任侠学園(2019)

社会貢献型ヤクザ参上!

映画『任侠学園』のフル動画を無料視聴する方法を、しつこい広告を表示させることなく、自由なスタイルでレコメンドしています!
今すぐ『任侠学園』を見るなら動画リンクをチェック。

西島秀俊と西田敏行がダブル主演を務め、社会奉仕がモットーの地元密着型ヤクザたちの奮闘をコミカルに描いた今野敏の人気小説「任侠」シリーズを映画化したコメディ。エグゼクティブプロデューサーは寺島ヨシキと安藤親広。義理と人情に厚すぎるヤクザ・阿岐本組。それは強面の存在感とは裏腹に健気な奴らの集まりだが、決して上手くいくとは限らない。社会奉仕に目のない組長は次から次へと厄介事を引き受けてしまい、ナンバー2の日村はいつも好き勝手に振り回されてばかりだった。これでは疲れてしまうだけ。そんな彼らが、今度は経営不振の高校の建て直しに協力することになり、今度こそは大舞台だと張り切るものの、先行きは不透明。学校には嫌な思い出しかない日村は子分たちを連れて仕方なく学園へ向かうが、予想を超えての難題だということを思い知る。そこで彼らを待ち受けていたのは、無気力・無関心な高校生と事なかれ主義のやる気のない先生たちだった。それでも義理人情の正義を貫こうとするストレートな阿岐本組の情熱に、冷めていた学園内の空気は徐々に変わっていくが…。

原題:任侠学園(にんきょうがくえん) / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年9月27日 / 119分 / 制作: / 配給:エイベックス・ピクチャーズ 

映画『任侠学園』新予告編

(C)今野敏/(C)2019 映画「任俠学園」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『任侠学園』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ストレスは動画で吹き飛ばす!
ケチなドラマばかりでイライラしているなら、スカッとする感動エンターテインメントとはいかないものの、もっと日常に根差した明るいユーモアセンスのあるドラマはどうでしょうか。そんなドラマチックな映画をフル動画でお得に視聴するなら、動画配信サービスを使用するのが最善策。なにせこれはアンケート調査でも証明されているように、利用の普及率が今やダントツです。すでに利用していない人でも再開は簡単なのでご安心を。

「無料」を嫌う人はいない!
さあ、本番はここからです。初めての新参者には無料トライアルがゲットできるという1度きりのチャンスがあるのです。初めの一歩は恐ろしい事ではありませんし、特定の期間という限られたものですが、無料で試用できるのですから、この贅沢さを好き勝手に満喫しないのは利益をドブに捨てるも同じ。「別の動画サイトだと冒頭5分だけの試鑑賞になっていたけど…」そんな自体は一般的なVODにはありません。動画の図書館みたいなものなのでフル動画がライブラリーとしてズラッと整理されており、本編を見れます。「任侠学園」も配信後すぐ。

このリスクは知らないとヤバい!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「任侠学園」の再生はダメです。被害例の詳細を解説すると、よくあるのは動画再生時の広告乱発タブ開きによる嫌がらせです。何度消しても消えません。その大半がアダルトか不正アクセス系のサイトなので無視すべきなのですが、閉じるという動作をあしらってくるので本当に迷惑です。被害額に換算すればあまりにも損失が大きいので、法令的にも問題ないサービスを使うべきなのは至極当然。

迷ったときは?
ずっとDVDのレンタル開始を待っているのは昔の話。今は新作が配信されたらすぐにパッと確認できるのが普通になりました。苦しいほどではないにせよ、少し厄介さに固まってしまうのが、VODの圧倒的量。各社展開数も多く、加えて内部の作品数も多い。これでは何から見るべきかもわからないです。「任侠学園」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。今、見ているページにアイコン画像が表示されていませんか? これは配信している可能性が高いことを示しています。そうしたアイコン・リストが1個もないのならば、情報待ちか、まだ未配信と考えるべきかもしれません。フルコンテンツだけでないセーフティリンクを掲載するこちらのページでは、アンテナページ等へのデメリット誘導は一切行っていません。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

お試し無料はいつまで?
最も重視すべきことは無料お試し期間の扱われ方で、2種類のパターンがあります。ひとつは登録日から一定期間が始まるというシンプルなもので、1か月なら丸々そのとおりです。もうひとつは登録月の月末というもので、これは登録した日が月の終わりに近いなら、すぐさま終わってしまいます。こんな事態は滅多にないですが、そうなると「任侠学園」の影を見る隙もないのでは意味なし。期間終了後に自動的に契約更新になるか、手動で契約実行処置をするか、どちらかはサービスごとに異なってくるので、送られてくる通知メールに注意です。

