アド・アストラ Ad Astra

宇宙の彼方に男は何を見たのだろうか

映画『アド・アストラ』のフル動画を無料視聴する方法を調べたいと思っているなら、こちらでは邪魔な広告を無しにシンプルに紹介中です。
今すぐ『アド・アストラ』を見るなら動画リンクをチェック。

ブラッド・ピットが宇宙飛行士に扮し、広大な宇宙を舞台に、太陽系の彼方に消えた父の謎を追う姿を描くSF大作。製作にはブラッド・ピット、デデ・ガードナー、ジェレミー・クライナー、アンソニー・カタガスなどが名を連ねる。地球外生命体の探求に人生をささげ、宇宙で活躍する父の姿を見て育ったロイは、寡黙ながらも自身も宇宙で働く仕事を選ぶことで、父の後をいつのまにか追いかけていた。しかし、その父は地球外生命体の探索に旅立ってから16年後、地球から43億キロ離れた太陽系の彼方で行方不明となってしまう。その姿は最後の記録だけを残し、死んでいるのか、生きているのかもわからない。しかし、生存はほとんど考えられなかった。時が流れ、エリート宇宙飛行士として大きな舞台で活躍するロイはトラブルに遭いながらもなおも仕事に徹していた。そこに軍上層部から「君の父親は生きている」という驚くべき事実がもたらされ、それだけでも動揺してしまう中で、さらにその父にメッセージを送るというミッションを与えられる。尊敬する父が太陽系全体を滅ぼしかねない「リマ計画」に関与して何か行動を起こしている可能性。それは父の本心なのだろうか。理解もできないまま、ロイも宇宙へと旅立つが、そこには想像を絶する世界が待っていた…。

原題:Ad Astra(「アドアストラ」) / 製作:アメリカ(2019年) / 日本公開:2019年9月20日 / 123分 / 制作:20th Century Fox / 配給:20世紀フォックス 

映画『アド・アストラ』予告編 9月20日(金)公開

(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『アド・アストラ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

圧倒的な映像美も動画で!
映画を一度見ても意味が分からない場合がありますが、そういうときは何度も鑑賞することで新しい発見が見えてくるかもしれません。そんなディスカッションが捗る映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用するのが最高の素材です。ネット配信は対応が広く、スマホからテレビまで画面サイズも自由自在。どうしても鑑賞環境にこだわっている、邪魔をされたくないという人にもぴったりで、完璧に適応可能です。

「無料」ですよ!タダ!
「利用は料金が発生するし…」と考えても冷静に思案してみてください。これ以上のお得さは無いです。なぜなら無料お試しがあるのです。これは登録をしたその日を起点にして、あらかじめ決められた一定期間、そのサービス内での動画視聴というメインコンテンツを含む利用が無料で遊べるというものです。無料動画的になります。「登録しても飽きたらすぐにやめられるのかな」もちろんこちらの本音はずっと使ってほしいと願っていますが、ユーザーの気持ちは止められませんので、そのときは自由に利用停止しても構いません。

超えてはいけない一線も
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「アド・アストラ」の視聴はダメです。怪しいサイトは単なる不正以上の問題を招きます。例えば、有名な企業のログインページを装って情報を入力させようと企む詐欺サイトに誘導される可能性があります。そうしたサイトの報告例は急増しており、今ではSMSを悪用してくる場合もあるので油断なりません。注意喚起はしておくにこしたことはないですが、憤怒の感情で賠償を求めても無駄なので、オフィシャル安全動画が確実です。

迷ったときは?
3か月か半年くらい経てば新作もネット配信されるようなインスタントな時代になってきましたので、行動あるのみです。気を抜くのはストップ。「登録して覗いてみたら自分の求めている動画作品はどこにもない!」という苦情は主に確認不十分のミスです。チェックを怠るとこうなります。「アド・アストラ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらの今あなたが注視しているページには配信中の各VODがリストアップしています。その掲載情報は記事更新時点のものなので必ずしも今の状況を示しているわけではありません。しかし参考にはなるでしょう。いろいろなリンクをタップしまくっても全く動画系のコンテンツに繋がらず、振り回される!…そんな不愉快な経験をした人も、これで反撃できます。ここは確実な動画紹介に特化。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

試写も良いけど…
新作映画ほど思わず先走ってでも見たくなるものはないです。海外では先に公開されていたりして、羨ましい限りであり、ウズウズしてきます。そんなときは試写という方法を検討してみる価値はあるかもしれないです。無料で申し込んで運さえよければドリームが叶う。こんなことはまさに貴重な体験。ネットのオンライン試写もあったりするので、面倒だからスケジュールや場所に縛られたくない人もチャンスあり(それでも時間制限がありますが)。無料で見るのですからちゃんと宣伝にも貢献しておきましょう。「アド・アストラ」も試写がありました。

