いなくなれ、群青(2019)

私たちは必ず、また出会う

映画『いなくなれ、群青』のフル動画を無料視聴する方法を、誰にでも理解しやすいように、シンプルでストレートにレコメンド中。
今すぐ『いなくなれ、群青』を見るなら動画リンクをチェック。

大学文芸員が選ぶ第8回大学読書人大賞や、「読書メーター」読みたい本ランキング第1位などを獲得した河野裕のミステリー小説を横浜流星、飯豊まりえ主演で映画化。製作には勝股英夫、清水武善、堀内大示、中野伸二などが名を連ねる。この世界の秘密は今ここで明かされる。七草は人口2000人程度の階段島にやって来た。この場所は普通の島ではない。階段島は捨てられた人たちの島で、島の人たちは誰もが自分がなぜこの島に来たかという理由を知らないために、ただ生きている。それでもそれがこの世界の常識だった。特に疑問を抱くことがなかった七草の島での高校生活は大きな事件もない平穏な時間だったが、幼なじみの真辺由宇との再会により状況は一変する。平凡な疑わない気持ちは消えていく。「納得できない」と憤慨し、島から出るために何かの裏がある島にまつわる謎を解き明かそうとする真辺。その動きに呼応するかのように、七草と周囲の人々は真辺に巻き込まれていき、運命が変わっていく。

原題:いなくなれ、群青 / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年9月6日 / 105分 / 制作: / 配給:KADOKAWA、エイベックス・ピクチャーズ 

映画「いなくなれ、群青」予告編90秒
横浜流星&飯豊まりえ、実は幼なじみだった!映画『いなくなれ、群青』インタビュー

(C)河野裕/新潮社 (C)2019 映画「いなくなれ、群青」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『いなくなれ、群青』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

見ごたえをお約束します!
ちょっと変わった青春映画を観たいと思ったことはありませんか。嬉しいくらいに見やすい動画サイトをお探しですか。できれば公式の安定した動画が良いに決まっています。そんなとき、エモーショナルな動画を鑑賞するならば、動画配信サービスを使ってフル動画を視聴できます。スマホを持っているならばそのまま鑑賞可能。場所を問わず、時間を問わず、DVDクラスの映画をハイクオリティで堪能できて、気持ちがいいです。

「無料」を見逃すな!
「支払いを猶予することはできませんよね?」それは不可能ですが、お金を支払うことのない期間を手に入れることができます。普通はお金がかかるのでクレカでの引き落としが発生するものです。でもこの特典体験によって一部期間は無料が確保されるので、その間は見たい配信中動画を好きなように視聴できるのです。「私は不慣れなので全然理解不能でお手上げにならないかな?」と不安な気持ちをモヤモヤさせる必要はありません。アカウントをスタートで作成するステップも特別な知識なくすぐさま終えられます。「いなくなれ、群青」も配信後すぐです。

最悪の事態を回避しよう
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「いなくなれ、群青」の再生はダメです。あなたのパソコンやスマートフォンにウイルス対策ソフト&アプリをインストールしているとしても、それは安全性を確保することにはなりません。残念ながら能動的にサイトを利用した場合のリスク回避はできないので、お手上げ状態です。自身の行動を改めましょう。被害額に換算すればあまりにも損失が大きいので、法令的にも問題ないサービスを使うべきなのは至極当然。

使うべきはどれ?
「あの人に推薦されていた気になる映画も、VODなら今から見れるかも」そんな感覚になったならその調子です。苦しいほどではないにせよ、少し厄介さに固まってしまうのが、VODの圧倒的量。各社展開数も多く、加えて内部の作品数も多い。これでは何から見るべきかもわからないです。「いなくなれ、群青」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「そんなのネット検索でスイスイだよ!」と考えているなら甘いです。普通にググるだけでは一部の限定されたものしか紹介されないので、気づかぬうちに損をすることも。できればこのページで全チェックするべきです。いくらクリックしても何も動画にありつけないランキングサイトにイラついたことはありませんか? フルムビバースの動画紹介にはそんな無価値な誘導トラップは皆無です。留意点はひとつ。配信の状態は常に揺らいでいるので、ラストチェックとして公式上での目視を登録当日に欠かさないようにしておきましょう。

配信はいつ終わる?
ビデオオンデマンドはサブスクであろうとなかろうと永遠に映画コンテンツを所有できることを保証していません。配信が終了したりもします(無論、DVDも壊れれば見れませんが)。VODの各作品の配信が終わる日時は表示されていることもありますが、絶対ではありません。延長することも多々あり、そのたびに一喜一憂していても疲れます。まずはフルムビバースで一括確認しておきましょう。「いなくなれ、群青」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

