサイトに連れ込む誘導リンクを貼っている悪質ページはネット上に無数にありますが、フルムビバースでは的確な動画リンクのみです。「こんな名前のVODは全然知らなかった」もしそんな出会いができれば、無料動画への道筋が目の前に開けてくるので、天の恵みみたいなものです。

登録情報は最小限
登録の際の個人情報入力に不安を持っている方向けのアナウンスとしては、無関係な事項に流用されることはないです。迷惑メールが増えたりすることも、電話がくることも当然なし。原則的にサービス内でのユーザー情報としてのみ利用されます。もちろん後で変更できるので、メールアドレスのチェンジや支払い先の再入力も可能。アカウントを削除すればこれらの情報は消えます。情報入力が済めば、その流れで動画視聴に移行できるので、審査もなく無料体験へとたどり着けます。あとは「引っ越し大名!」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

フェアにオススメします
数多のVODを一括チェックできるサイトであるフルムビバースは、他の紹介サイトと違って、取り扱いをフェアプレイで決めています。基本は正確な情報を重視し、全部のサービスを網羅しようと心掛けているので、そのラインナップはどこよりも充実しており、作品によっては10種類上の選択肢を提示していることも。あえて一つに絞らない理由はユーザーのパーソナルな判断を尊重しているからです。単純に「引っ越し大名!」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

原作もついでに見よう
映画も楽しいですが、そのもとになった原作を読んでみると「え、こんな展開になっていたの?」「ここはこういう気持ちだったのか」そんな新発見があり、ただのファンアイテムではない面白さに満ち溢れています。でも本屋に行ったり、Amazonのような通販サイトをチェックするのは面倒です。そこでVODの出番。サービスの中には電子書籍提供もしている複合マーケットを完備しているものもあり、さすがに全ての原作は置いていないですが、見つけやすくなるのは事実。流れるように原作読破も可能なのです。

俳優好きにも必須
多彩な魅力を合わせ持つ映画エンターテインメントの立役者はまさしく俳優です。クールなあの人、キュートなあの方、エキセントリックなあの子、熱狂してドハマりになってしまうファンが生まれるのも納得の唯一無二のカリスマ性。そんなムービー・スターの出ている動画を抽出できるのも、検索機能を持つVODの強みです。「星野源」の演技を見たいでしょう? ファンであれば出演作品を全部おさえてみたいと思うのは自然な気持ちです。しかしそれを実現するには莫大な労力とおカネがかかる。だったらVODでまとめ見です。

『引っ越し大名!』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『引っ越し大名!』をさらに知る

★スタッフ
監督:犬童一心(関連作品:『猫は抱くもの』)
脚本:土橋章宏
撮影:江原祥二
音楽:上野耕路

★キャスト(キャラクター)
星野源(片桐春之介)、高橋一生(鷹村源右衛門)、高畑充希(於蘭)、及川光博(松平直矩)、小澤征悦(山里一郎太)、濱田岳(中西監物)、松重豊(本村三右衛門)、西村まさ彦(藤原修三)、山内圭哉(仲田小兵衛)、飯尾和樹(高橋四郎)、正名僕蔵(佐島竜五郎)、富田靖子(波津)、丘みどり(大野の妾)、向井理(柳沢吉保)、岡山天音(和泉屋新吉)、ピエール瀧(北尾俊蔵)、和田聰宏(田中衆三郎)、松岡広大(綾瀬主水)、中村靖日(蛭田源右衛門)、矢野聖人(戸田采女)、斉藤暁(小野田真之)、鳥越壮真(音松)

★インタビュー
・星野源「サラリーマンものであり、つまりはお仕事ムービーなんですね。僕が演じた、春之介みたいに今風の感覚を持っている人が、もし江戸時代にいたならばいろいろと生きにくかったことでしょう。リアリティーラインとしては最低限、時代劇の服装や所作を守りつつ、とはいえ、あまり決め事を気にせずにカタくならないようにしようと」

★『引っ越し大名!』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.7???3.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『引っ越し大名!』の感想

●無料ホームシアター 
「のぼうの城」の犬童一心監督だから安定感はじゅうぶんで、プラス俳優の豪華さでは現代的な需要を一番に捉えていることもあって、見てもらいやすいのでは。時代劇というとちょっと取っ付きにくいイメージだけど…と考えているなら、この映画はそんな心配は不要なのでむしろ気にするなと忠告したい。ほとんど現代風のコメディドラマになっており、そのぶん時代劇っぽさは雰囲気だけで片付いているので両極端ではある。
●ユナイテッドシネマ 
江戸の武士たちを描くのに喧々諤々の戦シーンがほとんどなくて、知恵をしぼって藩の危機に立ち向かうという、最近も続いているコミカル騒動系の時代劇。参勤交代もあったが、今度は引っ越し。全然引っ越しシーズンではないのが、公開日の不満として残るが、そこは勘弁を。原作者が脚本を手掛けている為、原作にはなかったシーンもちゃんと無理やりではない感じで組み込まれているので、邦画はこうであってほしい。
●シネマサンシャイン 
時代劇ながら現代社会へ通ずる生きづらさなどが描かれており、「あー、これは確かに大変だ」「こういう悩みはあるある」と頷ける。対人するのが苦手な主人公が読書で培った知恵と人を思いやる気持ちや誠実さでひとつひとつ解決していく姿が、それほどクセもなく、実にちょうどいいテンポのよいストーリー展開の中で違和感なくかたちになっている。大名という偉そうなだけの存在はどこでも意味はない。必要なのは働く人。