惡の華(実写映画)

超変態狂騒劇が幕が上がるぞ、クソムシ!

映画『惡の華』のフル動画を無料視聴する方法を、無駄な広告で画面が覆い尽くされることなく、紹介中。
今すぐ『惡の華』を見るなら動画リンクをチェック。

累計発行部数300万部を記録し、テレビアニメ化もされた押見修造のコミックを、伊藤健太郎と玉城ティナの共演で実写映画化。プロデューサーは永田芳弘と涌田秀幸。都会の喧騒から遠ざけるように山に囲まれた地方都市。中学2年生の春日高男は、ボードレールの詩集「惡の華」を心の拠り所に、何とも言えない虚しさを見ないようにしつつも、息苦しい日常をやり過ごしていた。ある日、憧れのクラスメイト・佐伯奈々子の体操着を衝動的に盗んだところをクラスの問題児・仲村佐和に目撃されてしまった彼は、このままでは自分の立場を失ってしまうために動揺していると、秘密にする代わりに仲村からある“契約”を持ちかけられる。この日から仲村に支配されるようになった春日は、別の意味で生き方を変えざるを得なくなっていく。彼女の変態的な要求に翻弄されるうちにどうしようもできないほどに絶望を知り、自らの大切なはずのアイデンティティを崩壊させていくことで、自我すらも彷徨いだす。やがて「惡の華」への憧れにも似た不思議な魅力を仲村に感じ始めた頃、2人は夏祭りの夜に大事件を起こして、信じられない領域へと突き進む。

原題:惡の華(「悪の華」) / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年9月27日 / 127分 / 制作: / 配給:ファントム・フィルム 

映画『惡の華』9.27公開|WEB予告90秒
伊藤健太郎、ブルマを嗅ぐシーンがきっかけで…映画『惡の華』インタビュー

(C)押見修造/講談社 (C)2019映画「惡の華」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『惡の華』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

過激な動画も見ないと!
退屈な日常にうんざりしている人は多いはずで、それは学生や社会人など幅も広いでしょう。そういうときは映画で気分をリフレッシュするような刺激を味わいましょう。そんなエネルギッシュでセンセーショナルな映画をフル動画でお得に見るなら、人気も増大中の動画配信サービスを活用すべきです。アンケート調査によれば利用者は近年の上昇率が高く、すでにDVD超えの勢いです。スマホでこっそり見るのでも楽しいはずです。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「今、いくらだせるかな」そんなことを考えなくてもいいです。トライアルで無料期間があるのでとりあえず気にせずOK。これは登録をしたその日を起点にして、あらかじめ決められた一定期間、そのサービス内での動画視聴というメインコンテンツを含む利用が無料で遊べるというものです。無料動画的になります。「フル動画ではないなら興味はないけど」という疑念も大丈夫だと断言できます。配信されている動画はフルサイズなのでカットもなく、最初から最後のクレジットまで全部を堪能。お試しといえどもそこは抜かりありません。

一線を越えたら引き返せない
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「惡の華」の鑑賞はダメです。「問題なんてあるの?」その質問には何時間で語り尽くせないほどに注意喚起ができます。法律上の視点だけではありません。自分にさえも危害が加えられかねないのです。そんな被害報告はニュースで見たことがなくても、それは単に泣き寝入りしているだけです。被害額に換算すればあまりにも損失が大きいので、法令的にも問題ないサービスを使うべきなのは至極当然。

使うべきはどれ?
「あの人に推薦されていた気になる映画も、VODなら今から見れるかも」そんな感覚になったならその調子です。けれども障害物がドシンと横たわっており、それをどけるべきです。その課題は配信作品の変化。毎週頻度でガンガンと変わってしまうので把握は面倒だらけです。「惡の華」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「う~ん、どれなんだろう」とオロオロとするくらいならこのページのリンクを視認してみてください。その前にアイコンをチェックです。配信開始の確認が取れたVODを画像で表示して一目瞭然。別の紹介サイトではどんな作品ページでも一様に同一文章でリコメンドしているものもありますが、ここでは各作品の適合性に配慮しています。リコメンデーションしているアイコンの中をあれこれと探ってみるうえで、基準になるのは自分が使っていない未経験のもの。それなら無料はすぐそこ。

情報の充実度はピカイチ
「これができると痒い所に手が届く」そんな機能もフルムビバースには搭載中。例えば評価を調べたいと思ったとき、各種サイトを確認して回るのは大変です。意外にそれぞれでスコアも違ったりして見ていくと興味深いのですが、ひとめで確認したい。こちらではまとまっているのですぐにわかります。しかも独自のオリジナルレビューやSNS賛否チェッカーもあるので、その情報量はトップクラス級。他にも参考材料はたくさん。「井口昇」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