高画質で見られる?
動画の画質が低いとブロックノイズ的にモザイクがかって見えて、ハッキリ明言するなら酷いものです。動画共有サイトではもともと画質が安定していないので、通信環境によっては荒っぽい映像を見るしかありませんでした。しかし、今のVODはブルーレイにも負けません。テレビ鑑賞にも耐えうるウルトラなクオリティでビジュアル細部を舐めまわすように眼に焼き付けることができてしまいます。しかも、画質のチョイスができたりもして、重すぎて再生がストップする事態を防止でき、美しい「アド・アストラ」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
家に映画館のスクリーンサイズを用意するのは豪邸の城に住んでいる人だけができることですが、ホームシアターなら実現は不可能ではありません。スマホやPCなんてちっぽけな存在に思えてくる最高水準の環境。劇場に無料で通えるようなものなので、毎日が上映会。世界が一瞬で変わります。「アド・アストラ」も最高級に。かといってそのホームシアターワールドを瞬間的に構築できるわけではありません。それなりの予算を投入しないといけないので覚悟はいります。しかし、それだけの達成感と充実感を得られ、それは何物にも代えがたい経験になります。

海賊版サイトは無料ではありません
「Free Download」と書かれたボタンらしきものをクリックすると怪しげなページに飛ぶ…これは海賊版サイトやそれモドキのウェブサイトに普通に見られるスパム騙しコンテンツです。あなたに動画を正常に見せる気などなく、隙あらば個人情報を狙う腹をすかしたハイエナのように群がってきます。「アド・アストラ」が無料視聴可能という雰囲気を英語サイトのわけがわからないテキストを適当に翻訳して理解したつもりでもそれは危険。きっと利用規約の長文英語までは読んでいないでしょう。そこに有料などの罠があったらもうおしまいです。不注意1秒で損害永遠です。

『アド・アストラ』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『アド・アストラ』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジェームズ・グレイ(関連作品:『ロスト・シティZ 失われた黄金都市』)
脚本:ジェームズ・グレイ、イーサン・グロス
撮影:ホイテ・バン・ホイテマ
音楽:マックス・リヒター

★キャスト(キャラクター)
ブラッド・ピット(ロイ・マグブライド)、トミー・リー・ジョーンズ、ルース・ネッガ、リブ・タイラー、ドナルド・サザーランド

★インタビュー
・ブラッド・ピット「監督のジェームズには、もしカメラに映る僕の演技が、あまりに平坦で退屈だったら、言ってくれって伝えたよ。それくらい(演技を)抑えたんだ」
・ブラッド・ピット「子どもの頃は、親との関係がうまくいかないと、全部自分のせいだと感じてしまうところがあるよね。けれど年齢を重ねると、親にも良いところと悪いところがあると気が付いて、実際には何が自分のせいで、何がそうじゃなかったのか分かるようになっていくんだ」

★『アド・アストラ』の評価

IMDbRTMETA
7.183%80
映画comY!FM
3.1???3.4
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)
Twitter調査(12票) 賛:75% 否:25%

★『アド・アストラ』の感想

●無料ホームシアター
オープニングから映像に引き込まれるという感覚で、スクリーンの黒がそのまま宇宙空間を示しているようだった。これは劇場で見なかった奴は語る資格がないと思う。もしスマホで見ただけで偉そうに感想を言う奴がいたら、ロケットエンジンの炎で丸焼きにしてやりたい。後に動画で見るならテレビの4Kでしっかり細部まで鑑賞するのが良いはず。アドアストラ自体はかなりの玄人向けであり、ミーハーな俳優ファンは茫然だけど。
●TOHOシネマズ 
最近のブラッドピットは演技力がリミットオーバーしており、ちょっと意味不明なくらいに心を揺らされる。今作の本当に小さい細部にしかでてこない、微かな感情の変化や発露に気づけるかもわからない。なのにその演技をぶつけてくる彼の持ち前の度胸と自信はなんなのだろうか。この映画の欠点は作品自体がサイレントなのでエンタメ映えはしないということ。映画にキャーキャー言いたいパーリーには全くの門外漢になる。
●シネマサンシャイン
宇宙はきっと私の知っている世界ではないのかもしれない。ストーリーが進むにつれてそんな気分にさせられる。月の紛争、火星の無機質さ、生きている人間の無感情、光輝く将来は宇宙にあるのか。地球外生命体のドラマチックな出会いを期待している人はすっかりパンチを受けてしまうだろう、あの終盤の展開。あなたはあそこで考察を余儀なくされる。一体何を見つけることができたのか。その議論が盛り上がるだけでも楽しい。