おいしい家族(2019)

実家に帰ると、父が母になっていました

映画『おいしい家族』のフル動画を無料視聴する方法を、誰よりも真っ先にアクセスできるように、即応性重視で紹介中です。
今すぐ『おいしい家族』を見るなら動画リンクをチェック。

映画監督のほか小説家としても各方面で活躍する新鋭ふくだももこ監督が、かつて自身が手がけた短編映画「父の結婚」を長編化し、妻を亡くした父親が再婚するまでの親子の日々を描いた原作短編映画から舞台を離島に移し、エピソードやキャラクターを追加して家族の絆とそれに向き合う主人公の心境をより深く描き出した、松本穂香が主人公の橙花に扮して長編映画で初主演を飾ったドラマ。エグゼクティブプロデューサーは福家康孝と金井隆治。銀座のコスメショップで働く橙花は、母の三回忌に実家のある離島へ帰るが、予想外の展開を目にしてしまって動揺する。そこでなぜか父・青治が母の服を着て生活している、奇妙な姿を目撃する。なぜこんなことになってしまったのか。驚く娘を意に介さず、マイペースに自分なりの生き方を貫く青治は「この人と家族になる」と居候の男性・和生を紹介する。

原題:おいしい家族 / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年9月20日 / 95分 / 制作: / 配給:日活 

映画『おいしい家族』予告編(9月20日全国ロードショー)

(C)2019「おいしい家族」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『おいしい家族』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

使っている人はあちこちに!
アットホームな映画は難しい考えに囚われることもないですし、派手な映像に目が疲れることもないので、オールマイティに薦めやすい映画でもあります。そんなドラマチックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを最大利用していくのが確実。大作ばかりではありません。パッと見ていると、話題作のみがトップには表示されますが、検索すればわかるようにマイナー作品も揃っています。個人での鑑賞は自由です。

「無料」ですよ!タダ!
「利用料金は私の気持ちを削ぐ…」そういうやる気減退を回避するためにご丁寧に用意されているのが無料お試しという玉手箱。いそいそとお金を用意する前にまずはお試しを忘れずに。無料です。「へ~こういう作品動画があるのか~これもいいな」という試着気分で体感できるので失望するリスクは最小限に。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

手を出せば後悔する!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「おいしい家族」の再生はダメです。不正サイトはフィルタリングで防ぐのが理想ですが、残念ながら次から次へと新しいサイトが登場しているためにキリがありません。また、実在する正規サイトを装って名称、住所、画像等を無断使用しているケースも。素人判断は厳しいです。せっかく便利で有能なフルサービスがあるのですから、自分の足元を腐食させるような存在に乗っかるべきではありません。

使うべきはどれ?
「なんでもいいからとにかく見たいので、無料のチケットにダッシュしようかな」その心意気こそが大事な勇気です。ここで動画氾濫警報です。あなたの見たい映画が大量の動画に埋もれてしまい、退避する時間もなく、捜索に時間がかかることもあります。そのためには準備が必要でしょう。「おいしい家族」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。Google検索時にすぐ上部に示されるVODは一部に過ぎずYouTubeばかりを優遇するので意味はあまりありません。このページなら確認作業短縮ができるわかりやすいアイコン表示で全VODをリストアップ中。スマホで気軽にタップしたら広告の無関係サイトに飛ばされる!…そんな迷惑なウェブサイトが世の中に蔓延っている現状では警戒も無理ないですが、こちらの領内では安心保障中。まだ見ぬVODの名を目にしたら、それは忘れないようにしてください。初回だからこそのチャンスがあるのですから、無料動画への鍵になります。

情報の充実度はピカイチ
「VODを紹介するといってもどうせひとつだけとか、単に宣伝広告で使えるものだけなのでしょ?」という疑念。それは理解できます。確かにそういうサイトは多いです。でもこちらのページではどこよりも網羅的にVODを取り扱っています。その数は10種を超えて、トップクラスの品ぞろえ。そこから配信可能性を吟味して掲載しています。予告映画動画を視聴してから本当に登録してまで観るべきかを熟慮分析するも良し。「ふくだももこ」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

