プライベート・ウォー

その目は紛争地帯の何を見ていたのか

映画『プライベート・ウォー』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドして、広告をスリムダウンしたスッキリな画面を用意。
今すぐ『プライベート・ウォー』を見るなら動画リンクをチェック。

レバノン内戦や湾岸戦争など世界中の戦地を取材した実在の女性記者メリー・コルビンの半生を、ロザムンド・パイク主演、骨太なドキュメンタリーを手がけてきたマシュー・ハイネマンの初劇映画監督作品として映画化。製作にはベイジル・イバニク、マリッサ・マクマホン、マシュー・ジョージ、シャーリーズ・セロンなどが名を連ねる。イギリスのサンデー・タイムズ紙の戦争特派員として、戦地とかけ離れた場所に現状をレポートするために日夜その身を浪費して活躍するアメリカ人ジャーナリスト、メリー・コルビン。彼女の実績は有名だった。しかし、2001年のスリランカ内戦取材中に銃撃戦に巻き込まれて、大怪我をした後、左目を失明してしまう。これは命に別条はないものの、心に大きなトラウマを残した。黒い眼帯を着用し、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しみながらも、それでも彼女のジャーナリズムは死なない。人びとの関心を世界の紛争地域に向けたいという彼女の思いは強まっていき、どんどんと命の危険を無視して突き進む。2012年、シリアの過酷な状況下にいる市民の現状を全世界に伝えるため、安全性が保障できない砲弾の音が鳴り響く中での過酷なライブ中継が始まり、彼女の大仕事となる。

原題:A Private War(「ア・プライベートウォー」) / 製作:イギリス・アメリカ(2019年) / 日本公開:2019年9月13日 / 110分 / 制作:Acacia Filmed Entertainment / 配給:ポニーキャニオン 

映画『プライベート・ウォー』予告編

(C)2018 APW Film, LLC. ALL RIGHTS RESERVED


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『プライベート・ウォー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

緊迫感を動画で実感!
日常では絶対に見ることのできない世界はいろいろありますが、戦争というのは体験したくなくともその意義は深く、価値が高いです。そんなセンセーショナルな映画をフル動画でお得に見るならば、人気も信頼できる動画配信サービスを利用しましょう。口コミを信用できないのでもいいのですが、であれば逆に信じられるものがあるでしょうか。ネット配信は気楽なのでまずが使って試すという技が使えるメリットがあります。

「無料」より安いものなし!
手に抱えきれないほどの映画パッケージでも、ネット配信は重さゼロ、かつ無料であっさり体験できてしまうのです。「空腹ならぬ金欠状態で映画を食べ歩きたくても手が出せない…」そんなジレンマはこれで解消しましょう。初回に限ってのトライアル・チケットはあなたの数少ないチャンス・ターンです。「無料期間中に解約して支払いをしないのは利用規約ルールに違反するの?」それはダメなことではないのです。当然そのまま登録利用してもらう方が運営側は喜ぶと思いますが。結局は利用者の意思です。

動画といえども危険性あり!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「プライベート・ウォー」の鑑賞はダメです。真っ黒な罪だらけのサイトは、業界委縮と健全な発展妨害をもたらすのは言うまでもないですが、利用者自身も得はせず最悪の場合は破壊的な結果を招きます。映画鑑賞の無料文句で誘惑して個人情報を騙し取る手口はいとも簡単に引っかかる人も多く、注意散漫ではいられません。もしパソコンにエラーが起きれば最悪の場合は初期化によって全データ&ソフト設定をイチからやり直さないといけません。

迷ったときは?
新作は蚊帳の外なんていう時代でもありません。その無料チャンスが手招きしているなら喜んでダイブしたいはずです。ところがそうは上手くいかないのが、配信の作品リストで、実は各社によってかなりバラつきがあり、しかもガンガンと日の経過によって揺れ動くので全体把握は相当に骨が折れます。「プライベート・ウォー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。わからないからといって闇雲にネット検索でもすれば時間は雪のように融けてなくなります。そうならないためにこのページで最短最小労力でVOD特定をしておきましょう。スムーズな視聴への道案内をしています。配信内容の掲載情報が一切変化せずに古いままということはありません。毎日手作業で精査しながら更新中。フルムビバースは努力を怠りません。このページは映画のイントロダクションであり、あらすじなどから期待を膨らまして、無料視聴可能VODをセレクトするという一連の流れを支援します。

登録情報は最小限
記念すべきビギニング・デーとなる日にすべき登録作業。この段階で入力することになるのは、名前、生年月日、メールアドレス、パスワード、他には電話番号も要る場合も。そんなに情報を提供して大丈夫かなと思っているなら、ご安心ください。迷惑メール&迷惑電話はありませんし、アカウントは簡単に削除ができます。忘れそうになりますが、支払い情報も欠かせません。最初に入力してもお試しが適用される人なら請求はすぐにはされないので、過度に不安がらなくてOKです。あとは「プライベート・ウォー」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