フェアにオススメします
動画情報を「フル」に扱う映画(ムービー)のユニバースを根差すこのサイトは、そのインフォメーション・コンプライアンスも重視。他サイトのように偏りのある紹介はしていません。あらゆるサービスを網羅しつつ、その情報で混乱させないように、ビジュアル・イージーでリコメンドしています。ユーザーの判断が何よりも大事なのでその自由度を尊重し、あなたの動画ライフを援助します。単純に「任侠学園」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

悪いサイトを追い出すために
ブートレグと呼ばれる法律上の権利を無視してイレギュラーな形で諸権利を有しない者により権利者に無断で流通している動画。それを集約している、いわばブラックマーケットのような動画サイトはなかなか消滅せずに取り締まりを逃れています。通報しても対応が進まないのがネックです。フィルタリングすらもドメインの変更で安易に回避してきます。そんなときVODの存在は不正利用者に正しい動画視聴をアピールし、こちらに誘導するための欠かせない存在になってきます。即応安価な「任侠学園」合法視聴方法を拡散しましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「任侠学園」は? 別に難問でも難壁でもないのですが、基本軸は明快。初回(これは絶対です)の料金(サブスク的な支払いです)が一定期間(サービス毎に違ってきます)に限って発生しないということ。問題は作品対象。ポイント制ならば登録時に貰える範囲でやりくりできるもののみ(例えば400ポイント使って2作品とか)。見放題ならば考えはシンプルなので配信中の動画を好きに見まくれます。なるべく期間内にたくさん鑑賞するのが最終的な費用対効果が高くなります。

『任侠学園』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『任侠学園』をさらに知る

★スタッフ
監督:木村ひさし(関連作品:『ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY』)
脚本:酒井雅秋
撮影:葛西誉仁
音楽:末廣健一郎

★キャスト(キャラクター)
西島秀俊(日村誠司)、西田敏行(阿岐本雄蔵)、伊藤淳史(二宮稔)、葵わかな(沢田ちひろ)、葉山奨之(黒谷祐樹)、池田鉄洋(三橋健一)、佐野和真(志村真吉)、前田航基(市村徹)、戸田昌宏(白崎仁)、猪野学(島本義行)、加治将樹(定岡潔)、川島潤哉(甘糟達男)、福山翔大(江守太一)、高木ブー(高木組長)、佐藤蛾次郎(西潟源太)、桜井日奈子(小日向美咲)、白竜(唐沢隼人)、光石研(小日向泰造)、中尾彬(永神健太郎)生瀬勝久(綾小路重里)

★インタビュー
・西島秀俊「シーンの終わりに、絶妙なアドリブがバンバン入ってきます。同時に、シリアスな部分でも説得力を持ってアドリブを入れてこられる。その西田さんのひと言で物語やキャラクターが膨らむんです。すごく勉強になりましたが、参考にもならない、まねもできない」

★『任侠学園』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.9???3.8
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『任侠学園』の感想

●無料ホームシアター 
なかなかどうして面白いじゃないの!評判は案外役に立つものだなぁ。主要キャストである阿岐本組の面々をはじめ一人一人キャラがしっかり立っているせいで、かなりアバンギャルドなサプライズありのクセでもなんとかなっている。すごく大変だろうにこの勢いで成立させるのは俳優パワーだろうに。やるな、この役者陣。最終盤の西田敏行の演技は渋かったし、ベテランの力量ってものをじっくり堪能させてくれますね~。
●TOHOシネマズ 
基本的にベタだけど、数か所クソ笑えてしまうので、オールOKな感じで着地する。あんな可愛いヤクザなら大歓迎であり、フィクションならではの遊びもあるので、あまりリアルで考えないで。考えると発狂してしまうだろうけど。高校生と先生が少しずつ変わっていく場面変化は一種のコミュニケーションとコミュニティ構築を思わせるし、バカにはできないのではないかな。任侠系では個人的にはヒットしてほしい一作です。
●ユナイテッドシネマ 
Vシネでいいからシリーズ化してほしいというのが願望。基本的に笑いが絶えないゲラゲラ映画。「オトシマエって何ですか?」「ググっていいですか?」「ぐ、ググっ??」そんな珍妙なジェネレーションギャップならぬ、話の通じなさがいい。さすがにこれはヤクザ関係なく、お年寄りだからなんじゃないかという気がするけど。最後のエンドロールもNG集に笑いもてんこもり。最後まで楽しませようというサービス精神に感激。