ホテル・ムンバイ(2018)

銃に勝つのは信念。ホテルで起きた最悪の惨劇

映画『ホテル・ムンバイ』のフル動画を無料視聴する方法を、無駄なリンクに振り回されることなく、すっきり快適にレコメンド中。
今すぐ『ホテル・ムンバイ』を見るなら動画リンクをチェック。

2008年のインド・ムンバイ同時多発テロでテロリストに占拠されたタージマハル・パレス・ホテルでの壮絶な人質脱出劇を、デブ・パテル主演で映画化。製作にはベイジル・イバニク、ゲイリー・ハミルトン、マイク・ガブラウィ、ジュリー・ライアンなどが名を連ねる。2008年11月、インドを代表する五つ星ホテルが前代未聞の事態に見舞われた。500人以上の宿泊客と従業員を人質にテロリストによって占拠されたことで、そこは地獄のような牢獄になってしまった。宿泊客を逃がすために、プロとしての誇りをかけてホテルに残ったホテルマンたち。しかし、犯人は躊躇いもなく人を撃ち殺していく。部屋に取り残された赤ちゃんを救出するため、決死の覚悟で銃弾の中へと向かう父と母。赤ん坊が泣いてしまえば命はない。テロリストたちに支配される極限の状況下で、特殊部隊の到着まで数日という過酷な現実を前に、絶望に立ち向かう人々の誇りと愛に満ちあふれた脱出劇は成功するのだろうか。

原題:Hotel Mumbai(「ホテルムンバイ」) / 製作:オーストラリア・アメリカ・インド(2018年) / 日本公開:2019年9月27日 / 123分 / 制作:Thunder Road Pictures / 配給:ギャガ 

【公式】『ホテル・ムンバイ』9.27(金)公開 /本予告

(C)2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『ホテル・ムンバイ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

信じられない映像に衝撃を!
世の中にはあなたの理解も経験も超えるようなとんでもない実話が存在します。言葉では信じにくい内容でも動画であればそのインパクトが実感できるかもしれません。そんなセンセーショナルな映画をフル動画でお得に見るなら、人気もある動画配信サービスを駆使しない手はないです。知っているでしょうか。今ではその利用者はDVDを超える普及率になっているということを。すでに主流になっているベストな視聴手段なのです。

「無料」ですよ!タダ!
「利用料は悩みの種だけど…」という思考も一定期間は忘れられます。お得な無料お試しで低コストどころかフリーコストです。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「あっけなくサービス終了とかないのかな?」と不安になりますが、実際のところVODが急に使えなくなるような事態はほとんど起こっておらず、運営母体が安定しているものばかりですので、お気にせずに。「ホテル・ムンバイ」も配信後すぐ。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ホテル・ムンバイ」の視聴はダメです。不正サイトはフィルタリングで防ぐのが理想ですが、残念ながら次から次へと新しいサイトが登場しているためにキリがありません。また、実在する正規サイトを装って名称、住所、画像等を無断使用しているケースも。素人判断は厳しいです。被害額に換算すればあまりにも損失が大きいので、法令的にも問題ないサービスを使うべきなのは至極当然。

配信しているのはコレ!
ラインナップに偏りはありません。最近のものから、10年前、50年前、色々な国籍、ジャンル…お好みのものが見つかるでしょう。ところが素直にレッツゴーとはいかないのもあって…。「え、配信されていると思ったけど見つからない!」こういうパニックが起こることもあるのがネックになってきます。「ホテル・ムンバイ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればアイコン画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。他サイトにありがちな形式文章で機械的に量産した紹介ページとは違って、こちらでは作品ごとのマッチしたレコメンドになるように調整済みです。まずは冷静に確認をしたい? それは賢い判断です。アカウント作成をしなくても映画の有無の確認はできるので、夢心地になる前に調べましょう。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「ホテル・ムンバイ」の動画を上手く再生できない? だったらまずは真っ先に自分の通信環境を疑いましょう。ノートパソコンを使っていて無線LAN利用者ならルーターに接近すべきです。もしくは有線ケーブルにしてみるとか。それで回復すればやはり通信状態の悪化が原因なので考慮してみるしかないです。無線のチャンネル(詳しくはメーカー説明書を参照)の設定変更で改善したという声もよく聞かれます。