登録情報は最小限
何を登録時に情報として必要なのか。基本はユーザーネーム(名前)、使用可能なメールアドレス(使えないのは論外)、パスワード(複雑なもの)、生年月日、認証用の電話番号など、最小限のみです。これらの情報はサービス利用のみに使われ、不要な電話がかかってきたりはしません。この登録作業完了時にいきなり料金が生じるのかといえば、初回お試しの条件を満たしているなら(つまり初利用者なら)、無料としてしばらくは使えます。情報は後で変更できるのでご安心を。あとは「いなくなれ、群青」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

原作もついでに見よう
映画の中にはコミックやノベルが原作の作品が数多くあり、観終わった後、もしくは観る前に、原作を拝見しておきたいこともあります。でも本屋に行くのは面倒ですし、Amazonで注文するのも鬱陶しいです。そこでVODは動画&原作をセットで楽しめるという、コンテンツのフルマーケットになっているものがあります。電子媒体のおかげで実現したこの夢の空間で、オールタイムに作品を味わい尽くし、お腹いっぱいになれます。まさに全部を食べてしまうという欲張りなエンタメスタイル。最高なのは言うまでもなし!

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「いなくなれ、群青」は? ベーシックとなるのは初めてとなる1回目の月額料金、もしくは特定期間に限り支払いのない状態になる…つまり有料で利用する開始時期が遅くなるというものです。また、その無料中に見られる作品というのも各種事情があります。見放題なら全部OKですが、ポイント式のサービスならばその利用範囲内で無料感覚になるのでかなりニュアンスは変わってきます。この区別ができているかが混乱を生むかどうかの境なので、事前に注視しておきましょう。

『いなくなれ、群青』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『いなくなれ、群青』をさらに知る

★スタッフ
監督:柳明菜
脚本:高野水登
撮影:安藤広樹
音楽:神前暁

★キャスト(キャラクター)
横浜流星(七草)、飯豊まりえ(真辺由宇)、矢作穂香(堀)、松岡広大(佐々岡)、松本妃代(水谷)、中村里帆(豊川)、伊藤ゆみ(トクメ先生)、片山萌美(時任)、君沢ユウキ(野中)、岩井拳士朗(ハル)、黒羽麻璃央(ナド)

★インタビュー
・横浜流星「七草には共感できるようなところがあったので、自分とは近かったですね。だからこそ極力、自分を出さないようにと心がけていたんです。特に会話のキャッチボールができないところがすごく難しかったです」
・飯豊まりえ「私自身は現実主義で、これと思ったらそれしかない。わからないことがあったら、すぐなんで?って聞いちゃう。なんで?は口癖ですね。思ったことをすぐ口にして、あまりため込まないほうだと思います」

★『いなくなれ、群青』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.2???3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)
Twitter調査(41票) 賛:85% 否:15%

★『いなくなれ、群青』の感想

●無料ホームシアター 
とめどなく揺れているような映画です。ストーリーの世界観や、ロケーションやキャスト達の神秘的な感じはかなり好きですが、ところどころ詰めの甘さを感じさせるのも、油断ではなく愛しい作品になっている気がします。どこまでも真っ直ぐで透明感のある純粋な女の子の役を嫌味なく演じられるという、このキャスティングパワーは貴重なので、絶対に保存してほしい。これが汚れないようにするのが邦画の使命ですよ。
●ユナイテッドシネマ 
SFファンタジーを映像化してもらえるのは自分の想像力を補完してもらえるし、良いのだが、かなりのトリッキーなのであまり一般受けできないとは思う。でも作る価値はあるし、それに取り組んだ製作陣は褒めてもいい。独りよがり的なことが作品のツボに嵌るので、狙った意図なのだろう。それでもどうしてもこの映画を否定はできない。ヒロインの飯豊まりえがトリガーとなる展開も、個性的で私にとってはベストヒットだった。
●109シネマズ 
ミステリー、ファンタジー、魔女の話です。嘘ではありません。ラブストーリーも絡むが、どうしても複雑になりそうなところで、役者のピュアさに救われている。ノスタルジックで叙情的な作品だから、つべこべ言わずに見てくださいとも言いにくいし、恐る恐る勧めるしかないかな。ゴダール主義者であることは明確であると言えるこの監督の、それを表象するのは飯豊まりえとの組み合わせは完璧だった。あとは次の問題か。