SHADOW 影武者

チャン・イーモウ監督が贈る芸術品。影で終わるのか?

映画『SHADOW 影武者』のフル動画を無料視聴する方法を、画面を覆い尽くすような無数の広告は一切なく、シンプルにレコメンド!
今すぐ『SHADOW 影武者』を見るなら動画リンクをチェック。

中国を代表する巨匠チャン・イーモウ監督が『HERO』『LOVERS』の主要スタッフと再び組み、「三国志」のエピソード「荊州争奪戦」を大胆にアレンジして描いた武侠アクション。製作はエレン・エリアソフとチャン・チャオ。戦国時代、沛(ペイ)国が敵の炎国に領土を奪われて、あらゆる日常が破壊と恐怖に怯えた中で20年の時が流れた。炎国との休戦同盟により平和な時間が続いていたが、それはあくまで表面的な社会の静けさの話であり、若くしてトップの座を継いだ沛国の王は心に傷を抱え、屈辱的な日々に甘んじていた。これでは自尊心はズタズタになったまま。領土奪還を願う男たちを束ねる同国の重臣・都督は、敵の将軍で最強の戦士としても知られる楊蒼に、あらためて対決によって感情の矛先を求めるために、手合わせを申し込む。王は都督の勝手な行動に怒りをあらわにするが、王の前にいる都督は影武者だった。偽りが大きな事態に直面している間、本物の都督は、影武者に対して自由と引き換えに敵地での大軍との戦いを命じていたが、その運命も揺らいでいく…。

原題:影 Shadow / 製作:中国(2018年) / 日本公開:2019年9月6日 / 116分 / 制作: / 配給:ショウゲート 

映画『SHADOW/影武者』9/6(金)公開/本予告90秒

(C)2018 Perfect Village Entertainment HK Limited Le Vision Pictures(Beijing)Co.,LTD Shanghai Tencent Pictures Culture Media Company Limited ALL RIGHTS RESERVED


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『SHADOW 影武者』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

映像美に酔いしれろ!
スタンダードデザインな映画を観ている人はたまには全く角度の異なる映画を観ると衝撃的な体験ができたりします。そんなドラマチックでビジュアライズな映画をフル動画でお得に見るならば、動画配信サービスを利用していくと、簡単にアクセスできるでしょう。口コミ評価は当てにならないかもしれませんが、単に闇雲にサイト使用をするとリスクもあるので、何も情報がないよりはマシです。利用者の多いものは信頼できます。

「無料」を嫌う人はいない!
初めてというのはハンデではありません。それはむしろ有利な武器になるものであり、トライアル無料チャンスです。何が起こるかもわかりません。おカネを浪費するのは避けたいところです。安さを求めるのはみすぼらしくないです。そんなあなたが無料お試しを使うというのは最適なチョイスではないでしょうか。「にわかには信じられないのです、無料だなんて…」その気持ちもわかりますし、詐欺っぽい響きは否めませんが、当の公式サイトもQ&Aで断言するほどの無料という部分は事実です。お試しですから。

手出しはアウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「SHADOW 影武者」の視聴はダメです。「問題なんてあるの?」その質問には何時間で語り尽くせないほどに注意喚起ができます。法律上の視点だけではありません。自分にさえも危害が加えられかねないのです。そんな被害報告はニュースで見たことがなくても、それは単に泣き寝入りしているだけです。大多数の不正利用者は完全に油断しており「自分には関係ない」「騙されるわけない」と考えますが後悔先に立たずです。

あなたの選択は自由!
映画はインターネットで見るものという習慣はすでに若い人の間では定着以前に常識になり、VODは頻出手段でもあります。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。「SHADOW 影武者」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。VODの配信はタイトル名をググってみると上部に表示されたりしますが、それは一部。このページではもっと幅広く網羅しており、カバー範囲はどこよりも負けません。マイナーサービスも掲載中です。似たサイトが蔓延する中で、フルムビバースは一歩先を行くために、情報量の多さと鮮度で勝負しており、見る価値はあります。まだ見ぬVODの名を目にしたら、それは忘れないようにしてください。初回だからこそのチャンスがあるのですから、無料動画への鍵になります。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「SHADOW 影武者」の肝心な動画が連発で停止する、頻繁な遅延を起こしてしまう、画質が荒いものに切り替わる…そういうシチュエーションに遭遇したら家のネット設定環境などを再検討しましょう。無線LANはかなり障害物に弱いので1階にルーターがあると2階には届かないこともあります。また他の隣家などにある無線電波と競合してしまっていることも。こうなると大幅な見直しが必要かもしれません。

