フリーソロ / Free Solo

極限を超えたラスト20分、直視できるか

映画『フリーソロ』のフル動画を無料視聴する方法を、安全なスタイルのみだけでシンプルに紹介しています。
今すぐ『フリーソロ』を見るなら動画リンクをチェック。

ロープや安全装置を一切使わずに山や絶壁を登る「フリーソロ」と呼ばれるクライミングスタイルで世界的に知られるクライマー、アレックス・オノルドの緊迫感あふれるクライミングに密着した衝撃のドキュメンタリー。製作総指揮はウォルター・パークス、ローリー・マクドナルド、ティム・ポストレ、マット・レナー。ナショナル・ジオグラフィック誌の表紙を飾るなど、世界で著名なクライマーの1人として勇猛果敢に活躍するアレックス・オノルドには、誰もが挑戦するのに躊躇うとてつもない1つの夢があった。その夢は華々しいものというだけではない。命を脅かすもの。それは、世界屈指の危険な断崖絶壁であり、これまで誰もフリーソロで登りきった者はいない、米カリフォルニア州ヨセミテ国立公園にそびえる900m以上の高さをもつ巨岩エル・キャピタンに挑むこと。落ちれば死ぬのは避けられない。それでも安全性を保障するアイテムは使わずに登るフリーソロに全身全霊を捧げていた。この前人未到のフリーソロのために幾度の失敗と練習を重ねてきたオノルドは、精神を集中し、2017年6月3日、ついにエル・キャピタンへの挑戦を開始する。誰もが見守るしかできないなか、頂点を目指して孤独な戦いが始まる。

原題:Free Solo(「フリー・ソロ」) / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開:2019年9月6日 / 100分 / 制作:Little Monster Films / 配給:アルバトロス・フィルム 

9.6公開『フリーソロ』本予告

(C)2018 National Geographic Partners, LLC. All rights reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『フリーソロ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

心臓が止まる動画を見届けよ!
いつもどおりの日常は退屈ではありませんか。そういう刺激不足を補うならば、映画だけでなく、ドキュメンタリーという選択肢も案外良いものです。そんなエネルギッシュな作品をフル動画でお得に見るならば、人気も絶好調の動画配信サービスを活用しましょう。アンケート調査によればかなりの普及率を示しており、すでにDVD以上の利便性が約束されています。スマホも使えるので、パソコンが全く使えなくても大丈夫です。

「無料」ですよ!タダ!
「ずっと月額を払えるかな」と少し憂慮しているのならば、まずがお試しの無料体験で当面の危惧はなくすことができます。「今月はちょっとお金がピンチなんだよね…。でも見たい映画があって…」そういうタイミングで真価を発揮する初回トライアル。これはまたとないラッキーチャンスなのです。「フル動画ではないなら興味はないけど」という疑念も大丈夫だと断言できます。配信されている動画はフルサイズなのでカットもなく、最初から最後のクレジットまで全部を堪能。お試しといえどもそこは抜かりありません。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「フリーソロ」の鑑賞はダメです。「動画が見れるからいいや」なんて淡い期待で手を出すつもりならそれは大きく裏切られます。再生なんてろくにスムーズにいかず、広告が映像の邪魔をしてきます。それを閉じようとしても不快な別ページに飛ばされてしまい、戻ることもできません。被害額に換算すればあまりにも損失が大きいので、法令的にも問題ないサービスを使うべきなのは至極当然。

いちはやくウォッチ!
このページを見ている時点で「見たい」というボルテージは高いと思いますが、コンテンツを眺めればその感情は倍増します。動画鑑賞への展望を削ぐのはVOD配信の急激な変化についていけるかということです。レンタルショップ以上に商品陳列がめまぐるしく変わるのは予想外に厄介だったりします。「フリーソロ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。判断しにくいので視聴できないことにしてしまう…なんて考える前にそのショートカットになるこのページを活用しましょう。アイコンが表示されていませんか。数が多いほど無料の機会は増加します。取り扱っているVODの多さには自信があります。最新のものから昔からあるものまで、その数は10種類を超えており、ほぼコンプです。ずっと機会があるとは考えないでください。焦らせるつもりはありませんが、残念ながらいつかは配信も終わります。せっかくの無料動画でも意味なしです。

