アス / Us(2019)

会いたくなかった「わたしたち」がやってくる

映画『アス Us』のフル動画を無料視聴する方法を、目障りな広告を一切気にすることのないかたちで紹介中。
今すぐ『アス Us』を見るなら動画リンクをチェック。

自分たちとそっくりの謎の存在と対峙する一家のミステリアスな恐怖を描いたサスペンススリラー。製作はジョーダン・ピール、ショーン・マッキトリック、ジェイソン・ブラム、イアン・クーパー。私の知らない自分がどこかにいる。夫のゲイブ、娘のゾーラ、息子のジェイソンとともに夏休みを過ごすため、幼少期に住んでいたカリフォルニア州サンタクルーズの家を訪れたアデレードは、ひとつの不安があった。それは幼い頃の記憶。家族との思い出の中に入り込む鏡のあの世界。それは昔の出来事だと思っていたが、なぜか今になってまたも不安が蘇る。不気味な偶然に見舞われたことで過去のトラウマがフラッシュバックするようになってしまうと、焦りは抑えられない。そして、家族の身に何か恐ろしいことが起こるという妄想を次第に強めていく彼女の前に、その最悪の存在がやってくるのだった。自分たちとそっくりなわたしたちが現れ、ただ黙っているだけでなく、家にまで侵入してくるが…。

原題:Us / 製作:アメリカ(2019年) / 日本公開:2019年9月6日 / 116分 / 制作:Blumhouse Productions / 配給:東宝東和 

『アス』予告編90秒

(C)2018 Universal Studios All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『アス Us』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あの人もこの人も使っている!
どんよりと曇った世界よりもさらに不気味で闇深い恐怖を一度味わえば、もはや居ても立っても居られない状態になります。そんな恐ろしい映画をフル動画でお得に見るならば、動画配信サービスを使用していきましょう。家ではなかなか見るチャンスがない。そういうときでも動画をスマホで見られるので、場所を選びません。もちろんテレビでもOK。大画面だと恐怖感が全方位で襲ってくるので、本当にゾクゾクしてきます。

「無料」だから始めやすい!
耳より情報はここからです。初心者を救いだす無料のサービスお試しプレゼントはクリスマスよりも嬉しい届け物です。「私の家計では映画動画に浪費している暇はないのです。悲しいことに…」そんな寂しい事情でも初回試しがズバリと温めてくれます。嬉しすぎるラッキーウォッチの機会が待っています。「解約は必ずいつでもできるようにしておきたい」とそれを信念にしている人でも、VODはすっかり安心しきって楽しめるでしょう。退会はすばやくワンステップで終わるので動画鑑賞後に臨機応変に撤退もできます。

危険性は底なし沼です!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「アス Us」の視聴はダメです。怪しいサイトは単なる不正以上の問題を招きます。例えば、有名な企業のログインページを装って情報を入力させようと企む詐欺サイトに誘導される可能性があります。そうしたサイトの報告例は急増しており、今ではSMSを悪用してくる場合もあるので油断なりません。被害額に換算すればあまりにも損失が大きいので、法令的にも問題ないサービスを使うべきなのは至極当然。

決定する材料に!
「まるでショッピングセンターのお買い得コーナーを見ている気分!」そんな動画つかみ取りの幸福世界へようこそ。顔面蒼白ではないけれど、ちょっと悩んでしまうのがVOD各社の多さ。種類があるのは選択肢も増えていいのですが、選び方に悩んでしまい、迷いが多くなると時間だけが浪費されます。「アス Us」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページにアイコン画像が表示されてはいないでしょうか。それは配信中の可能性が高い(確認が一時的にとれた)VODです。つまりすぐに無料動画に移れるかもしれないのです。なければお預けですが。いくらクリックしても何も動画にありつけないランキングサイトにイラついたことはありませんか? フルムビバースの動画紹介にはそんな無価値な誘導トラップは皆無です。まだ見ぬVODの名を目にしたら、それは忘れないようにしてください。初回だからこそのチャンスがあるのですから、無料動画への鍵になります。

試写も良いけど…
試写会に行ったことのある人はどれくらいいるでしょうか。映画好きなら結構な頻度で言っている人もいるかもしれません。でも結局は抽選なので運の問題。そんな風に諦めていませんか。オンライン鑑賞も可能な場合もあるので意外に手軽です。映画配給会社のサイトを確認してみるとアナウンスがあるかもしれません。遠くの映画館には行けないという人こそネットは良いです。もちろんレビュー試写なら感想をコメントする必要があるのですが。タダで動画を見ているのですからそれくらいはしないとダメです。