悪いサイトを追い出すために
散々の危険視にもかかわらずその違法性を無視して拡大し続ける海賊版動画サイトの大反乱。これに対抗する手段はあるのでしょうか。フィルタリングで特定サイトを排除できるし、ブロッキングで根本から非表示にできる…そういう思考は通用しないこともあります。しかし、救世主ではないにせよ、役に立つ剣になるのが、VODの安価な手軽さ。不正な利用者に広めていくことで「あんな危ないものよりもこっちの方がいい」と思ってもらえれば、動画業界の利益を製作陣に還元できます。「おいしい家族」合法視聴方法を拡散しましょう。

無料動画サイトとの違い
昔から、具体的には2000年代初期のジェネレーションZ誕生の少し前の時代、動画を見るという文化がネットに定着しました。そこで使われていた動画共有サイトは瞬く間に繁栄を極め、今日に至っています。しかし、問題点もまた無数に拡大してしまいました。品質の悪いもの、粗悪な内容のもの、法律を守っていないもの、動画の自由投稿が逆に環境を悪化させています。そこでVODです。こちらは管理がフルサービスで行き届いているものであり、ましてや全ての動画が高品質。「おいしい家族」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

動画はフルの方がいい
映画を観るなら誰しもがフルで見たいというものです。変に欠けている映画を観て大喜びする人はよほどの変人か、上手い具合に騙されているだけです。映像が中途半端になっていたら、ストーリーもわからないことにならないにせよ、大事な部分が抜けてしまって理解はふじゅうぶんになりますし、嬉しくはないでしょう。VODは当然のようにオール・ノーカット。最後まで視聴できるのでDVDと遜色はありません。「おいしい家族」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

『おいしい家族』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『おいしい家族』をさらに知る

★スタッフ
監督:ふくだももこ
脚本:ふくだももこ
撮影:高橋草太
音楽:本多俊之

★キャスト(キャラクター)
松本穂香(橙花)、笠松将(翠)、モトーラ世理奈(ダリア)、三河悠冴(夏野瀧)、柳俊太郎(海老沢武)、金澤ちゆき(すみれ)、イシャーニ(サムザナ)、榊原徹士(友川時也)、三浦英(夏野修)、島洋子(有岡蘭子)、尾藤亜衣(コスメショップの客)、矢崎初音(美容部員)、松本さえ子(美容部員)、長友郁真(レストランの店員)、佐藤里佳(ダリアの友人)、浜野謙太(和生)、板尾創路(青治)

★インタビュー 
・ふくだももこ監督「『ひよっこ』を見て、(松本が演じた)青天目澄子ちゃんって、おもしろい女の子だな。この子が橙花をやってくれたら、きっと映画が豊かになると思って。プロデューサーも賛成してくれたので、すぐにオファーしました」
・板尾創路「食事は、家族を表現する上で大事な場面です。でも、実は演じるのはすごく難しい。お芝居になるとギクシャクしてしまいがち。話がしにくいという理由で、実際には食べない作品も少なくありません。そんな中で今回、僕は役柄的にお母さんなので、みんなの様子を見ながら、この人、これ食べてないなと思ったら差し出す、みたいなことを考えながら演じていました」

★『おいしい家族』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.6???3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『おいしい家族』の感想

●無料ホームシアター 
おいしい家族といってもグルメの話ではない。しかし、ファミリーのあるところには家庭の味があるように今作ではご飯の時間を大切に描いている。それは日本の伝統でもあるのでしょうか、それ以上にご飯という共通のものを通してつながっていく家族の本来の姿を立ち返らせる意味も感じます。たとえ見方が変わっても、概念の変化があっても、カゾクという存在は不変。まごうことなき日本らしさがあり、そこには癒しもあり。
●109シネマズ 
価値観に捕らわれず、個性を大事に自由に生きるというテーマは全世界に通じるけれど、これは日本の家庭環境に根差しているからそこには個性が出る。マイノリティとマジョリティを逆にして、許容量のキャパをくらっと変えてしまう監督の手腕は面白いと思ったし、こんな感じで自由に表現できるのが良いところだな。テイストが徐々にコミカルからハートフルさに移行していくことも巧みに響き、これまた才能に出会えて歓喜。
●DAILYMOTION 
2時間無限に名シーンが続くわけですが、こんなご褒美の中で一番を選ぶ贅沢なことをするならば、特に良かったのがモトーラが踊るところであり、きっとこれは他の人も言及するはず。間違いなくふくだももこの代表作になるんだろうなという確信と、なんでこんなキラメキをもっと活用しないんだというイラダチ。相変わらず邦画はコピペみたいなスイーツ映画を撮っているし、いい加減にバージョンアップしないとヤバいぜよ。