ある船頭の話(2019)

そこに生きている人がいる

映画『ある船頭の話』のフル動画を無料視聴する方法を、リンクの羅列で混乱させることなく、視覚的にレコメンドしています!
今すぐ『ある船頭の話』を見るなら動画リンクをチェック。

オダギリジョーの長編映画初監督作品で、柄本明が演じる船頭を通して本当の人間らしい生き方を描いたドラマ。プロデューサーは市山尚三、永井拓郎、中島裕作。橋の建設が進むある山村。そこには都心部のような喧騒はなく、時間だけがゆったりと過ぎていく。川岸の小屋に暮らし、村と町を繋ぐため船頭を続けるトイチは、その仕事は交通という繋げる役割だった。村人の源三が遊びにやってくる時以外は黙々と渡し舟を漕ぐ毎日を送っていた。もちろんそれは都会の車などとはまるで違う、静かな移動である。そんないつもと変わらないサイレントな日常を送るトイチの前に、ある1人の少女が現れたことをきっかけに、何の変哲もない時の流れで生きてきたトイチの人生は大きく変わっていく。この先に一体何があるのだろうか。

原題:ある船頭の話 / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年9月13日 / 137分 / 制作: / 配給:キノフィルムズ 

映画『ある船頭の話』予告篇| 9月13日(金)全国公開
オダギリジョー、長編初監督作の出発点を語る!映画『ある船頭の話』インタビュー

(C)2019「ある船頭の話」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『ある船頭の話』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

慣れてなくても試すべき!
五月蠅い時代の中で生きているのは苦しくないでしょうか。でも静かな田舎に行くのはちょっと時間がかかるかもしれません。でもネット配信はかなりその問題点をカバーできます。そんなドラマチックな映画でも動画配信サービスを利用することでフル動画でお得に見ることができます。アンケート調査によればその普及率はDVDを超えています。あまり使ったことがない人でも基本は大丈夫なので、IT音痴の人でも使用できるでしょう。複雑さは何もありません。

「無料」より安いものなし!
知らないとは言わせません。そんな鬼気迫る威圧感で詰め寄りたくなるほど無料体験は初回利用者必須の選択です。「私の家計では映画動画に浪費している暇はないのです。悲しいことに…」そんな寂しい事情でも初回試しがズバリと温めてくれます。嬉しすぎるラッキーウォッチの機会が待っています。「本当に無料で動画が見られるの?」そんな質問もあるでしょうが、しっかり公式サイトで「問題ありません」と答えています。配信作品ラインナップも豪勢ですから満足できるでしょう。

損害を受けないように!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「ある船頭の話」の再生はダメです。不正サイトはフィルタリングで防ぐのが理想ですが、残念ながら次から次へと新しいサイトが登場しているためにキリがありません。また、実在する正規サイトを装って名称、住所、画像等を無断使用しているケースも。素人判断は厳しいです。リターンがあるのは公正なサービスの方です。これは優等生的な真面目な対応を促しているのではなく、損得の話でも当然です。

使うべきはどれ?
「あの人に推薦されていた気になる映画も、VODなら今から見れるかも」そんな感覚になったならその調子です。けれども障害物がドシンと横たわっており、それをどけるべきです。その課題は配信作品の変化。毎週頻度でガンガンと変わってしまうので把握は面倒だらけです。「ある船頭の話」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。Google検索時にすぐ上部に示されるVODは一部に過ぎずYouTubeばかりを優遇するので意味はあまりありません。このページなら確認作業短縮ができるわかりやすいアイコン表示で全VODをリストアップ中。スマホで気軽にタップしたら広告の無関係サイトに飛ばされる!…そんな迷惑なウェブサイトが世の中に蔓延っている現状では警戒も無理ないですが、こちらの領内では安心保障中。使っていないVODがありませんか? それは絶好のウルトラチャンスです。無料体験を手に入れられるのはその最初の出会いのときだけなのですから。

登録情報は最小限
避けては通れない登録作業は難しくはないのですが、人によっては「その情報を入力しても本当に大丈夫なのだろうか」「不正利用が起きたりはしないのかな」という疑念が湧いてきます。登録するものはメールアドレスや支払い先など必要最低限に限られているのでその点は安心ですし、情報はいつでも変更・削除できるので、そこまで恐れることもありません。「支払い情報を入力したらすぐさま料金発生するんじゃ…」という怖さもありますがお試し適用なら無料なのでそこは問題ないです。あとは「ある船頭の話」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