フェアにオススメします
他の配信動画紹介サイトでよく見られる光景は、サービスをズラリと掲載しつつも、結局はひとつのサービスだけに固執して推薦してくるパターンです。それは個別のレコメンドにまで配慮が行き届いていません。フルムビバースの場合は、視聴可能なVODを情報に基づいて示して、該当動画リンクへと促すだけ。フェアであることを最優先にしているので、公正さについてはどこよりも自信があります。単純に「アス Us」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「アス Us」の視聴で「楽しかったな~」と自己満足に浸るのも良いです。でもどうせならその満足感を他人にも分けてみませんか。おカネを稼ぐことはできませんし、無料視聴のお裾分けということでもないですが、鑑賞仲間を増やすのはやりがいがあります。SNSでの拡散を活用すると、あまり注目されていなかった映画に光があたるかもしれません。Twitterでも何でもOKです。

高評価作品は観る価値あり
映画探しはそれだけでアドベンチャーであり、宝くじのようにアタリ・ハズレで一喜一憂するのも一興。しかし、そんな時間に費やすことはできないなら、高評価作品だけに絞って鑑賞するのも名案です。例えば、賞の受賞作。批評家称賛のものであれば、万人受けを必ずしも保障はできませんが、とっておきの作品群が揃っているのは確実。優れた見識を持つ専門家の意見は素直に聞いておいて損はないので、モノは試しです。「アス Us」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『アス Us』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『アス Us』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジョーダン・ピール(関連作品:『ゲット・アウト』)
脚本:ジョーダン・ピール
撮影:マイケル・ジオラキス
音楽:マイケル・エイブルズ

★キャスト(キャラクター)
ルピタ・ニョンゴ(アデレード・ウィルソン/レッド)、ウィンストン・デューク(ゲイブ・ウィルソン/アブラハム)、エリザベス・モス(キティ・タイラー)、ティム・ハイデッカー(ジョシュ・タイラー)、シャハディ・ライト・ジョセフ(ゾーラ・ウィルソン/アンブラ)、エバン・アレックス(ジェイソン・ウィルソン/プルートー)、カリ・シェルドン(ベッカ・タイラー)、ノエル・シェルドン(リンジー・タイラー)、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、アナ・ディオプ、マディソン・カリー

★インタビュー
・ルピタ・ニョンゴ「監督との仕事は楽しかった。とにかく驚いたのは彼がとても思いやりがあって穏やかなこと。ゆがんだスリラーの世界を作っているとは思えないくらい意思疎通が上手で、惜しみなく情報を与えることで人を引き込む術を知っている」

★『アス Us』の評価

IMDbRTMETA
7.093%??
映画comY!FM
3.5???3.6
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『アス Us』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
一体何が起こっているのだろうか。そんな不安感に苛まれているだけの時間は続くが、それこそすでに罠に嵌っている証拠であり、もう逃げられないのだ。横を振り返れば別の自分がいるのかもしれない。しかし、この暗闇で逃げる手はもう残っていない。私たちはどこかで安心感を抱いているが、日常はすぐに壊れてしまうのかもしれない。普通でいられるのは異常を知らないから。そういうタブーを掘り起こす禁忌の作品だった。
●ユナイテッドシネマ 
今作は様々なホラー脚本の要素を取り入れ、彼なりに組み替え、最良のものを作り上げたベストクッキングを見せてくれた。きっと動画で停止を繰り返すことで、もっと発見があるのだろうなと思うのだが、どうやら映像を見ているとかなり落ち着きがない気分になる。ゆえに見逃しているドキドキが嫌でも残る。ルピタ・ニョンゴだけでなく、アデレード一家は完璧なキャスティングで惚れ惚れしてくる。本当に上手い天才監督だ。
●109シネマズ 
「ゲットアウト」よりは衝撃度は少ないように見えて、実はもっと巧妙になっているのだろう。すでに一番最初のシーンで物語のオチを見せるテクニックとか、完璧ではないだろうか。見た人同士で設定に込められたメッセージを考えたり、議論に花を咲かせるのもいい。とにかく切り口が多い。考えると怖いが、つい最悪を思いだしそうになる。それくらいの心理的な動揺を生み出してしまう。アスは恐怖を流し込む映像でした。