悪いサイトを追い出すために
違法アップロード動画が何万と並ぶ海賊版サイトは、無料という釣り針であなたを釣り上げ、最後はまな板の上で殺されます。そんな話は多少オーバーですが、でも大損害を受けるのは同じです。そんな危ないサイトの蔓延を防ぎ、ネットの海から駆除するために、最良のクリーンアップ手段となるのは魅力的な代替サービスを提供すること。VODは安く、手軽で、作品数も膨大と、全てにおいて上位互換であり、不正サイトを駆逐するパワーを秘めています。普及させることは業界の利益になるので「フリーソロ」合法視聴方法を拡散しましょう。

ホームシアターのススメ
どんなに高性能なパソコンも、高価格のハイエンドスマートフォンでも絶対に到達できない高級体験。それがホームシアターです。構築するのは無料ではないですけど、実現すれば他の視聴手段なんて急に味気なくなります。劇場に通うこともなく、無料で自宅映画館を手に入れた気分を味わえます。「フリーソロ」も最高級に。かといってそのホームシアターワールドを瞬間的に構築できるわけではありません。それなりの予算を投入しないといけないので覚悟はいります。しかし、それだけの達成感と充実感を得られ、それは何物にも代えがたい経験になります。

高評価作品は観る価値あり
手当たり次第に映画を貪るのもそれはトレジャーハントのようでテンションをあがりますが、忙しい現代人にとっては無駄なく生活したいので良作だけを鑑賞して効率性を重視したいかもしれません。普段は見たことがない傑作映画はそれだけの価値があるものです。基準となるのは著名な賞に輝いている作品、もしくは批評家や評論家に絶賛されている作品。専門家の見識や眼は侮れませんから、セレクト時の材料になります。「フリーソロ」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「フリーソロ」鑑賞完了後に解約もアリ。一度手続きしてしまうと解約はできません…そんな事態になったら絶対に嫌です。やめたいのにやめられないのは詐欺に近いですし、不公平です。でもVODはそんな心配は皆無と思ってください。あっけなく驚くほど解約は素早く完了します。退会ページにアクセスして、「契約を解除する」を選ぶだけ。サービスによって多少の仕様の違いはありますけど、一瞬で退会できるのは共通。動画を見たいだけ見たという決心がついたら、すぐにでも停止するのは個人の自由です。

『フリーソロ』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『フリーソロ』をさらに知る

★スタッフ
監督:エリザベス・チャイ・バサルヘリィ、ジミー・チン(関連作品:『MERU メルー』)
撮影:ジミー・チン、クレア・ポプキン、マイキー・シェイファー
音楽:マルコ・ベルトラミ

★キャスト
アレックス・オノルド、トミー・コールドウェル、ジミー・チン、サンニ・マッカンドレス

★インタビュー
・エリザベス・チャイ・バサルヘリィ監督「最悪のケースが発生する可能性についても、もちろん考えました。そして率直に答えるならば、もし最悪のケースが発生していたとしても、映画そのものは同じような作品になっていたと思います。アレックスがおこなったことが、とても恐ろしく、ひどいものであったかのように描くことは決してなかったでしょう」

★『フリーソロ』の評価

IMDbRTMETA
8.297%??
映画comY!FM
4.0???4.0
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『フリーソロ』の受賞
第91回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞。

★『フリーソロ』の感想

●無料ホームシアター 
エル・キャピタンに挑もうとするアレックスの練習を支える先輩や、他のクライマーの先輩たちは非常に成熟した落ち着きがある。その理由は、当人に変な刺激を与えず、最高のコンディションを保つためなのだろう。周りがハラハラと混乱していたら、話にならない。しかし、それでもこの緊張と空気は吐き気がしてくるだろう。関係者全員はどんな神経をしているのだろうか。凄まじい人間性の異次元にクラクラしてしまった。
●MOVIX 
何百メートルもある断崖をソロで登るなんて正気とは思えないが、これは人生の避けようがないコースなのだろう。その一挙手一投足に集中力が削がれていく。いや、死にそうになっていく。でも生きるための衣食住と同じように、彼にはこれが呼吸と同じなのだろう。「死ぬかもれしれない」という恐怖心がどこかへ行った瞬間、この人間は神の領域に到達したのではないか。もう私は彼を見上げることしかできないのだ。
●シネマサンシャイン 
アレックスの挑戦を撮影するということは、彼が死ぬ瞬間を撮影することになるかもしれない。それは下世話な好奇心とは違う。本当に友人で、心から思っている相手。ネット上のつまらない連中とは違う。できれば映像にそんな瞬間をおさめることはしたくない。でもやる。それが友のできる全てなのか。刹那的に見えて誰よりも人生の生命を尊重している。そんな凄さをうまく言葉にできないが感じとっていけた気がする。