悪いサイトを追い出すために
各所で報道されている海賊版動画ウェブサイト。それらからのダウンロードは完全に犯罪なのですが、個人視聴は規制しづらくなかなか終息しません。「フィルタリングならブロックできるはず」というのも過信にすぎず、実際は抜け穴がたくさんあります。そんな穴を効果的に埋めるためにはVODの普及が鍵を握っているかもしれません。専門家の意見では安価で便利なサービスの浸透はユーザーの目をこちらの合法的な動画に向ける効果があり、検閲の問題を発生させることもありません。「ある船頭の話」合法視聴方法を拡散しましょう。

海賊版サイトは無料ではありません
無料で誘い込む海賊版関連のサイトは見分けるコツがあります。ひとつはブログランキングページがあること(アクセス数を稼ごうとしている)。もうひとつは動画再生しようとすると真っ先に別の広告に飛ぶということ(間違っても情報入力すべきではありません)。セキュリティソフトではシャットアウトできません。「ある船頭の話」が視聴できると仮に書いてある風に見えても、全然違う動画を再生してくるものさえあります。そんなことで無駄な時間を過ごしたくはないでしょう。余計な被害にイライラしてSNSでゴネるしかない状況になる前に素直に公式を選ぶべきです。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「ある船頭の話」を1度だけで満喫できたと思えますか? まさか途中までしか見ていないという人はいないと思いますが、全部観ても意外な見逃しがあるものです。伏線は至る所にあり、オチを知ってから見ると違った印象になることも。映画は噛めば噛むほど味が出るガムになる場合もあるのです。かといって映画館は複数鑑賞のコストがバカになりません。数千円のお金がサイフから消えるのは嫌です。そこでVOD。たった数百円の料金であらゆる映画を何十回と視聴できます。

『ある船頭の話』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『ある船頭の話』をさらに知る

★スタッフ
監督:オダギリジョー
脚本:オダギリジョー
撮影:クリストファー・ドイル
音楽:ティグラン・ハマシアン

★キャスト(キャラクター)
柄本明(トイチ)、川島鈴遥(少女)、村上虹郎(源三)、伊原剛志(建築関係の男)、浅野忠信(馴染みの客)、村上淳(商人)、蒼井優(芸妓)、笹野高史(牛の客)、草笛光子(狐の話をする女性)、細野晴臣(仁平の父)、永瀬正敏(仁平)、橋爪功(町医者)、くっきー、河本準一

★インタビュー
・オダギリジョー監督「十年近く前になりますが、熊本の球磨川で船頭をしていらっしゃった求广川八郎さんをテレビで見たんです。社会や文化が発展して便利になっていく一方で、消えていくものが随分と多いなと日頃から感じていた中、船頭の存在もその一つだなと気づきました」
・柄本明「非常に真摯で、真面目な監督さんでした。大変でしたね。監督は、言葉は優しいんだけども、やらせることは厳しい。仕方ないんだけどね。(ロケ地の)岩場で足元は悪いし、暑いし、逃げ場(日陰)がない。なんせ出突っ張りだったから。途中で気づいたんだよね。なんでこんなに出ているんだろうって(笑)」

★『ある船頭の話』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.0???3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ある船頭の話』の感想

●無料ホームシアター 
人は所詮自分のことを理解もできずに中心に考え、雑念のようにいろいろな感情が出てくる。時代背景は明治後半から大正前半ぐらいであろうか、きっと市民にはどうしようもないほどに移り変わる時代に飜弄され、文化や伝統そして習慣までが大きな流れのようにゆったりと変わろうとしているなかで、私たちは悩むのです。本来の人間らしい生活や生き方を見つけ出す、川底に転がっていると言うように、現代の私たちに問うのか。
●MOVIX 
140分あるから結構な体感時間。それもかなり地味です。クリストファー・ドイルの撮影は流石に美しいので、まるで芸術品です。あの遠景の美しさを、大スクリーンの映画として記憶に刻むような作りになっていれば最高なのだが、そこは監督の技術に関しては諸々の意見があるだろう。自分さえもどこにいくのか知らないで、そんな夢を見ながら舟に乗っているのは、都会に住む人間も同じなんだろう。すごく穏やかな気持ちだ。
●109シネマズ 
俳優として渋い存在感を発揮しているオダギリジョーさんは監督の他に脚本と編集もされていたのですが、慣れないであろう脚本は朴訥として素朴ながらも、どこかに他ではできない領域に踏み込む力強いメッセージを感じるという、不思議な作品でした。撮影監督はウォン・カーウァイ監督作品で知られるクリストファー・ドイル氏で、ゆえに凄い名作感があります。今後監督には日本を代表する監督になっていただきたいなと。