原作もついでに見よう
「原作を読みたい人は手を上げて~」そんな呼びかけを映画鑑賞後にすれば「ハイハ~イ」と元気よく手の指を上に向ける大勢の顔が目に浮かびます。そうです、映画視聴で最高の経験をした時は購買意欲がグングン上昇するもの。VODはエンタメ総合マーケットなので、原作小説や漫画のデジタル読書も可能なサービスだってあります。動画の後は本屋に行くことなく流れるようにレッツ・リーディング。シームレス・フル体験をできるのはこの万能な特徴を大きく底上げし、止まらないほど病みつきにさせてくれます。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「惡の華」の視聴ですっかりご満悦になって「あとは寝るだけ」そんな感じで就寝する前に、ちょっとだけその感想をSNSに呟いてみましょう。利用者だけでいいのです。できれば作品のハッシュタグをつけて。運が良ければ公式配給アカウントがリツイートしてくれるかも。それだけでなくそれがきっかけで鑑賞者をぐんと増やすこともできたり、この動画促進効果は侮れません。

海賊版サイトは無料ではありません
消して消しても無くならない違法なアップロード動画はそれ自体が無料であるように偽っているだけで実際はあらゆる手段でユーザーからカネを奪い取ろうとしてきます。それこそ悪質勧誘へハメたり、スパム系の攻撃で騙したり、個人情報を盗んで利益にしたり、あの手この手で待ち構えているのです。「惡の華」がどうしても見たいという気持ちを逆手に取られてはいけません。考えうる最悪のシナリオは、あなたの生活や家計の崩壊です。これらサイトとは縁切りをして、合法性一択に絞り、なんの不安も欠片もない状況で動画を楽しむのが最重要です。

『惡の華』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『惡の華』をさらに知る

★スタッフ
監督:井口昇(関連作品:『覚悟はいいかそこの女子。』)
脚本:岡田麿里
撮影:早坂伸
音楽:福田裕彦

★キャスト(キャラクター)
伊藤健太郎(春日高男)、玉城ティナ(仲村佐和)、秋田汐梨(佐伯奈々子)、飯豊まりえ(常磐文)、北川美穂、佐久本宝、田中偉登、松本若菜、黒沢あすか、高橋和也、佐々木すみ江、坂井真紀、鶴見辰吾

★インタビュー
・伊藤健太郎「春日と仲村さんで教室をめちゃくちゃに破壊するシーンは、ものすごく楽しかったです。撮影も遅い時間にやっていたので、なんだかハイになってきてキャッキャしながら撮っていました(笑)。あそこは、4日間にわけて撮りました」
・玉城ティナ「仲村と春日って、本当のところはどっちが魔性なんだろう?と私は思っちゃいます。春日はすっごく優柔不断で自分では何も決めないのに、謎に頑固。だけど仲村が春日に惹かれていく感じは玉城としてもわかるし、自分の好きなものがちゃんとある人という意味では私は大丈夫です」

★『惡の華』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.4???3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)
Twitter調査(34票) 賛:91% 否:9%

★『惡の華』の感想

●無料ホームシアター 
頑張ったね、俳優さん。鮮烈な印象を残した玉城ティナ嬢がドSキャラ全開で遂に本格覚醒し、もはや心は全裸。サブヒロインの秋田汐梨さんは陽と陰をキッチリしわけているので、なんだかもう本当に二面性があるみたいで怖い。本筋の底には純愛があり、青い時代に誰しも辿るであろうモヤモヤを炙り出すように、火で焦がしていく。燃え尽きたら焦げ臭いものしか残らない。こんなナイフな青春は映画でこそ味わいたいところだ。
●TOHOシネマズ 
思春期の鬱憤が肥大化するさまを見させられているという一種の凶悪体験。井口監督が作り出すド変態世界の中で、普遍的な思春期の衝動と玉城ティナに眠る孤独がこればかりはここぞとばかりに炸裂して、スプラッシュする白濁液のように観客のクソムシは良作だと発狂する。そんな姿も滑稽だ。トチ狂った熱演が素晴らしく、良いキャスティングで可愛さをすっ飛ばすパワーがありました。こういう映画がどしどし生まれてほしい。
●シネマサンシャイン 
お前らクソムシとは違う価値観を俺は持ってんだぜ!と、変態の自分をさらけ出すなんてことはできない、口だけのバカ若造は今も大人のままでこの世にいっぱいいるし、本当に疲れてくるね。仲村さん役の玉城ティナさん、妖艶と狂気とあどけなさが全て同居する演技がすでに最強ヴィランみたいな恐ろしさなので、これを観たら人間は立ち直れない。玉城ティナに「このクソムシが」と言われたい人生ってなんか虚脱感がある。