表現規制を避けるなら
表現の規制はやむを得ない場合もあります。どうしても子どもには見せられない映像はありますし、それを避けるのは教育的にも必須。一方で全部が子ども向けになるのは困るので、なんとかバランスをとりたいところです。VODは基本的な制約はないので、割と暴力的な内容でもセクシャルな描写でも遠慮なく規制なしでぶっこんでくれるという、産地直送・添加物なしの提供をしてくれることが多いです。もちろんレーティングで作品は分類されていますから、しっかり事前に対応しながらの付き合いができます。「プライベート・ウォー」も規制なしでどうぞ。

高評価作品は観る価値あり
あなたは見る映画をどのように選んでいますか? ランダムで運任せ? それともビジュアル重視でインスピレーションを刺激されるもの? いやいや俳優でストレートに選ぶ? それとも友達やネットのオススメ? こちらとしては評価の高い作品も良いですと推薦したいところ。映画賞を獲っている作品はとりあえず観ておけばその価値を探ったりしてさらに深掘りできる楽しみがあります。解説も豊富なことが多いのでそこもGood。「プライベート・ウォー」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

海賊版サイトは無料ではありません
「Free Download」と書かれたボタンらしきものをクリックすると怪しげなページに飛ぶ…これは海賊版サイトやそれモドキのウェブサイトに普通に見られるスパム騙しコンテンツです。あなたに動画を正常に見せる気などなく、隙あらば個人情報を狙う腹をすかしたハイエナのように群がってきます。「プライベート・ウォー」がどうしても見たいという気持ちを逆手に取られてはいけません。考えうる最悪のシナリオは、あなたの生活や家計の崩壊です。これらサイトとは縁切りをして、合法性一択に絞り、なんの不安も欠片もない状況で動画を楽しむのが最重要です。

『プライベート・ウォー』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『プライベート・ウォー』をさらに知る

★スタッフ
監督:マシュー・ハイネマン(関連作品:『ラッカは静かに虐殺されている』)
脚本:アラッシュ・アメル
撮影:ロバート・リチャードソン
音楽:H・スコット・サリナス

★キャスト(キャラクター)
ロザムンド・パイク(メリー・コルビン)、ジェイミー・ドーナン(ポール・コンロイ)、トム・ホランダー(ショーン・ライアン)、スタンリー・トゥッチ(トニー・ショウ)

★インタビュー 
・マシュー・ハイネマン監督「一般の市民からすれば何が真実で何がフィクションか見極めにくくなっているという現状はひしひしと感じている。だからこそコルヴィンのような、真実を明かそうと追求している真のジャーナリズムを今こそ応援しなければいけないんじゃないかと思う」

★『プライベート・ウォー』の評価

IMDbRTMETA
6.789%75
映画comY!FM
3.9???3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『プライベート・ウォー』の受賞
第76回ゴールデングローブ賞で最優秀主演女優賞(ドラマ)と最優秀主題歌賞を受賞。

★『プライベート・ウォー』の感想

●無料ホームシアター 
「メリー・コルヴィンの個人的な戦い」というタイトルどおりの意味を理解しておけばいい。これは戦争大作ではないのだ。ジャーナリストの志しの高さには尊敬しかないと思えるが、現実ではその意義を理解されにくい。無学な自己責任論がこの職業に降りかかり、あらぬ偏見に悩まされる。あんなにも自己犠牲で他者の声を聴く、そんなことをしたこともないような連中に批判されるのだ。これは苦難で理不尽でしかないだろう。
●ユナイテッドシネマ  
本当に日本って平和なんだ…そう痛感している人は日本で活動するジャーナリストの声を聞いたことがあるのか。日本で起きている問題に気づいていない私たち、そのチャンスを棒に振る私たち。どの世界でも人は暴力に苦しんでいる。戦争はひとつの形態に過ぎない。だから彼女のような人間がいる。プライベートを生贄に突っ走るこの女性の燃料は酒と性と命。これでも足りないというのであれば、あとは何が問題だというのか。
●シネマサンシャイン  
ロザムンド・パイクが体当たりで演じた実在の戦場記者メリー・コルヴィン。名前を知らない人でも、これを見ればOKだ。伏魔殿のような世界を情報を集め、整理していく。彼女が亡くなるまでの10年程を、彼女が赴いた戦場とイギリスでの生活とを交互に場を変えながらかなりのリアリティで映し出していきます。「バハールの涙」でも観た彼女は相変わらずオーラが凄い。紛れもない事実をありのままに、これはSNSにはできない。