高画質で見られる?
動画の画質が低いとブロックノイズ的にモザイクがかって見えて、ハッキリ明言するなら酷いものです。動画共有サイトではもともと画質が安定していないので、通信環境によっては荒っぽい映像を見るしかありませんでした。しかし、今のVODはブルーレイにも負けません。テレビ鑑賞にも耐えうるウルトラなクオリティでビジュアル細部を舐めまわすように眼に焼き付けることができてしまいます。しかも、画質のチョイスができたりもして、重すぎて再生がストップする事態を防止でき、美しい「SHADOW 影武者」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターは感動する
家に映画館のスクリーンサイズを用意するのは豪邸の城に住んでいる人だけができることですが、ホームシアターなら実現は不可能ではありません。スマホやPCなんてちっぽけな存在に思えてくる最高水準の環境。劇場に無料で通えるようなものなので、毎日が上映会。世界が一瞬で変わります。「SHADOW 影武者」も最高級に。今すぐにでもと浮足立つのは理解できますが、はやる気持ちをおさえてじっくり思考しましょう。熟慮は大事。なにせ結構な準備も必要ですし、失敗もしたくありません。詳しい人や専門店に行って設備機器を目視してみるのもグッドジョブです。

高評価作品は観る価値あり
がむしゃらに映画を見まくるというのも今の時代ならばそこまで金もかけずに実現できるのですが、時は金なりですので、労力を節約したいときもあります。かといって1度に3作品同時鑑賞なんて荒業は精神的にも体力的にも推奨しません。そこで世間的に評価の高い映画から手を出すのがまずはとっかかりになります。受賞作はそれだけの有意な価値がある証拠ですし、アート的な観点で素晴らしい体験を与えてくれるものです。「SHADOW 影武者」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『SHADOW 影武者』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『SHADOW 影武者』をさらに知る

★スタッフ
監督:チャン・イーモウ(関連:『グレートウォール』)
脚本:チャン・イーモウ、リー・ウェイ
撮影:チャオ・シャオティン
音楽:ラオ・ツァイ

★キャスト(キャラクター)
ダン・チャオ(都督/影武者)、スン・リー(シャオアイ)、チェン・カイ(ペイ国の王)、ワン・チエンユエン(ティエン・チャン)

★『SHADOW 影武者』の評価

IMDbRTMETA
7.095%??
映画comY!FM
3.4???3.6
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『SHADOW 影武者』の感想

●假屋崎省吾(華道家) 
主人と影武者の関係を象徴させる、静と動・陰と陽・影と光・明と暗、そして白と黒という対比の手法が未だかってない最高峰のモノトーンの世界に凝縮され、官能と幻想を映像美として表現したチャン・イーモウ監督率いる心血注がれた傑作に拍手喝采である。
●矢部澄翔(書道家) 
水墨画の世界を思わせるオープニングから衣装や屏風等の小物にも中国伝統の書や水墨画を取り入れ、本物に対するこだわりを感じる。白黒の世界と雨の存在が、”影”の存在を引き立たせ、終始息を呑んで目が離せなかった。
●CHiNPAN(水墨画アーティスト)
美術や衣装から全てが白黒で実際に作られ、人の肌だけが妙にリアルでいい意味での違和感がまるで水墨画のような世界にぐっと引き込きこんでゆく。絵の世界に紛れこめる体験、濃淡の効いたストーリーが私を震わせる。
●無料ホームシアター
キーワードアイテムである傘の形状をした武器は予告編から想像していたよりはなんだか脆く見えながらも、一気に観客の魅力を発揮させるだけの持ち味として活かされていて、インパクトを与える天才性がこの監督の武器であることを再確認した。邦画の歴史アクションでこの高貴さ、優美さを描けないというのは、やはり根本的にアート性を求めていないからなのだろう。これはこだわりを持っている作り手の格の違いである。
●イオンシネマ
チャン・イーモウ監督の美意識を100%味わえるじゃないか。中国武侠映画の到達点としてこれを超えるものはでてくるのか。琴の重奏シーンや殺戮のシーンなど見ごたえは随所にあり、本当に惚れ惚れする。白と黒で統一された世界観は並大抵の覚悟では作れない領域。極悪傘(予告にも出てくる武器)や竹スキューバダイビング等、それらを見られるだけでも儲けもの。影武者自体は結構普通の扱いなのでストーリーはノーマル。