登録情報は最小限
動画共有サイトと違って基本は登録しないと利用できないVOD(そのぶん最高の環境が整っています)。登録する際の個人情報入力に懸念を持っている人は多いはず。このご時世、何に悪用されるのかもわかりません。でもその危険性はそこまでの心配はいりません。少なくとも躊躇するほどではないです。なぜなら登録内容は最小限ですし、その中身は変更も容易いので、問題発生時もすぐさま対応できて、利用範囲も限定されています。あなたがそのパスワードをうっかり漏らさないなら大丈夫。あとは「ホテル・ムンバイ」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

フェアにオススメします
「う~ん、動画紹介サイトなんてどこも同じでしょ?」そう思っていたとしてもこのフルムビバースは決定的な特徴があります。それは誘導的な贔屓はしていないこと。あくまで公平にサービスを紹介し、ゆえに扱っている数もトップクラスに多いです。最近登場したものにも適応させているので、ページ内容がどれも同じ動画リンクのみのコピー&ペーストになっているようなことは一切ありません。単純に「ホテル・ムンバイ」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

表現規制を避けるなら
映像で提供されるメディアコンテンツならばどうしても避けられないのがレーティング。これは子どもから大人まで幅広い相手に多様な動画をお届けするための、いわば互いに不快な気持ちにならないための配慮の仕組み。VODもそういう年齢区分があり、残酷な作品やアダルトな作品が子どもの目に入らないようになっていますが、作品自体は編集がなされておらず、そのまま楽しめるのが売りです。これも完全なデジタルならではのメリット。テレビ放送みたいな制限もないので、変な規制にイラつかずに済みます。「ホテル・ムンバイ」も無規制で。

『ホテル・ムンバイ』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『ホテル・ムンバイ』をさらに知る

★スタッフ
監督:アンソニー・マラス
脚本:ジョン・コリー、アンソニー・マラス
撮影:ニック・レミー・マシューズ
音楽:フォルカー・ベルテルマン

★キャスト(キャラクター)
デブ・パテル(アルジュン)、アーミー・ハマー(デヴィッド)、ナザニン・ボニアディ(ザーラ)、ティルダ・コブハム=ハーベイ(サリー)、アヌパム・カー(オベロイ料理長)、ジェイソン・アイザックス(ワシリー)

★インタビュー
・アンソニー・マラス監督「インタビューにはとても気を使いましたが、デリケートで難しいテーマだからといって避けるべきではありません。それでは映画が文化遺産としての立場を失います」
・アンソニー・マラス監督「カサブ元死刑囚の裁判や首謀者との通話の記録を調べ、彼らが、過激思想に洗脳されやすい困窮した境遇で育ったことがわかりました。だからといって罪が消えるわけではありません。人間であり、そしてテロリストになった。そのような目線で描きたかった」

★『ホテル・ムンバイ』の評価

IMDbRTMETA
7.676%??
映画comY!FM
4.2???4.1
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ホテル・ムンバイ』の感想

●無料ホームシアター 
かなりのヘビー。どれくらいかと言えばもう映像を見続けるのが辛くなってくるくらいの凄惨さ。もちろん動画に映っているものは作りものであり、演技なのだが、そこには本物しかないように見えるので、一切の安心感はない。人がまるで駆除される虫のように殺されていく姿は命の価値以前に、ゾッとする気持ちの方が上回る。これがそこまで昔ではない話で、多くの犠牲者を出したのだと思うと、心がグシャっと潰されるようだ。
●イオンシネマ 
本編のうち7割強が銃の発砲シーンなのですが、本当に容赦がない。無表情で永遠に人を襲撃し続けるマシーンのようだった。日本でも大量殺戮事件が起こったばかりだが、こんな風に目の前の人間の生命をどうでもいいと思っていたのだろうか。現場にいるかのような臨場感、緊張感、絶望感を味わい、終了後はしばし放心状態となりこれはかなりのダメージだったので、しばらく回復には時間がかかってしまった。その点は注意だ。
●シネマサンシャイン 
被害者達は人種を超えて団結していたのである。それが私たちの最高の絆としての対抗手段。世の中には分断を煽る連中がいっぱいいて、日本ですらそんな政治家がいる。戦争を望むような人間に踊らされている若者たちもいる。これでは二の舞だ。そう思わせる。直接的に搾取してるのはむしろテロの指導者でありテロ人形のように使われている加害者の存在は一層痛々しい。燃えてしまった命は本来であれば違う未来があったのに。